« 天皇賞秋の攻防と冷めやらぬ興奮を | Main | まるで同窓会のように »

美しすぎる結末

Tennosyoaki08 by fake Place
天皇賞秋2008-観戦記-
休み明けのダイワスカーレットがハナを切り、前半58秒7-後半58秒5という、平均ペースながらもスピードの持続力を問われる、息の入りにくい厳しい流れを作り出した。その流れの中、ダイワスカーレットを射程圏に入れつつ勝ちに行ったディープスカイとウオッカが直線でビッシリと叩き合い、内のダイワスカーレットが粘り腰を幾枚も繰り出した結果、史上稀に見るあまりにも美しすぎる結末となった。ラスト1ハロン12秒6という時計からも分かるように、最後はウオッカもダイワスカーレットもディープスカイも皆、脚が上がっていた。それほどに死力を尽くした激闘であった。100年後にも語り継がれる名勝負である。

勝ったウオッカにとって、ダイワスカーレットが意外にも飛ばしてくれたことにより、馬群が縦長になってくれたことが大きかった。抜群のスタートを切り、少し掛かる素振りを見せたものの、向こう正面ではピタリと馬群の外に折り合うことが出来ていた。毎日王冠は逃げる形になり足元を掬われたが、安田記念をきっかけとして、体調も上向きになり、前進意欲も出てきていたことも、この天皇賞秋を勝つためには功を奏した。

パドックでもこれ以上ないギリギリとも言える状態に仕上がっていて、陣営のこのレースに賭ける思いが伝わってくるようであった。武豊騎手にとっても、大きな大きなハナ差であった。あらん限りの力を出し切ったウオッカが、この先どのような走りを見せてくれるか分からないが、とにかく今はこの勝利に酔いたい。ダービー馬であるウオッカがついに天皇賞馬にもなる。牝馬ながらにしてこの2つのレースを制することがどれだけ価値があることなのか、私たちはこれから知っていくのかもしれない。

負けて最も強いことを証明したのはダイワスカーレットである。休み明けであることに加え、府中の2000mを逃げてレコード決着のハナ差2着であるから、そのスピードとスタミナと底力は筆舌に尽くせない。最後の直線ではさすがにバテていたが、カンパニーが内から伸びてきたことでゴール前もうひと伸びしたのだから、ウオッカと馬体が併さっていれば結果はどうなっていただろうか。惜しむらくは、休み明けである分、馬がレース前半からファイトしてしまったことである。休み明けにしては細く映るくらいに馬体は仕上がっていたが、やはり気持ちの面で苦しいところがあったのだろう。有馬記念に直行するらしいが、これだけの死闘を繰り広げた反動を癒し、まずはこの先無事に行ってくれることを願う。

ディープスカイは2頭の名牝に競り負けしてしまったが、ダイワスカーレットを追いかけながら、ウオッカよりも早めに仕掛けてのものだけに、最後までよく頑張っている。四位騎手も前半から積極的に勝ちに行く競馬をしたものの、ペースが速くなったことにより、結果論としては武豊騎手にマークされる形となってしまった。前半でアサクサキングスに内からこすられてカッとなってしまったことが最後に響いた。とはいえ、僅かなことで折り合いを欠いてしまうほど、ディープスカイ自身にも苦しい部分があったのだろう。ダービーの疲れが完全には癒えていない中での走りだけに、無事に行けば来年、日本競馬の頂点に立っているのは間違いなくこの馬であろう。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

治郎丸さま

はじめてコメします。
ライブでは貴重なお話を聞かせていただきありがとう
ございました。
妻はいただいた賞品をしっかりと自分のものにしてしまい
こんでいます。(笑)
ついでにウォッカのマウスパットも強奪され、いつのまにか
キンカメに変わっていました・・・・・。

初めていった東京競馬場で最高のレースを見れたことは
偶然とはいえとてもラッキーでした。
また来たいと2人とも感じています、9レースすぎてからは
天皇賞始まるまでずっとパドックに張り付いてましたね。
生で見る馬もよかったですよ。
ただ2人とも歩きすぎて帰りは足に故障が発生してしまい、
どうやら限界に近い動きをしていたのは私たちも同じだったようです。

ライブでの次郎丸さんのように人を受け入れる懐の深さにも
関心しつつ、安藤騎手のお話のように、わたしもライブへ
思い切って参加したことでとても貴重なものを得たことを
感謝しています。

また来たいと思えるっていいもんですね、また声帯を痛めに
何度でも足を運びたいです、このときにわたしたちが感じた
すがすがしい爽快な気持ちをいつまでも味わいながら。

Posted by: yama | November 05, 2008 at 09:00 AM

yamaさん

こんばんは。

今回は遠くからお越しいただき、本当にありがとうございます。

何かお土産をと思っていましたが、見事に奥様がゲットされて私も嬉しかったです。

あのレープロは10年後、20年後と価値が上がっていくものだと思います。

それにしても、初めて来た競馬場であの歴史に残るレースですから、何という幸運でしょうか。

yamaさんご夫妻の勇気ある行動が引き寄せた幸運だと思います。

奥様も競馬が好きになってくれるといいなあと心から思います。

また東京競馬場の広い空を見にいらしてください。

いつか競馬場でご一緒できることを楽しみにしております。

Posted by: 治郎丸敬之 | November 06, 2008 at 01:16 AM

ただいま治郎丸さん、今年の天皇賞は特にいいレースでしたね。

豊がよく頭を合わせましたが、スカーレットは強かったですね。

JCもたのしみになりました。

Posted by: 和人 | November 06, 2008 at 04:23 PM

和人さん

本当にいいレースでした。

さすがの武豊騎手も今回ばかりは「祈った」と言っていましたね。

それぐらい、色々な意味で、大きな勝利でした。

スカーレットも驚くほど強かったです。

ジャパンカップはどんなレースになるのでしょうか。

私も今から楽しみです。

Posted by: 治郎丸敬之 | November 07, 2008 at 12:22 AM

Thanks for sharing your thoughts. Take care.

Posted by: payday loans | August 30, 2010 at 07:01 PM

Post a comment