« 悔しくて情けなくて | Main | ナリタセンチュリーは好走してもおかしくない »

ディープインパクトには出走してほしくなかった

Jiromarulogo_20
春のG1シリーズも、残すところ宝塚記念のみ。
最後ぐらいは、きっちりと当てて休養に入りたいものです(笑)。

さて、ディープインパクトが出走してきました。
ディープインパクトの強さは、ここで改めて語ることもありません。
「世界にこれ以上に強い馬がいるのかな、と思うくらい強い」という武豊騎手の言葉は、決して誇張ではなく、
ディープインパクトは最高の種牡馬サンデーサイレンスの最高傑作です。
特に前走なんかは、見たことのないレースをして、まさに次元が違う走りを見せてくれました。
438kgと極限に絞り込まれた馬体は、まさに究極のステイヤーのそれでした。
調教で動かなかったのは、もうこれ以上ないほど負荷が掛かっていたからでしょう。
あれだけ絞り込むことはコインの裏表ですが、結果的には菊花賞以上の仕上がりにあったのではないでしょうか。
メジロマックイーンをねじ伏せた時のライスシャワーのように、馬が唸っていましたから。

個人的には、宝塚記念には出てきて欲しくなかったですね…
理由は2つ。
ひとつは、もしここを勝ってしまうと疲れが出てしまい、立て直すのに時間が掛かるから。
もうひとつは、もし本気で凱旋門賞を勝つつもりなら、少しでも早く休養に入って、少しでも早めに現地入りして、出来ればステップレースを使ってほしかったから。
これは私の憶測に過ぎませんが、ディープ陣営は、凱旋門賞を狙うなら宝塚記念は使う、キングジョージなら使わないと考えていたはずです。
しかし、いくらディープインパクトでも、ぶっつけでハリケーンランやシロッコと戦うのは厳しいのではないでしょうか。
エルコンドルパサーがあれだけ好走できたのも、向こうの環境に馬が適応して、馬が変わったからです。
日本にいたままのエルコンドルパサーが、即通用したわけではありません。
今回の宝塚記念は、目の前にあるG1レースを獲りに来ただけでしょう。
まあ、宝塚記念は置いておいて、ディープインパクトにはなんとしても無事に、万全の状態で、凱旋門賞に出走してもらいたいですね。


ranking

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/10599044

Listed below are links to weblogs that reference ディープインパクトには出走してほしくなかった:

» 宝塚記念の登録馬 [はちまんの競馬と囲碁]
今度の日曜日(25日)は宝塚記念です。 今年の目玉はなんと言ってもディープインパ [Read More]

Tracked on June 20, 2006 at 12:25 PM

» 宝塚記念/過去10年データ2006(1) [激走!データ競馬ブログ]
今週は宝塚記念のデータ特集です。今日は宝塚記念過去10年データでの基本データ。配当や人気、馬齢、騎手、調教師などのデータを見ていきます。 [Read More]

Tracked on June 20, 2006 at 02:40 PM

» ディープインパクト宝塚記念~凱旋門賞 [競馬SevenDays]
 ディープインパクトの【凱旋門賞】挑戦が、5月8日の朝に池江泰郎調教師から発表された。 『ディープインパクト欧州遠征は1戦』という記事を5/5に書いたが、7月 [Read More]

Tracked on June 20, 2006 at 08:58 PM

» ◆宝塚記念レーティング分析 [3連単で100万馬券 ≪◎-○-▲≫]
【3連単で100万馬券:競馬ブログランキング参加中】 ←1日1クリックお願いします。 【JRA:2006宝塚記念プレレーティング】 2006年上半期最後のG1「宝塚記念」。秋の凱旋門賞で海外挑戦するディープインパクトが出走、願いは「無事に走ってきてほしい」、ただそれだ...... [Read More]

Tracked on June 20, 2006 at 09:08 PM

» ◆宝塚記念データ+消去馬 [3連単で100万馬券 ≪◎-○-▲≫]
【3連単で100万馬券:競馬ブログランキング参加中】 ←1日1クリックお願いします。 【amazon:競馬PCゲームランキング】 阪神競馬場改修工事のため11年振りに京都で施行される宝塚記念。1995年は「ライスシャワーの悲劇」、1991年は「メジロ記念」と京都の宝塚は想い出に...... [Read More]

Tracked on June 20, 2006 at 09:14 PM

Comments

検疫の関係があるそうですよ。
数ヶ月(忘れた)に渡って連続で海外滞在した場合には、帰国した際に検疫期間が長くなると。
有馬に凱旋門の後に出走を考えると、宝塚を使って凱旋門というのは仕方無いのでしょう。
エルコンドルみたいに、凱旋門走った後に国内で走らずに引退するというのも、何かと評判が悪かった事を思えば、それも「アリ」なんかな?と。
私は、世界最高峰のレースで引退しても全然OKなんですがね。

Posted by: はやひで | June 20, 2006 at 08:31 AM

はやひでさん

ありがとうございます。

そうなんですよね、凱旋門賞後のことも考えているんですよね。

ただ、行くのであれば、凱旋門賞に全力投球しなくてはならない立場の馬なのではないでしょうか。

最近は、海外にぶっつけで臨む技術が向上していますが、問題は仕上がりではなく、馬そのものでしょう。

向こうで調教することによって、馬は変わります。

今のままのディープでは、力負けするのは明らかですよね。

国内の評判うんぬん言ってる場合ではなく、ディープが勝ちに行くことと、負けて帰ってくることでは、日本の競馬の行方を左右しかねません。

私だけが熱くなってるんですかねー?

はやひでさんのおっしゃるように、世界最高峰のレースで引退しても全然OKだと思いますよ。


Posted by: 治郎丸敬之 | June 20, 2006 at 09:41 PM

凱旋門を勝って、海外で種牡馬入りしてほしいですね。

日本のサンデー系はもう飽和状態なのでw

Posted by: さとし | June 21, 2006 at 07:52 PM

さとしさん

それでもって、ディープインパクトの仔を逆輸入出来れば最高ですね?!

Posted by: 治郎丸敬之 | June 21, 2006 at 10:52 PM

There is Canton Fair April 2013 http://www.cantonfairtrading.com held in Guangzhou. Pazhou Exhibition Center

is the canton fair location http://www.cantonfairtrading.com/news/The-113th-Canton-Fair-the-Major-Emerging-

Market-Opportunities_72.html. The canton fair guangzhou http://www.cantonfairtrading.com/news/The-113th-

Canton-Fair-the-Major-Emerging-Market-Opportunities_72.html grants endless opportunities for your business.

Canton Fair Spring 2013 http://www.cantonfairtrading.com/news/The-113th-Canton-Fair-the-Major-Emerging-

Market-Opportunities_72.html is the season of vibrant, and also is the business profitable flower blooming

season. Come on! To join the canton fair 2013 dates http://www.cantonfairtrading.com ! Canton Fair welcomes

your coming!

Posted by: Canton Fair trading | April 03, 2013 at 03:44 PM

Post a comment