« Dance,dance again! | Main | アドマイヤキッスは今一歩決め手に欠ける »

キストゥへヴンは脚を余さないか

Jiromarulogo_13
桜花賞に続いて、ヴィクトリアマイルの的中おめでとうございます!
これからは牝馬の青柳と呼ばせてもらいますよ。
ということは、オークスもよろしくお願いいたしますね。
 
さて、今回のオークスは、何とも言えないメンバーが揃いました。
というのも、桜花賞の1、2着馬に人気が集まりそうですが、それほど信用を置けない気がします。
従来どおりでしたら、完成度の面において勝る桜花賞組が有利ですが、今回は別路組も頭のどこかに入れておいた方が良いかもしれませんね。
 
まずは桜花賞馬に敬意を表して、キストゥへヴンから。
前走はハイペースがハマった感はありますが、強烈な末脚でした。
フラワーCしかり、桜花賞しかり、最後は良い脚を使うことは間違いないので、騎手も安心して乗っていられます。
さらに、この馬は道中も折り合いが付くように、脚をなし崩し的に使うことがないので、距離は心配ないでしょう。
ひとつだけ心配といえば、オークスはスローに流れやすいので、脚を余してしまうことです。
この馬自身は良い脚を使っても、前が止まらないので捕まらないということも考えられるのではないでしょうか。
 
1番人気が予想されるアドマイヤキッスも、距離の延長に不安はありません。
引っ掛かることがない馬なので、出たとこ勝負で、レースの流れに乗っていけるはずです。
跳びの大きいダイナミックな走法なので、東京コースに変わることで、より一層持ち味が発揮できるでしょう。
安定感という面では、キストゥへヴンよりもこちらが上です。
この馬の不安材料は、やはり前走で大幅に減った馬体重の影響でしょうか。
キャリアの浅い牝馬の馬体重の増減を読み解くのは難しいのですが、前走であれだけ減った影響は少なからずあると思っています。
少しくらい体調が悪くても走ってしまうのがこの馬の良いところですが、勝ち切ることは難しいかもしれませんね。
 
桜花賞組ということでは、当初、コイウタに注目していました。
前走の桜花賞は、阪神ジュべナイルF時と比べて、格段に馬が良くなっていました。
牝馬には珍しく、使い込んで良くなるタイプではないでしょうか。
しかし、桜花賞の後、放牧に出されたようで、現状では馬がまだ緩く映ります。
出来れば放牧に出して欲しくなかった、というのが本音です。
この馬は典型的なマイラーの体型なので、使って絞り込まれているくらいでないと、東京の2400mというタフなコースはこなせないのではないでしょうか。


ranking

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/10104702

Listed below are links to weblogs that reference キストゥへヴンは脚を余さないか:

» ダービーの登録馬 [はちまんの競馬と囲碁]
少し気が早いですが、5月28日はダービーですね。ちなみに皐月賞はメイショウサムソ [Read More]

Tracked on May 17, 2006 at 03:11 PM

» Cialis. [Cialis american pharmacy.]
Buy cialis. Cialis 20mg. Taking viagra with cialis. Compare cialis and viagra. Blood pressure cialis tadalafil. Cialis generic. Cialis. [Read More]

Tracked on April 29, 2007 at 07:03 PM

Comments

丁寧なコメントを頂戴してうれしいかぎりです。先週の次郎丸さんの予想のなかにメサイアーがマイラーだというご指摘がありましたが、卓見ですねえ。大外をもったままで上がってくる彼女の姿をみてなるほどと感心させられました。是非安田記念にも出走して欲しいものです。ノビアには今後も注目ですね。さてオークスです。混沌としてできれば見るだけにしたいレースですが、競馬を愛するものにはそんなことが許されるはずもありません。牡馬のクラシック戦線も同様に混沌としているようですが、こんなときにこそクラシックが血の争いであるという競馬の基本に立ち返って考えてみたいと思います。フジキセキがずっと好調です。彼はミルリーフだと思います。キングヘイローは肌馬の質を考えれば驚くべき成績をあげていることになります。彼は天才はだのヘイロー。ベガもクラッシク血統らしさを見せています。彼らの血がSSを凌駕するオークスになるかもしれません。追記 やはり見ておけばよかったオークス。

Posted by: ルドルフおやじ | May 17, 2006 at 10:46 AM

ルドルフおやじさん

こちらこそ、いつも深いコメントを頂きまして、ありがとうございます。

先週のダンスインザムードも的中されて、素晴らしいですね。

さて、今週はオークスです。

>混沌としてできれば見るだけにしたいレースですが、競馬を愛するものにはそんなことが許されるはずもありません。

そのとおりです(笑)。

おっしゃるように、SS以外の産駒の台頭がクラシックを盛り上げています。

フジキセキは、重厚な母系が少しずつ回ってくるようになって、クラシックでも通用する産駒が生まれて来ていますね。

SS亡き後、こういった傾向は強まるはずです。

これまでSSに良質な牝馬を取られていた、種牡馬たちの巻き返しが楽しみですね。

追記
>やはり見ておけばよかったオークス。
→すいません。これはどういう意味でしょうか?

Posted by: 治郎丸敬之 | May 17, 2006 at 10:52 PM

20日(日)午後4時のわたしの気持ちを予想して書きました。

Posted by: ルドルフおやじ | May 17, 2006 at 11:34 PM

なるほど。

ぜひ、生のレースをこの目に焼き付けましょう!

Posted by: 治郎丸敬之 | May 17, 2006 at 11:54 PM

Post a comment