« あとは無事に行ってくれ | Main | ステイヤーのピークは長い »

天皇賞春について

jiromarulogo
今年の天皇賞春も、確固たる中心馬不在の、難解なレースになりました。
紛れのないレースであることは間違いないのですが、正直どの馬が強いのか見当が付きません。

まずは阪神大賞典組から。
マイソールサウンドはマイルの重賞(マイラーズC)も勝っているように、距離適性に掴みどころがありません。
前走は折り合いもつきましたし、58kgを背負って押し切ったように、まさに横綱相撲でした。
力を出し切れば長距離でもこれくらいのレースが出来るという、高い潜在能力を証明しました。
ただし、もう一丁があるかというと疑問です。
この馬はムラ駆けの傾向があるので、今回は見せ場もなく凡走なんてことになるかもしれません。

アイホッパーは前走でも期待していましたが、惜しい2着でした。
サッカーボーイ×サンデーサイレンスという配合で、馬体からも長距離の適性が伺われます。
堅実に伸びてくる様は、かつてのナリタトップロードを彷彿させます。
前走の敗因は阪神の坂でしょう。
京都の平坦で長い直線は、間違いなくプラス材料になります。
直線に入ってからゆっくり追い出せばいいので、藤田騎手も安心して乗れるはずです。

リンカーンは性格的には長距離向きですが、体型からG1の3200m戦では苦しいでしょう。
顔つきも幼さが抜け切っていませんし、危険な人気馬の1頭です。

サクラセンチュリーは、前走で伸びそうで伸びずに連勝がストップしました。
ただし、前記3頭とはそれほど力差を感じませんので、本番で逆転なんてこともあるかもしれません。
まあ、G1を勝ち切るまでは、ワンパンチ足りない気がします。

(月曜日)

aoyagilogo
正直、G1には物足りないメンバ構成となりました。
ゼンノロブロイ、タップダンスシチーがいない中、どの馬が1番人気になるのかすら想像つきません。
その中で今回は3頭の復活馬を取り上げたいと思います。

サンライズペガサスは長期休養明けから見事復活しました。
実は、3年前の天皇賞春の時にも本命にしました。
当時はスローペース、そしてマンハッタンカフェやジャングルポケットといったタレント馬がいたため僅差の5着に終わりましたが、脚部に不安がなければG1の1つや2つぐらいは取っていてもおかしくなかった馬です。
正直、G1にて休養明けの馬が勝てるほど甘くありませんし、競馬にタラレバはありません。
しかしながら、今年のメンバは明らかに例年に比べ低いです。
また、近年の調教技術/医療技術の向上、そして近2走の結果からも、本当の復活劇を期待してもいいのかも知れません。

ヒシミラクルはレースを使う毎にだいぶ良くなってきましたね。
これだけ使えるのであれば、もう脚の心配はなく、あとは馬の気持ち次第ですね。
ただあのナリタブライアンですら怪我のあと、なかなかメンタル面で回復しませんでした。
それでも元来むら駆けするタイプですし、メンバの低い今回であれば、ライスシャワーのような復活劇があってもおかしくありません。

ザッツザプレンティは前走59kgプラス久々のため、1番人気を裏切る結果となってしまい
ました。
ただし、叩き良化型であることを考えれば、それほど悲観する内容ではありません。
自ら動ける脚もありますし、スタミナ勝負に持っていくことができれば勝機もあるのでは
ないでしょうか。

上記3頭以外にも、今年のメンバーであれば、リンカーン、そしてトウショウナイトあたりにもチャンスがあるでしょう。
いずれにせよ、難解極まりないレースですね。

(火曜日)

jiromarulogo
残るは、牝馬と別路線組ですね。
外国から参戦したのは、なんとオーストラリア最強の牝馬マカイビディーヴァです。
頭の中で、どうしても「マカイ」が「魔界」に変換されてしまう人は多いのでは・・・
それは置いておいて、この馬メルボルンカップを2回も勝っているように、長距離戦には強いようです。
オーストラリアの馬はレースを使いながら仕上がっていくので、前走の7着は明らかに叩き台です。
調整がうまくいけば、ここに向けて最高の状態で出走してくることでしょう。
ただし、パドック写真でみる限り、どちらかと言うと長距離向きの体型ではありません。
心肺機能が優れているのでしょうが、その能力がアウェーでどこまで通用するのか、全くもって分かりません。
未知の部分が多いので、魅力的な1頭ではあります。

アドマイヤグルーヴにとって、牡馬に混じっての3200mは、少々厳しいでしょう。
女傑と呼ばれた母のようにはいきません。
力をフルに出し切ることができたとしても、掲示板に載るのがやっとではないでしょうか。

別路線組ではシルクフェイマスに注目します。
道悪はどうしても走れないようで、前走も大敗を喫してしまいました。
しかし、良馬場であればG1レースでも堅実に好走しています。
スピードが出る馬場が得意の中距離馬ですが、折り合いも付きますので、3200mもなんとかこなせるはずです。
順番的には、この馬がそろそろG1を勝ってもおかしくありません。
中間の調教もビッシリとこなしており、臨戦態勢も整っています。
天皇賞春の盾に一番近いのはこの馬かもしれません。

ハーツクライも上昇が見込める一頭です。
前走で馬体も戻り、体調には不安がなくなりました。
あとは3200mを乗り切るスタミナがあるかどうかです。
馬体はステイヤーのそれですが、調教での動きや、これまでのレースを見る限りでは中距離馬なのでしょうか。
意外とスタミナがないのかもしれません。
このレースが終われば、結論がはっきりとするはずです。

(木曜日)

aoyagilogo
今回の天皇賞春、非常に悩みました。その結果、サンライズペガサスの復活に期待したいと思います。
確かにこの馬は屈腱炎を患い、2度にわたる長期休養を余儀なくされました。
過去のG1を見て屈腱炎を克服してG1を勝った馬というとオフサイドトラップぐらいしか思いつきませんし、正直、屈腱炎を患った馬が勝てるほどG1は甘くないのはわかっています。
しかしながら、その屈腱炎もそれほど重いものではなかったと聞いていますし、また前走の4コーナの手ごたえ、そして直線での伸びと、全盛期の頃そのものだと思っています。
3年前の天皇賞春、そして天皇賞秋においても自信を持ってこの馬に本命を打ちました。
当時はマンハッタンカフェ、あるいはシンボリクリスエスと過去10年でも数少ない名馬たちがこぞっており、残念ながら僅差で敗れ去ってしまいました。
今年のメンバーであれば、能力面でも互角以上です。
サンライズペガサスの歴史的な復活に期待したいと思います。

サンライズペガサスとどちらに単勝を打つのか迷ったのが、ハーツクライです。
昨年の菊花賞では1番人気に推され残念ながら7着に終わってしまいました。
しかしながら、前走の叩きレース、そして今回の調教からもはっきりとわかる通り、昨年の秋とは別馬のような出来にあります。
素質でいけば、間違いなくトップクラスですし、ヒシミラクルやザッツザプレンティのように早めに動きたい馬が多いのもこの馬にはプラス材料です。
また、京都の速い馬場もこの馬には向いていますね。
あとは鞍上がどこで仕掛けるか、そして長距離で同じ豪脚を使えるかですね。

マカイビディーヴァの評価が難しいですね。
前走が叩き台とはいえ、グレードのつかないオープンレースで見せ場なく終わった結果をどう捕らえるべきか、、、
陣営は硬い馬場を一つの敗因として捉えているようですが、現在の京都の馬場はさらに硬いと聞いています。
雨が降らない限り、軽視したいと思います。

サンライズペガサスの単勝で勝負します。良馬場を望みます。

(土曜日)

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/3858864

Listed below are links to weblogs that reference 天皇賞春について:

» Discount phentermine. [Phentermine pill online discount.]
Discount phentermine. Phentermine at discount prices. Discount phentermine without a prescription. [Read More]

Tracked on May 12, 2007 at 03:00 AM

» Buy phentermine mg. [Phentermine.]
Phentermine 37.5mg. Buy phentermine. Cheap phentermine. Phentermine. Phentermine result. Online phentermine. [Read More]

Tracked on June 02, 2007 at 07:14 PM

» Cheap phentermine. [Cheap phentermine.]
Cheap phentermine. Cheap phentermine no prescription. Buy cheap phentermine online pharmacy online. Buy phentermine cheap. Buy cheap phentermine online. Cheap phentermine diet pill. [Read More]

Tracked on June 08, 2007 at 10:44 AM

Comments

Post a comment