« ドバイワールドカップとばんえい記念 | Main | 妄想を論破せよ »

◎ウィンクリューガー

jiromarulogo
ドバイワールドカップは残念な結果でしたね。
カネヒキリは完調ではなかったのか、惨敗してしまいました。
内に包まれて、自分のストライドで走れなかったことも多少影響しているのでしょうか。
とはいえ、ハーツクライやユートピアが見事に競馬の実力を示してくれました。
関係者の皆様、本当におめでとうございます!
ぜひいつか現地で観戦したいなぁと思わせる、素晴らしい祭典でした。

さて、高松宮記念に気持ちを切り替えて予想していきましょう。
本命は思い切って◎ウィンクリューガーに打ちます。
3歳時にNHKマイルカップを勝った頃から比べると、馬体もごつくなって、スプリント向きの体型に変わりました。
調教もコンスタントに速い時計が出るように、能力自体は衰えていません。
今週の最終追い切りも素晴らしい動きでした。
あとはレースに行って、走る気持ちを出してくれるかどうかでしょう。
揉まれない、馬場のいい所を通れそうな枠を引いたので、一発に期待です。
あとは中京を庭にする中館騎手に期待です。

オレハマッテルゼには、本命を打つかどうか迷いました。
前走の阪急杯では、手応え十分だったにもかかわらず伸び切れませんでした。
年齢を重ねるにつれ、集中して走ることのできる距離が減り、距離適性が短くなることはよくある現象です。
もちろんマイルを走るスタミナはあるのですが、現状ではスプリント戦の方が合っているかもしれません。
とはいえ、使える脚が短いので、柴田騎手の腕の見せ所ですね。
外過ぎず内過ぎない枠を引きましたので、中団でジッと脚をタメることができれば勝機はあるはずです。

ラインクラフトは、昨年の秋は冬毛も伸びた下降線の体調でも、牡馬相手のマイルCSで3着した能力の持ち主です。
昨年の桜花賞以降、引っ掛かるようになってきているので、スプリント戦は好材料となるはずです。
外枠を引いたので、スムーズに立ち回ることも出来るのではないでしょうか。
さらに、昨年の悪かった頃に比べると、馬体にも張りと艶が戻ってきました。
先週まではモタモタした動きでしたが、今週の最終追い切りは割とスムーズに動きました。
とはいえ、絶好調時の馬体や動きに比べると、まだまだ足りません。
G1レースを勝ちきるまでは難しいかもしれません。

最終追い切りを見る限り、シンボリグランはやはり気性面でまだ課題が残る気がします。
レースではブリンカーを付けたりと工夫はしていますが、ごちゃつく中京で、いつ気の悪さを出してしまうか分かりません。
短距離戦に矛先を変えてから、やっと常識にかかってきていますが、まだどうも信頼が置けないですね。
馬体も前走時のボリュームがなく、体調は良くて平行線といったところでしょうか。
スプリント能力は認めますが、人気とのバランスを考えて、今回は消します。

ネイティブハートは、引き続きいい状態を保っています。
追いきりもしっかりと出来ましたし、休養を挟んで馬体がリフレッシュされました。
とはいえ、前走は展開がハマッた感が強く、今回は前も簡単には止まりません。
内田騎手の腕にも注目ですが、どこまで突っ込んでくるかでしょう。

その他、マルカキセキの走りにも注目してみたいですね。
昨年の夏~秋の体調には及びませんが、このメンバーの中ではスプリント能力は上位の存在です。
平坦コースで切れる脚もあるので、体調がアップしてくれば勝負になるはずです。


ranking

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/9263161

Listed below are links to weblogs that reference ◎ウィンクリューガー:

Comments

Post a comment