« 阪神大賞典を当てるために知っておくべきこと | Main | ゲシュタルトの祈り »

祈るように書きたい。

今週の土曜日から、阪神と小倉競馬場で競馬が再開されることになった。2007年の馬インフルエンザ以来の開催中止だっただけに、やはり競馬があるということだけで素直に嬉しい。相次ぐ余震や停電、食料品やガソリンの欠如、放射能の大量飛散など、心休まる間もない毎日だが、私にとって競馬は光となりうる。時として人はものごとの暗い面ばかりを見たがるが、私は光の射す方を見ようと心に決めた。たまたま私がこうして普通の生活が送れていることに感謝しつつ、今の私にできることをやっていきたい。第5夜となる今夜は、「競馬をもっと好きになる7つの道」のひとつ、「好きな馬はいますか?」についてTwitterで祈るように書きたい。お楽しみに。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

スバラスィ!イイネ。アナタのブログをお気に入りにいれます。フィードをゲットしたいけどいいっすか?。有益な情報ゲットできましたありがとう。もっとテクニックおしえて下さい。シェアありがとう!

Posted by: レプリカ時計 | August 21, 2011 04:53 AM

Post a comment