« Re:Re: オークスについて | Main | 33秒台の脚で勝った後のレースは凡走する »

Re:Re:Re:オークスについて

aoyagilogo
前回書いたとおり、素直にシーザリオを信頼したいと思います。
桜花賞の内容、そしてそれまでの戦績ともに文句のつけようがありませんし、またそれほど数を使われていないので、状態面でもそれほど心配する必要はありません。
確かに今回1本被りの人気となり、他陣営からのマークも厳しくなると思いますが、この時期の牝馬としては完成されている部類に入り、一歩抜けた存在です。
人気でも信頼していいでしょう。
相手探しだと思います。

その対抗としてエイシンテンダーに期待したいと思います。
確かにご指摘の通り、2400mに対するスタミナの不安はあります。
しかしながら、過去のレースからもわかる通り、オークスにおいてスタミナの要求される流れになるのは稀であり、これといった逃げ馬もいなくスローペース必至です。
"競馬は馬体の見た目で走るものではなく結果が全て"、というのが私の理論であり、過去の内容を信頼して、状態がいまいちだった桜花賞時からの巻き返しに期待したいと思います。

3番手にエアメサイヤをあげます。
フィリーズSではNHKマイルCの1、2着馬と差のない競馬をしていますし、今回も間違いなく2着争いに加わるでしょう。
勝負弱いところはありますが、中間の状態も抜群のようですし、やはり鞍上が魅力ですね。

それ以外ではレースパイロット、エリモファイナルに注目しています。
レースパイロットはおっしゃる通り、中間、脚部に軽い不安があったようですが、先週、今週の調教を見る限り、気にしなくていいですね。
むしろ、今回研ぎ澄まされてきた、というのが正しい表現でしょう。
距離が延びて歓迎なのはこの馬が1番かも知れませんね。
エリモファイナルについては前回書いた通りです。

シーザリオからの馬連で勝負します。
◎シーザリオ
○エイシンテンダー
△エアメサイヤ
△レースパイロット
△エリモファイナル

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/4213358

Listed below are links to weblogs that reference Re:Re:Re:オークスについて:

Comments

Post a comment