« November 2004 | Main | March 2005 »

ザッツ・アメリカン!

febs05 by gradeone
フェブラリーS2005-観戦記-
雨を適度に含んだ馬場は、ダートとしては最も脚抜きが良く、最高に走りやすいコンディションであった。そのため、芝並みの高速タイムでの決着となり、時計勝負に対応できないスピード不足のダート馬にとっては厳しいレースとなった。

勝ったメイショウボーラーはスタートこそフワッと出たものの、スピードにのるや、前半の1000mを57秒8という驚異的なラップを刻んでの逃走劇となった。最後は筒一杯になってしまったが、結果的には、この時計について来られる馬が他にいなかった。フェブラリーSの勝利は馬場コンディションの恩恵によるところが少なくはなかったが、これで1200m→1400m→マイルという階段をわずか1ヶ月半できれいに駆け上がった。

Continue reading "ザッツ・アメリカン!"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

1200→1400→マイルG1は勝てない

今年のフェブラリーSで1番人気が確実視されるのは、前走の根岸Sを7馬身差で圧勝したメイショウボーラーである。芝のG1クラスの馬たちと互角に渡り合った実績からも、競走馬としての能力が上位であることは間違いない。ダートにも適性があることが分かり、体調も申し分ないとくれば、翳りの見えるアドマイヤドンやムラ駆けのタイムパラドックスよりも人気するのは当然のことだろう。

フェブラリーSについての個人的な見解は[G1トーク]に譲るとして、ここではメイショウボーラーの取捨を選択する際にカギになるであろう、ひとつの定石を紹介してみたい。

定石:
「1200m→1400m→マイルのG1」というローテーションの馬は勝てない

距離を少しずつ伸ばしながら、マイルのG1に臨んできたというローテーション。
ホップ・ステップ・ジャンプと段階を踏んできたかに見える、このローテーションのどこがマズイのか?

Continue reading "1200→1400→マイルG1は勝てない"

| | Comments (174) | TrackBack (0)

馬の恩返し

arima04 by gradeone
有馬記念2004-観戦記-
有馬記念はコーナーを6つも回らなければならないことからスローペースに陥りやすく、ステイヤータイプの馬が活躍する傾向があるが、今年はスピードを武器にする馬がレースの中心を形成した。

立ち遅れ気味のスタートを切ったゼンノロブロイに気合をつけて、ペリエ騎手が普段よりも前々に位置することを選択したのは、以下2点を踏まえた上での判断だろう。
1、当日の中山競馬場の馬場は、前に行った馬が止まりにくい高速馬場であった。
2、力のあるタップダンスシチーを楽に行かせてはならない。

Continue reading "馬の恩返し"

| | Comments (76) | TrackBack (0)

自信に溢れた騎乗

asahifs04 by gradeone
朝日杯フューチュリティS2004-観戦記-
雨による馬場悪化の心配も全くなく、内外の有利不利のない絶好の馬場でレースは行われた。前半800mが45秒4、1000mが57秒4というハイペースで流れ、実力の差が歴然と出てしまう厳しいレースとなった。

勝ったマイネルコレクトは、2着以下に2馬身もの差をつけ、さらにグラスワンダーの持つレコードを更新した。このことだけでもマイネルレコルトの非凡さが窺い知れる。この馬の良さは、柔軟性に富んだ肉体と、力みのないリラックスした走りができることである。道中での遊びが、追ってからの加速力につながっている。現時点では文句のつけようがない完成度を誇り、他のメンバーとは一枚も二枚も力が上であった。

後藤浩樹騎手の自信に溢れた騎乗ぶりにも好感を覚えた。 

Continue reading "自信に溢れた騎乗"

| | Comments (1) | TrackBack (2)

スキなし、ソツなし

japancup04 by gradeone
ジャパンカップ2004-観戦記-
ペリエ-ゼンノロブロイの圧勝で今年のジャパンカップは幕を閉じた。前半は11秒台のラップが4ハロン続いたが、中盤で一気にペースが緩み、最終的にはラストの瞬発力勝負になったことが、ゼンノロブロイにとっては功を奏した。メンバー中最速の上がり(34秒3)で一気に他馬を突き放しての完勝である。この後、有馬記念に駒を進めるらしいが、これだけ隙のないレースができるのであれば、タップダンスシチーに一矢報いることもできるかもしれない。

これで天皇賞秋からのGⅠ連勝となったが、あれだけ勝ち切れなかった馬が、騎手によってこれだけ変わるものだということを実感させられた。
 

Continue reading "スキなし、ソツなし"

| | Comments (41) | TrackBack (0)

敵は内にあり

jcdirt04 by sinya
JCダート2004-観戦記-
圧倒的な1番人気に推されたアドマイヤドンだが、2着を確保するのが精一杯という内容で敗戦を喫した。道中は自然な形で中団の外目を進み、直線に向いてあとは追い出すだけという定石通りのレースであったが、安藤勝己騎手からのGOサインに対して、アドマイヤドンはスッと反応することなく、叱咤激励されながら渋々伸びるといった体たらくであった。特に今年に入ってから目立ち始めた「レースでも手を抜く癖」が、顕著に現れてしまったことになる。2歳時から高いレベルの競争で全力を出し続けてきたことによる、精神面での消耗が噴出してきているのかもしれない。こうなってしまうと立て直しは難しく、引退も考えなければならないだろう。

ダートの一線級で戦い続けてきたタイムパラドックスは、武豊騎手の渾身の騎乗でついに栄冠を手にした。

Continue reading "敵は内にあり"

| | Comments (96) | TrackBack (2)

お前ら男だ!!

milecs04 by gradeone
マイルCS2004-観戦記-
 デュランダルは、今年に入り休み明けの2戦共に惜しい競馬が続いていたが、一叩きした今回はまさに磐石といった形での楽勝であった。この馬の最大の長所は、スタミナに裏打ちされた息の長い、ペースに左右されない安定した末脚である。短距離馬としては一見華奢に見える体型も、実はこの馬のスタミナの豊富さ、器用さを物語っている。さらに、レースに行って無駄な動きをしない操作性の良さ特筆ものである。これらの要素が全て絡み合って、ニホンピロウィナー、タイキシャトルに次ぐ3頭目の、マイルチャンピオンシップの連覇が可能となった。

 スプリントからマイルぐらいまでの距離のG1レースにおいては、安定した末脚を武器に後ろからレースを進められる馬の方が有利になる。
 

Continue reading "お前ら男だ!!"

| | Comments (83) | TrackBack (0)

柔らかく

elizabeth04 by special-days
エリザベス女王杯2004-観戦記-
 スタートからゴールまで、武豊騎手の完璧な騎乗であった。今年に入ってからのG1戦線では、外国人ジョッキー、地方競馬出身のジョッキーに押されがちであったが、これで日本のトップジョッキーが一矢報いる形となった。アドマイヤグルーヴのような乗り難しい馬を、いとも簡単に乗りこなしているように見せるのは、武豊騎手の「当たりの柔らかさ」を持ってこそ初めてなし得るのである。特に注目してほしいのは拳の位置である。拳の位置を下げて馬のハミに余計な動きを伝えないようにしながら、拳の握りだけで微妙な感覚を馬に伝えている。騎手の動き、感覚に敏感に反応してしまう馬に乗せるならば、世界中を探しても武豊騎手の右に出る者はいないかもしれない。

 勝ったアドマイヤグルーヴは、古馬になり精神面において成長を遂げたことを証明した一戦となった。

Continue reading "柔らかく"

| | Comments (17) | TrackBack (0)

水を得た韋駄天

sprinters04 by gradeone
スプリンターズS2004-観戦記-
 通常よりも3秒近く時計の掛かる、不良馬場でレースは行われた。過去にこのような馬場でレースが行われたのは、平成12年にダイタクヤマトが勝利したスプリンターズステークスが思い浮かぶ。やはり、無理なく先行できた馬にとっては圧倒的に有利になる馬場状態であり、今年のスプリンターズステークスは、それに加え、道悪馬場に対する巧拙も問われるレースとなった。

 カルストンライトオの最大の勝因は、何と言っても不良馬場を味方につけたことに尽きる。

Continue reading "水を得た韋駄天"

| | Comments (29) | TrackBack (0)

« November 2004 | Main | March 2005 »