« レースは記憶を持たない | Main | マッキーマックスは充実期に入った »

ひとつだけ心配べきは折り合い面

Jiromarulogo_6
いよいよ真打ちのディープインパクトの登場です。
昨年の有馬記念は負けてしまいましたが、阪神大賞典を楽勝して、今年は好スタートを切りました。
前走は馬体重こそ+2kgでしたが、ゆったりした中にもハリのある、良い頃の馬体に戻っていました。
もともと、牡馬にしては細身の、バネと柔軟性を生かして走る馬です。
馬体重が増えていなくても、それほど心配しなくてもいいのではないでしょうか。
それよりも、ひとつだけ心配すべきは、やはり折り合い面になります。
前走でも、前半に折り合いを欠く面を見せていました。
それでも楽勝してしまう以上、問題ないのでしょうが、見ている側としてはハラハラしますね。
とにかく、普通に走って来れば、結果は付いてくるはずです。

2番手以降の馬に目を移すと、どの馬が来ても不思議ないメンバーです。
リンカーンは、6歳にしてやっと大人っぽくなってきましたが、それでも勝負弱さは相変わらずです。
精神的な弱さ、若さが、この馬の大成を妨げていると思います。
いずれにせよ、馬が大きく変わったということではないので、どこまで上位争いに食い込めるでしょうか。

デルタブルースは鈍足がゆえに、長距離向きの馬でもあります。
その長距離戦であった前走は、せめて2着は確保して欲しかったですね。
菊花賞を勝った京都競馬場に変わって、どこまで巻き返してこれるでしょうか。
岩田騎手の言うように、3コーナーからの滑り台(下り坂)を生かす戦法を取ることができるのは楽しみな材料です。
とはいえ、ディープインパクトに早めに交わされてしまうと、ズブズブになってしまうかも知れません。

トウカイトリックは前走で結果を残していますので、今回も思い切った逃げを打ってくるはずです。
あの重い馬場状態を向かい風で進んで、あれだけ粘ったのは評価すべきでしょう。
馬体の小さな馬ですが、長距離向きであるという解釈もできます。
果たして、阪神大賞典の再現はなるでしょうか。


ranking

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/9752159

Listed below are links to weblogs that reference ひとつだけ心配べきは折り合い面:

» ディープインパクト [はちまんの競馬と囲碁]
今度の日曜日は、いよいよ天皇賞(春)です。ディープインパクトが出走します。この馬 [Read More]

Tracked on April 25, 2006 at 02:42 AM

Comments

Post a comment