« ロジックを超えた | Main | 3強をまとめて倒すとすればヤマニンアラバスタ »

ラインクラフトは最後まで押し切れるかどうか

Jiromarulogo_10
今年から新設されたヴィクトリアマイルですが、いきなり素晴らしいメンバーが集まりました。
この時期に古馬の牝馬のマイル戦を設定したことは、ひとまず成功したと言ってもいいですね。
東京のマイル戦というガチンコ勝負も、またこのレースを盛り上げることでしょう。

まずは、前哨戦である阪神牝馬Sを勝って、勢いに乗るラインクラフトから。
高松宮記念の時点でも、良い仕上がりにありましたが、2回叩いて絶好調に持ってこれました。
折り合いを気にすることのない分、ここ2戦は短距離を思う存分走っています。
前走でも最後まで脚色は衰えていないので、ここでもパタッと来ることはないでしょう。
先手を取れる(自分でレースを作れる)強みもありますし、この馬を中心にレースが回ることは間違いありません。
ただ、心配材料もないわけではありません。
ひとつは舌を出して、ハミ受けの悪い癖が、まだ解消されていないことです。
追い切り時にも注目したいのですが、やはり、ちょっとしたことでコントロール出来なくなってしまうので、あまり良い傾向ではありません。
もうひとつは、1200m→1400m→府中のマイルというローテーションでしょうか。
やはり府中のマイル戦は、ここまでの2戦とは条件が全く違うので、最後まで押し切れるかどうか心配ですね。

同じく4歳馬エアメサイアも、このレースに向けて万全に仕上げられています。
マイル戦に距離が伸びて、打倒ラインクラフトを狙いたいところです。
道中で折り合いの心配をしなくてもよいことが、この馬の強みでしょう。
武豊騎手も勢いがありますし、自然体に構えて騎乗してくるはずです。
とはいえ、血統的に見て、この馬の成長力に疑問があります。
これまでの実績やブランドから人気を背負うとは思いますが、危険な要素も秘めていますね。

ダンスインザムードは、一時期の不調を脱して、安定して力を出し切れるようになりました。
無理をさせずにジックリと調整してきたのが、功を奏しました。
この馬の肉体的な能力は、このメンバーでもトップクラスです。
あとは精神的な部分だけで、どれだけ気持ち良く走らせるかがポイントです。
前走などを見ると、やはり武豊騎手は上手いですね。
今回は乗り替わりになりますが、北村騎手も柔らかく乗れる騎手なので心配ないでしょう。
ひとつだけ心配なのは、サンデーサイレンス産駒が府中のマイルG1戦で勝っていないというデータでしょうか。
道中緩むことのないラップを刻み、最後まで坂を登り続けるというレースになることが理由でしょうか。
まあ、この馬だけに当てはまることではありませんが。


ranking

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/9995529

Listed below are links to weblogs that reference ラインクラフトは最後まで押し切れるかどうか:

» 京王杯SCの検討 [はちまんの競馬と囲碁]
今度の土曜日のメインは京王杯SCですね。 まず最初の注目馬はオレハマッテルゼ、前 [Read More]

Tracked on May 10, 2006 at 12:59 PM

Comments

Post a comment