« チョッとやソッとじゃ止まらない | Main | アドマイヤメインの踏み込みは深い »

マルカシェンクがダービーを盛り上げる

Aoyagilogo_12
いよいよ日本競馬最大の祭典、日本ダービーが開催されますね。
昨年のように飛びぬけて強い馬ないませんが、ダービーにふさわしくレベルの高い好メンバーが集まり、本当に大混戦ですね。

その中、皐月賞同様、再度アドマイヤムーンが1番人気になるのでしょうか。
私もこの馬は皐月賞向きだと思い、本命を打ちましたが、ほとんど見せ場なく、4着に終わってしまいました。
私が思っていたほど強くなかったのか、それとも外を回されたからなのか、それとも見えない疲れがあったのか。
実は皐月賞前に1点心配していた部分がありました。
それは皐月賞まで、どのレースも上がりの競馬で、厳しい流れの競馬を経験したことがなかったことです。
その中、馬がペースに戸惑ったのだと私は判断しています。
では、ダービーではどうでしょうか。
状態次第では、巻き返しを期待してもいいと思います。
距離は2000mあたりがベストだと思いますが、折り合いのつくタイプですし、それほど気にしなくていいでしょう。
また直線の長いコースであれば、皐月賞ほど忙しい競馬をする必要もなく、直線までじっくり構えることができます。
どうも、同じオーナが所有していたアドマイヤベガとこの馬をダブらせてしまいます。
そのアドマイヤベガも皐月賞で1番人気ながら惨敗しましたが、しかしながらダービーでは巻き返しました。
アドマイヤ軍団は今年の全クラシックで1番人気に支持されながら、1勝もあげていませんが、今回も有力候補の1番手だと思います。

もし能力的にこの馬を上回っているとすれば、マルカシェンクでしょうか。
病み上がりであった京都新聞杯の敗因は展開のアヤです。
騎乗ミスといえば騎乗ミスですが、安勝騎乗のアエローザとの見えない駆け引きは、それはそれで競馬の醍醐味(勝負の難しさ)を見せてもらい、面白いレースでした。
ただ休み明けのレース前に皐月賞2着のドリームウェルを子供扱いしていますし、また底を見せていないという部分では、アドマイヤムーンに匹敵します。
過去、福永騎手は朝日杯を勝ったエイシンチャンプとネオユニヴァースの選択に迫られ、G1を勝たせてもらったという理由から、エイシンチャンプを選びました。
今回同様にフサイチリシャールとマルカシェンクの選択に迫られましたが、何ら迷わずマルカシェンクを選びました。
勿論、福永騎手が実績を残すことにより、自らの判断で馬を選べる立場になったというのも、大きな理由ですが、皐月賞1、2着馬と能力差のないフサイチリシャールに見向きもせず、マルカシェンクを選んだことからも、この馬の能力の高さが伺えます。
あとは休み明けでどれだけ上積みがあるのか、はたまた2走ボケがあるのかどうか。
この馬の参戦がさらにダービーを盛り上げてくれていますね。

一発あるとしたら、サクラメガワンダーではないでしょうか。
皐月賞のときも書きましたが、この馬は明らかに東京コース向きです。
その不向きな皐月賞でも、直線では、アドマイヤムーンやフサイチジャンクと変わらない脚を使っていますし、昨年末のラジオたんぱ賞でアドマイヤムーンに勝っているわけですから、10回戦って半分勝てなくても、展開次第では逆転できる能力を持った馬です。
最近、サクラ軍団の活躍が乏しいので、そろそろという期待も、、、。


ranking


|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/10223692

Listed below are links to weblogs that reference マルカシェンクがダービーを盛り上げる:

» ダービーの枠順確定 [はちまんの競馬と囲碁]
ダービーの枠順が確定しました。私の注目馬メイショウサムソンは1枠2番と絶好の枠 [Read More]

Tracked on May 25, 2006 at 03:26 PM

Comments

Post a comment