« 函館記念を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 芦毛の逆襲が始まる »

騎手を育てる「強い馬」での経験

今週の桜花賞で最有力候補といわれるサイコーキララ。

浜田調教師は桜の女王を目指している管理馬に、弟子の石山繁を乗せ続けている。ある意味、これはすごいことである。

昨年、同じようにというか、もっと「すごいな」と思って見続けていたことがある。

テイエムオペラオーとナリタトップロードが、ずっと同じ騎手のままで出走していたことだ。ふつうなら馬の成績が良くなれば、もっといい騎手へと替わるもの。いまの日本の競馬社会では、それが日常といえる。

ところが、テイエムオペラオーの岩元市三調教師もナリタトップロードの沖芳夫調教師も、自分が育てた騎手の和田竜二と渡辺薫彦を替えないで乗せ続けた。それをやってのけて、成功させたことのすごさったらない。

一昨年、石山が本番で降ろされたのは、前哨戦を自分のミスで負けたのだから仕方ないだろう。乗り変わった武豊がファレノプシスの能力をあれだけ見事に引き出して2冠馬に輝かせたのだから、やむを得ない。あれがあったからサイコーキララに出会った、と思えばいい。

強い馬をつくることも大切だが、いかに素晴らしい人材を育て上げるかということも大事なこと。強い馬が出てきたら、弟子に乗せて経験させるべきだと思う。

次代を担う人材を立派にきちっと育てるには、彼らを見守り、教育する関係者の度量や人間性が必要だ。私が若手騎手だった時代は、いい馬に乗れなかった、というより、いい馬に乗ってはいけなかった。私より巧い先輩がいっぱいおり、そこには序列というものがあったからだ。

子供の頃から、父親の管理する小さな厩舎で、騎手たちのトラブルを見てきただけに、尾形藤吉厩舎という大厩舎にお世話になったとき、「ずうずうしく乗ってはいけないんだ」と思っていた。大げさに聞こえるかもしれないが、当時の私に「馬に乗れる喜び」は少なかったのだ。

(中略)

フリー全盛となったいま、自分のところの騎手を、いい馬に乗せよう、という傾向が目立つようになったのは、大久保洋吉調教師がメジロドーベルを弟子の吉田豊に乗せ続けたころからだろうか。

「自分のところで、なんとか、しっかりした騎手を育てよう」という考えを持つ調教師が増えてきたのは本当に嬉しい。いい時代になったな、と思う。

(「口笛吹きながら」より)

Nohirayuuji

このコラムの最後の一文を読んだとき、なぜか涙が溢れ出た。私の人生の個人的な状況に、ピッタリと符合してしまったのだろう。どういう状況かは思い出せないが、祐ちゃん先生の優しさが心まで染み入ってきたことは今でも覚えている。なんと素晴らしい人間が競馬界にもいるのだろう。そう思って、ますます競馬が好きになった。

野平祐二氏が感心したように、和田竜二騎手と渡辺薫彦騎手の起用法については、今から振り返ってみても、よくぞと思わせられる。当時もさんざん批判があったが、正直に言って、テイエムオペラオーの菊花賞は仕掛け遅れ、ナリタトップロードのダービーは早仕掛けだったと思う。それでも、岩元市三、沖芳夫の両調教師からは、誰が何と言おうと乗せ続けるという強い意志が感じられた。結局、和田竜二騎手はテイエムオペラオーの生涯全てのレースの手綱を握り、一方の渡辺薫彦騎手もナリタトップロードの引退レースまでその背に跨った。

「騎手は馬に育てられる」と言われるが、走る馬に乗ってこそ、ジョッキーは技術的にも精神的にも大きな成長を遂げる。走る馬ほど人間の指示に対して敏感であるため、わずかな動作の失敗が致命傷となる。また、走る馬の基準を知っていれば、他の馬のどこが足りず補わなければならないかも分かる。走る馬に跨って、大きなレースに臨んで得た経験も貴重である。

たとえば、野平祐二はスピードシンボリ、岡部幸雄はシンボリルドルフ、柴田政人はミホシンザンという名馬に出会ったことで、ひとつ上の次元で勝負が出来るように成長した。名馬たちの手綱や背から学んだものは、何ものにも代えがたい彼らの宝物なのである。だからこそ、「強い馬をつくることも大切だが、いかに素晴らしい人材を育て上げるかということも大事なこと。強い馬が出てきたら、弟子に乗せて経験させるべきだと思う」という言葉が生まれてくるのだ。

ちなみに、祐ちゃん先生が若き頃、走る馬には乗らせてもらえなかったのは、尾形藤吉厩舎の大先輩に保田隆芳という大ジョッキーがいたからだ。尾形藤吉厩舎は8頭のダービー馬を育て、クラシックレースを26勝もしたように、数え切れないほどの名馬を管理していた。その中でも走る馬は保田隆芳騎手が主戦を務めた。保田隆芳騎手からこぼれ落ちた馬は八木沢勝美、森安重勝という名手の手に渡った。見習い騎手であった野平祐二に走る馬が回ってこなかったのは、当時としては自然な序列というものでもあった。

かといって、尾形藤吉厩舎から人材が育たなかったかというと、そうではない。前述した保田隆芳や八木沢勝美、森安重勝というジョッキーに加え、戦死してしまったが前田長吉という天才ジョッキーも生んだ。調教師では松山吉三郎、伊藤修司が1000勝を挙げ、大久保亀吉、伊藤正四郎、美馬信次、工藤嘉見など、その後、競馬史に残るファミリーを形成している。走る馬がいるところに、優れた人材が集まり、お互いに切磋琢磨しながら育って行ったのだろう。馬と人が厳しさの中で育ったからこそ、これだけの偉業を成し遂げたともいえる。

それでも、祐ちゃん先生は敢えて主張する。強い馬が出てきたら、たとえ弟子が技術的にも人間的にも未熟であっても、乗せて経験させるべきだと。出来るだけ若いうちに走る馬に乗ることで、ジョッキーとしての成長は早くなるのだ。競争の中に放り込むのもひとつの育成方法だが、強い馬に乗せ続けることには敵わない。特にこれだけジョッキーの世界が市場原理で動いている今、人を育てなければ、中央競馬もしくは日本の競馬の将来は暗い。ポンと来日した外国人ジョッキーに簡単に大きなレースを勝たれてしまう現状を見て、祐ちゃん先生は何とおっしゃるだろうか。


この年のG1レースは今から観ても鳥肌が立つ。
もう10年前になってしまったのですね…

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

冶郎丸さんこんにちわ。

いつも興味深いお話を提供していただき感激しております。
ジョッキーと馬が一緒に成長していくというのはとても素晴らしいことですね。私たち競馬ファンにとっては一番ベストな事ではないでしょうか^^
レースに勝利したいという気持ちも大切ですが、いいジョッキーを育てるという事も調教師の使命ではないかと私は思います。
これからも、ジョッキーと馬との感動するドラマを沢山見れたらいいなあ。

Posted by: ストーン | July 27, 2009 10:45 AM

ストーンさん

こんばんは。

いつもありがとうございます。

サラブレッドにドラマがあるように、
その背に跨るジョッキーにもまたドラマがあります。

表舞台に立つジョッキーを育てていかなければ、
日本の競馬は面白くなくなるはずです。

実は昨年の秋のスプリンターズSに感動してしまいました。

あの感動は上村騎手を信じて乗せ続けた橋口調教師の気持ちがあったからこそだと思います。

これからもジョッキーと馬のドラマを観たいですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | July 28, 2009 12:11 AM

Post a comment