« セントライト記念を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | ローズSを当てるために知っておくべき3つのこと »

オペラオーよ、海外へ目を。

久しぶりに強い競馬を見ると安心する。やっぱり強い馬がしっかり勝つ競馬はいいな、と天皇賞を見て思った。

日本の競馬は、どうしても「何とかしよう」と小手先に頼る競馬になりがちなだけに、テイエムオペラオーのような真に強い馬がいると本当の競馬を堪能でき、競馬を見る楽しみも増える。

日本競馬は、極端に言えばこのオペラハウス産駒の現役最強馬の双肩にかかっている、といっていいかもしれない。競馬を盛り上げるためにも、テイエムオペラオーにはジャパンカップと有馬記念を、余裕をもって勝ってほしい。そして今年が終わったら、視線を海外に向けてほしい。

そう思っていたら、天皇賞春秋連覇の直後に、竹園正継オーナーは「来年も現役を続行する予定はあるが、海外遠征は考えていない」と明言したという。競馬場で取材した記者によると、竹園オーナーは、日本産サラブレッドと日本競馬を愛するゆえ海外に行かない、という信念を持っているという。だから、竹園オーナーは1頭も外国産馬を所有したことがないそうだ。

外国産馬に押されつつある日本の生産界の一助になれば、と国産馬を買い続け、オーナー自身も生まれ故郷の鹿児島に生産牧場をつくった。竹園オーナーのそうした考え方は非常に素晴らしい、と私も深く共鳴する。

日本の生産界のため、という大義には賛同するが、だからテイエムオペラオーを日本でしか走らせない、という考え方に関しては、「ちょっと視点を変えてみてください」と申し上げたい気持ちだ。

というのも、テイエムオペラオーが日本産サラブレッドだからこそ、日本代表として海外の大レースに参戦することが、日本の生産界、そして日本競馬のためになる、という考え方も成り立つからである。

最近の海外遠征は外国産馬が目立つが、私はマル外を外国のレースに挑戦させてもあまり価値はないと思っている。それよりも、国産馬を挑戦させることのほうが、どれだけ大きな意義があるか計り知れない。

テイエムオペラオーが海外挑戦すれば、日本はこんなに強い馬を作れるんだ、と世界の競馬人にアピールできるのである。来年も、相手がいなくなった日本で走るよりも、日本競馬のために多大な功績を残すことになるのではないか。

また、海外に目を向けることは、テイエムオペラオーのためにもいいことである。来年も日本で走り続けるとしたら、オペラオーと陣営は、「絶対に負けるわけにはいかな」と追い詰められるだろう。
これまで目いっぱいの競馬を続けてきたオペラオーにとっても、精神的プレッシャーがさらに増すスタッフにとっても、苦しいはずだ。そんなとき、海外へ挑戦するために、いったん気持ちをちょっと緩めるだけでプレッシャーから逃げられ、もっとのびのびと走れるかもしれない、と私は思う。

有馬記念後、オーナーがいやでも海の外を考えざるを得なくなるときが訪れることが、私の望みだ。
(「口笛吹きながら」より)

Nohirayuuji

祐ちゃん先生がこのコラムを書いてから、10年の歳月が流れた。その間に、数多くの日本馬が海外の競馬に挑戦し、ある馬は勝利を手にし、ある馬は敗北を味わった。何度も挑戦した馬もいたし、わずか1度きりのチャンスしかなかった馬もいた。その中でも、ハーツクライ、デルタブルース、シーザリオ、ステイゴールドなど、日本産馬が海外のG1タイトルを獲得した価値は大きい。いや、最近では海外の挑戦する馬のほとんどは日本産馬である。それほどに日本の馬は強くなり、10年前には考えられなかったくらい、世界のホースマンたちにも認められつつある。

それでは、今、日本馬が海外へ挑戦することの意義はどこにあるのか。日本はこんなに強い馬を作れるんだ、と世界の競馬人にアピールするためではなく(もちろんそれも必要だが)、なぜ何のために私たちは海外へ挑戦すべきなのだろうか。日本に留まって走り続けた方が、よほど賞金は高く、コストは少なく、日本の競馬ファンへのサービスにもなる。また、環境が変わることによって起こる事故や馬に対するダメージも圧倒的に少ない。にもかかわらず、なぜ私たちは常に海外へ目を向けておくべきなのか。

私なりの答えは、日本競馬の無痛化への警鐘である。「無痛化」とは、森岡正博氏(生命学者)によって提唱された概念であるが、今あるつらさや苦しみから、我々がどこまでも逃げ続けていけるような仕組みが、社会の中に張り巡らされていくことである。たとえば今、私はこの文章を、冷房が利いて26度ぐらいの心地よい温度に保たれた部屋で、氷の入ったアイスコーヒーを片手に書いている。そして、この文章を読んでいるあなたも同じ。ほんの1世紀も前であれば考えられない光景である。我々が苦しみから次々と逃げ続けるために、テクノロジーは発展し、文明が進歩したのは紛れもない事実である。文明の進歩とは「無痛化」の歴史に他ならない。

しかし、競馬の世界で優劣を競う段になると、話は違ってくる。過度に「無痛化」された環境で育てられたサラブレッドは、粗野な環境に対する適応力を失ってしまい、同時に競争力さえも失ってしまう。日本のトレセンの施設は世界一充実していると言っても過言ではない。サラブレッドを仕上げるための、ありとあらゆる設備が整っている。それ自体は非常に良いことだが、あまりに過保護に育てられすぎても、環境が変わってしまうと脆さを露呈してしまう。血統的にも能力的にも海外の馬と引けをとらない日本の一流馬が、あと一歩のところで及ばないのは、このあたりに問題があるのではないだろうか。

たとえば、日本の馬場には凹凸が少ない。窪みに脚を取られてしまって、ウン億、ウン千万もするサラブレッドが故障でもしようものなら大変な騒ぎになる。極端に言うと、石ころひとつ落ちていたら、先回りして取り除いてしまうようなお坊ちゃま、お嬢様扱いをしてしまうことになる。対して、ヨーロッパの競馬場や調教場は野原そのものである。凸凹があるのはもちろん、石ころだってたくさん落ちている。そんな中を当たり前のように、厩舎から調教場まで歩き、調教を施され、競馬場でもボコボコの馬場に脚を取られたりしながら、それでも最後まで走りきる。ちょっとやそっとのことでは馬が動じないし、人も馬をコントロールできなくなったりはしない。皮肉なことではあるが、粗悪な環境こそが、馬と人を鍛えているのだ。

莫大な資金を設備や施設に投じた結果、私たちは安心と安全を手に入れ、かつ日本の競走馬はここまで強くなった。が、その反面、たくましさという点では見劣りしてしまう。もはや後戻りはできないところまで来てしまった。これだけ高額なサラブレッドを原野で調教することなど、日本では考えられないだろう。ただ、ひとつだけ、ぬるま湯のような競馬に安住してしまうのではなく、困難がつきまとう海外の競馬に挑戦することでこそ、「無痛化」された日本の競馬に警鐘を鳴らすことができるのではないだろうか。たとえ負けて帰ってきたとしても、その過程で得た馬と人のたくましさは、かけがえのない財産として、これからの日本の競馬を支えていくはずである。


関連リンク
「ガラスの競馬場」:海外の競馬を使う意義
「ガラスの競馬場」:海外の競馬を使う意義(続き)

現在のランキング順位はこちら


|

Comments

治郎丸さんのゆうとおりなところが馬の世界であれ人の世界でもゆえることですよね。

自分の小さい頃は落ちたお菓子や飴玉ぐらいなら平気で拾って食べたりしてたけど今なら考えられないような行為ですよね。

今は抗菌や空気清浄器なようなものばかりで衛生面がしっかりされていて一見環境が良いから病気には無縁のような気がしますが反面、人が本来うまれながらにしてもっている大事な免疫力や抵抗力がなくなりアトピーやアレルギーとゆうものがかなり増えてるのも現実ですよね。

何でもそうですがほどほどにがいちばんですよね。

Posted by: ユビキタス | September 15, 2010 09:50 AM

ユビキタスさん

いつも丁寧にコメントありがとうございます。

ユビキタスの共感の能力は凄いですね。

海外へ挑戦することの新しい意義が必要になっていると最近思っています。

馬づくりは人づくり、という角居調教師の言葉にもあるように、馬も人も困難な環境に飛び込んでいくことで、飛躍的に成長するのです。

ナカヤマフェスタとヴィクトワールピサはどんな結果が出るか分かりませんが、そこで得たものは必ずや日本の競馬で生かせるはずです。

この秋、楽しみなレースがたくさん待っていますね。

Posted by: 治郎丸敬之 | September 16, 2010 01:34 AM

こんにちは。

競馬がブラッドスポーツであるなら
日本馬が海外にでて、日本馬の優秀さを証明し
日本から多く種牡馬や肌馬を輸出することで
より多様な血統を欧米に提供することができます。

それによって、優秀な外国産種牡馬を将来的に
輸入できることになれば、最終的には日本の競馬にも
よいことになるのではと思います。(輸入種牡馬の
母系に日本のマイナー血統がひっそり入ってたら
嬉しいじゃありませんか)

それと、海外の違った種類の競馬を経験することは
より視野や世界観を広げることに繋がるわけで
それを伝えていくことで競馬界全体に貢献することに
なるかと思います。

整えられた環境というと、同じ芝つながりで
ゴルフが言えるかと思いますね。
欧米のラフは手入れしてないだけです。

Posted by: さくら | September 16, 2010 01:03 PM

さくらさん

こんにちは。

コメントありがとうございます。

おっしゃるとおり、日本馬の優秀さが証明されれば、日本馬の血を海外へと広めることができます。

私も3年前にシンガポールに行ったとき、ペインティドブラックなど、日本の種牡馬の仔が活躍して嬉しく思ったことを思い出しました。

この先、どんどん欧米へも日本産の種牡馬が輸出される時代が来るといいですね。

それから、ゴルフのたとえもそうですが、環境を整えすぎてしまうと人も馬も育たないということは一致しているようですね。

そのバランスが難しいところです。

Posted by: 治郎丸敬之 | September 16, 2010 03:04 PM

Post a comment