« 「血と知と地」 | Main | 函館記念を当てるために知っておくべき3つのこと »

生き残れ!

Zennorobroi

新種牡馬として華々しくデビューし、今年のセレクトセールでも1億円超えの産駒を出したゼンノロブロイだが、現役時代はどちらかというと晩成の馬であった。皐月賞には間に合わず、青葉賞を勝った勢いで挑戦したダービーでは2着に破れ、雪辱を期して臨んだ菊花賞では内に包まれてしまい4着と惨敗。続く有馬記念でも古馬の壁にぶつかり、健闘もむなしく3着、と結局3歳時には大きなレースを勝つことができなかった。年が明けた4歳の春も詰めの甘さは相変わらずで、天皇賞春はイングランディーレに逃げ切られ2着、宝塚記念はタップダンスシチーの強さにひれ伏した形の4着という走りであった。

ところが、4歳の秋を迎え、ゼンノロブロイは覚醒した。休み明けの京都大賞典こそ2着と惜敗したが、その後の天皇賞秋→ジャパンカップ→有馬記念と3連勝。それまでにはあのテイエムオペラオーしか成し遂げたことのない大記録を、勝ち味に遅かったゼンノロブロイがあっさりと達成してしまったのだ。しかも、テイエムオペラオーのようなヒヤヒヤの辛勝(特に有馬記念)ではなく、いずれのレースも安心して見ていられる完勝であった。当然のことながら、この年はJRAの年度代表馬に選出された。

「いつも無敗の馬がいるわけじゃないし、さんざん負けても残っていればチャンピオンになれるんだ。その間にたくましくもなってくるし。あの馬のほうが強かったなんていうのは話にならない。無事にきているのがいいんだから」

ゼンノロブロイを管理した藤沢和雄調教師は上のように語った。この世代の筆頭格であり、皐月賞とダービーを制したネオユニヴァースは、天皇賞春で大敗を喫した後、宝塚記念を目標に調整されたが、右前浅屈腱炎と右前球節部亀裂骨折を同時に発症して引退してしまった。菊花賞馬かつジャパンカップを2着した実績を持つザッツザプレンティは、宝塚記念後に右前脚屈腱炎を発症し戦列を離れていた。タップダンスシチーは凱旋門賞に挑戦したものの、飛行機のアクシデントに見舞われていた。そして、何よりも同厩舎の先輩であるシンボリクリスエスが、幸いにも前年の有馬記念で引退していた。

ちょうどこのタイミングでペリエ騎手に乗り替わったこと、夏の休養を経て体力がついてきたことなど、秋の古馬G1を3連勝した要因は他にもあるだろうが、最大の理由は、ゼンノロブロイが生き残っていたからである。たとえ自分自身の力は変わらなくとも、他のライバルたちがケガや引退などで戦列を離れていく中で、ターフで走り続けることが出来ていればチャンスはいずれ訪れるのである。これが無事是名馬の本当の意味である。サラブレッドにとって大切なのは速く走ることだけではないのだ。

私が初めてこのことを教えてもらったのは、ビワハヤヒデと岡部幸雄騎手によってである。ゼンノロブロイと同じく、ビワハヤヒデも大きなところをなかなか勝ち切れない馬であった。2歳時には朝日杯3歳S(現在の朝日杯フューチュリティS)では圧倒的な1番人気に支持されながらも2着に破れ、翌年の皐月賞が2着、そしてダービーも2着と勝てそうで勝てないレース振りに同情と共感が集まった。頭が大きく、サラブレッドとしてはどちらかというと不恰好であるところが可愛らしく、芦毛ということもあり、同世代のG1を勝ったナリタタイシンやウイニングチケットよりもファンは多かった。ビワハヤヒデの屈託ない走りに、菊花賞こそはと私も応援した。

ビワハヤヒデは菊花賞を5馬身差で圧勝した。ウイニングチケットやナリタタイシンが馬群に沈む中、あの詰めの甘さは何だったのだろうと思わせる、まるで別馬のような走りを見せてくれたのだ。ここから先はビワハヤヒデの独壇場で、有馬記念こそトウカイテイオーに負けたものの、翌年の天皇賞春と宝塚記念を連勝して、古馬の頂点に立った。菊花賞の勝利ジョッキーインタビューにおける、「生き残っていれば必ずチャンスは来る」という岡部幸雄元騎手の言葉が忘れられない。

生き残っていれば…はそれ以降、私の人生の哲学にもなった。サラブレッドも人間も、それぞれの能力はそれほど大きく変わらない。たとえ今、力が劣っていたとしても、良い結果が出ていなくても、ふてくされることなく、その場に立ち続ける。それがいかに難しく、生き残ることのできない馬や人のなんと多いことか。どれだけ負けても、生き残って、その場で戦い続けていけば、最後にはチャンピオンになれるのである。競馬も人生もサバイバルレースなのだ。

Special photo by Photostud


関連リンク
「ガラスの競馬場」:馬の声を聞いていますか?

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

生き残っていれば…いい変えるなら諦めなければほんとうの負けじゃないとゆうことですよね。

自分もユビキタスに勝負に負けても最後まで諦めないとゆうことの意味を生命が産まれながらにしてもっている生きるとゆうことの意味をあのどんなことがあっても直向きに前だけを向いて走る姿から教えられましたね。

どんなことがあっても諦めない…。

簡単なようで決して簡単じゃないことですよね。

自分もサラブレッド達に負けないように1度きりの生を謳歌して生きたいと思います。

Posted by: ユビキタス | July 20, 2010 at 10:10 AM

ユビキタスさん

こんばんは。

そうですね、簡単なことではないですよね。

もしかすると、生き残っていくことが一番難しいことなのかもしれません。

華々しく輝くことも大切ですが、それ以上に輝きを失わないことの方が不断の努力が問われますから。

また、楽しく、生き生きとしていなければ、生き残っていくことはできませんね。

だからこそ、色々な意味で、カノヤザクラには生き残って欲しかった…

Posted by: 治郎丸敬之 | July 21, 2010 at 03:13 AM

>宝塚記念の3着
宝塚記念は4着でしたよ。ついでに書くと春天で2着してますm(__)m

Posted by: タップダンスシチー | July 21, 2010 at 11:23 PM

治郎丸さん こんばんは。

今や 生き永らえて 競馬を楽しむ事が
ライフワークとなりつつある 一姫三太郎です。

 「生き残っていれば 必ずチャンスは来る」

強く心に響く言葉ですね。
根気良く続けていれば 今にいいことあるよね…
日常の中には そんな事が 沢山あります。
元気でさえいられれば…

大好きな夏を迎え、そして 大好きな新潟で
また一頭 スプリントの名牝が その競走馬人生の幕を閉じました。
生き残っていれば…を体現するかのように 
同期の牝馬が 脚光を浴びているさなか、
自身も かつて最高の輝きを放った思い出の地で…

母父:サクラバクシンオー 母:カノヤザクラ

いつの日か その血を受け継いだ 
快速馬の誕生する事を 待ち望んだのは 
私だけではないでしょう。

悲しい夏は もう終わりにして・・・・・

今週末も こつこつと その戦歴を積み重ねた馬たちが
新しい勲章を手にする為に またレ-スに挑みます。
そして 私は 相も変わらず 
心の中で どうか無事にと 手を合わせながら 
見守ることになるでしょう。

Posted by: 一姫三太郎 | July 22, 2010 at 01:42 AM

タップダンスシチーさん

ありがとうございます!

早速、修正しておきます。

これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: 治郎丸敬之 | July 22, 2010 at 01:49 AM

一姫三太郎さん

ご無沙汰しております。

返信が大変遅くなりまして失礼しました。

最近、スパムコメントが多くて多くて…

競馬を楽しむことがライフワークなんて素敵ですね。

私も競馬がライフワークですから、
毎日毎週が楽しくて仕方ありません。

好きということが、続けていけるコツであり、
生き残っていける理由なのだと思います。

あのウオッカも走ることが好きだったからこそ、
最後のジャパンカップで真のチャンピオンになれたのでしょう。

カノヤザクラはとても無念です。

こうして現役の競走馬が私たちの目の前から去ると、
どうにかならなかったものかといつも思い、
そしていつの間にか思い出さなくなります。

それでいいのだと思いますが、
いつかどこかでまたカノヤザクラのことを思い出し、
書くことがあるかもしれません。

一姫三太郎さんが手を合わせるように、
それが私に出来る唯一のことです。

Posted by: 治郎丸敬之 | July 24, 2010 at 02:03 AM

Post a comment