« 素晴らしい仲間たちに囲まれよう! | Main | アジアンマイルキング »

◎カンパニー

Jiromarulogo_19
JRAの安田記念用CMって。
た、タカモト式ですか、青柳さん?

まあ、そんな青柳さんにあやかってというわけではありませんが、私も◎カンパニーに本命を打ちます。
カンパニーは、前走の産経大阪杯を境に、馬体の幅がグンと増しているように、急激な成長が見て取れますね。
今のカンパニーであれば、たとえ重馬場であっても苦にしないのではないかとさえ思います。
さらに、各馬が勝ちを意識して早めに仕掛けるため、後半は厳しいラップが刻まれるはずです。
末脚を生かすこの馬には、展開も向くのではないでしょうか。
もちろん、今の府中の馬場を考えると、あまり後ろから行き過ぎては届きませんが、そこは内田博騎手がベストの位置取りをしてくれるはずです。
直線の坂を登り切って、他馬の追撃を振り切ったダイワメジャーを、ゴール寸前で捉えるカンパニーの姿が目に浮かびます。
地方ジョッキーとして参戦する内田博幸騎手に、カンパニーが中央競馬での初のG1タイトルをもたらすのではないでしょうか。

香港馬の中では、ジョイフルウィナーの方が不気味ですね。
前走もブリッシュラックには負けましたが、人気はこちらの方が上でしたし、前が詰まっての3着と惜しいレースでした。
過去のレースを見る限り、末脚は堅実かつ鋭いものを持っています。
不安点としては、やはり距離適性でしょう。
馬体や戦績を見る限り、短距離がベストなのは明らかです。
マイルも守備範囲ではあるのですが、スタミナも要求される府中のマイルはどうでしょうか。
枠順が外過ぎるのが残念ですが、後方で死んだふりをして、外からどこまで差してくるでしょうか。

人気どころについてコメントしていくと、オレハマッテルゼは距離が1ハロン長いですね。
1200→1400と連勝してきていますが、これまでの戦績からもマイルでは少し足りないはずです。
力を付けていることを考慮に入れても、最後のもうひと伸びが足りない気がします。

ダイワメジャーは、府中のマイル戦では乗り方が難しい馬ですね。
ペースを作っていける馬なのですが、速すぎても自身が止まってしまいますし、遅すぎると瞬発力のある馬にやられます。
この中間のペースでレースを引っ張りつつ、仕掛けのタイミングも間違えられない。
コンマうん秒の仕掛けの違いが、ゴール前では大きな差となってしまうでしょう。

ダンスインザムードは、順調に来ているのですが、2番が利くかどうかが心配です。
つまり、2回続けて、最後まで気力を振り絞れるかどうかです。
前走は全ての条件がうまく絡み合って、最高のパフォーマンスをしたと思います。
しかし、あの状態で、あの展開で、あの走りを、もう一度できるかどうかというと疑問ですね。

香港のブリッシュラックは、ゲートが遅く、かなり後方からの競馬になってしまうでしょう。
昨年同様に、素晴らしい末脚で伸びてくるでしょうが、果たして届くでしょうか。
前が止まりにくい馬場状態を考えると、勝ち切るイメージが持ちにくい馬です。

テレグノシスは、武豊騎手を鞍上に起用しましたが、どんな新たな面を見せてくれるでしょうか。
とはいえ、ハミをかけて追走すると最後は伸びない馬なので、前に位置することはないでしょう。
そうすると、枠順を生かして経済コースを進み、さらに内を付いてくる作戦でしょうか。
これまでは、外に回して距離ロスがあった競馬が多かったですからね。
内をスルスルと抜けてくれば、あわやというシーンも作れるかもしれません。


ranking

|

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/62981/10383227

Listed below are links to weblogs that reference ◎カンパニー:

» 最後だから狙いましょ。万馬券を [直線一気!競馬予想]
5週連続東京G1の1枠連対がかかる今回ですが、ここは、1枠も考えつつ万馬券でも狙って見ましょうか。 先週のダーにーでは、5年前から唯一死に目だった1枠も、2冠馬のお蔭で日の目を見る事が出来ました。この安田記念も1枠は、02年に3着が一度あるだけで、連対はありません。....... [Read More]

Tracked on June 04, 2006 at 10:03 AM

» 【安田記念】グリーンベルト・イン有利説を深読みする [そのまま、そのままっ!!]
安田記念の行われる東京春開催・後半3週目。この週の競馬を予想するうえで、目配りを欠かせない重要ファクターが、仮柵移動によるコースローテーションの問題だ。 オークス・ダービーでは、仮柵で保護されていた芝走路の内側が再び開放され、いわゆる「グリーン・ベルト」ができあがる。前週まで使われていた外側の芝と比べ、まだ傷みも少なく走りやすいといわれる、このラチ沿い数メートルのゾーンをめぐって、いったい各馬がど... [Read More]

Tracked on June 04, 2006 at 10:58 AM

» 安田記念の結果 [はちまんの競馬と囲碁]
私の悪い予感が当たりました。私の本命オレハマッテルゼは、好スタートから何時もの [Read More]

Tracked on June 04, 2006 at 04:37 PM

Comments

乱戦気味の安田記念ですが、展開の見方・各馬に対する評価など、私も治郎丸さんとほぼ同じ見解で、心強くなりました。
最後は、結局、鞍上の手腕に注目ですね。
ガラスの競馬場が内田騎手に期待するのと同じスタンスで、私は武豊騎手に期待しています。また、そんな視点からすると、香港馬は、東京コースで乗り慣れていない外国人騎手というのが減点材料になるかもしれませんね。

Posted by: 山城守@そのまま | June 04, 2006 at 11:04 AM

山城さん

そう言っていただけると、私も心強く思います。

乗りなれていない騎手というファクターは、見落とされがちですが、意外と勝ち負けを左右しますよね。

内田博幸、武豊であれば、もう安心して手綱を任せるしかないでしょう。

この2人がどういった騎乗をしてくれるか、見ものですね!

Posted by: 治郎丸敬之 | June 04, 2006 at 01:26 PM

すみません。おじゃまします。春競馬、終わりましたね。さびしいですね。ブリシュラックは強いところを見せましたね。豪州の馬産の凄さを思い知りました。豪州産の馬が香港でトレーニングされ東京で勝つ。競馬という文化の強さも思い知りました。フジキセキやロブロイには日本の馬産のレベルを伝える大切な役割があるんですね。がんばってほしいものです。今日の結果を見ると、まだまだ日本と世界の競馬には力の開きがあるものだと感じました。競馬会にはスピードを抑える馬場の改良を是非ともお願いしたいものです。日本馬のレベルの向上にも役立つでしょうし、馬の健康を守るためにも大切なことだとおもいます。治郎丸さん、春は丁寧なコメントを寄せていただいてありがとうございました。生活にはりがでました。また秋にお会いしましょう。もちろんブログはずっと読ませていただきます。

Posted by: ルドルフおやじ | June 04, 2006 at 05:56 PM

またもや・・やられてしまいました(^^;
ブリッシュラックは昨年の経験を活かして
中段に位置取り、最後は突き抜けましたね。
エンジンがかかるのが遅いというのはありそうですが
やはり強かったです。
武騎手は・・・最後方に下げるだけ下げて不発(涙)。
うーん、違ったスタイルを見せて欲しかったです。

アサクサデンエンは・・ごめんなさいでした(^^;
治郎丸さんがおっしゃていた通り調子を上げてきていたようです。
ちょっと時間がなくてアサクサデンエンについての
考察がちゃんと出来ていなかったのが
悔やまれますね・・。
2着から13着まで1秒という昨年と似たような大接戦、
予想の難しさを味あわせてもらいました。(^^)

Posted by: けん♂ | June 04, 2006 at 09:35 PM

ルドルフおやじさん

返信遅くなりました。春競馬終わりましたね。私も寂しいです。ブリッシュラックはえらく強かったですね。それにしても、あんなに前に位置できるとは…。確かに、日本馬にはない迫力を感じさせましたね。見事に昨年のハットトリックの返り討ちをされましたね。

今年の春は、競馬の難しさ、そして自分の懐の狭さを嫌というほど味わいました。私はまだまだです。それでも、今日一日春競馬を振り返ってみて、ひとつ克服すべき命題が見つかりました。これも春の不振ゆえの発見かもしれません。もう一度、自分崩しから始めます。

とは言っても、まだ宝塚記念がありますよ!

楽しみに待ってます。

Posted by: 治郎丸敬之 | June 04, 2006 at 10:30 PM

けん♂さん

安田記念も入念な考察をされていましたね。

特にブリッシュラックの映像は、とても参考になりました。

昨年よりも良い勝ち方をして臨んできたことは、あの映像を見て分かっていたのですが…。

まさか、あの位置取りが出来るとは思いませんでした。

1頭でゲートから追いきった動きを見て、最後方からの競馬になるなと判断しました。

1頭だと気を抜いて走らないタイプなんでしょうね。

アサクサデンエンは、藤田騎手の好判断でしたね。

それにしても凄まじい伸びでした。

競馬は難しいですね。

また遊びに来てください!

Posted by: 治郎丸敬之 | June 04, 2006 at 10:36 PM

メールありがとうございました。
素晴らしい物をお贈り頂き感無量です。
御礼のメールを返信差し上げましたが、返信で送ったのですが送れずに返ってきてしまいます。
何か不具合があるのでしょうか?
もし、宜しければ、アドレス送って頂ければ幸いです。
本当にありがとうございました。

直接、わざわざメール頂いただけでも嬉しいのに、
壁紙まで送って頂き感激です。
「Photostud」さんの写真には、構図、色合い、センス等、本当に素晴らしいと思っていまして、治郎丸さんのページで一目見たときから、大ファンになりました。
本当に、お手数かけて申し訳ありません。
大切にします。

先日、コメント頂いた時、驚きと嬉しさで、過分な御言葉に感激でした。
以前から、拝見して「素晴らしいブログ」だなぁ‥。どんな方が書いているんだろう‥。競馬に対する姿勢というか、予想のプロセスというか、とにかく奥が深いのです。
文章も、達者で読者を自然と惹きこんでいく‥。
デザインも、スッキリしてセンスがあってカッコいいですよね。
本当に、一度コメント書きたかったのですが、敷居が高く、遠慮してました。

私の中では、競馬ブログの中では、現在最高位に位置してます。
穴馬発見☆別館さんと雰囲気が似ています。

当たった、外れたは、結果であって、そこに至る迄のプロセスを楽しむのが、競馬の楽しみですよね。
いろんな見方、考え方がある中で、競馬ブログも数え切れないほど存在しますが、あの人は今回どういう見方をしているのだろうか‥?
と思わせる何かが在るか‥無いか‥が大きなポイントですよね。

そういう観点から、「ガラスの競馬場」は、全ての要件を満たした素晴らしいブログだと思って尊敬しています。

これからも、宜しくお願いします。

PS。壁紙頂いたから、御礼に持ち上げている訳ではありませんからね。(笑)正直な気持ちを書いた迄です。いいものはいいと‥。

次郎丸さんの事も、いろいろ教えてください。
御迷惑でなければ、競馬ファンとして、良いお付き合いをさせて頂ければ幸いです。

競馬考察ブログ管理人 dream1002

Posted by: dream1002 | June 05, 2006 at 03:09 AM

dream1002さん

わざわざコメントまで…

ご自身のブログだけで大変なところ、いつも丁寧にありがとうございます。

>当たった、外れたは、結果であって、そこに至る迄のプロセスを楽しむのが、競馬の楽しみですよね。
>いろんな見方、考え方がある中で、競馬ブログも数え切れないほど存在しますが、あの人は今回どういう見方をしているのだろうか‥?
>と思わせる何かが在るか‥無いか‥が大きなポイントですよね。

おっしゃる通りだと思います。

競馬の楽しみや喜びはそこにしかないですよね。

貴ブログは、そういった楽しみや喜びを伝え、競馬の世界を動かしていけるブログだと思います。

その責任は大きいですよ(笑)。

こちらこそ、これからも良き長き付き合いをお願いいたします。

お互いに刺激し合える関係でいたいですね!

Posted by: 治郎丸敬之 | June 06, 2006 at 01:58 AM

There is Canton Fair April 2013 http://www.cantonfairtrading.com held in Guangzhou. Pazhou Exhibition Center

is the canton fair location http://www.cantonfairtrading.com/news/The-113th-Canton-Fair-the-Major-Emerging-

Market-Opportunities_72.html. The canton fair guangzhou http://www.cantonfairtrading.com/news/The-113th-

Canton-Fair-the-Major-Emerging-Market-Opportunities_72.html grants endless opportunities for your business.

Canton Fair Spring 2013 http://www.cantonfairtrading.com/news/The-113th-Canton-Fair-the-Major-Emerging-

Market-Opportunities_72.html is the season of vibrant, and also is the business profitable flower blooming

season. Come on! To join the canton fair 2013 dates http://www.cantonfairtrading.com ! Canton Fair welcomes

your coming!

Posted by: Canton Fair trading | April 03, 2013 at 03:43 PM

Post a comment