« ラインクラフトの口元に注目 | Main | Dance,dance again! »

◎ディアデラノビア

Jiromarulogo_12
ここ最近は、競馬開催日に雨が降り、悩まされることが多いですね。
良馬場での熱い戦いを期待していたのですが、正直に言って、どれくらいの馬場でレースが行われるのか分かりません。

そこで、本命は思い切って◎ディアデラノビアに打ちます。
今年に入って、体調が優れないままレースに出走し続けましたが、やっとここに来て復調してきました。
使いながらも体を戻してきて、今回は最高の状態に仕上がっているはずです。
岩田騎手も、人気を背負わない分、折り合いをつけることだけに専念することができます。
位置取りは後ろになるかもしれませんが、府中の長い直線を使って、どこまで差して来れるでしょうか。
ゴムまりのような筋肉から繰り出される、極上の切れ味を見てみたいものです。
切れ味が鈍る分、道悪はどうかなと思いますが、頭の高い走法からこなせないことはないと思います。
まあ、あとは力関係だけですが、この馬の潜在能力に期待します。

おっしゃるように、屈腱炎を克服してG1レースを勝つことは至難の業ですね。
というよりも、脚元に持病を抱えている馬は、連勝することすら難しいことだと思っています。
たとえ1勝できたとしても、その反動は脚元が健康な馬よりも大きいはずですから。
そういった意味で、ヤマニンシュクルに本命を打つのはやめておきます。
中間も好時計を連発していましたが、欲を言えば、最終追い切りもビシッと攻めて欲しかったですね。

ラインクラフトは、このメンバーでも能力上位は明らかです。
昨年のマイルCSでは、どん底に近い体調であったにもかかわらず、牡馬相手に3着しています。
体調は休み明けを2回叩いて、ほぼ万全の出来に仕上がりました。
他馬の目標にされることを差し引いても、勝利にかなり近いところにいることは間違いありません。
それでもあえて本命を打たなかったのは、先日のコラムでも書いたとおり、追い切りの動きが好ましくないと思ったからです。
まあ、レースに行って結果を出されてしまえば、仕方ありませんが。

ダンスインザムードも、牡馬相手に結果を出してきた馬です。
府中のマイル戦という条件であれば、ラインクラフトを脅かす存在です。
一時期のスランプを抜け出した今、2つ目のG1を取るチャンスはすぐそこです。
ひとつだけ不安材料があるとすれば、この馬の精神面の弱さから来る、詰めの甘さでしょうか。
能力は高いので好走はしますが、果たして、3歳時の強かった頃のダンスインザムードに戻りきっているでしょうか。

エアメサイアは、最終追い切りでもまずまずの動きを見せました。
どちらかというと、マイラーの体型をしているので、この距離もこなせるはずです。
府中のマイル戦なら、ゆったり行ける分、安定した末脚を繰り出せるのではないでしょうか。
大外枠が疑問視されていますが、武豊騎手がどのように乗るかが見所ですね。


ranking

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/10059499

Listed below are links to weblogs that reference ◎ディアデラノビア:

» ヴィクトリアマイルの結果 [はちまんの競馬と囲碁]
ダンスインザムードが勝ちました!馬が大人になったのでしょう(私はまだ信用出来ま [Read More]

Tracked on May 14, 2006 at 05:00 PM

Comments

Post a comment