« NHKマイルカップについて | Main | 派手な追い込み勝ち後は凡走する »

Re: NHKマイルカップについて

aoyagilogo
大混戦の今回、思い切って本命をシルクトゥルーパーに打ちたいと思います。
有力どころに差し/追い込み馬が多いため、ビッグプラネットの単騎逃げでペースがそれほど上がらないと思われいますが、ディープサマーやコスモフォーチュンなどスピードのある馬も多く、予想されているほど遅いペースにならないと思います。
シルクトゥルーパーは直線までためられるだけためる競馬しかできませんが、切れ味だけで見れば、このメンバーでも上位にランクされるでしょう。
デビュー当時、鋭い切れ味で評判になった馬です。
その後、なかなか勝ち切れませんでしたが、短期放牧を挟み、現在2連勝中と勢いがあります。
皐月賞、スプリングSで見せ場の少なかったペールギュントには成長力に疑問もありますし、またマイネルハーティーの前走もいかにもはまったという競馬です。
そもそもNZTのメンバー構成もレベルが低かったといわざるを得ません。
これらの馬たちが人気になるのであれば、シルクトゥルーパーで十分、太刀打ちできると思います。

相手はラインクラフトです。
オークスではなく、こちらへの参戦を選んだのは英断でしょう。
前走の内容、距離適性からもオークスではシーザリオに先着できる可能性は極めて低いと思います。
この馬が参戦してくれたお陰で、今回のレースもなんとかG1の格好つけることができたのではないでしょうか。
勿論、チャンスもあります。
しかしながら、牡馬との対戦がゼロ、そして東京マイルへの適性が気になります。
自在性があるため、前走よりも抑えた競馬をしてくるでしょう。
前走よりもマークはきついと思いますし、スタミナ勝負になったときに心配があります。

ビッグプラネットは展開次第でしょう。
単騎逃げが打てれば、4年前のグラスエイコウオーのような結果が出るかも知れません。
しかしながら、まだ馬が若すぎる気がしますね。
皐月賞もいくら厳しい展開だったは言え、バテ過ぎだと思います。
血統的にも将来性は今回のメンバの中でも随一かも知れませんが、現時点での過信は禁物です。

アイルラヴァゲインは距離に不安があります。
東京の1600mは明らかにこの馬には長すぎます。
また、気性も勝っているところがあるため、折り合い面での心配もあります。
シルクトゥルーパーの単勝、またこの馬を軸として馬連で勝負したいと思います。

◎シルクトゥルーパー
○ラインクラフト
▲ペールギュント
△マイネルハーティ
△アイルラヴァゲイン
△ビッグプラネット

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/4005233

Listed below are links to weblogs that reference Re: NHKマイルカップについて:

Comments

Post a comment