« フルムーン | Main | 見映えがするカレイジャスミン:☆5つ »

オディールの母キュンティアがキャリア1戦で2着した衝撃

Jiromaru

お手紙ありがとうございます。シンボリルドルフが遂にリベンジを果たしたジャパンカップ当日の様子が、まるで手に取るように伝わってきました。熱狂が冷めやすいのは、いつの時代も同じですね。改めてレースを観てみましたが、あのクールな岡部騎手から、なにがなんでも勝ってやる、いや勝って当然だという気迫が伝わってくるように感じました。最後の直線でシンボリルドルフが先頭に立った瞬間、岡部騎手が重ねていた最後のゴーグルを取るシーンが私は好きです。

このレースではロッキータイガーという地方馬が2着に突っ込んできて、ジャパンカップ史上初めての日本馬同士のワンツーとなったことでも有名ですよね。もちろん、2004年のコスモバルクに至るまで、地方馬としてのジャパンカップ2着は快挙でした。雨で馬場が渋っていたことが好走につながったのでしょうが、当時の南関東のレベルは相当に高かったようですね。キングハイセイコーやステートジャガーなどと鎬を削って、実力をつけていったのでしょう。450kgぐらいの小柄な馬ですが、父ミルジョージから受け継いだバネを全身に漲らせながら、シンボリルドルフに迫ったのですから大したものです。

Rockytiger

この2着に勇気付けられて、地方馬がジャパンカップに挑戦する気運が高まりました。翌年にはジュサブローが出走し、これまた7着と健闘しました。しかし、それ以降、パタリと地方馬の勢いは止まってしまいます。中央競馬のレベルが上がったのか、それとも地方競馬のレベルが下がってしまったのか。ロジータ→ジョージモナーク→ハシルショウグンと最下位を迷走してしまいます。ジョージモナークとハシルショウグンはいずれも2年連続最下位という不名誉な記録を打ち立ててしまい、ハシルショウグンは最後にはアルクショウグンと言われてしまいましたね。

個人的には、白いシャドーロールをした芦毛馬のジョージモナークが大好きでした。オールカマーで2着に来た時には、「もしかしたらジャパンカップを勝ってしまうのではないか」と思いました。当時、私の高校の担任が山本という名前で、ジョージというあだ名で呼ばれていて、そういうこともあって「もしかしたら…」の幻想はどんどん膨らんでいったのです。結局、15番人気の15着という人気どおりの結果になってしまいましたが、ずいぶんと長い間、夢を見させてもらった記憶があります。これからまた夢を見させてくれる地方馬の挑戦を期待したいですね。

そういえば、ロッキータイガーもロジータもジョージモナークも、ミルジョージの仔でしたね。今年の10月に永眠してしまいましたが、本当に素晴らしい種牡馬でした。南関東の競馬は、ミルジョージによって支えられていたところもあったのではないでしょうか。

さて、そのジャパンカップも終わり、今週は阪神ジュべナイルFです。昨年から新設の阪神コースで行われましたが、ウオッカという相応しい馬が勝ったように思います。もし昨年のレースが以前の阪神1600mコースで行われていたら、アストンマーチャンが楽勝していたでしょう。それぐらい、レースの特性が大きく変わってしまいました。

阪神1600mのコースの特徴は3~4コーナーの形状にあると思います。大きくグルっと回る、典型的なスパイラルカーブですので、ゆったりと回りながらも、後続が差を詰めるタイミングがありません。直線が長いことも含めて、後続が動き出すのが遅くなりますので、逃げ・先行している馬にとってはコーナーを回りながら息を入れられる楽なコースとなります。そうなると、直線に向いてからの瞬発力勝負になりますので、速い脚のない馬にとっては苦しいレースになるでしょう。もちろん、前に行ける馬の方が有利になることは間違いありません。

ペース感覚から言うと、マイルよりも長い距離を走るような感じでしょう。ですので、マイル以下のレースを走ってきた馬の中では、折り合いを欠いてスタミナを失う馬も出てくるかもしれません。そういった意味でも、1600m以上の距離でのレース経験は必要です。また、最後の直線には高低差約2mの坂が待っていますので、坂のあるコースで勝った経験のあるパワーを持った馬にとっても有利になるはずです。

以上のことを頭に入れながら、出走馬を眺めてみると、今年のメンバーは一長一短があって難しいですね。

ファンタジーSの1、2着馬であるオディールとエイムアットビップが人気にはなるのでしょうが、ファンタジーS組の取捨は慎重に行ったほうが良さそうです。というのも、ファンタジーSはスプリント的な要素が求められるレースですので、スタミナがそれほどない馬でも勝ててしまうからです。

ファンタジーSを勝ったオディールは、気性の素直な馬で、とても乗りやすそうですね。コロンとした体型からは、スタミナが豊富な馬には思えませんが、引っ掛かってスタミナをロスしない分、昨年のアストンマーチャンのように何とかごまかすことが出来るかもしれません。内枠を引いて、経済コースを進めることが好走の条件でしょう。G1レース年間7勝の記録が掛かっている安藤勝己騎手が、どのようにこの馬の力を発揮させるか楽しみです。

オディールの母であるキュンティアは、今からちょうど10年前にこのレースを2着した馬です。それもキャリア1戦ですから、当時は少なからず衝撃を受けたほどです。当時、つけていた競馬ノートに、「そのうちキャリア1戦の馬からも勝ち馬が出るであろう」と書いた記憶があります。それ以降、ヤマニンアルシオン、シークレットコードの2着があるのみで、いまだ勝ち馬は出ていません。一昨年のシークレットコードはチャンスだなと思っていたのですが、最後の最後で差し切られてしまいました。さすがに1戦のキャリアでは苦しいのかもしれませんね。

アロマキャンドルのいちょうSは牡馬を従えての強い勝ち方でした。2着のスマイルジャックが東京スポーツ杯で3着、3着のアポロドルチェが京王杯2歳Sで勝利していますので、その勝利にも大きな価値があります。1頭前に置いて追走しても引っ掛からなかったように、折り合い面に心配もなさそうです。フレンチデピュティ産駒らしい、骨太な骨格をしていて、牝馬ながらにパワーを感じさせてくれる馬です。スピードは母父であるサンデーサイレンスから受け継いだものでしょう。あとは初めての輸送を克服することが出来るかどうか。それだけが心配です。

牡馬に混じって走ってきているシャランジュも面白い1頭だと思います。関東馬はどうしても輸送の不安があるので不利ですが、この馬はデイリー杯で経験していますから心配いらないでしょう。デイリー杯は唯一の牝馬でしたが、スローペースをあわや2着というところまで追い上げました。中間にも美浦の坂路で49秒台の時計を出しているように、ここに来て力をつけてきています。410kg台の小さな馬ですが、折り合いさえつけば、最後の坂もしっかり駆け上がってくるのではないでしょうか。

また、鞍上の村田一誠騎手も魅力です。天皇賞秋の日に、東京競馬場で平場のレースものんびりと観戦していましたが、最も印象に残ったのがアドマイヤスバルが勝ったレースでした。馬の背中に張り付くようにして先行させ、直線に向いても追い出しをしっかり待ち、いざ追い出すと豪快なアクションで最後まで馬を伸ばしていました。騎手は誰だと思ってみたところ村田騎手だったのですね。トップジョッキーかと思っていたら村田一誠騎手だったので、失礼ながらも少し驚いてしまいました。その後、アルゼンチン共和国杯を勝ったように、ここに来て成長著しいジョッキーだと思います。

トールポピーも抽選をクリアしてくれば、上位争いをする1頭でしょう。あのフサイチホウオーの全妹になるのですが、走り方などはそっくりですね。前脚のかき込みがしっかりとしていて、パワーを感じさせますので、京都競馬場よりも直線に坂のある阪神コースの方が合いそうです。マイルよりも長い距離を使ってきていることや、伸びのある馬体からも、スタミナも十分にあることが分かります。あとはデビュー時より20kg減っている馬体重をどう捉えるかでしょう。若駒の馬体重は分からない部分もありますので、しっかりと追い切って来られるかどうかに注目です。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Hello colleagues, pleasant paragraph and nice urging commented here, I am actually enjoying by these.

Posted by: หนังx | March 22, 2014 02:12 AM

http://ravenadventures.com/brand/?pick=Coach+Outlet+Gilroy To finish it, one of thhe moѕt difficult tgings was deciding how to hanfle thе burial.The square iss big enough to seat 160 people. http://www.osuwrfc.com/coach-outlet/?key=Coach+Factory+Outlet+Store+Usa

Posted by: http://ravenadventures.com/brand/?pick=Coach+Outlet+Gilroy | July 17, 2014 01:19 AM

Post a comment