« メールマガジン「馬券のヒント」ご登録の件 | Main | ウオッカの挑戦に感謝 »

賭けるということは何かを捨てること

Rudolf_42 →ルドルフおやじってどんな人?

ずいぶんご無沙汰していたような気がします。

サクラショウリのころから馬券を買っているので宝塚記念は新しいレースというイメージがあったのですが、もう今年で48回を数えることになるんですね。お前もずいぶん年取ったじゃないか。実は何年間か日曜日も仕事をしている時期があったので、グラスワンダーが圧勝した宝塚記念やサイレンススズカの宝塚記念など肝心なところを見てないんですよ。

そういえばハヤヒデとアイルトンの1点勝負と意気込んだ宝塚の馬券も仕事で買えなかったなあ。おやじの日曜日とお金を返してちょうだい。まあ、仕事のおかげでおまんま頂いているんだから、文句言っちゃあ、競馬の神さんにもしかられますな。

旧阪神2200Mコースというのはとてもよいコースだったんでしょうねえ。歴代の勝ち馬や2着馬を眺めていると、スピードとスタミナの調和のとれた良い馬がずらりと並んでいますね。変な話だけど、この手紙を書くまでずっと、グリーングラスが宝塚でサクラショウリやバンブトンコートをまるで赤子の手をひねるように下したと思い込んでいました。Sショウリが優勝した第20回宝塚記念のことです。実際に目の前でこのレースを見て馬券も買ったのに、いつの間にか現実と幻想がスルリと入れ替わっている。もしこの手紙を書かなかったら、このおやじの頭のなかで、永遠にGグラスはダービー馬や無冠の帝王に大差をつけて宝塚のゴールを走り続けていたことになります。案外、歴史というのはこういう虚実の交差するスリルのあるものなのかもしれません。一冊の歴史書や教科書で書かれる歴史なんていうのはないんじゃないかな。

さて今年は宝塚にどんな歴史の一幕が刻まれますか。話題も多いし、メンバーもいい。ここをステップレースにして欧州へ向かおうとしている馬もいるようですね。それにしても去年の宝塚はつまんないレースでした。なんて書いたらまた叱られるかなあ。天皇賞(春)を空前絶後の競馬をして圧勝したディープにとって、宝塚記念の勝利はどんな意味があったのでしょうね。このおやじにはその意味がさっぱり分からなかったので、つまんないなあと感じてしまった次第です。もし宝塚を使わなかったら、凱旋門賞はどうなっていたのかな、というおやじのような門外漢の「IF」でも少しは意味があるような気がします。大事の前の小事。ディープには凱旋門賞という大事を取ってほしかった。おやじの歴史教科書にはアイルランドで悠々と種牡馬生活を送っているディープインパクト号がギネスを呑んでいい調子になっている写真が記載されています。若いのにギネスの味がわかるってえのはいい奴だねえ。

ウオッカにとってはオークスは小事として捨て置くべきものだったんでしょう。賭けるということは何かを捨てることに他なりません。ウオッカがダービーを勝てたのはオークスを捨てたからですよ。捨てることの清々しさを思い起こさせてくれたというだけでもウオッカは有り難い馬です。ウオッカ曰く、「ちまちま流してちゃらにしようなんて思うなら、馬券買っちゃあいけねえよ、おやじ!がっははは。」一所懸命という言葉がもてはやされてますが、たまに捨てることの爽快さを思い出してもいいじゃないですか。なかなか捨てられるものではありませんからねえ。あっ、ウオッカはがっはははなんて下品な笑い方はしませんね。

治郎丸さんは、トキノミノルを思い出しながら、ウオッカの宝塚出走について少し危うさを感じているようですね。トキノミノルがなぜ幻の名馬といわれるか、それはダービーを勝ったからではなく、ダービーまでの9戦のほとんどをレコード勝ちで圧勝するという、大衆が求める幻想を体現し続けたからなんです。そうですねえ・・・

例えばモンローがずっとモンローを演じたり、ジェームズ・ディーンがずっとジェームズ・ディーンを演じながら、逝ったのと同じ危うさをトキノミノルは演じていたんです。トキノミノルの馬主が日本映画絶頂時の映画会社のオーナーだったというのは、おやじにはなるほどと思える話です。

ウオッカはダービー馬になるまでに2回も負けています。華やかな馬に違いありませんが、案外強かなお嬢さんかもしれませんよ。大丈夫なんてことは誰にもいえないんですが、ダービーから、キングジョージやアイリッシュダービーへ向かった欧州の3歳馬たちのことを思えば、今回の宝塚挑戦は決して非難されるべき挑戦ではないとおやじは思いたい。

1番人気はメイショウサムソンかな。メイショウサムソンはその名の通り、恐ろしい怪力の持ち主に成長して宝塚に登場しますね。サムソンは神によって怪力を授かりとその怪力で殺戮を繰り返すことを運命づけられた悲劇の主人公です。旧約聖書にあるサムソンとデリラの物語はなんとも悲しく恐ろしい恋の物語ですね。神戸新聞杯のゴール前で見せたメイショウサムソンの悍性(かんせい)の強さには驚かされました。まさに荒れ狂う神といった趣でした。

こういう馬と競馬をした馬はかわいそうです。調子を崩すか、骨折してしまう。目黒記念のトウカイトリックの衰弱ぶりをご覧になりましたか。あれは天皇賞のゴール前でこのおやじのために必死にサムソンに追いすがろうとしたせいなんですね。3歳時サムソンと死闘を繰り広げたDパスポートは骨折の憂き目にあっています。まだまだ「怪力」の被害をこうむった馬はたくさんいますが、それはおやじが印を打ったから骨折したり調子を落としたのではなく、あくまでサムソンが悪いのだと念を押しておきます。

サムソンにも弱点がありましてね、頭にかみそりを当てると「怪力」が失せてしまうんです。その弱点を聞き出したのが、恋人の「デリラ」だった。今回の宝塚には強烈な牝馬が3頭出ますが、果たしてサムソンの弱点を知っているのは、Kプリンセスなのか、スイープTなのか、ウオッカなのか、デリラはダレだ、ダレがデリラだ。3回言ってみよう!宝塚の答えが見つかるかもしれません。

サムソンは凱旋門に行くのですか。それならこの宝塚を勝って、日本の馬で最も強い馬であることの証を立てなくては・・・。最強馬の壮行会に過ぎなかった昨年の宝塚より1000倍面白い宝塚です。はたしてサムソンの殺戮の旅は続くのか、宝塚の最大のみどころです。サムソン、「明笑」とはいうものの、孤独な影のある馬なんです。

おやじはもちろんサムソンも応援しますが、サムソンの旅に立ちはだかる馬がいるんじゃないかと思っています。それは次回の手紙で書きましょうね。と、もったいぶらない。皐月賞の手紙で大阪杯のサムソンにオーラを感じた、と書きましたが、京都記念のアドマイヤムーンには「格」を感じました。この馬も凄い馬に成長しています。使い減りのするタイプで今回実力を発揮できるかは微妙なところなんでしょうが、今、日本で最も強い馬はこの馬だと思っています。この最上級の宝塚に2頭の仔を送り出す、奇跡の種牡馬、エンドスウィープの貴重な後継馬として、アドマイヤムーンにはこの宝塚を勝たなくてはならないという大儀があります。大儀と大儀のぶつかり合い、マツリダ、マツリダ、ヴァンゴッホ。はやくも馬鹿おやじは興奮しております。

現在のランキング順位はこちら

|

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 賭けるということは何かを捨てること:

» ウォッカは宝塚記念も勝ってしまうのか!? [にっかんせきぐち]
エアグルーヴでさえ勝てなかったのに(笑)ダービー前後にそんな発言をして失笑を買ったもと名調教師にして、今や老害と称される調教師さんがいらっしゃいましたっけ。そして、宝塚記念。... [Read More]

Tracked on June 19, 2007 11:28 AM

» アドマイヤムーンが日本最高位4位に [競馬・競艇・競輪ノウハウ紹介とニュースレビュー]
IFHA(国際競馬統括機関連盟)から「トップ50ワールドリーディングホース」が発表された。対象は06年12月1日から今年6月10日までに施行された世界の主要競走で、日本馬は8頭(引退したディープインパクトを含む)がランクイン。... [Read More]

Tracked on June 19, 2007 05:14 PM

» 宝塚記念の検討 [はちまんの競馬と囲碁]
まず最初の注目馬は、ウオッカですよね。データ的には厳しいでしょうが、規格外な怪物 [Read More]

Tracked on June 19, 2007 05:24 PM

» 宝塚記念の予想オッズ・・・ [oyajiの戯言!!]
↓ 「ピエロ野口」です! 対人関係に効くそうです・・ [画像] [画像] とりあえず、プチっとお願いします! → 人気blogランキング [画像]  ウオッカ、サムソンの2強オッズに・・・ ↓ 日刊スポーツの宝塚特集号に載っていた予想オッズです! 単勝ではウオッカが2.7倍見当で1番人気、メイショウサムソンが3.8倍で2番人気に、以下アドマイヤムーンの5.1倍、ポップロックの7.9倍、カワカミプリンセスの8.4倍が続き、単勝1ケタ台の馬は5頭! 馬連では、ウオッカ〜メイショウサム... [Read More]

Tracked on June 19, 2007 07:48 PM

» 競馬予想わがまま一覧 [馬券の買い目に迷ったら]
馬券の買い目に迷ったら他の人のブログで予想を見てみましょうか [Read More]

Tracked on June 23, 2007 05:02 PM

» Buy 222 codeine. [Buy 222 codeine.]
Buy 222 codeine. [Read More]

Tracked on August 12, 2007 12:52 AM

Comments

残念ながら
スイープトウショウは怪我のため
宝塚記念出走回避となりました。

Posted by: onyxkiss | June 19, 2007 08:37 PM

onyxkissさん

非常に残念ですね。

レース中の怪我でなかったことを良しとしましょう。

スイープトウショウの分も、他の2頭の牝馬には頑張って欲しいですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | June 19, 2007 11:13 PM

難解なレースでスィープトウショウの回避は残念ですが、少し助かった様な。そんな感じです。
今回は良馬場ならスイフトカレントで勝負したいです。
スィフトカレントとポップロック、一応ウオッカ。この3頭を軸にしていきたいと考えています。
相手にメジャー、ムーン。
押さえにカワカミ、シャドウ、サムソン、バルク辺りで考えています。

良馬場なら阪神は高速馬場で時計勝負になりそうな感じです。前を引っ張る馬も多いので差し有利かつ、持ち時計も考慮しました。
メジャーは先行激化とローテが短く距離適正が微妙で評価を落としました。ムーンもドバイを見る限りでは距離適正は2000mギリギリなのでは?サムソンは早めに先団に取り付ければ勝負根性で押し切れるかも知れませんが、今回の先行集団はなかなか強烈なので。
シャドウもシンガポールでは勝ちましたが、一線級のここではやや荷が重い気もします。バルクは今回調子良さそうですね。カワカミは前走で人気を落としていれば買い時なのでしょうが、私個人的には牡馬相手に勝ち負け出来る程では無いと思っています。
カワカミよりは斤量での恩恵を受けるウオッカ(今回も異様に人気しそうなのであまり買いたく無い)に軍配が。ポップロックは馬体を戻っていればですが、スタミナが要求される今回ならばおもしろいでしょう。武騎手にも意地を見せて欲しい。

で、本命スィフトカレント。人気が偉い下降していると思いますが、去年のサマーシリーズ覇者。持ち時計と上がり3F時計も優秀。昨年天皇賞僅差2着。逆転があっても驚けない馬だと思っています。

Posted by: はやひで | June 20, 2007 08:41 AM

ポップロックに期待している週半ばです。ずっと馬券になっていて崩れるとするなら今回という考えもありますが僕はポップロックの力は本物であると考えて軸にします。できれば優勝してほしいのですが…。時計がないといわれますがG1にでている馬にはその不安は関係ないと思います。十分対応できると思います。

Posted by: 競馬LOVE | June 20, 2007 05:02 PM

onyxkissさん、はじめまして、そしてありがとうございます。

ずいぶん早い情報ですねえ。
どうしてそんなに早く情報を仕入れられるのですか?

おやじがトロイだけかあ?

実はスイープは昨年秋からパドックでよく見えたことがなかったので、休養するか繁殖にあげてほしかったので、悲しいことではありますが、少しだけほっとしています。

Posted by: ルドルフおやじ | June 20, 2007 06:07 PM

はやひでさん、こんばんは。
いつもありがとうございます。

検索下手のおやじにはやひでさんのブログへ行き着く方法を教えてください。お願いします。

スウィフトカレントですか。確か秋の天皇賞でいい足使ってましたねえ。うーむ、あなどれない、あどれなりん、今日は仕事が早く終わったのでもう呑んでマース。

Posted by: ルドルフおやじ | June 20, 2007 06:15 PM

競馬LOVEさん、はじめまして。そしてありがとうございます。

老眼が入っている、このおやじには「競馬LOVEさん」の「競馬」の文字が見えなくて、30分間、目を凝らして見つめていました。すると、あーら不思議見えたんですよ、「競馬」の文字が・・・・うれしい!

ポップロックですね、「カスケーズ」の歌知ってますか、雨が降るとやはり怖いですねえ、好きな馬です。ちょっと若い人にはわかりにくいよなあ。

Posted by: ルドルフおやじ | June 20, 2007 06:25 PM

えっと、ガラスの競馬場 右メニューの「絆」の所に登録して貰えています。

大した事は書いてませんし、自分でブログページ作るのが面倒だったのでライコスのページを使っていますー。
(´;ω;`)
また、暇な時に励みになりますのでお越しください。

スィープは繁殖に上げて欲しいですね。もうピークを望むのも難しいのでは無いでしょうか?

Posted by: はやひで | June 20, 2007 07:24 PM

残念ながら週末は雨予報ですね。。。。
トウカイトリック、メイショウサムソン、シャドウゲイト辺りの馬が得意なのかな・・・。

良馬場で対戦して欲しいメンバーなんですがね。
天は悪戯好きという事でしょうか。。。

Posted by: はやひで | June 21, 2007 08:20 AM

ルドルフおやじさん、初めまして。
しかし、私など若輩者から見ると、オヤジさん凄いです。
私が大学生の頃、バイト先の喫茶店のオーナーがグリーングラスがどうのこうの、「やっぱり馬は、名前や。グリーングラス、ほんまにええ名前や。名前の悪い馬はG1では絶対来ん。馬は名前や。」なんて言ってて、当時、競馬なんてやってない私は何のことやら分からなかったのを覚えています。
しかし、その後マチカネタンホイザなんて、訳のわからない名前の馬がG1を取った気がしますが。
トキノミノルですか。見たことないんですよ。
」って言うかシンボリルドルフを見ていないんです。
やり始めたのがホワイトストーンが何かのレースで連帯したのがビギナーズラックでした。
本当に羨ましいです。幾多の名馬を見てこられたのでしょう。シンザンなんかもですか?とにかく宜しくお願い致します。

Posted by: ヤブ | June 23, 2007 12:38 AM

Post a comment