« May 2005 | Main | July 2005 »

牡馬一掃

takaraduka05 by M,H
宝塚記念2005-観戦記-
絶好の馬場状態を考慮すると、1000m通過59秒9というタイムは決して速くはない。それでもタップダンスシチーが失速してしまったのは、体調が本物ではなかったことが原因であろう。前走の金鯱賞で、59kgを背負いながらラスト3ハロンで33秒8の脚を使ってしまったことの反動が噴出してしまった。中間も緩めることなくビシビシと鍛えてきたため、反動は皆無かに見えたが、やはり怪物タップダンスシチーとはいえども目に見えないところに疲れが溜まっていたようだ。

佐藤哲三騎手が4コーナーで先頭を奪いに行ったのは、決して自信過剰気味に行ったのではなく、直線で内埒沿いを走らせないとタップダンスシチーは伸びないからである。昨年と違ったのは、押せども押せども馬が全く動いてくれなかったことである

Continue reading "牡馬一掃"

| | Comments (17) | TrackBack (0)

Re:Re:宝塚記念について

jiromarulogo
本命は◎タップダンスシチーを考えています。
調教では迫力ある動きを見せていますが、普段は非常に落ち着いていて、年齢を重ねるごとにメリハリが出てきました。
鞍上の思うまま自在に動けるレースぶりも、こういった精神的な成長の賜物です。
前走からの反動を心配していましたが、中間の調整過程を見る限り問題ないでしょう。
というよりも、もしかすると一昨年にジャパンカップを制した時よりも上の出来かもしれません。
陣営のこのレースに賭ける意気込みが、調教を通じてヒシヒシと伝わってきます。

佐藤哲三騎手が考えるべき最悪のシナリオは、4コーナーを先頭で回れないということです。
ビッグゴールドにハナを奪われ、4コーナーまで先頭をキープされてしまうと、直線で内埒を頼って走らせることが出来なくなってしまいます。
ビッグゴールドが一介の逃げ馬であれば、直線でピュッと交わして内埒に進路を取ればよいのですが、今のビッグゴールドは粘り強いですし、おまけに絶好調ときています。
直線に入っても渋太く粘られた際には、やはり馬場の真ん中を通らなくてはならないでしょう。
それでも今の状態ならば、ビッグゴールドを交わし、後続の追撃をなんとか凌ぎ切ってくれるはずです。
まあ、あくまでも最悪のケースの話ですが。

そのビッグゴールドが、最大の惑星馬ではないでしょうか。
タップダンスシチーに早めに潰されてしまうかも知れませんが、展開によっては粘り込みも考えられます。
距離も前走の3200mよりも合っていますし、好枠を引いて積極的なレースができそうです。

ゼンノロブロイは、休み明けとしては良い仕上がりにあります。
実力的にもタップダンスシチー以外の馬には負けられません。
ただ、昨秋のハードなレースからの反動を考えると、十分な調教を積んできたとはいえ、いきなりのG1では苦しいところもあるのではないでしょうか。

これはゼンノロブロイにも当てはまるのですが、宝塚記念はサンデーサイレンス産駒にとって鬼門のレースです。
過去5年間で16頭が出走していますが、1頭たりとも連対していません。
ペースが落ち着きにくく、脚をタメることが難しい展開になることが多いからでしょう。
ハーツクライ、リンカーンなどの有力視されている馬も、瞬発力勝負には強いのですが、最後の我慢比べのレースではどうでしょうか。

コスモバルクは、今年に入ってからまともなレースをしていません。
苦しいところがあるのか、レースに行って引っ掛かってしまいます。
馬体が増えるのは良いことですが、最盛期と比べて、余分な筋肉が付きすぎている気がします。
2歳時の方が、すっきりとしたゆとりのある馬体をしていました。
絞れてくれば、ノーチャンスではないのですが。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

最高の出来にあれば、不利や悪条件は克服してしまう

前走の金鯱賞で、同一重賞3連覇という偉業を成し遂げたタップダンスシチーが、今年の宝塚記念では、史上初のサマーグランプリ連覇に挑む。

タップダンスシチーが制したもうひとつのG1は、平成15年のジャパンカップである。このレースは上がりが37秒4も掛かる不良に近い重馬場で行われた。なんと9馬身もの差をつけての圧勝劇であったが、陣営も認めるように、実はタップダンスシチーはこういった馬場を苦手とするのだ。

タップダンスシチーのような跳びの大きな馬は、よほど爪の形が良くない限り、下が滑る馬場では本来の走りが出来ずに能力を削がれてしまう。ジャパンカップ以外の重馬場での成績を見ると、500万下のレースで4着、目黒記念で5着と凡走している。もちろん本格化する前のレースなので単純比較はできないが、本質的に重馬場を苦手とすることは間違いない。

では、なぜジャパンカップを圧勝できたかというと、馬が最高の状態にあったからだ。ジャパンカップでのタップダンスシチーは、生涯最高の状態で、まさに唸るような出来栄えを誇っていた。肉体的にも精神的にもピークに仕上がった馬は、多少の不利や悪条件は跳ね返してしまう。

Continue reading "最高の出来にあれば、不利や悪条件は克服してしまう"

| | Comments (9) | TrackBack (0)

Re:宝塚記念について

aoyagilogo
今年の春競馬も今回が最後。
最後こそ、ビシッと決めたいところです。
昨年の有馬記念、宝塚記念同様、本命をタップダンスシチーに打ちたいと思います。
今回、私が不安だったことは1点、年齢から来る衰えです。
しかしながら、前走の金鯱賞、そして今回の調教を見る限り、全く衰えがないですね。
昨年の有馬記念も急仕上げで下馬評が高くない中、ゼンノロブロイと差のない2着と好走してくれました。
#単勝を購入した私としては1着でないと意味はありませんでしたが、、、
あの結果を見て、やはり私はゼンノロブロイよりもタップダンスチシーの方が強いという確信を持ちました。
今回、逆にゼンノロブロイが休み明け、タップダンスシチーが理想的なステップとなれば、この馬を中心視しない理由がありません。
史上初の8歳馬(旧9歳馬)のG1奪取に期待したいと思います。

この馬、そしてゼンノロブロイの実力が1枚も2枚も抜けているのは確かです。
しかしながら、ゼンノロブロイは休み明けですし、またコスモバルクが参戦するレースであれば、スローなペースは考えにくく、タップダンスシチーを意識し過ぎて、ゼンノロブロイ直線タレる可能性もあると思います。
あくまでも可能性ですが。
加えてこの2頭の組み合わせのみで馬券を購入しても面白味がありませんので、タップダンスシチーが1着で、ゼンノロブロイがタレる(3着以下)という前提で馬券を購入したいと思います。

その2着候補として、サンライズペガサス、そして昨年の秋とは状態が雲泥の差であるハーツクライに
期待したいと思います。
サンライズペガサスは天皇賞春でも本命を打ちました(一昨年の春秋でも本命を打ちましたが、、、)が、やはり3200mはこの馬には長すぎました。
長期休養を挟んだ馬であり、ピーク時の力を求めるのも酷に思えますが、2走前の産経大阪杯の内容は全盛期を彷彿させる内容でした。
本来であれば、2強のライバルとしてかかげられてもおかしくない実力馬です。
一昨年と同じ体調にあれば、この馬を本命にしたいところですが、、、2番手として評価したいと思います。

もう1頭のハーツクライも、潜在能力から2着に入れるだけの下地が整った馬だと思います。
前走の天皇賞春においても距離が長い、さらに展開が向かない中、地味ながら大外から5着に入りました。
元来、2400mまでの距離でこそ、切れを発揮できる馬だと思います。
展開も向きそうですし、もし2強をまとめて負かす可能性があるとすれば、この馬だと思います。

馬券は買いませんが、その他面白い存在だとすれば、スイープトウショウでしょう。
距離も守備範囲だと思います。

タップダンスシチーからの馬単で勝負したいと思います。
◎タップダンスシチー
○サンライズペガサス
▲ハーツクライ
(△スイープトウショウ)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

宝塚記念について追伸

jiromarulogo
最終追い切りも終わり、ゼンノロブロイ、タップダンスシチーともに文句のない動きでした。
枠順についても、共に理想的な枠を引いたのではないでしょうか。
ますます一騎打ちムードが濃厚になってきましたね。

ゼンノロブロイは万全であればタップダンスシチーをねじ伏せるだけの力を付けています。
しかし、昨年度の3連勝というパフォーマンスからの反動を考えると、今回に限っては分が悪いのは否めません。
半年かけてじっくり調整されてきていますが、やはり目に見えない部分の疲労は完全に抜け切っていないはずです。
結果的に、この後の英国遠征に向けての叩き台となってしまうかも知れません。

宝塚記念では、前走G1以外のレースで負けていた馬では話になりません。
アドマイヤグルーヴ、ヴィータローザ、シルクフェイマスは、2kg差のあった金鯱賞ですら完敗を喫しています。
本番でタップダンスシチーを逆転することは至難の業です。
シルクフェイマスは前年の2着馬であり、スピード競馬にも滅法強いのですが、狙いを下げるべきでしょう。

展開面を考えると、ビッグゴールドはとても面白い存在なのではないでしょうか。
枠順を考えると、まずはこの馬がハナに立って先制攻撃を仕掛けるはずです。
そうなると、タップダンスシチーは4コーナー手前から先頭を奪いに来ます。
なぜなら、タップダンスシチーは直線で内埒を頼って走らせたいからです。
佐藤哲三騎手も、タップダンスシチーが内埒を頼らないと意外と伸びを欠くことは百も承知でしょう。
ビッグゴールドにとっては、タップダンスシチーのスピードに負けることなく、4コーナー先頭を死守できるかどうかがポイントになります。
ビッグゴールドの勝機はそこにあります。

| | Comments (77) | TrackBack (0)

休養への入り方が、休み明けの成績に影響を及ぼす

今年の宝塚記念は、昨年度の年度代表馬であるゼンノロブロイと、昨年の宝塚記念の覇者であるタップダンスシチーとの一騎打ちムードが高まっている。東の横綱であるゼンノロブロイの、有馬記念後に休養→宝塚記念というローテーションは、一昨年に休み明けで凡走した同厩馬シンボリクリスエスと臨戦過程が酷似している。

平成14年宝塚記念でのシンボリクリスエスの敗因は、けいこが足りなかったのでも、逆にやり過ぎたのでもなく、前年度に全く余力が残っていない状態で休養に入ったということにある。おつりを残した状態で休養に入ることができれば、その分回復も早いのだが、100%以上の力を出し切ってしまった状態で休養に入ると、その反動により、立て直すのにかなりの時間を要することになる。つまり、休養への入り方は、休み明けの成績に大きな影響を及ぼすのである。

Continue reading "休養への入り方が、休み明けの成績に影響を及ぼす"

| | Comments (97) | TrackBack (0)

宝塚記念について

jiromarulogo
ここ2週間はG1がなくて、寂しかったですねー。
とは言っても、この宝塚記念を最後に、また秋までG1はありませんが・・

さて、今年の宝塚記念では、タップダンスシチーとゼンノロブロイの直接対決が、再度実現しそうです。
有馬記念を振り返って見ると、ゼンノロブロイは天皇賞秋→ジャパンカップと連勝中で、まさに唸るような勢いでした。
一方のタップダンスシチーといえば、凱旋門賞で惨敗した後、かなりの急仕上げでの参戦でした。
レースは、タップダンスシチーのペースで進みましたが、最後は仕上がり状態の差が出た印象です。

とは言っても、タップダンスシチーも実際には90%くらいは仕上がっていたと思います。
最後のひと追いで、かなり状態が上向いたのでしょう。
そうでないと、あれだけの好走は出来ないですよね。
つまり、タップダンスシチーとゼンノロブロイの力関係はほぼ互角といってよいでしょう。
今回はゼンノロブロイが休み明けだから不利ということではなく、走る条件さえ違えば、着順が入れ替わることもあるということです。

この2頭が実力、実績共に抜けているのは間違いありませんが、他馬で割って入れるとすればトウショウナイトでしょうか。
この馬、昨冬からメキメキと力を付けて、安定した成績を残せるようになりました。
前走の天皇賞春でも、苦しい展開ながらも末脚を伸ばして僅差の4着まで突っ込んできました。
このクラスでも通用することは確かで、2頭にスキがあればこの馬の台頭があってもおかしくはありません。
鞍上が無名なので、人気になりそうもないこともメリットでしょう。

| | Comments (81) | TrackBack (0)

オトコになった

yasuda05 by M,H
安田記念2005-観戦記-
十中八九逃げるだろうと思われていたサイレントウィットネスが控えたことによって、道中はこのメンバーにしてはスローに流れた。直線に入ってからヨーイドンの競馬で、位置取りが後ろすぎた馬、瞬発力に欠ける馬にとっては、厳しい展開となった。

勝ったアサクサデンエンは好スタートを決めると、中団馬群のポケットをスムーズに追走し、4コーナーでは抜群の手応えで先行集団を射程権に入れていた。直線で進路を一瞬カットされ、追い出しがワンテンポ遅れたことにより、外から一気に来られそうになったが、そこから怯むことなく差し返して勝利をもぎ取った。馬の充実と騎手の気迫が伝わってくるような見事なレースであった。

Continue reading "オトコになった"

| | Comments (1) | TrackBack (0)

Re:Re:Re:Re:安田記念について

jiromarulogo
ダイワメジャーですか。
内枠を引きましたし、先行できる強みもあるので、面白そうですね。
追い切りの動きにも柔らか味があり、調子は良さそうです。
ただ、皐月賞を勝った時の迫力のある動きには至りません。
あの時の唸るような調教は、今でも覚えていますから。
また、この馬は追って伸びるタイプではないので、直線の長い東京競馬場のマイル戦はベストの条件ではありません。
その辺りがどう出るでしょうか。

ダンスインザムードは気性面で不安定な部分がありますが、叩いて一変、落ち着いて競馬が出来るかもしれません。
スピードの持続力では牡馬を上回るものを持っていますので、スムーズな競馬ができれば侮れないでしょう。
ただ、ダンスインザムードも、追って伸びるタイプではありません。
東京競馬場のマイル戦は、スピードだけでは押し切れません。
G1クラスの末脚の切れる馬の追撃をかわすのは、至難の業でしょう。

本命は◎アサクサデンエンに打つつもりです。
中国語表記だと浅草田園になるそうです(そのままですね・・)。
前走の京王杯SCは、全てがうまく行ったレースであることは否定しません。
しかし、あのような前に行く競馬が出来たということは収穫でしょう。
この馬は腰が甘かった馬なので、スタートが悪く、どうしても後ろから行くため、成績も安定しませんでした。
それがここに来て解消され、体質も強くなり、前走でやっと結果を出すことが出来ました。
今回はマイルに距離が伸びることがプラスになります。
前走ほど前に位置する必要もありませんが、ある程度の位置には付けていくはずです。
幸い7番枠を引きましたし、隣のローエングリン、ダンスインザムードを先に行かせて、内にもぐり込むことができます。
内側の絶好の馬場を通って、直線に向いたらあとは追い出すだけです。
スタートさえ遅れなければ、末脚のしっかりした馬なので期待は大きいです。

いずれにせよ、今回はレース中のちょっとしたことが勝ち負けにつながりそうですね。
今のところ大丈夫そうですが、明日の馬場状態も心配です
できれば良馬場でレースが行われることを希望します。

| | Comments (106) | TrackBack (0)

距離適性は変化する

「以前は薄手の体形でしたが、成長するに連れて筋肉が付いてガッシリとした短距離向きの体に変わってきました」とは、アドマイヤマックスを管理する橋田満調教師の弁である。

アドマイヤマックスの戦歴を振り返ると、まず1600mの新馬戦を勝ち上がり、2戦目にして1800mの東京スポーツ杯2歳Sを快勝した。続いて2000mのラジオたんぱ杯2歳Sで惜敗した後、骨折が発覚して3歳の春を全休した。秋は2200mのセントライト記念で復帰し、3000mの菊花賞にも出走して2番人気に支持されたこともある。

3歳までの戦績だけを見れば中長距離馬の使われ方であるが、4歳になってからは1600mの安田記念を皮切りに、マイル以下の距離を使われ、6歳にして1200mの高松宮記念で念願のG1タイトルを手に入れた。

このように、成長するにつれアドマイヤマックス自身の距離適性が変化していることが分かる。短距離向きの筋肉が付いてきたことにより、持久力が必要とされる中長距離のレースには向かなくなってしまったのである。2、3歳時のアドマイヤマックスと古馬になってからのアドマイヤマックスでは、同じ馬でも違う馬なのである。

Continue reading "距離適性は変化する"

| | Comments (73) | TrackBack (0)

Re:Re:Re:安田記念について

aoyagilogo
ダイワメジャーで勝負したいと思います。
前回も書いた通り、昨年秋の状態とは雲泥の差がありますし、前走の内容から完全に立ち直ったみていいでしょう。
皐月賞で勝っているように、スタミナを要求される東京マイル戦も問題ありません。
ローエングリン、サイレントウィットネスという強力な先行馬を見ながら競馬できますし、前が止まらない現在の馬場もこの馬に向いていると思います。
昨年の秋の結果から、過去の馬のように捉えられていますが、実際にはまだ4歳馬でこれからの馬です。
アドマイヤマックス、テレグノシス、ローエングリーンあたりの平凡なマイラーとの世代交代です。

怖いのがダンスインザムードです。
今回の調教はいつもと異なり、かなり強めに行ってきました。
これが吉とでるかわかりませんが、いかにも勝負がかりという内容です。
マイラーとしての資質も高いですし、また牡馬に通用することも昨年の天皇賞秋、マイルCSで示しています。
一方、昨年秋からの使い詰め、そして牝馬なので一回不調に陥ると、なかなか立ち直れない部分があるというのも事実ですね。
最近の戦績からダイワメジャーの方を上として取りましたが、怖い1頭であることは変わりありません。

スィープトウショウ、ハットトリックは追い込む競馬しかできないため、今の上がりの速い東京では勝ち切るまでは難しいと思います。
強い先行馬が揃ったとは言え、それほど無謀なペースにはならないと思いますし。

香港の2騎も怖いのは確かですが、サイレントウィットネスはやはり距離に不安があります。
またブリッシュラックも強い馬だと思いますが、超一流という印象はなく、今回の日本のメンバで十分に太刀打ちできるレベルなのではないでしょうか。

今年のG1、馬券的に全敗ですが、今回は少し自信があります。
ダイワメジャーの単勝で勝負したいと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Re:Re:安田記念について

jiromarulogo
直線で末脚勝負の追い込み馬が多いのも、このレースの特徴です。
アドマイヤマックス、テレグノシス、カンパニー、そして青柳さん推奨のハットトリックとスイープトウショウがそうです。
この馬たちは、素晴らしい末脚を持っているのですが、反面、展開に左右されやすいという弱みもあります
サイレントウィットネスが引っ張り、ペースは速くなると予測されていますが、今週からAコース使用なので、内を通れて前に行ける馬に有利になるのではないでしょうか。
直線一気で他馬を差し切るのは至難の業で、追い込み馬にとっては厳しいレースになるはずです。

ハットトリックが東京新聞杯で見せた32秒9の末脚は強烈でした。
その反動で体調が戻りきらずに、前走は大敗してしまいましたが、この馬のマイラーとしての資質は相当なものです。
跳びの大きな走法からも、東京競馬場は合いそうです。
しかし、どこまで体調が戻っているかが疑問ですし、展開が向かないと厳しいですね。

アドマイヤマックスにとっては、明らかに1600mの距離は長いですね。
この馬は、年齢を重ねるにつれ、スプリンターの体型に変わってきました。
東京のマイル戦はスタミナも要求されますので、いくらダービージョッキーの武豊騎手でも、この馬を勝たせるのは難しいはずです。

テレグノシスは、相変わらず府中コースでは堅実に伸びてきます。
前走も前残りの展開にもかかわらず、最後までしっかりと伸び切っていました。
休み明けを2回叩いた今回はチャンスですが、やはり展開がネックです。
他力本願なレースになってしまうのは否めません。
実力は認めても、果たして勝ちきるまではどうでしょうか。

| | Comments (65) | TrackBack (0)

Re:安田記念について

aoyagilogo
そうですね、ダービー、オークスでは絶対的な本命馬が存在しましたが、今回は大混戦と言っていいでしょう。
もし、抜けているとしたら、おっしゃる通り、サイレントウィットネスでしょう。
17連勝しているのは伊達ではないですし、もし可能であれば、私としては1200m戦でサクラバクシンーと戦わせてみたい逸材です。
勿論、私はサクラバクシンオーが勝つと確信していますが。
それは置いといて、確かに一概の逃げ馬ではないと思いますし、前走のマイル戦も悪い内容ではありません。
しかしながら、やはり東京の1600mを考えると、マイルが得意ではなく、マイルをこなせるというこの馬には辛いのではないでしょうか。

もう1戦マイルで戦えば、ブリッシュラックに負けることはないとおっしゃいますが、私は東京1600mであれば、再度、ブリッシュラックが先着する可能性大だと見ています。
サイレントウィットネスに陰に隠れた存在ですが、馬柱をみるとなかなかの成績を残しいます。
いずれにせよ、香港の2騎が力を持っていることはわかっていますが、やはり未知な部分もありますね。

私は今回、日本馬の単勝で勝負しようと思っています。
その候補ですが、ダイワメジャー、スィープトウショウ、ハットトリックの3頭で考えています。
特にダイワメジャーには強く関心を持っています。
皆さんもご存知の通り、昨年の皐月賞馬ですし、ノドの手術により、昨年秋の状態とは雲泥の差にあります。
前走のダービー卿でも文句のつけようのない勝ちっぷりでしたし、大型馬であることを考えれば、むしろ東京の1600m戦のほうが向いているでしょう。
スピード勝負である現在の馬場もこの馬にはプラスですね。
チャンスだと思います。

スィープトウショウも東京1600mはぴったりの条件です。
また追い込みであるこの馬にとっては、サイレントウィットネス、そしてローエングリンという強力な先行馬が揃っているのも好条件です。
ダンスインザムードとの力差もそれほどないはずですし、向こうが通用するのであれば、この馬が通用してもおかしくありません。

そのスィープトウショウ以上の切れがあるとすれば、ハットトリックでしょうか。
前走、休み明けかつちぐはぐな競馬で大敗していますが、逆に大敗しているということは能力を出しきっていなかったということでしょう。
東京新聞杯ではあり得ないような上がりで勝っていますし、この馬も前が速くなれば速くなるほどチャンスです。
あとは前走叩いた効果でどのぐらい状態が上がってくるかでしょう。

| | Comments (5) | TrackBack (1)

« May 2005 | Main | July 2005 »