« 怪力サムソン復活 | Main | シャドウストライプ、トーホーレーサーは馬体に伸びがある »

情報信ずべし?信ずべからず?

Minatomirai21_2ゴールデンウィーク、真っ只中ですね。いかがお過ごしでしょうか?あまりにも天気が良いので、私は横浜の大桟橋に行って来ました。意外と穴場で人が少なく、大好きな場所なんです。これだけ壮観な景色を見ていると、外れた天皇賞のことなんか忘れてしまいますよね(いやむしろ忘れたい笑)。久しぶりに関東に戻ってきて、ゆっくりと時を過ごすことができました。

ちなみに、左にある高い建物がランドマークタワーで、日本一の超高層ビル(高さ296m)です。そして真ん中にある赤茶色い建物が赤レンガ倉庫で、私が昔ハマったドラマ「あぶない刑事」で、タカ(舘ひろし)とユウジ(柴田恭平)がバイクを乗り回していたシーンなどをよく撮影していました。右手にある建物がインターコンチネンタルホテルです。とても面白い形でしょ?(*写真をクリックすると大きくなります)

さて、先日は貴重な情報をありがとうございました(笑)。ホクトスルタンは、さすがメジロマックイーンの仔です。4コーナーまでは私たちに夢を見させてくれました。まあ、ルドルフおやじさんと興奮を共有できたのでヨシとしましょう。ちなみに質問の答えはどちらもCです。さすがにミニクーパーのパンフレットは取り寄せませんでした。

武田文吾の凄いところは、馬だけでなく人も育てたところなんですね。今の調教師には耳の痛い話でしょう。「馬を観ず、天機を観る」名伯楽のメールアドレス、私も知りたいです。ただし、伯楽の中にも「玉」と「石」はあるようで、伯楽らしき人の甘い言葉には要注意です。「情報信ずべし、然もまた信ずべからず」と、あの菊池寛も語っていましたね。

これだけ情報化された現代において、いまだ関係者情報などというものがまことしやかに語られているのは不思議であり、驚きでもあります。私たちの中にある、怖いもの見たさのようなものがくすぐられるのでしょうか。こちらでも書きましたが、実は私もかつてインサイダー情報らしきものに踊らされそうになったことがあるんですよね。あの時は、そんな美味しい話はないと分かっていても、頭の中からずっとあの言葉が離れませんでしたから。

今週のNHKマイルカップですが、除外対象になっているスズカコーズウェイが1番人気になりそうなくらい、混沌としたメンバーです。路線別でいうと、ニュージーランドトロフィー組、皐月賞組、ぶっつけ組が有力候補ですが、その中でもこれといった馬が見当たりません。まあ、どの馬かが勝つのでしょうが、本当にここに勝ち馬がいるの?という不思議な感じです。

ニュージーランドトロフィーを勝ったトーホーレーサーはいい馬ですね。ポンと出て、すぐに抑えて2、3番手を追走し、直線に向いてからも後続を寄せ付けませんでした。前に行った馬に有利なレースでしたが、あの速いペースであの勝ち方が出来れば、文句なしといったところでしょう。この馬は体質が弱くてダートを中心に使ってきましたが、明らかに芝向きの体型・走法ですね。-8kg→-8kgの馬体減も、強い調教が出来て体が絞れてきていると解釈していいでしょう。フットワークの大きな馬なので、かえって東京競馬場は走りやすいはずです。

ローレルゲレイロは、マイルの距離ならばもっと積極的に乗れるはずです。前走は距離を気にしたのか、慎重に抑えてしまい、せっかくの前残りの競馬を無駄にしてしまいました。昨年の暮れから、高いレベルのレースで戦い続けてきていますので、今回のメンバーであればチャンスは十分でしょう。ただ、ジワジワと伸びるタイプなので、後ろから一気に来られてしまうと苦しく、藤田騎手は仕掛けどころが難しいですね。

アサクサキングスは広々とした東京競馬場の方が良いタイプです。前走の皐月賞では、速いペースと器用さを要求される小回りコースに戸惑ったのか、本来のフォームで走れていませんでした。この馬もレベルの高いラジオNIKKEI杯2歳Sで好走し、きさらぎ賞を勝っていますので、スピード
・スタミナ共に、このメンバーでも上位は間違いありません。ただ、もう少しゆったりと行ける距離の方が合っているはずで、いくら府中とはいえ、G1のマイル戦だけに、この馬のペースで走らせてくれるかどうかです。

シャドウストライプは、サクラバクシンオー×ガルチという血統からはイメージが難しいほど、手脚が長く、伸びのある雄大な馬体をしています。それゆえ、まだ緩いところがあるのが現状ですが、前走は外を回して見せ場を作りました。馬体がしっかりとしてくれば、もの凄い脚を使いそうな馬です。

スズカコーズウェイも、まだ未完成の体つきですが、潜在能力は高いです。前走は少し緩く仕上げていたのではないでしょうか。今回、出走がかなえば、ビッシリと仕上げてくるはずで、怖い存在になりそうです。前走も外々を回して、勝ち馬と差のないレースをしています。舞台が府中に変われば、逆転の目もあるかもしれません。

現在のランキング順位はこちら

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 情報信ずべし?信ずべからず?:

» フローラルイングループの予約はこちらから [フローラルイングループの予約はこちらから]
フローラルイングループの予約はこちらから!!お得な楽天サイトからのご予約で通常より5パーセント引き。楽天ポイントも付く楽天サイトで!!! [Read More]

Tracked on May 02, 2007 11:23 PM

» 発毛促進剤リカピン [発毛促進剤リカピン]
59%の発毛率で話題独占中の発毛促進剤リカピンがあなたの悩みを解決いたします。 [Read More]

Tracked on May 03, 2007 09:44 AM

» 第12回 NHKマイルカップの1着馬は? [しげぽーね@eBet]
過去にはマル外の残念ダービーとも呼ばれたレースだったNHKマイルカップ。最近は本当のマイラーを目指した馬やダービー挑戦の足がかりといったレースになってる感じです。 第12回 NHKマイルカップの1着馬は? 2007年 5月6日(日) 2回東京6日 11R 第12回 NHKマイルカップ(JpnI) サラ系3歳 オープン (混合)牡・牝(指定) 定量 1600m 芝・左 発走 15:40 アサクサキングス-牡3-57.0kg-武幸四郎 イクスキューズ-牝3-55.0kg... [Read More]

Tracked on May 04, 2007 01:54 AM

» 実は、競馬で勝つことは簡単なんです! [現役下着モデルの競馬必勝法]
実は、競馬で勝つことは簡単なんです!楽して勝ちまくる!競馬に関する裏情報をことこん提供していきます! [Read More]

Tracked on May 25, 2007 09:50 PM

» Buy online cheap and fast tramadol. [Cheapest tramadol available online.]
Tramadol online. Tramadol hci online pharmacy. Buy tramadol at a cheap price online. Buy online cheap and fast tramadol. Cheapest tramadol available online. Cheap tramadol prescriptions online. [Read More]

Tracked on June 15, 2007 02:22 PM

» Buy levitra online. [Buy sublingual levitra online.]
Buy levitra. [Read More]

Tracked on June 20, 2007 02:53 PM

Comments

宝塚記念が3歳馬に出走を促すための負担重量設定なのに対して、
凱旋門賞は古馬に勝たせない設定ですからね。
今年サムソンがもし完調であったとしても、
勝つ可能性は低いですよね。

ライスシャワーを管理していた元調教師や、
サニーブライアンの元騎手を囲い込むなど、
競馬情報会社はファン心理に入り込むのが本当にうまいですよね(笑)

そういえば、次郎丸さんの愛馬、フサイチオフトラがNHKMCに登録していますね。
出走はせずにまた放牧に出てしまうようですが。

Posted by: さとし | May 02, 2007 10:13 PM

お久しぶりの江戸川になってしまいました。
治郎丸さん、GW後半いかがお過ごしでしょうか?

少し競馬を忘れて家族と・・・
なんて思っていた次第ですが、ガラスの競馬場に立ち寄ってしまい、急転直下の方向転換で~す!(気がつけば、このザマです・・・)

いろいろとお話したいことも多いのですが、なかなか時間がとれずに残念に思っております。ただ、ガラスの競馬場はいつも拝見させていただいております。私もメディアの書き手ながら、何かと参考になる表現法や伝え方をお持ちの治郎丸さんには、ただただ関心させられております。

春競馬本番!熱い競馬をこれからも楽しんでいきましょう!

Posted by: 江戸川 | May 02, 2007 11:06 PM

ルドルフおやじさんには、シャドウストライプの血統背景意見をぜひ聞きたいです。

この馬、NZTではすごい脚を使ってますよね。着差も0.2秒位でしたか?2番人気だったのに今回は印が薄くなってます。ぜひ狙いたい一頭なのですが。鞍上がまたも安藤勝騎手なので、それだけで人気するかも知れませんが。(苦笑)

ダート路線から芝への挑戦で前走結果で行けると陣営は判断したのだと。思っているのですが。

Posted by: はやひで | May 03, 2007 12:14 AM

さとしさん

凱旋門賞は古馬に不利な設定になっていますので、そこは避けて通れない問題でしょう。

それは抜きにしても、サムソンは欧州の馬場に向いていると思います。

宝塚も勝って、フサイチホウオーと一緒にチャレンジして欲しいですよね。

予想会社については思うところはたくさんありますが、ここには書けません(笑)。

フサイチオフトラは良く覚えていてくれましたね~。

そうなんです、ひそかに期待していたのですが放牧になってしまいましたー。

Posted by: 治郎丸敬之 | May 03, 2007 12:45 PM

江戸川さん

こちらこそご無沙汰しております。

貴ブログ「江戸川コナンの探券帝王学」での、毎回丁寧なレース検討・回顧ともに頭が下がります。

NHKマイルCの「マイル戦4角4番手以内論」は面白いですね。

残念ながら私の本命候補は入っていませんでしたが…

今日は天気が良いので、家族で海岸まで散歩に行ってきました。

ただ、やはり人が多いので、GW明けてから遊びにいこうかなと(笑)

いよいよ5週連続のG1シーズンですね。

今からどれだけ当たるのかワクワクしています!

私も色々とお話したいと思っておりますよ。

Posted by: 治郎丸敬之 | May 03, 2007 12:52 PM

はやひでさん

シャドウストライプは前走初芝にも関わらず、良い脚を使っていましたね。

まだまだ体に緩いところがありますが、東京替わりはプラス材料で、あとは前がどれだけ止まるかですね。

私は昨年のキンシャサのようなイメージでいます。

体型からも、どう見ても芝向きですよね。

安藤騎手が乗っているだけに怖い1頭です。

ルドルフおやじさーん、もしご覧になっていれば、血統解説をしてくださいね(私も聞きたいです)。

Posted by: 治郎丸敬之 | May 03, 2007 12:55 PM

Post a comment