« 勝つためには勝つ気で乗らないこと | Main | アドマイヤムーンは皐月賞の載冠にかなり近い »

アドマイヤムーンは付け入る隙がある

Jiromarulogo_3
まずは、青柳さん、桜花賞の的中おめでとうございます!
力関係、展開等を読み切った、素晴らしい予想でしたね。
私の本命は残念ながら2着でしたが、青柳さんのおかげで、このG1トークの質の高さが証明できましたよ(笑)。
これからもお互いにビシビシ当てて行きましょう!

さて、今年の皐月賞は有力馬の力が拮抗していて、素晴らしいレースになりそうな予感がします。
どの馬の素質も甲乙付けがたく、どの馬が皐月賞→ダービーと勝っていくのか、今からワクワクしますね。

そんな中でも、共同通信杯と弥生賞で強敵を退けたアドマイヤムーンが1番人気に支持されそうです。
武豊騎手に乗り変わって以来、末脚を生かす競馬を習得して、決め手は抜群のものがあります。
エンドスウィープ産駒のこういったタイプは、サンデーサイレンス産駒に負けないくらい強いですね。
現時点での完成度もかなり高いです。
そして、ダービーと皐月賞のどちらが合うかといえば、皐月賞の方でしょう。
一瞬の決め手を行かせる中山コースということと、コロンとした体型からは、2400Mは若干長い気がします。
最近の皐月賞は瞬発力勝負になりやすいので、この馬にもってこいのレースでしょう。
しかし、私はこの馬には付け入る隙が十分にあると思っています。

4連勝中のフサイチジャンクは、非常に奥のある馬ですね。
それほど離して勝つ馬ではありませんが、並んでからスッと交わす時の脚は、一流馬のそれです。
強い相手と戦えば戦うほど、この馬の良さは発揮されるのではないでしょうか。
将来性という点で見ると、このメンバーのなかでも随一だと思います。
ただ、今回の皐月賞での心配材料といえば、中山の2000Mというコース形態でしょうか。
大きなストライドでゆったりと走って、良さが生きる馬なので、得意なコースではないことは確かです。
枠順やコース取り等に恵まれなかった場合には、とりこぼす可能性も十分ありえます。

同じ関口オーナーのフサイチリシャールは、ここ2戦で不完全燃焼なレースを続けています。
共同通信杯は切れ味勝負に屈してしまいましたが、スプリングSはらしくない競馬でした。
決め手に欠ける分、早めに先頭に立って押し切るレースをすべきでしょう。
前走はそれを敢えてしなかったのか、それとも出来なかったのか。
2歳時は掛かることのなかった馬が、前走では少し掛かっていたことも気がかりです。
しかし、スピードとスタミナの絶対値はここでも見劣りしないので、このメンバーでも勝ち負けになる馬です。

ranking

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/9540989

Listed below are links to weblogs that reference アドマイヤムーンは付け入る隙がある:

Comments

Post a comment