« 間に合った馬、間に合わなかった馬 | Main | 父よりも上の馬体トーセンラー:5つ☆ »

WIN5を攻略するためのキーワード

2011年4月24日より、5レース全ての1着馬を当てる馬券「WIN5」がスタートする。単勝派の私としては、勝ち馬を予想するという競馬(予想)の原点に立ち返る方向性を持った馬券であることを歓迎しつつ、キャリーオーバー制度や1レースごとに控除されない点にも魅力を感じる。ただ、この「WIN5」の馬券が登場することによって浮き彫りになるであろう、単勝の多点買い(1レースで複数の馬の単勝を買うこと)という現象について、今の時点から警鐘を鳴らしておきたい。

かつて、「単勝の多点買いについてどう思います?」と尋ねられたとき、「ありだと思いますけど、美しくないですね」と返答した記憶がある。その方がどういう答えを求めて私に聞いてくれたのか分からないが、あとで思い返すと、ずいぶんと正直に答えてしまったと反省した。もしかすると、その方は単勝の多点買いを試みようと思っていたのかもしれない。そうであれば、単勝の多点買いのメリットとデメリットという形で私は伝えるべきであったはずだ。そうしなかった(できなかった)のは、私自身が何度か単勝の多点買いをした経験があり(戦略的にではなく、単に1頭に決められなかったという理由で)、あまり気持ちのよい結果にならなかったからだろう。たとえ当たっても外れても、レース後に後悔の念が湧いてきたのだ。

それは私の「美意識」の問題だろう。1つのレースを予想するにあたって、2頭のどちらかが勝つ、もしくは3頭のうちのどれかが勝つといった予想は精度が高くない。2頭や3頭の馬の単勝を買うのであれば、単勝という馬券を買う必要はないだろう。最後まで残った2、3頭の中から、1頭の馬が勝つことを信じて、リスクを取って賭けることが面白いのであって、それができないのであれば、連複やワイドといった馬券を買った方が良い。いや、むしろわざわざ馬券を買わなくても良いのではないか、とさえ思ってしまう。

「美意識」を考えるにあたって、羽生善治氏と茂木健一郎氏による対談をまとめた「自分の頭で考えるということ」(大和書房)という本の中の一節を引用してみたい。コンピューターになくて人間にあるもの、という話の場面で、この「美意識」という言葉が登場する。

茂木
「羽生さんが将棋を指す上で、「美意識」とはどういう位置づけなんですか?」

羽生
「美意識はものすごくあります。将棋のトッププレイヤーには非常にたくさんのこだわりが…むしろ、それが最大のモチベーションになっていると言ってもいいですね。最も美意識が強いのは谷川浩司さんです。対戦していてわかるんですけど、谷川さんという人は指し手にものすごく制約があるんです。自分の美意識ではこの手は指せないし、この手も指せないし…という制約がすごくたくさんある。だから強いんです。普通は「だから弱い」はずなんですけど」

(中略)

羽生
「コンピューターになくて人間にあるのは、恐怖心みたいなものだと思うんです。それが同時に美意識をも生んでいる。だから美意識や恐怖心を持ちつつ、完璧に自分の中でコントロールできれば、そっちの方がいいとは思うんです」

かねてより私が考えていた、無限の世界と対面した時に、人間はどう振舞うべきなのかという問いに対するヒントが、羽生善治氏によって語られている。なぜあれだけ計算能力の高いコンピューターが、人間に将棋で勝てないのか。そのヒントは「美意識」という言葉にある。「美意識」があるかどうかが最終的な勝敗を分けているということである。

「美意識」とは、人間のこだわりや制約である。無限を扱う世界において、こだわりや制約がある人間の方がコンピューターよりも強いとは、なんとも不思議な話である。ありとあらゆる可能性を網羅的に調べ尽くさんとするコンピューターに対し、こだわりや制約でかんじがらめになって思考の可能性が制限されてしまいがちな人間だからこそ強いのはなぜだろうか。この問いに対する答えも、羽生善治氏の言葉の中にあった。

羽生
「たとえば谷川浩司さんの持ち味は「光速の寄せ」と言われていますけど、彼の思考の仕方はおそらく美意識で結末を決めて突っ走るという感じなんですよ。それはもう、たとえば20手先とか30手先の局面を、30手なら30手だけ読むと。他の変化は読まないで、30手の直線を一気に読み切るという感じです」

無限の世界だからこそ、こだわりや制約がなければ結末まで突っ走れないのである。ありとあらゆる可能性の全検索が可能な世界であれば、人間よりもコンピューターの方が圧倒的な強さを発揮するはずであるが、将棋や競馬の世界はそうではない。だからこそ、私たちは自分なりのこだわりや制約を持ってよい。いや、持つべきなのだ。しかも強く。

たとえば、自分の誕生日馬券しか買わないというこだわりや制約があっても良い。バカバカしいとは思うが、徹底的に自分の誕生日の馬券を買い続ける予想法である。私の誕生日は3月7日だが、ひたすら3-7という馬連を買い続ける。いつから買い始めたとしてもよい。そうすると、なんとマツリダゴッホがあっと驚かせた2007年の有馬記念が的中する。馬連2万2190円が1点で的中するのだ。

さらにこだわりや制約を持たせて、G1レースだけ、しかも馬単で3→7しか買わないとしよう。そうすると、マツリダゴッホ→ダイワスカーレットで馬単6万9020円が1点で的中する。その前後で600回のG1レースに賭ける(賭けていた)としても、収支はプラスなのである。分かりやすくするために極端な例を挙げたが、こんな予想でも勝負には勝てるのだ。

ただし、ひとつだけ条件があって、こだわりや制約を強く持てなければならないということだ。ちょっとやそっとのことであきらめてしまったり、放り投げてしまったりする程度のこだわりや制約であれば、勝利には至らないだろう。さきほどの誕生日馬券の例でいうと、600回ぐらい負け続けたとしても、それ以外の馬券を買うことなく、自分の馬券を買い続けることができるかどうか。そのための前提として、自分なりの根拠を強く信じていなければならない。強く信じているからこそ、こだわりや制約は「美意識」に昇華するのである。そして、その「美意識」こそが、WIN5を攻略するためのキーワードであると私は信じている。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

基本的に重賞しか買わない私にはWIN5は
まず用がない馬券ですが(笑)面白い試みでは
あると思っています。
2億・・・出るんでしょうか(^^;

美意識という考え方は麻雀界でも多く取り上げられる
ポイントです。
昔から活躍してきているプロは美意識をもって
麻雀を打っていることを常々語ってきていますが、
このところネット上で麻雀をする人が増え、
逆に美意識を否定する動きも出始めているところ。

どちらが・・ということはまだ結論が出ていませんが
将棋の話を伺った限りでは、なんとなく
先行きが見えた気がします(^^)

とことんまで煮詰めた馬券、ということへの
取り組みに欠けてしまっているなぁと
今回の記事を読ませて頂いて猛省です。
好走できそうな馬をボンヤリと塊で捉えるのではなく、
そこからさらに踏み込むような考察を
していきたいものです。

誕生日馬券!2月8日生まれの友人が
マーメイドSで大穴的中させたことがありました。
彼はそこから馬券を買っていないので
生涯成績は大幅プラス収支(笑)
私は10月23日なので10→2→3の3連単を
1点買いし続けようかな・・・(^^;

Posted by: けん♂ | April 22, 2011 at 06:19 PM

こんばんは、ご無沙汰をしておりました。
雑誌「ROUNDERS」の蹄音がもう聞き取れる程に近づき、心音が同調を始めています(笑)

WIN5。資料や映像伝聞でしか知り得ませんが、その昔にあったとされる「三重勝単式馬券」との比較、またその時代への憧憬と併せて考えてしまいます。5レースを対象とする時点で確率の話からは逃れられずに致し方ない事とは思いますが、制約として三重勝の頃に採用されていた「当たった人のみ次のレースの投票券をもらえる」という仕組みの魅力は、「よりレースを見てもらう事」にも繋がるような気がして、それを取り入れなかったWIN5が惜しい施策なのではないかと思っていました。この施策一つで数字の話(多点買いによる組み合わせ方など)から、よりアナログな方へ引き寄せる事も可能だったのかなと、そんな気がしています。よりシンプルに、「勝った負けた」の熱を帯びるような方向に、という事です。

もちろん数字を否定するつもりは一切ありません。単純に宝くじのような見られ方になっていくような気になるのが、嫌というだけです(笑)

勝ち馬を当てないBOX馬券から入った僕には耳と胸の痛くなる「美意識」のお話ですが(苦笑)、今年の桜花賞はホエールキャプチャに自らの美意識を持ち込み、散ってきました。まだ継続するには覚悟と精度が足りていませんが、勝ち馬を当てるという単勝の思想、美意識に対する憧れだけは持ち続けたいと願っています(^^)

Posted by: childsview | April 23, 2011 at 12:09 AM

けん♂さん

こんばんは。

「ROUNDERS」の創刊に向けて、ラスト1ハロンを走っているところです。

けん♂さんにも最終確認の連絡をすると思いますので、その際はよろしくお願いします。

さて、2億円出るのですかねえ。

確率はかなり低いみたいですが、でもいつかは出るのでしょう。

麻雀の世界でも美意識について語られているとは知りませんでした。

勝負ごとに美意識を持ち込むと、弱くなるというのが常識だと思うのですが、羽生さんは違った見方をされていますね。

僕もトップのさらに上に立つには、自分にとっての美意識が確立されていなければならないのだと思います。

そう考えると、自分なんて美意識のかけらもないんじゃないかなと情けなく感じますよ。

せめて馬券だけでも美しくありたいものです。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 23, 2011 at 01:24 AM

childsviewさん

こちらこそご無沙汰しております。

3重勝単式ですか。

そんな馬券があったなんて知りませんでした。

勝った人のみが次のレースに進めるなんて、なんて趣深い馬券でしょうか。

美意識の世界とも関係がありますが、やはり制約があるからこそ、そこに深さと喜びがあるのでしょう。

とにかく色々な買い方をして、最高2億円という、まるで宝くじかTOTOのような発想で馬券を売るのはやめて欲しいと思うのですが、それも古い人間のたわごとなのでしょうか。

私はchildsviewさんのホエールキャプチャの単勝に賭けて、美しく散った話のほうが好きだなあ。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 23, 2011 at 01:29 AM

Attractive ѕection ߋf content. I just stumbled upon yоur web site and іn accession capital tο assert that I acquire ɑctually enjoyed account ʏour blog posts. Any waʏ I wіll be subscribing tо youг feeds аnd еven I achievement you access consistently quіckly.

Posted by: wildstar secrets guide spellslinger | June 08, 2014 at 07:53 PM

Post a comment