« 勝負の世界には運も必要 | Main | フェブラリーSをラップから占う »

豪腕

Kisaragi08 by echizen
きさらぎ賞2008-観戦記-
メジロガストンが引っ張ったレースは、前半48秒6-後半48秒0という京都1800mに典型的な平均ラップで流れた。どの枠でも、どの位置からでもチャンスのある、まさに展開いらずのレースで、最後は各馬一線の迫力のある追い比べとなった。

勝ったレインボーフェニックスは、ペリエ騎手にビッシリと追われ、最後までしっかりと伸び切った。大外枠からスムーズにレースを進められたことが最大の勝因であろう。これまで全て1番人気に推されていたように、素質を高く評価されていた馬だが、今回は芝で未勝利であったことに加え、休み明けということで人気の盲点となっていた。今回のレースで、芝でも走れる、いや芝の方が走るということを証明した。また、ペリエ騎手の豪腕が目立ったレースでもあり、ゴール前では全盛期のペリエ騎手を見た気がした。

スマイルジャックも僅かに負けてしまったが、最後までシッカリと伸びている。スタートしてから最後の直線に向くまで、絶妙な位置取りを進んでいたように、小牧太騎手のほぼ完璧な騎乗が光った。これで負けたのだから、勝ち馬には力負けを認めるべきだろう。もうワンパンチ足りない印象だが、スマイルジャック自身も前走の若竹賞を叩いて体調がアップしていたし、伸び伸びと走ることのできるコースの方が合っていたのだろう。

ヤマニンキングリーは藤田伸二騎手に導かれ、最後はあわやと思わせる伸びを見せた。成長分を含めても少し重め残りだったはずで、それでもここまで来たのだから、さすがにレベルの高い黄菊賞を勝っただけのことはある。器用さに欠ける馬だけに、直線の長いコースならば、これからもその末脚を十分に生かす競馬が出来るはず。この馬にとっては次走が試金石か。

レッツゴーキリシマは57kgを背負って頑張ったが、この馬にとっては少し距離が長かったのだろう。テンから少し掛かり気味で先行したように、前走でマイルを使っていたことがマイナスに出てしまった。もちろん、休み明けであったことも引っ掛かった原因のひとつではあるので、叩いた次走は折り合えるだろうし、距離も2000mぐらいまでなら十分にもつ馬である。

ダイシンプランは最後方からよく伸びたが、前も伸びていたので届かなかった。能力は高いだけに、もう少し気性が大人になって、レースにしっかりと参加できるようになれば怖い1頭である。アルカザンは道中折り合いも付いて直線に向いたが、最後は休み明けの分、伸び切れなかった。

圧倒的な1番人気に推されたブラックシェルは、スタートから立ち遅れて、最後は外から伸びて来たが、わずかに差を縮めるのが精一杯。最終追い切りの動きも重く映ったように、プラス10kgの馬体重が示すとおり、少し太目残りでの出走であった。この時期の坂路コースの調教馬は絞り切れないことがあるので、これからも注意して見るべきである。


関連エントリ
ガラスの競馬場:集中連載「一流の騎手とは」

現在のランキング順位はこちら


|

Comments

治郎丸さん

お久しぶりです。
私は◎ダイシンプランでよく伸びたと思いましたが力の差を感じました。それにしても、ペリエ騎手はラジオNIKKEI杯のサブジェクトといい若駒のレースに強いですね。

Posted by: hagi | February 19, 2008 01:11 AM

hagiさん

こんばんは。

お久しぶりです!

ダイシンプランはよく伸びましたが惜しかったですね。

能力は高いのですが、馬がまだ若いですね。

おっしゃる通り、ペリエ騎手は若駒を追って追って最後までファイトさせるのが上手いですよね。

今回の迫力ある追い込みには、全盛期のペリエ騎手の冴えを感じました。

今週のロングプライドでもどんな騎乗を見せてくれるのか楽しみですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | February 19, 2008 11:54 PM

Post a comment