« アドマイヤグルーヴは人気がない分、馬券的妙味も | Main | ◎スウィープトウショウ »

前に行ける馬と、内枠を引いた馬が有利

jiromarulogo
アドマイヤグルーヴについては同意見です。
3、4歳と、このレースを連覇しているように、牝馬の中ではスケールが一枚上です。
そして、この馬にとって、京都の2200mという条件も合っているのではないでしょうか。
とはいえ、前走の内容や年齢を考えると、昨年ほどの期待は掛けづらいと思います。

レースは落ち着いた流れになるでしょうが、この前の天皇賞秋のような極端なペースは想定しなくてもよいでしょう。
ということは、前に行ける馬と内枠を引いた馬が有利になります。
枠順次第ですが、ヤマニンアラバスタは良い位置でレースができそうです。
それに対して、スウィープトウショウは、勝つためにはかなり巧く乗らないといけません。
エアメサイアとアドマイヤグルーヴは、どんな位置からでも競馬ができそうですね。
いずれにせよ、2200mという距離はゆったりとレースを進められます。
各馬が力を出し切れる舞台に違いなく、有力馬が脚を余して負けるという展開は考えにくいですね。

伏兵ということで挙げれば、レクレドールでしょうか。
この寒くなる時期にしては素晴らしい毛艶を保っていて、体調は申し分ありません。
ステイゴールドの下ということで、レースの流れが向いた時には力を発揮する特性があります。
この馬に合った展開になるかどうかは、やってみないと分かりませんが・・・


blogranking

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/7022484

Listed below are links to weblogs that reference 前に行ける馬と、内枠を引いた馬が有利:

Comments

Post a comment