« あと3日間! | Main | マルカキセキの一瞬の脚に期待 »

シンボリグランの好勝負は確実

jiromarulogo
いやー、ディープインパクトは強かった。
モヤモヤしていた気持ちを吹き飛ばしてくれる、まさに飛ぶような走りでした。
馬体の成長はありませんでしたが、完成された馬なのであれでいいのでしょう。
春のG1シーズンの訪れとともに、天皇賞春から海外へと気持ちは向かってしまいます。

さて、今週は高松宮記念です。
このレースは、中京1200mというコース設定上、どうしても難解なレースになってしまいます。
枠順、位置取り、コース取りのちょっとした有利不利が、勝敗を分けてしまうレースです。
特に今年のメンバーは小粒で、力の抜けた馬がいないので、輪をかけて難解ですね。
極端に言うと、枠順が決まって、当日の馬場状態が把握できるまで、本命を打つことが出来ないかもしれません。

そんな中で、スプリント戦で安定した力を発揮できるのはシンボリグランでしょうか。
前走も58kgを背負い、出負けした不利を克服して3着を確保しました。
状態も安定しており、レースセンスもいい馬です。
大型馬だけに、小回りの中京コースが合うとはいえませんが、CBC賞を勝っているように、それほど心配しなくてもよいでしょう。
あとは不利のない枠順を引いて、ゲートを普通に出れば、好勝負は確実です。
デムーロ騎手も、前走の負けをここで巻き返したいはずです。

出走してくれば、ラインクラフトの力は一枚抜けています。
スピードのある馬ですし、最近は力んで走るようになっているので、スプリント戦は合っているのではないでしょうか。
とはいえ、休み明けの不利はありますし、スムーズな競馬をさせてもらえるかという不安もあります。
力を出し切れずに凡走という可能性も、大いに考えられます。

オレハマッテルゼは、追い出してから伸びないというか、ピリッとした脚がない馬です。
前走の阪急杯も、道悪の影響も考えられますが、手応えの割に追ってサッパリでした。
G1レースを勝ち切るための、強靭な末脚に欠けているような気がします。
勝つ可能性があるとすれば、後方からレースを進めて、最後の直線に賭ける乗り方をした場合です。
他馬がバテたところを差し切る、漁夫の利を得る乗り方ですが、反面、後方のままで終わることもあるリスキーな乗り方です。
果たして柴田騎手は、思い切った戦法を取ることができるでしょうか。


ranking

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/9179790

Listed below are links to weblogs that reference シンボリグランの好勝負は確実:

» 熱砂の戦い。 ~ ドバイワールドカップ ~ [ばさら日記 ~ 春 ~]
タイトルには不釣合いなブリージーリゾートな写真を使っちゃいます(笑)。 ここに写っているホテル、やっぱりドバイの『D』を模してつくったのでしょうかね。 だとしたらYとかQとかじゃなくてよかった・・・。いや、そういうコトじゃないか(笑)。 日本競馬界が誇る... [Read More]

Tracked on March 21, 2006 at 09:24 PM

Comments

Post a comment