« ひとつだけ心配べきは折り合い面 | Main | ストラタジェムとナリタセンチュリーが面白い »

マッキーマックスは充実期に入った

Aoyagilogo_4
ディープインパクトはハーツクライと再戦するまで負けられないでしょう。
昨年の有馬記念で連勝が途切れた後だっただけに、阪神大賞典の圧勝劇は本当に意味のあるものです。
叩いて状態もさらに良くなってくるでしょうし、このメンバ相手に負けるシーンも想像し難いです。
今更この馬のどこがすごいとか褒めても仕方がありませんので、2着争いに主眼を置いて、それぞれの候補馬について言及していきたいと思います。

その2着争いですが、普通であれば、リンカーンが有力でしょう。
昨年秋の超スローだった天皇賞秋を除けば、その戦績から、この馬も充実期に突入したことが伺えます。
しかしながら、昨年、一昨年末と天皇賞春にて1番人気に押されながらも大きく期待を裏切った内容をみると、この馬がステイヤーなのかどうか、疑問ですね。
菊花賞で直線鋭く2着に伸びてきましたが、3歳G1と古馬G1ではレースのペース、厳しさも全く違いますから、菊花賞の結果だけで、ステイヤーであると判断するのは早計ですね。
ただ前走を見る限り、この馬にもいい意味での重厚感が備わってきたようですし、やはり2着候補の筆頭になるべき馬です。
ディープの単勝を購入しても儲かりませんから、ディープを頭に馬単でリンカーンと1点で買うか、リンカーンを蹴飛ばすか、どちらかの馬券で勝負するのがベストだと思います。
3連複、3連単のような宝くじ的な馬券はあまり好きではありませんので。
で私は今のところ、リンカーン蹴飛ばしの後者にて予想しようと思っています。

とその2着候補が、、、どの馬にもチャンスがあり、かなり難しい、、、。
仰る通りトウカイトリックはスタミナ抜群で、前走の再現もあり得ますね。
ただ、前走は雨、風、そしてノーマークと逃げ/先行馬に有利な条件だったのは確かです。
また瞬発力勝負ではディープに対し、どの陣営も分が悪いと思っているでしょうから、すべり台を利用するデルタブルースのように、早め、早めの競馬をしてくることが予想されるため、前走のような楽な競馬にもらないのではないでしょうか、、、そもそもどんな競馬をしてもディープに先着できる馬はここにいませんけど。
一方、積極的な競馬をする馬がいなければ、やはりトウカイトリックの残り目もあり得ます。

マッキーマックスも充実期に入りました。
体に弱いところのあった昨年までは素質と人気ばかりが先行している部分がありましたが、ダイヤモンドSでの勝利、そして距離不足であった産経大阪杯では直線鋭く2着と結果も伴ってきました。
特に前走の勝ち馬は安田記念の最有力候補(と私は思い込んでいます、、、)であるカンパニー、そして3着が昨年の天皇賞馬スズカマンボですから、天皇賞のこのメンバーに入っても、なんら遜色ない(無論ディープを除いて)でしょう。
馬券的にもリンカーン、デルタブルースがいますので、ディープとの馬単でも10倍弱はつくでしょう。
今のところ、この馬を打倒リンカーン(=2着)筆頭として考えています。

その他、昨年3着のアイポッパー、相手なりに走るアドマイヤモナークやストラタジェムとスタミナ抜群の馬たちも参戦してくるため、馬単も簡単なようで簡単でありません。
忘れた頃にやってくるファストタテヤマも参戦します。

いずれにせよ、ディープの相手探し、後はJRAのCM同様、逃げ残りを選ぶか、はたまた差し馬を選ぶのか。


ranking

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/9777692

Listed below are links to weblogs that reference マッキーマックスは充実期に入った:

» 天皇賞の枠順確定 [はちまんの競馬と囲碁]
天皇賞の枠順が確定しました。注目のディープインパクトは4枠7番と良い所に入りま [Read More]

Tracked on April 27, 2006 at 05:08 PM

Comments

Post a comment