« ラジオNIKKEI杯が鍵になりそうなレース | Main | あなたのコメントから生まれる知の共有 »

◎アドマイヤオーラ

Jiromaru_28

考えれば考えるほど、迷宮入りするレースですね。フサイチホウオーとアドマイヤオーラが内外と極端な枠を引いて、余計に難しくなった気がします。ルドルフおやじさんが○(対抗)を迷われたのもよく分かりますよ。こういう時こそ、あまり深く考えずに結論を出しましょう。

本命は当初から考えていた◎アドマイヤオーラに打ちます。この馬を評価する鍵となったレースは、もちろん前走の弥生賞です。このレースでアドマイヤオーラを評価したポイントは2つあって、ひとつは「自ら動いて勝ちに行って勝てた」こと。そして、もうひとつは、「ゴール前で右の耳を立てていた」ことです。

アドマイヤオーラはそれまでの3戦で、直線まで我慢して追い出すという、タメてタメて切れを生かす競馬をしていました。そういう経緯を踏まえて、弥生賞で武豊騎手は敢えて早めに動くというトライアルに徹しました。その結果、アドマイヤオーラには長くいい脚を使えるスタミナがあること、そして騎手のゴーサインに瞬時に反応することが確認できたということです。

ただ、ルドルフおやじさんのおっしゃるとおりで、本番前の弥生賞で手の内を見せてしまったのは確かです。これまでの弥生賞では、武豊騎手は脚を計るような(手の内を見せないような)騎乗をすることがほとんどだったので、正直、今年の弥生賞はあれ?と不思議に感じたことも事実です。皐月賞でそうしたいパフォーマンスを、トライアルでやってしまったように感じたからです。さらにメンバーの厳しくなる本番で、同じパフォーマンスが出来るでしょうか。このあたりの感覚は、ルドルフおやじさんも同じなのでは。

それでも私が弥生賞を評価したのは、武豊騎手があの弥生賞のパフォーマンスで、アドマイヤオーラでダービーを勝てるという手応えを感じたのではないかと思うからです。皐月賞ではありませんよ。ダービーです。皐月賞は紛れが多く、運不運に左右されやすいレースですが、ダービーはそうではありません。もう一度言いますが、ダービーをアドマイヤオーラで勝てるという手応えを、武豊騎手はあの弥生賞のパフォーマンスから掴んだと思うのです。

ゴール前で右の耳を立てていたのは、まだ馬に余力がある証拠です。ぜひ弥生賞のゴール前の写真を見ていただきたいのですが、まだゴールしていないにもかかわらず(ココナッツパンチに詰め寄られているにもかかわらず)、アドマイヤオーラの右耳はすでに立っているのが分かります。これは「半眼」といって、私が勝手に名付けたのですが、左後ろから襲い掛かってくるココナッツパンチは気にしながらも、半分は力を抜いている状態です。最後の直線でフラついたことは、このことと大いに関係があるのですが、アドマイヤオーラは苦しがってヨレたのではなく、馬が若くて遊んでしまってヨレたのです。着差は半馬身ですが、自ら動いて、余力残しで勝ったアドマイヤオーラには底知れない強さを感じました。

アドマイヤオーラの母系はドイツのSラインなのですね。この前お会いした時に教えていただいて、はっと気付きました。この馬の兄アドマイヤジャパンは少し無駄の多い馬だったというイメージなのですが、アドマイヤオーラは兄同様のエンジンを搭載していながら軽いですよね。馬体重だけではなく、馬体の造りが。父がアグネスタキオンに変わって、なぜ兄よりも良い馬が出たんだろうとずっと思っていたのですが、この母系は重かったんですね。前回の桜花賞で詳しく書きましたが、アグネスタキオンは血統構成の割に淡白で軽い馬が出るという印象があって、そういう面が母系の重さとうまくマッチしたのでしょう。ルドルフおやじさんの話を聞いて、オーラとジャパンの間にあった謎が解けたのです。ありがとうございました。

もちろん、弥生賞馬が皐月賞で勝てないというジンクスも踏まえていますよ。これはアイスさんからのコメントで教えてもらったのですが、それまで無敗だったような完成度の高い馬しか、弥生賞と皐月賞の連勝はできていないそうです。皐月賞では厳しいレースになって、アドマイヤオーラは若さを覗かせてしまうかもしれません。さらに悪いことに、中山の2000mでは不利とされる外枠を引いてしまいました。こんなことを言うと怒られそうですが、このレース(皐月賞)で勝てるという保証はないと思っています。それでもアドマイヤオーラを買うのは、ダービーへの布石としての1手として考えているからです。そういう賭け方もあっていいのではないでしょうか。

ルドルフおやじさんの本命であるフサイチホウオーについてですが、この馬も強い馬だと思います。共同通信杯からのローテーションを心配する声もありますが、馬体の仕上がり具合を見る限り、力を出し切れる出来にはありますね。おっしゃる通り、しっかりとした競馬をする馬ですね。強さが分かりにくい馬ではありますが、テンよし、中よし、終いよしという3拍子揃った馬です。パワーもあって、父がジャングルポケットということで東京向きとされていますが、私は最後に急坂のあるような阪神とか中山コース向きではないかと思います。他馬が坂でバテても、踏ん張り通せる馬ですね。そういう意味でも、ルドルフおやじさんの「フサイチホウオーはメイショウサムソン説」に同意します。

「初年度産駒がクラシックを勝つのは難しい」と桜花賞で書きましたが、果たしてジャングルポケットには当てはまるのでしょうか。私はジャングポケットには当てはまるけれども、フサイチホウオーには当てはまらないと思います。というのは、フサイチホウオーの母父がサンデーサイレンスだからです。種牡馬リーディングを見てもらえば、父としても母父としてもサンデーサイレンスがトップに立っています。つまり、表から見ても裏から見てもサンデーサイレンスなんですよね。フサイチホウオーはジャングルポケットというよりもサンデーサイレンスの底力に支えられています。だからこそ、G1レースを勝ち切れる可能性は十分にあるのではないでしょうか。

ひとつだけ、フサイチホウオーの心配材料を挙げるとすれば、俊敏さに欠けるという点です。肉体の構造上もそうなのですが、この馬は道中でかなり力を入れて走るタイプです。だからこそ、急な動きが難しいのではないかと思います。1番枠を引いて、おそらく道中は馬群の難しい位置でレースを強いられることになるでしょう。そして、直線までどのようなコースを通って来られるか分かりませんが、器用に立ち回ることが求められる皐月賞ですので、そういった意味では、他馬に付け入られる隙もある馬ではあります。あえて重箱の隅を突くような話なので、安藤勝己騎手であれば、その辺りは十分に承知の上で最上の騎乗をしてくるでしょう。勝ち負けになること必至ですね。

忘れていました。「3強」のもう1頭ですね。この2頭に割って入る馬として、私はナムラマースを考えてマース。あっ、ルドルフおやじさんの口ぐせが移っちゃいました。この馬は早熟だと思っていたのですが、前走はダイナミックなフォームで、なかなか良いレースをしました。私もラジオNIKKEI杯は評価していますので、藤岡騎手が4コーナーだけ上手く外を回してくれば勝ち負けになると思います。ここに来て、体調が上向いてきているのもプラス材料ですね。

ダービーを見据えている以上、馬券で焦る必要はまったくありませんよ。

今年の皐月賞は本当に楽しみなレースになりましたね。

現在のランキング順位はこちら

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ◎アドマイヤオーラ:

» 2007皐月賞:POG競馬予想【◎ドリームジャーニー◯ヴィクトリー】 [3連単で100万馬券(競馬予想ブログ)]
【3連単で100万馬券:競馬ブログランキング参加中】 ←クリックお願いします。 中山日曜メインは「第67回皐月賞」。我がPOG馬ドリームジャーニーとヴィクトリーの晴れ舞台です。今回の皐月賞は前を行くヴィクトリーと後方から行くドリームジャーニー、ゴール前で2頭が....... [Read More]

Tracked on April 15, 2007 06:42 AM

» 3日で黒字にならなかったら10万円差し上げます。 [1億儲かるまでは公開しないと決めていた帝王競馬!遂に解禁!]
もし、【絶対に、生涯稼ぎ続ける方法を差し上げます!!】と言ったらもらってくれますか?また、【万が一稼げなかったら返金+10万円差し上げる】と言ったら受け取ってくれますか?この方法には絶対の自信があります、返金+10万円とは自信の表れです。あなたに必ず稼いで頂く為、また限りなくリスクを負って欲しくないので、リスクはこちらが負担します。前代未聞、【全額返金+賭け金保証制度】の帝王競馬、間もなく大幅値上げとなります。... [Read More]

Tracked on April 17, 2007 10:34 AM

Comments

アドマイヤオーラが余力を残している、ということを
裏付ける話が聞けてよかったです(^^;
武豊騎手のことなのでトライアルで力を使い果たすような
騎乗はしてこないだろうと思っていましたし、
最後に軽く一伸びしていることからもまだ力を温存しているのでは?
と期待していたんですが、「半眼」ですか・・またひとつ
勉強になりました。ありがとうございますm(__)m

この馬で気になっているのは距離の問題・・
陣営は「2000mはギリギリもつだろう」
とコメントしているのに対して
武豊騎手は「2000m以上が絶対にいい」
と言っていたそうです。
こういう場合は騎手の方が馬の力をとらえているものなんでしょうか?
ダービーを考える上で気になっています。

今回、私も肩の力を抜いて深呼吸したら素直に
アドマイヤオーラに◎が打てました(^^)
明日が楽しみです。

Posted by: けん♂ | April 15, 2007 12:34 AM

けん♂さん

アドマイヤオーラが今回勝つことを裏付けるわけではありませんが、「半眼」であったことは確かで、まだ余力があったことの表れです。

距離の問題ですが、これに関しては、

「2000m以上が絶対にいい」

と言い切れます。

それは弥生賞のレースを観れば明らかでしょう。

「2000mはギリギリもつだろう」という陣営の意見は、弥生賞前のものではないでしょうか?

武豊騎手も弥生賞前であれば、「2000mはギリギリもつだろう」という感覚だったのかもしれません。

上のエントリーでも書きましたが、ダービーをアドマイヤオーラで勝てるという手応えを、武豊騎手はあの弥生賞のパフォーマンスから掴んだと思うのです。

けん♂さんと、アドマイヤオーラとナムラマースの評価は一致しましたね!


Posted by: 治郎丸敬之 | April 15, 2007 02:27 AM

皐月賞が待ち遠しくて眠れません。
(出走馬よりも入れ込んでますね、アハハ)
治朗丸さんの本命はやはりアドマイヤオーラでしたか。
自分もよーくわかります。
が、今回はナムラマースで行きたいと思いマース。(←どこかで見たフレーズ)
皆さん、やはりラジオNIKKEI杯に注目されていますね。
自分もやっとそこに辿り着いた所でした。
フサイチホウオーの強さが目立つ感じですが、
不利を受けながら、再度伸びてきたナムラマースの根性にかけたいと思います。
母:ビストロドゥパリをPOGで持っていた縁からの心情馬券でもあります。
ここまではこの馬で行けると思います。
3強の最後の1頭を指名させて頂きます(笑

Posted by: M | April 15, 2007 03:36 AM

おはようございます。
私も◎はアドマイヤオーラです。理由は同じく弥生賞の評価で今年の3歳戦では最高レベルでそのレースでまだ余裕があったのであれば文句無いでしょう。私の予想は某有名なスピード指数を使っておりその指数からもずば抜けており、安心して◎に指名します。
○にはココナッツパンチ、この馬も弥生賞で同タイムまで2戦のキャリアで追い詰めたのを評価して、私は2強と云うよりも1+1強だと思っております。
実はフサイチホウオーに付いてはそれほど強いとは思っておりません。確かに4連勝中だし、勝った相手がその後の重賞を勝っており弱い理由はないのですが、指数を使っている私としてはあまりにも前3走の指数が低すぎ、前走の共同通信杯で他の重賞に近い指数にやっとなっています。勿論指数の低いのはスローペースの所為ではあります。それだけのスローなら上がりが一度も33秒台がないが非常に物足らなく感じています。勿論平均ペース以上のレースも経験しておらず、その対応も出来るのか不安が残ります。

週はじめに書かれていたように近年皐月賞の上がりが早くなっていますが、弥生賞と皐月賞の関連で一つ気付いた事があります。それは上がりタイムがほぼ同じなのに走破タイムは皐月賞の方が速いということです、これは皐月賞のペースが超スローで流れることは考え辛いということで、フサイチにはマイナス材料だと思っています。
逆にAオーラは前走で自ら早目に動きスタミナを確かめたのはプラスで武豊も自信を持てたと思います。

▲単穴はなく△以下は混戦でと思います。▲にはヴィクトリーと考えていたのですが調教過程でトラブルがあったそうで△に格下げしました。

Fホウオーが勝てばゴメンナサイ。

Posted by: やす爺 | April 15, 2007 06:36 AM

確かに弥生賞でのアドマイヤオーラは余力を残していましたね。ココナッツパンチが来たらまたスッと引き離しながらですから強さを感じました。

「武豊騎手があの弥生賞のパフォーマンスで、アドマイヤオーラでダービーを勝てるという手応えを感じたのではないか」という部分はちょっと意外に感じましたが、能力が高いのは間違いないでしょうし、ライバルも揃って今週も楽しみな一戦ですね。

Posted by: nozoweb | April 15, 2007 07:56 AM

おはようございます。
今回は2~3着に入りそうだなぁと感じてる馬はたくさんいるのですが、
はっきりとした軸が見つかっていません。
しかし、本命はフサイチホウオーで行きます!
確かに1番枠、ローテーション…など不安要素は多くありますが、実績を見れば、
なんてことありません。
1度も負けてないのに2番人気というのは、これは狙い目だと思います。
先週の段階ではココナッツに◎を打つ予定でしたが、大外に入ってしまいました。
しかも結構穴人気してますし…
穴で一発!!というのなら狙ってみましたが、さすがに人気になってて、
大外から…というのは買うリスクが高いと思います。
それからアドマイヤは前走で一杯だったと思います。
治郎丸さんが言われている余裕とはまた違う意味で一杯だったと…
2走前は武豊騎手が騎乗停止だったため岩田騎手でシンザン記念を勝ったということで、
弥生賞時は武豊騎手自身が、
ここで勝たなければ次は乗れない可能性がある…と思ったに違いないでしょう。
馬より武豊騎手自身が最高のパフォーマンスを披露したように見えます。
しかし、それで着差がつかなかったものですから、今回は前回より溜めて走ると思います。
そうすると去年のAムーンのように4着とか僅かに届かず…というような気がします。
それに、アンカツさんはAオーラと2度対戦して、
足はどれくらい使えそうなのかは分かってると思いますので、こちらは分が悪いと見ます。
対抗にはローレルゲレイロで。朝日杯の時は狙わずはずしたので、今回は狙ってみます。
(そういうと来ないんですよね…)
本田騎手から乗り替わりと言うのはあまり問題ないように見えます。
騎乗停止明けから何かが変わったように見える藤田騎手も狙っているはずなので、ここもしっかり買います。
単穴で狙ってみたいのはナムラマースです。キャリアは多い気がしますが、
こういう混戦で今まで戦ってきたことが活きる気がします。
藤岡騎手もこの馬には期待しているようですし、一番分かっているはずです。
鞍上が仕掛けどころさえ間違えなければあっと言わせることができるはずです。
△はフライングアップル、前で競馬ができるのがいいアサクサキングス、英雄の弟ニュービギニング
(こういうところで着を拾ってくれればいいんですが…)
それから、ドリームジャーニーです。弥生賞でスムーズに行ってればこの馬はもっと上にいけたと思うので…
押さえにはアドマイヤオーラ、サンライズマックスで。
1人気を軽視してますが、外したら仕方ないと思って買います!
◎フサイチホウオー
○ローレルゲレイロ
▲ナムラマース
△フライングアップル
 ニュービギニング 
 ドリームジャーニー
 アサクサキングス
☆アドマイヤオーラ
 サンライズマックス

Posted by: keigo | April 15, 2007 07:59 AM

レースを見直しましたが、◎はドリームジャーニーで逝きたいですね。(逝くのか・・・やっぱり)
○はローレルゲレイロ、▲ココナッツパンチ、△フサイチホウオー、×アドマイヤオーラ

14頭以上のレースを経験している馬を上位に評価したいと思います。弥生賞の不利も考慮してドリームで。馬体重が減の場合は外したくなりますが。
オーラは馬体減が気がかり。前走のダメージもあったとの情報もあるので。この馬はムーンと同じ様に晩成する様な気がする。フサイチは多頭数の小回りで疑問。ダービーはこの馬が近いと思うけど。オーナーがあんまし好きぢゃ無いんだよな。。

ま、今回は点数を減らして大きく狙います。

Posted by: はやひで | April 15, 2007 10:59 AM

Mさん

おやっ、ずいぶん宵っ張りですね。

ナムラマースできましたか。

札幌2歳Sを勝った時はただの早熟かと思いましたが、前走、前々走となかなかの走りを見せています。

跳びが大きいので、乗り方が難しいなぁと思い、私は本命にはしませんでした。

でも魅力はありますよね。

>母:ビストロドゥパリをPOGで持っていた縁からの心情馬券でもあります。
→そういう馬券っていいですねー。

勝ったら喜びもひとしおでしょう。

それじゃあ、ナムラマースも応援しマース!

Posted by: 治郎丸敬之 | April 15, 2007 11:57 AM

やす爺さん

>それは上がりタイムがほぼ同じなのに走破タイムは皐月賞の方が速いということです、これは皐月賞のペースが超スローで流れることは考え辛いということで、フサイチにはマイナス材料だと思っています。

>指数の低いのはスローペースの所為ではあります。それだけのスローなら上がりが一度も33秒台がないが非常に物足らなく感じています。

→ずいぶんきちんと研究されていらっしゃいますね。

スピード指数を使いながら、スピード指数の弱点も見抜いていらっしゃる。

まあ、どの馬も2000mのG1レースの厳しさを経験してはいないので、乗り越えられるかどうかは、その馬の持っている資質にかかっているのでしょう。

アドマイヤオーラの弥生賞の評価は一致しましたね。

ラップとかタイムではなく、私はあの内容を見て強いと感じました。

それをやす爺さんに後押しされた感じですかね。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 15, 2007 12:13 PM

nozowebさん

ご無沙汰しております!

「武豊騎手があの弥生賞のパフォーマンスで、アドマイヤオーラでダービーを勝てるという手応えを感じたのではないか」というのは私と武豊の自信の表れです。

皐月賞ではなく、ダービーの話ですが(笑)。

nozowebさんの左脳馬券とも同じ結論で嬉しく思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 15, 2007 12:15 PM

keigoさん

こんにちは。

ずいぶん深くシュミレートされていますね。

フサイチホウオーについては、私も勝利に近い馬だと評価しています。

なんだかんだ言って、負けていないのは強さの表れです。

上がりも34秒台で来られるので、切れ負けすることはないはずです。

あとはどれだけ上手くレースを運べるかですね。

アドマイヤオーラについては、少しkeigoさんと見解が分かれます。

というのは、アドマイヤのオーナーと武騎手は結びつきが強いので、たとえ弥生賞で負けても本番は武騎手だったはずです。

だからこそ、ああいう実験的なレースをしてみたのでしょう。

まあ、ある意味、勝ちに行ったのですが。

今回もダービーを見据えたレースをしてくるはずで、その上でギリギリでも勝つことが出来れば最高ですね。

エントリーにも書いているように、あまり保証できませんが(笑)。

今回の皐月賞だけということであれば、keigoさん本命のホウオーの方が勝ちに近いかもしれません。

ローレルゲレイロ!

keigoさんらしい鋭いピックアップですね~。

枠順、騎手ともに、一発ありそうな気がします。

個人的には2000mは全く問題ないと見ていて、切れ味がない弱点をかえってカバーできる可能性もあります。

内から先行して、最後まで粘ってしまうかもしれませんね。

私の穴候補一押しでもあります。

これが来たらkeigoさん凄いですよ~。

ますます皐月賞が楽しみになってきましたね。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 15, 2007 12:28 PM

はやひでさん

いやー、思い切ったはやひでさんらしい予想ですね。

上のkeigoさんのコメントにも書きましたが、私もローレルゲレイロは穴として面白いと感じています。

それから、アドマイヤオーラはまだまだ幼いところがあるので、完成は先かもしれませんが、それでもダービーをかてそうな手応えを感じるんですよね。どうでしょうか?

逆にフサイチはダービーでは魅力を感じません。

オーナーについてはノーコメントとしておきます(笑)。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 15, 2007 12:33 PM

皐月賞・・・・
びっくりです・・・・。
ヴィクトリーは馬の癖を巧く利用した、田中騎手の騎乗が素晴らしかった。
大逃げをすると宣言していた松岡騎手のサンツェッペリンが
まさかの2着。
ホウオーはすごい脚を使いましたがオーラの仕掛けを待っていた感じで遅れてしまったようですね。

パドックではオーラがなかなかよかったのですが・・・
うーん・・・・競馬は走ってみないとわからないものですね(笑)

Posted by: onyxkiss | April 15, 2007 04:11 PM

こんばんは、オーラは残念ですが勝春が勝って良かったです!!

ツェッペリンに勝たれかと思いましたが、齟齬とに差し返しましたね、良かったです。

最後オーラも伸びていたけどダービーは・・・・、アンカツだけには勝たせたくないです。

Posted by: 和人 | April 15, 2007 04:36 PM

ちわ。

終わってみれば2000m勝ってる馬のワンツーにスリーフォー。(爆)
勝春はうまく乗りましたね。
松岡サンツェッペリンととうまく力を溜めながら後ろを離す競馬。
いやー、いつぞやの秋天でガンガンやりあった後藤、吉田豊とは大違い。
2人で実は策を練ってたんじゃないのか?

次は黙っていない2人アンカツ、豊のダービーでの巻き返しが楽しみですね。
では。

Posted by: あらた | April 15, 2007 05:04 PM

アンカツ騎手の中山芝重賞実績や、
一番人気で武騎手騎乗のアドマイヤがクラシックを勝ったことがない
ことなどが気になっていたら締め切りになってしまいましたw

ホウオーのラスト1Fはすごかったですね!
あれを3F全てで使えればディープなんですけどね。

今日で勝負付けがすんでしまったという感じではないので、
ダイドウも出てくる(であろう)ダービーが楽しみになりましたね。


Posted by: さとし | April 15, 2007 06:17 PM

今晩は。

治郎丸さん、私なんかが書いたデータを取り上げて下さって
本当にありがとうございます。光栄に思います。


皐月賞・・・歴史が、生きました。
歴史が、ブライアンが、ブルボンが、ネオユニヴァースが、メイショウサムソンが、
そしてビワハヤヒデ・ジャングルポケット・スペシャルウィーク等、幾多の名馬たちが教えてくれた、答え。
素直に、嬉しいです。
歴史が語った答えを見つけられた事、そしてそれが生き続けた事が。
ハナ差、最後のヴィクトリーの一伸びは
歴史に拒まれた有力馬たちが、先頭争いから次々と脱落し、
その最後の、完成への一伸びに見えました。
(本当に自分勝手な解釈、思い込み(笑 申し訳ありません。)


私は馬券の方は、サンライズマックスにイレ込んでしまったため(笑、
3頭均等買いよりもかなり劣ってしまったものの、十分満足行く利益を出せました。
レースではもう3コーナーからヴィクトリー以外望みがなく
ゴール前は本当に興奮しましたし、着順掲示板に17の数字が出たときには、震えが来ました。
馬券が当たった事は勿論とても嬉しいのですが、それよりも
改めて、感謝をしたくて、また書き込みをさせて頂きました。

治郎丸さんが歴史を見つめ直す機会を与えて下さった事。
そして私の長い・自分勝手な解釈も含むデータを書いた事に
怒るどころか、歓迎して下さった事。
(おそらく治郎丸さんがこの場を与えてくれなかったならば
私は歴史に気付けなかった。今年・・・おそらくこの先も。)
そして、勝ち馬を教えてくれた歴史が生き延びた事に。
書いた事は無駄ではなく、また来年以降も生きてくれればと願います。
とても感謝しています。ありがとうございました。


それと、田中勝春騎手には、素直にお疲れ様、おめでとうと言いたいと思います。
もうこれで田中勝だからとGIで単勝を買うのをためらう必要はないなと(笑 嬉しく思う想いとともに。


ダービーが、本当に楽しみです。
皐月賞で生き延びた歴史が、どんな勝ち馬を教えてくれるのか。
(歴史に丸乗りでいいのか、自分、とも思いますが(笑)
治郎丸さんがもし許して下さるのであれば、また調べて
書かせて頂きたいと思います。

本当に、ありがとうございました。

Posted by: アイス | April 15, 2007 07:17 PM

onyxkissさん

皐月賞はビックリでしたね…

上がりがかかる馬場、展開で、まるでサニーブライアンが勝った皐月賞のようでした。

私にはホウオー向きのレースになったように映りましたが、ゴチャついて仕掛けが遅れましたね。

もったいない騎乗だったと思います。

私もオーラのパドックは良く見えましたよ。

負けたのはレース全体の綾ですので、次は巻き返してくるはずです。

ところで、スウィープは凄い2着でしたね。

スウィープ活動家の方々とはお会いできましたか?

Posted by: 治郎丸敬之 | April 15, 2007 09:22 PM

和人さん

勝春騎手やりましたね!

なんか、馬券を外した私まで嬉しくなるような勝利者インタビューでした。

セキテイリュウオーで負けた天皇賞秋を知っている者として、心からおめでとうと言いたいです。

オーラは残念でしたが、ダービーは大丈夫ですよ。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 15, 2007 09:32 PM

あらたさん

ちわーす。

>終わってみれば2000m勝ってる馬のワンツーにスリーフォー
→へぇー、そうなんですか。

田中勝春騎手はうまく外から逃がしましたね。

無理に抑えてもダメだったでしょう。

意外と簡単に隊列が決まって、二人で作戦を練っていたのでしょうか(笑)。

まるでサニーブライアンが勝った皐月賞みたいでした。

ということは、ダービーも…

Posted by: 治郎丸敬之 | April 15, 2007 09:37 PM

さとしさん

締め切りに間に合わなかったのですが。

良かったですね(笑)。

それにしても、フサイチホウオーはもったいないレースでした。

皐月賞のコース設定からは仕方ないのですが、もう少し積極的に攻めていたら結果は違っていたはずです。

ジョッキーも難しいですね。

大きな声では言えませんが、オーラはちょうど良い負け方でした。

これでダービーが楽しみになりました。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 15, 2007 09:40 PM

アイスさん

歴史が生きましたね。

本当におめでとうございます!

アイスさんの知恵と勇気が実を結んだ結果です。

アイスさんに教えていただいたデータを、本当はもっと取り上げたかったのですが、申し訳ありませんでした。

私としては、あれだけの教えをいただきながら、馬券を外してしまったことを恥ずかしく思います(笑)。

田中勝春騎手には、私も素直におめでとうと言いたいです。

彼にとって、この15年間はどれだけの重みを持ったのでしょう。

これからも一歩一歩、ジョッキーの階段を登っていってほしいですね。

またいつでもコメントください。

他の方々も待っていると思いますよ。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 15, 2007 09:47 PM

ブォナセーラ!

9日から職場が変わり、バタバタしてます
(なんだかいつぞやの治郎丸さんみたい)週末は京都で過ごして先程戻ってきました。
そして、投票確認をしてがっくり。
あれれ? 17-1も17-1-15もあるけど、
サンツェッペリンくんがいなーい @@;
何度見てもいなーい...(泣)
うーーーん だから単賞馬券買いなさい!って何度回りに言われたことか(笑)

皐月賞は本当に見ごたえありましたね。
ホウオーは枠も一緒でしたが、着順もパパと一緒。
凄い足で追い込んだきたものの、届かず。
オーラはもう少し前の方が良いのでは?と思いましたが、
ダービーでは...物凄く楽しみです!

22日の例の13R、友人のお祝いがあっていけなくなりそうです。
水曜日に1週間前追いきりで、岡部さんが凄い時計を出してると聞いて、益々見に行きたい病がつのってます。

治郎丸さんとお会いできるのは又のお楽しみかも...。

でも、ブログには毎日会いにきてますヨ(^^)/

Posted by: Mutsumi | April 15, 2007 10:31 PM

ブォナセーラ!Mutsumiさん

職場が変わって、バタバタされているんですね。

お疲れ様でした。

そして、週末は京都だったんですね(羨ましい)。

皐月賞は17から持ってたのに、残念ですね~。

私だったら、地団駄踏んで悔しがるでしょう。

それにしても、ホウオーの最後の脚は凄かった。

もちろんダービーでも期待できますね(オーラも)。

22日の件、せっかく空けておいたのに残念です(笑)。

もしどうしても行きたくなったら、連絡くださいね。

それまではブログで会いましょう!

Posted by: 治郎丸敬之 | April 15, 2007 11:29 PM

こんばんは。
行ってきました中山競馬場。
G1を競馬場で見るのはすごく久ぶりでしたが、とても興奮しました。

幸い、ゴール前にかぶりついて観戦する事が出来、ヴィクトリーのゴールの瞬間、サンツェッペリンの粘り、フサイチホウオーの怒涛の追い込みなど、見所満載でした。

馬券の方は結果は残念な事になりましたが、勝春騎手の15年振りのG1制覇を見れた事と、それを祝福するお客さんの暖かい空気に触れられたので良しとします!
やはりLIVEは良いですね!

でも、次こそ当てたいです(苦笑

Posted by: M | April 16, 2007 12:40 AM

Mさん

こんばんは。

いいですね、中山に行ってきたんですね。

ゴール前にかぶりついて観戦したなんて、あのフサイチホウオーの怒涛の追い込みを目の前で観られたんじゃないですか?

私も今月に関東に本拠地を構えていますので、そろそろ競馬場に行きたいなと思っているところです。

勝春騎手の感動的なシーンも観れて、馬券は仕方ないにしても(笑)、満足なレースだったのではないかと思います。

LIVEは良いですよね~

再来週は天皇賞春です。

今年の春シーズンで私が一番楽しみにしているレースですので、今から待ちきれません!

Posted by: 治郎丸敬之 | April 16, 2007 12:53 AM

やっぱり来ましたねヴィクトリー。賭け事はついてない人間の逆に張れ!っていう感じですか。(苦笑)

まぁ、勝春騎手。インタビューで涙が浮かんでた。ちょっと感動した。

しかし、サニーブライアンの時のレースを見てる様でした。簡単に逃がしすぎ。武幸四郎・・・何をしている?
フサイチホウオーの強さが目立ったレースでしたが。
一番このレースで気に喰わなかったのは蝦名騎手。距離に不安のある馬を内側の枠を引いていながら、終始外を回して最終コーナーも大外をぶん回す芸の無さ。
フサイチホウオーでさえ、外を回しすぎかな?と思える所を更に外を回すか・・・???
それでは勝てませんよ。あのレースではペースも考えて前が詰まっても内をつくべきでしょ?それで不利を受けて駄目だったら諦めるというレース展開だ。馬体重が減ってたので買い目を減らしたので損害は少なかったのが不幸中の幸い。
今後、ドリームジャーニーは騎手を変えて欲しい。

Posted by: はやひで | April 16, 2007 08:36 AM

はやひでさん

やっぱり来ましたね~w

はやひでさんがあの話を出した頃から、怪しいと思っていました。

でも、勝春騎手は素晴らしい騎乗でしたね。

第1コーナーの回り方が良かったと個人的には思います。

15年という年月は、想像を絶する長さですよね。

素直におめでとうと言いたいです。

全体的には、金縛りに掛かったとようなレースでしたよね。

ああいう展開は、どの騎手も動くのが難しいですね。

おっしゃる通り、4コーナーのコーナリングも難しいレースでした。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 16, 2007 01:31 PM

今晩は。
皐月賞は残念でした。
日頃スポーツ紙の調教欄など気にしたことがないのにたまたま目にしたのが間違いの元でしたね。
ヴィクトリーを▲から△に格下げしてしまいましたが、どちらにしてもあの2着では買ったとしても単勝以外はどうにもなりませんが。

ダービーに向けてはAオーラ本命は変わりませんが、Fホウオーへの評価が難しくなりました、抜けた存在ではなくなりましたね。

Posted by: やす爺 | April 16, 2007 10:36 PM

やす爺さん

ヴィクトリーを▲に考えていらっしゃったんですもんね。

残念な気持ち、よーく分かります。

あの調教だったからこそ、逆に人気の盲点になったとも言えますね。

オーラからは前進意欲が感じられませんでした。

やはり、弥生賞→皐月賞の連勝は無理があるのかな。

ダービーはかなり近いところにいると思います。

もちろん、フサイチも強敵ですがね。

お互い、ダービーこそは当てましょうね!

Posted by: 治郎丸敬之 | April 16, 2007 10:52 PM

Post a comment