« 中山芝2500m | Main | 生きろ。 »

もはや時間の問題

Asahihaifs10 by Ruby
朝日杯フューチュリティS2010-観戦記-
1番枠を利してオースミイージーが先頭に立ち、シゲルソウサイがそれを追いかける形でレースは幕を開けた。前半の半マイルが46秒6、後半の半マイルが47秒3という、極端に速くも遅くもない、ごく平均的なペース。それにしては馬群が密集して進んだため、道中で外を回らされてしまった馬にとっては苦しいレースとなった。中山競馬場のコース形態からも、あまり後方からでは追い込みづらく、道中のポジションとコーナリングの差が明暗を分けた。

勝ったグランプリボスは、究極に仕上げられており、最後はキッチリと馬群から抜け出した。道中は馬群の真ん中を進み、わずかに行きたがる素振りを見せたが、途中からは落ち着いて脚を溜めることができた。第4コーナーを回った時点で前が壁になり、そこで追い出しをひと呼吸、我慢できたことが最後の伸びにつながった。追われてからの切れ味は、さすが母父サンデーサイレンスというもの。皮膚が厚いタイプだけに、マイルを超える距離という点では不安が残るが、現時点でのパワーと瞬発力を見せつけて、矢作芳人厩舎に待望のG1タイトルをもたらした。

デムーロ騎手ほど卓越した技術を持つジョッキーは、世界を探してもそうはいないだろう。スタートの安定感から、道中のポジショニングと鞍はまりの良さ、精密なコーナリング、そして馬に気を抜かせない隙のない追い出しまで、どこを取っても非の打ち所がない。目に見えない部分でも、冷静な判断力と闘争心を併せ持っている。ラフプレーと好騎乗は常に紙一重ではあり、今回も道中はゴチャつくところがあったが、自由自在にさばいて、力量的には横一線のメンバーの中、ゴール前で1頭だけ抜け出してみせた。最も上手く乗ったのがデムーロ騎手ということである。

リアルインパクトは一瞬、勝ったかと思わせられる2着。前走の京王杯2歳Sは脚を余した感があったが、今回は内々の絶好のポジションを進み、最後までよく伸びている。ディープインパクト産駒の初G1制覇はおあずけになったが、もはや時間の問題だろう。リアルインパクトは母父メドウレイクの影響が濃く出ており、パワーとスピードに長けている。ベリー騎手も日本で初めてのG1騎乗にもかかわらず、ベストポジションを確保して最後は内を突いたように、さすがキネーン騎手の後継者だけのことはある。

同じくディープインパクト産駒のリベルタスは、福永祐一騎手が実にソツのない騎乗をして3着を確保した。前走からの間隔が詰まっていて、ローテーション的に厳しかったことも確かだが、内の2、3番手のポジションを進んで、最後までビッシリと追われたのだから、現時点では力負けということだろう。この馬も母系の持つ骨太さとスピードが前面に出ているように、ディープインパクトは種牡馬としては母系の良さを存分に引き出している印象を受ける。

1番人気を裏切る形になったサダムパテックは、スタートで立ち遅れて、道中では相変わらず行きたがり、ハンドルが利かないところを露呈してしまった。前走の東スポ杯での破壊力に隠れてしまったが、見た目以上に乗りにくい馬なのではないだろうか。今回からリングハミに替えてきたが、あまり効果はなかったようである。人気を背負っていることもあったが、外を回してなし崩し的に脚を使ってしまい、いざ追い出す時にはもう余力は残っていなかった。強さと弱さが同居しており、今後への課題が残るレースであった。

リフトザウイングはスタートでダッシュがつかず、後方からの競馬を余儀なくされてしまった。ルメール騎手としては、先行させてレースの流れに乗りたかったはずだが、馬が性格的にのんびりしているせいか、前に進んでいかなかった。最終コーナーでもサダムパテックをマークしたために、大外を回してしまい万事休す。結果論から言えば、グランプリボスの後ろを進んでいれば、もう少し前に来られたかもしれない。ポジションとコーナリングが良くなかった。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment