« コイウタは馬が良くなってきている | Main | キストゥへヴンは距離が延びて良さが出てきた »

ダイワパッションはマイル戦でも心配ない

Jiromarulogo_1
確かに、コイウタは使い込まれつつも、馬が良くなっています。
使い込まれるとゴトゴトしてしまう馬もいますが、コイウタは反対のタイプですね。
具体的に言うと、馬体に柔らか味が増して、走りもスムーズになってきています。
とはいっても、G1レースを勝つだけの潜在能力があるかどうかは疑問です。
豊富な経験や早めの入厩と好材料はありますが、果たしてどこまで上位に食い込めるでしょうか。

ダイワパッションは4連勝中と勢いに乗っています。
レースセンスも良く、マイル戦でもそれほど心配はないでしょう。
ただ、短距離馬らしい体型からも、短い距離の方が合っていることは間違いありません。
スタミナが問われる厳しい流れになった時に、どこまで我慢できるでしょうか。
また、若手の長谷川騎手の手綱さばきにも注目したいですね。

青柳さんのおっしゃるように、チューリップ賞の時計は平凡ですね。
あの結果だけでは、本番の速い時計への対応が出来るかどうか判断しかねます。
私もチューリップ賞組がそのまま本番へと直結するとは思っていません。
まあ、そういったことも考慮しても、アドマイヤキッスの能力は極めて高く、将来はもっと強くなる馬だと思います。
もちろん、桜花賞というレースだけ取ってみれば、楽勝できるだけの力差はありませんが。


ranking

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/9453011

Listed below are links to weblogs that reference ダイワパッションはマイル戦でも心配ない:

Comments

Post a comment