« 武豊の逆襲 | Main | 初年度産駒によるワンツーは一度もない »

桜花賞の「奇跡」にめぐり合いたい

Rudolf_25 →ルドルフおやじってどんな人?

宝くじが当たった人は「奇跡!」と叫ぶのでしょうかね?ちょっと違うような気がします。不治の病が完治したり、九死に一生を得て「奇跡」と言う場合はありますね。イエスが好きなうちの息子の本には、イエスが水をぶどう酒に変えた「奇跡」が分かりやすく書いてあります。物理学者や宗教家によれば、ここに生を受けて存在することも「奇跡」だそうですね。才能と練磨によってつかんだ自らの勝利をも「奇跡」と言った謙虚なメダリストがいました。

起こりえないことだけれども、起こってほしいこと。ありえないことだけど、あってほしいこと。そして実際に起こったこと。「奇跡」という言葉には希望と力強さがあふれていますね。

66回を数える桜花賞の歴史のなかで1、2、3番人気に押された馬たちがそろって3着以内を占めたのは、わずかに4回。しかもその4回は戦後間もない、馬資源の乏しい時代に記録されたものです。出走頭数は7頭、6頭、11頭、11頭でした。多頭数で争う現代の桜花賞で1、2、3番人気に押された馬たちがワンツースリーを決めるのは、まさにありえない話なんですね。「奇跡」なんです。

さて、67回桜花賞。今回は1、2、3番人気馬というレベルではなく、3頭ともに「強い」と言わしめる3強がそろいましたね。3強が「奇跡」を起こすか、そこが見所です。馬券は売れないかもしれませんが、このおやじは今年の春のクラシックの中で、桜花賞を1番楽しみにしています。「奇跡」は起こるのか?

1昨年の桜花賞は、かなりのハイレベルで争われたレースでした。このおやじは、桜花賞史上もっとも尊敬すべきレースだと思っています。シーザリオ、次にラインクラフト、そしてエアメサイアと人気は続いていました。やや先行有利の流れとはいえ、大外を克服して勝ったクラフトの先行力は後に東京の1600Mも克服します。不利を克服して追い込んだシーザリオの末脚には驚きました。彼女はシラオキ系の種牡馬の娘なんですよね。Aオークスでの彼女の圧倒的なパフォーマンスは日本競馬の到達点を示したといえます。今でこそ書けるのですが、このおやじはDインパクトの出現よりもシーザリオのAオークス制覇のほうが、日本競馬にとって意味のある出来事かな、とひそかに思っています。メサイアは展開が向かず脚を残しての4着という残念な結果に終わりましたが、無事ならば今年のビクトリアCを圧勝したはずの馬だったと思います。この3頭がいた桜花賞でさえ見ることができなかった「奇跡」です。果たして「奇跡」は起こるのか、ワクワクします。

ワンツースリー決着4回の12頭のなかで血統史に名を残すのは、第11回桜花賞2着馬、クモワカでしょうか。第26回桜花賞馬ワカクモの母、テンポイントの祖母となった馬ですね。そういえばテンポインも、トウショウボーイ、グリーングラスとともに「3強」と讃えられていましたね。この「3強」がワンツースリーをはじめて決めたのは菊花賞でしたが、このときグリーングラスは12番人気でした。菊花賞の楽しみはグリーングラスを探すことです。去年の菊花賞は、治郎丸さんもこのおやじもグリーングラス(ソングオブウィンド)をもうちょいのところで取り逃がしてしまいましたなあ、がっははは。

この「3強」が1、2、3番人気に押されてワンツースリーを決めたのは、有馬記念と宝塚記念の2回。いずれもグリーングラスが3着でした。凄いのはそのときグリーングラスが、4着の菊花賞馬と天皇賞馬をそれぞれ6馬身ちぎっていることです。爽快というべきか、痛快というべきか。ペールギュントが2着に突っ込んでくるのも競馬ですが、強い馬がしのぎを削るのはなんと言っても競馬の醍醐味ですね。

今年の桜花賞の「3強」は、言うまでもなく、ウォッカ、Dスカーレット、アストンマーチャンですね。このうちウォッカとアストンマーチャンは暮れに阪神JFで対戦して、3着馬を3馬身半ちぎってます。この3馬身半というのは、阪神JF史上ヒシアマゾンが2着馬につけた5馬身差に次ぐものです。ウォッカとDスカーレットはチューリップ賞で3着馬を6馬身ちぎってます。3頭の実力は確かに抜けていますねえ。しかし競馬は賭博なので一筋縄ではいきません。展開、馬場、枠順、体調、そして馬主の思惑や騎手の心理、まあ、得体の知れぬものと戦うわけですな。

きちんとした形で競馬が行われるようになって、いまだ桜花賞の「奇跡」は起きていません。くどいようですがシーザリオ、クラフト、メサイアでさえ起こしえなかった「奇跡」です。この2年、Dインパクトの底知れぬ強さを堪能しました。ウォッカ、Dスカーレット、アストンマーチャンには、シーザリオたちに負けない素晴らしい未来が待っているような気がします。今度は「3強」のせめぎあいを味わいたいものです。これが30年間、「奇跡」に巡り合ったことのないおやじのささやかな願いです。

「3強」ということで3連複で2倍つくか、馬券を楽しむ方には確かに辛い桜花賞です。しかし、「奇跡」という言葉を使えば実に楽しみな桜花賞になります。奇跡は偶然とはちがいますなあ。「奇跡」に巡り合うためには強い願いが必要です。ハレルヤ、ハレルヤ、晴れるや!

まずは治郎丸さんが桜花賞にどんな楽しみを見つけているか、手紙が待ち遠しいですな。

現在のランキング順位はこちら

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 桜花賞の「奇跡」にめぐり合いたい:

» 競馬 ニュース 勝つ競馬情報ガイド [競馬 ニュース 勝つ競馬情報ガイド]
ウオッカ、女王の座へ視界良好! 第67回GI桜花賞(8日、阪神競馬場・1600メートル)へ向けての最終追い切りが4日、滋賀県・栗東トレーニングセンターで行われ、圧倒的1番人気が予想される2歳女王ウオッカ(牝3=角居厩舎)がCWコースで3頭併走追い切りを行った。余裕十分に同入フィニッシュというパワフルな動きを披露し、主戦の四位洋文も「本当に楽しみ」と桜の女王戴冠へ確かな手応えをつかんだ。 ... [Read More]

Tracked on April 04, 2007 05:17 PM

» 数十人の競馬評論家が稼げない競馬必勝法を徹底的にブッタ切る!! [数十人の競馬評論家が稼げない競馬必勝法を徹底的にブッタ切る!!]
競馬e-Bookを数十人の競馬評論家が解説し、暴露します!あなたも競馬で勝ちたいがために、稼げない有料商材を買ってしまったことはありませんか? [Read More]

Tracked on April 04, 2007 05:26 PM

» 地方競馬 [競馬 新聞]
育毛・発毛に関する情報をお届けします! [Read More]

Tracked on April 04, 2007 05:33 PM

» 桜花賞(G1)の見解 [healthymania's blog]
2007/4/8 2回 阪神 6日目 11R 桜花賞 3歳牝○指(定量) 芝1600  馬名 性 斤量 厩舎 アストンマーチャン 牝 55.0 石坂正 アポロティアラ 牝 55.0 柴崎勇 アマ...... [Read More]

Tracked on April 04, 2007 05:39 PM

» 地方 予想 [競馬 必勝法]
育毛・発毛に関する情報をお届けします! [Read More]

Tracked on April 04, 2007 06:40 PM

» 競馬の意味を教えます [競馬の意味を教えます]
競馬の意味について 競馬は競馬場で開催される。一つ一つの競い合いを競走と呼び、一日の競馬開催でいくつかの競走が行われる。競走では、一般には騎手が馬に騎乗して一定の距離を走り、正規に最も早く決勝線に到達した馬を勝者とする。コース途中に設置された障害を飛越したり、騎手が乗った車やそりを引っ張ったりすることもある。決勝線の到達は概ね馬の鼻の先が決勝線を通過したときをもって判定されるが、ばんえい競走に限っては、馬が引っ張るソリの最後部が決勝線�... [Read More]

Tracked on April 04, 2007 07:04 PM

» 競馬、競馬、競馬!なぜ私は、たった2ケ月の間に245万円馬券 と 490万円馬券を当てることができたのか? [競馬!競馬!あぁ~競馬!!寝ても覚めても あぁ~競馬!!]
人気馬同士がからんでも10万馬券、人気馬がこけりゃ100万馬券という極めて破壊力の高い3連単をコンスタントに的中させるマニュアル。 [Read More]

Tracked on April 04, 2007 07:53 PM

» わずか1点買いで、その勝率は実に91.2%という脅威的な成績 [★競馬 投資法★]
何故、私の投資法を使った皆さんは、勝ち組5%未満の競馬市場で勝ち続けられるのか?それは、わずか1... [Read More]

Tracked on April 07, 2007 06:38 PM

» Cialis. [Cialis.]
Liquid cialis. Cialis. [Read More]

Tracked on June 15, 2007 12:14 AM

Comments

Post a comment