« マッキーマックスは充実期に入った | Main | ディープインパクトは飛ぶことが出来るのか? »

ストラタジェムとナリタセンチュリーが面白い

Aoyagilogo_5
ディープインパクトを軸に馬単で勝負したいと思います。
確かに調教では動かなくなっていますね。
昨年から放牧をせず厩舎にずっといますので、ストレスがたまっているのかも知れませんし、またずる賢くなっただけなのかも知れません。
私にはどちらの理由なのか分りませんが、ただ休み明けの前走の最終調教もそれほどいいものではなく、それであれだけ走っているわけですから、それほど気にしなくていいのではないでしょうか。
2着争いとみていいでしょう。

その筆頭として前回書いた通り、マッキーマックスをあげたいと思います。
もともと3歳のクラシック時から期待されていた馬でしたが、ようやく体調も強化され、結果を残すことができるようになりました。
G1クラス?と聞かれると、NOだと思いますが、他馬も皆一緒です。
古馬のG1を取っている馬は一頭もいませんから。

穴として、ストラタジェムとナリタセンチュリーが面白いのではないでしょうか。
今回、トウカイトリックが逃げ宣言をしていますが、阪神大賞典ほど楽な展開になりません。
また前回も書いた通り、末脚勝負では分が悪く、皆早め早めの競馬をし、3コーナあたりでペースが一気にあがります
そしてこれらの馬をディープインパクトが直線早めにかわし、そして早めに仕掛けてしまったがため、各馬、ゴール前でズブズブになってしまう。
これらを後ろで待機していた、ストラタジェム、ナリタセンチュリーがかわして行く、、、そんなシナリオを描いています。
ストラタジェムは相手なりに走るところもあり、またナリタセンチュリーも長期休み明けですが、思ったより仕上がりが良さそうです。
特にナリタセンチュリーは、京都巧者ですし、本来の力(好調時の力)であれば、相手次第ではG1戦線で勝ち負けになってもおかしくない馬です。

リンカーンについては、力および成長を認めるものの、ディープとの馬単を購入しても大したリターンを期待できませんので、無視することにしました。

ローゼンクロイツは体型からも長距離馬ではありませんので、抑える必要もないでしょう。

デルタブルースはこの馬の力そのものに私は疑問を感じています。
昨年暮れのステイヤーズSで完全復帰した、と思っている人たちもいると思いますが、あのメンバでゴール前ぎりぎり勝ったような内容を私は全く評価していません。
当然2着はありますが、人気ほど(多分3番人気)の魅力を感じません。

馬単でディープを軸にマッキーマックスへ厚く、ストラタジェム、ナリタセンチュリーへ薄く流したいと思います。

◎ディープインパクト
○マッキーマックス
△ストラタジェム
△ナリタセンチュリー


ranking

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/9807669

Listed below are links to weblogs that reference ストラタジェムとナリタセンチュリーが面白い:

» 第133回天皇賞(春)(GI)予想・・・英雄盾獲りの章 [AUとか馬ブログ]
天皇賞春 ◎ディープインパクト・・・ハズセナイ!ますますハズセナイ!世界へ。 ○トウカイトリック・・・この馬のファンになりつつあるワタクシ。スタミナ充足充実期。中庸走法でマイワールド突入! ▲リンカーン・・・すっかり長距離G1ではハズセナイ騎手となりました。横..... [Read More]

Tracked on April 29, 2006 at 12:59 PM

Comments

Post a comment