« 「21世紀の馬券戦略ライブ」の受け付けを開始します。 | Main | ◎アイポッパー »

第3のステイヤーはトウカイトリック

Rudolf_31

「アーチャーが乗ればカタツムリでさえも勝てる。」アーチャーについては知りませんでした。福永洋一騎手に確かに似ているので大変驚きました。この世には不思議なことがあるんですね。手紙を読みながら若いころのゾクゾクする気持ちが蘇ってきました。「福永洋一が勝った理由は説明できなかった。」というある騎手の言葉もいいですねえ。騎手が語る言葉のなかには鋭く本質を言い当てる言葉があります。おやじが買った馬券にも理由はありません。これじゃあ、いけませんなあ。

今回の天皇賞の評判はあまりよろしくないのですか?春の天皇賞はかつてのように名馬の対決する舞台ではなくなりました。さびしいものですね。しかしことしは3頭のステイヤーの争いに2冠馬がからむ、なかなか興味深い天皇賞になりました。高齢馬が勝てないというデータがあるんですね。伏兵もどこかに潜んでいるような気もします。

3頭のステーヤーとしてのレベルは高いと思います。この3頭のなかでどれが、先着するかを当てるのは至難のわざです。あれこれと考えたのですが、3頭ともにそれぞれ「強み」をもっていて何れも切れないというのが本音です。古馬のG1にはよくあることですが・・・。

まず1番人気が予想される、アイポッパー。京都コースを得意とする切れのある馬が、年齢を重ねて阪神や中山といったタフなコースでも重賞を確実に勝てるようになりました。肉体的な成長があったのでしょうね。治郎丸さんが書いていたように、前走のパドックをみてると、この馬は「生涯のピーク」を迎えている、といっていいと思います。鞍上も勝負師、安藤騎手ですし、いうことないですね。

昔は今でいう6歳馬の、カシュウチカラが天皇賞を勝ったというだけでニュースになりました。この馬、テンポイント世代の脇役でしたが、「さすが3強世代の生き残り」なんて気の毒な褒められ方をされました。今年は高齢馬が活躍してます。時代は変わっていますね。アイポッパーも大切に使われ、ピークを迎えたわけですので、年のことは気にしなくていいでしょう、と自分に言い聞かせておきます。ぜひ買いたい馬です。

重箱の隅をつつくと、父サッカーというのがちょっと気になってはいます。サッカーについては昨年暮れに書かせてもらいました。阪神3歳ステークスや函館記念で見せた力には驚かされました。このおやじが見た馬のなかでも5本の指に入る力の持ち主だと思ってます。ただ生涯自分自身の能力を越えて走ったことはなかったんじゃないか・・・。気難しさがあったり、体調を崩したりと、強い相手に立ち向かったときに「ひ弱さ」が顔を出す馬でした。人気を背負っての天皇賞ということで、優等生、アイポッパーは力をだしきれるのか・・・。

デルタブルース、阪神大賞典では、「次はまかせてちょうだい」といった気配を漂わせてましたね。Dパスポートを除けばこの馬が1番強い競馬をしていたのではないでしょうか。鞍上の岩田騎手も絶好調とくれば、これは切れません。体つきといい、血統といい、屈指のタフガイですね。長距離G1を日本と海外で勝っているこの馬を切り捨てるのは勇気がいります。

これも重箱の隅をつつきます。岩田騎手は積極的なレースをする、と示唆しているようですね。ブルースのスタミナを活かす作戦でしょう。レースは「夢の印」が引っ張ります。「夢の印」はいつのまにか馬群に呑み込まれて消えるようなやわな血統の馬ではありません。「ヨコテン」がにらんでいるので逃げ残りは許してもらえないとは思いますが、かなり善戦すると思います。ブルースが「夢の印」をつかまえにいくわけですね。そこに「怪力サムソン」と最短距離を走ってきた、「祭りだヴァンゴッホ」がからんでくるという、ゴール前300Mあたりの攻防が目に浮かびます。この激しい攻防を切り抜けて1着になるのもなかなか難しいことではないか・・・。

昨年の菊花賞は大変よいレースでした。3着までに入選した馬がすべて体調を崩すか、骨折していることからもその激しさがうかがえます。そこで自分の競馬をして、今、好調を伝えられる「怪力サムソン」は恐ろしい底力の持ち主です。タフガイ、ブルースとて「怪力サムソン」をつぶして1着でゴールにたどり着くのは容易なことではないかもしれません。

第3のステーヤーはトウカイトリックです。4番人気あたりなので気楽に乗れるのが1番の強みですね。前走は後方でしっかりと折り合いをつけてよい末脚を見せました。本番に向けて良いリハーサルを行えたのではないでしょうか。そして本番ではゴール前300Mの攻防を見届けてから仕掛けられるという、展開の利が見込めます。この馬は変わりましたね。以前はパワーだけで走っていた気がします。たとえば昨年の阪神大賞典で見せた逃げなんかには豊富なスタミナが感じられました。前走を見るまでは軽い京都コースで勝つのはどうか、と思ってましたが、あの末脚を繰り出せるのなら京都でも期待がもてます。馬体重も増えて好調なんでしょう。エルコンドルって本当にいい種牡馬ですねえ。母系もマルゼンスキーをだす一族なのでしっかりした血だと思います。甲
乙つけがたいステーヤー3頭ですが、賭けてみたいのはトリックです。

まぎれにまぎれることがあるとすれば、ダークメッセージですか。前々走で見せた素晴らしい末脚は京都コースなら有力馬にも脅威になるはずです。ブションは好きなタイプの馬ですが、馬体重が減っているのが気になります。

天皇賞の未来は強いステーヤーの出現に託されています。底力のある強いステーヤーを育てることは血統の未来にとっても大切なことです。ただ春にAムーンのような名馬の走りを見られないのは残念です。香港やドバイに負けない2400Mか2000Mの国際レースの新設が待たれます。ここに天皇賞の未来を託すという選択肢はないのでしょうか。

では、おやじの「夢の印」です。
◎トウカイトリック
○アイポッパー
▲デルタブルース
△Mサムソン
☆ダークメッセージ
ステーヤー3頭の3連がいいオッズをつけているので押さえておきます。

※今回から「×」というのは縁起が悪いので「☆」に変えてみたという小技!

現在のランキング順位はこちら

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 第3のステイヤーはトウカイトリック:

» 天皇賞(春)の予想 [はちまんの競馬と囲碁]
本命は、アイポッパー。阪神大賞典で無冠の帝王ドリームパスポート以下を降したのは [Read More]

Tracked on April 29, 2007 01:06 AM

» 実は、競馬で勝つことは簡単なんです [現役下着モデルの極秘競馬情報]
実は、競馬で勝つことは簡単なんです!楽して勝ちまくる!競馬に関する裏情報をことこん提供していきます! [Read More]

Tracked on May 18, 2007 03:00 PM

Comments

おお~同じトウカイトリック◎ですよ!
明日はお互い楽しみですね(^^

Posted by: しゃち | April 29, 2007 12:07 AM

しゃちさん、おはようございます。

トリック、突き抜けるといいですねえ。

黄金週間にG1が2つもあるということで、なぜか早起きしてます・・・。

Posted by: ルドルフおやじ | April 29, 2007 04:18 AM

おはようございます。

上位3頭は全く同じで心強く思います。

メイショウサムソンは無印にしました。変わりにネヴァブションをとりました。

上位3頭で決まればお互い万歳でいいですね。

Posted by: やす爺 | April 29, 2007 06:11 AM

やす爺さん、はじめまして。
コメント、ありがとうございます。

心強いと言って頂けて有難いです。

今から馬券を買いにいきますが、3頭の3連のオッズを楽しみにしている、おやじですが、がっははははのおやじ笑いで終わってみたいですねえ。

Posted by: ルドルフおやじ | April 29, 2007 08:46 AM

Post a comment