« 集中連載:「馬体重は語る」-第6回- | Main | コイウタは馬が良くなってきている »

アドマイヤキッスの力が抜けている

Jiromarulogo
いよいよ春のG1シーズンが本格的に始まりました。
今週はクラシック第1弾でもある、桜花賞が行われます。

チューリップ賞を勝ったアドマイヤキッスは、このメンバーでは力が抜けていると思います。
初勝利を挙げるのに2戦を要しましたが、競走馬としての意識がなかっただけです。
少しずつ競馬を覚えて、前走のチューリップ賞では休み明けにもかかわらず、見事な勝利を収めました。
クラシックと時期を同じくして急激に成長してくるのは、サンデーサイレンスの特徴です。
それに対して、その表情はサンデーサイレンス産駒の牝馬らしくないオットリとしたものですが、これもアドマイヤキッスのアピールポイントでしょう。
前走は決して100%に仕上げていた訳ではありませんし、上積みも期待できます。
中間も飼い葉食いも良く、1週間前にもしっかり追うことが出来ています。
このまま順調に行けば、この馬の優位は揺らぐことはないでしょう。

阪神ジュべナイルFを勝ったテイエムプリキュアは、チューリップ賞を叩いての上積みは必至です。
前走はペースが上がったところで置かれてしまいましたが、今回はついて行けるはずです。
とはいえ、やはりスピード競馬には不安が残るのは確かです。
この馬はネヴァーベンド系という少し古い血統で、この系統は芝の道悪やダートなどの時計の掛かるレースを得意とします。
また、首をあまり使わずに走りますが、これも道悪馬場を苦にしない走法です。
つまり、阪神ジュべナイルFは、この馬にとって、かなりの面で道悪が有利に働いたのは事実です。
果たして良馬場で行われるG1レースで、どこまで上位に食い込んでこれるでしょうか。
もちろん、雨が降って道悪になれば、この馬の台頭は十分に考えられます。

フサイチパンドラは、どうもチグハグなレースが続いています。
気性面で問題を抱えているからですが、なかなか持てる力を発揮することが出来ません。
肉体的な能力(走る能力)だけで言えば、このメンバーでもトップクラスですが、精神面での幼さが、その能力を発揮することを妨げてしまいます。
桜花賞は芋を洗うようなレースになることが多いので、この馬のモロさを露呈してしまうことも十分考えられます。
まだまだ未完成な馬なので、人気ほどには信頼を置くことは出来ませんね。


ranking

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/9415298

Listed below are links to weblogs that reference アドマイヤキッスの力が抜けている:

Comments

ども。
同じくアドマイヤキッスが抜けていると思っています。
レースレベルの話をすると唯一レベルが高いと思うのは、
トライアルではないですがファンタジーSで、あとはどれも同じぐらいにしか思っていません。
G1の厳しい流れになればどれも決め手なく混戦という見解もよく見ますが、
メンバー揃ってHペースでこそのSS産駒2頭だと思っています。
Aキッスの前走は展開、相手まかせで無理に乗っていませんでしたね。
権利取りがかかっていたにもかかわらず豊様も位置取りから坂上では馬体が合いましたしいろいろ試していたように思います。
気性に不安はあるものの、流れに乗りやすそうなのはフサイチの方で断然競馬はしやすくなるでしょう。
1点しか見えません。
個人的には巷では混戦混戦ともっと騒いでほしいところです。
ではでは。

Posted by: あらた | April 06, 2006 at 07:52 PM

あらたさん

アドマイヤキッスは将来性も含めて、かなりの潜在能力を秘めていると思います。

ここをどうやって勝つかで、2冠への道が開けてくるのではないでしょうか。

フサイチパンドラについては、私は甚だ疑問です。

血統や調教での動きを見るとごまかされてしまいますが、この馬は肉体・精神ともにアンバランスで、G1レースで勝負になるのはまだまだ先の話ではないでしょうか。

では2着は?と言われると分かりません。

当日の馬場状態も心配ですね。

お互いに頑張りましょう!

あらたさんの予想も期待しております。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 06, 2006 at 09:45 PM

Very nice article. I absolutely love this website. Continue the good work!

Posted by: as seen on tv grill mat | August 13, 2015 at 10:59 PM

Post a comment