« 安田記念を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | ジュンク堂難波店ほかで「ROUNDERS」が買えるように! »

信じた者と、信じられなかった者と。

Derby2011 by Photo Stable
ダービー2011―観戦記―
梅雨が例年よりも早めに訪れたおかげで、オークスに続き、日本ダービーもが雨の降りしきる中、道悪馬場で行われた。オールアズワンが内枠と馬場を利そうと先頭に立ち、比較的緩やかなペースでレースを引っ張った。展開的には決して後ろから行った馬に有利ではなかったが、前に行ったことで馬が折り合いを欠き、スタミナをロスしてしまった馬たちが直線でバテる中、余計な動きをせず、最後の直線に賭けた馬たちが上位を占めたレースとなった。

これで皐月賞に次ぐ2冠となったオルフェーヴルは、力の違いをまざまざと見せ付けた。最後の直線での力強い脚取りを見ても、他馬がもがく中で道悪を苦にすることもなく、どちらかというとゴールに近づくにつれて差を拡げていった。スプリングSと皐月賞でも見せていたが、今回のレースでも最後は耳を立ててゴールする余裕の勝利であった。馬体重こそ減ってはいたが、この中間は馬体もグッと逞しくなり、その筋肉量は兄を彷彿させるほど急激に成長していた。この極悪馬場を伸び切ったのだから、2400m以上のスタミナを有していることは間違いない。菊花賞で3冠を制すにあたって、なんら距離の心配はなく、またもし凱旋門賞を勝てるとすれば、この馬なのではないかという期待さえ抱いてしまう。

池添謙一騎手はオルフェーヴルを最後まで信じて騎乗していた。急かせてしまうと、自身のリズムを崩し、折り合いを欠いてしまうタイプだけに、スタートから馬任せで道中を進めていた。こういう馬場だと少しでも前に行きたいと思うのは自然であり、しかも1番人気に推されていれば、その気持ちに拍車がかかり、手綱を通して馬に伝わってしまうものだ。しかし、お互いを信頼し合った池添謙一騎手とオルフェーヴルのコンビは見事に折り合っていた。デビュー戦での大暴走や京王杯2歳Sで折り合いを欠いて大敗した痛い経験が、折り合いに専念するという形で本番につながった。また、ひとつ間違えば、競走馬として大成することがなかったであろう、気性の難しさを秘めたオルフェーヴルを信じ、一つ一つ教え込み、ここまでの馬に成さしめた陣営にも最大級の賛辞を送りたい。

ウインバリアシオンは安藤勝己騎手の一発勝負が決まった形で2着に追い上げた。前半は勝負を捨てて、4コーナー手前から一気に仕掛けるという捨て身の騎乗であった。他の馬たちは前々を攻めて勝手にバテることも読んだ上での作戦だが、これを日本ダービーの舞台でやってしまうところが安藤勝己騎手の安藤勝己騎手たるゆえんだろう。あわやという場面も作ったが、最後はさすがに相手が強かった。ウインバリアシオン自身、まだ体が出来上がっていない現状を考えると、この馬場でよく走っている。父ハーツクライのように、古馬になって馬体が完成されてくれば、大きなところを勝てるだけの馬になるはずである。

ベルシャザールはジリジリとしか伸びない分、こうした馬場状態がプラスに働いた。前向きな気性を生かしながら、内に進路を取って、最後までバテさせなかった後藤浩輝騎手の手腕も冴えた。ナカヤマナイトは一瞬素晴らしい伸びを見せたが、最後は止まってしまった。力をつけている途上ではあるが、厩舎の先輩であるナカヤマフェスタにも負けずと劣らない素質を持っていることを証明してみせた。普段は冷静な柴田善臣騎手が、オルフェーヴルを前に出すまいと、右ムチを連打して勝ちに行った姿に、どの騎手でも胸に秘めているダービーへの熱い想いを垣間見た。

2番人気ながらも見せ場なく敗れてしまったサダムパテックにとっては、2400mの距離に加え、スタミナを奪われる馬場となってしまったことが最大の敗因だろう。岩田康誠騎手も第1コーナーまでは上手く運べていたが、馬場の良いところを選んだのか、道中から外に出してしまったばかりに馬が引っ掛かってしまい、4コーナーでも外に振られてしまった。あそこはサダムパテックを信じて、内を回ってくるべきであった。馬を信じられなければダービーは勝てない。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

オルフェーヴル。強かったですね・・・馬体重が増えていれば買おうと思っていたので買いはしましたが信じきれていませんでした。(笑)

トーセンラーを多目に買っていたので
「ダメだ!早すぎる!」と、画面に呟きながら見つめていました。(早かったのではなく、もう脚が残っていなかったのですかね)

しかし流石ベテラン安藤騎手、冷静でしたね。若手の人気薄のような一発狙いの騎乗。他のジョッキー達はオルフェとデボネアを気にしながら、距離感を計りながらのレースをしている中、彼は違う物を見ていたような気がします!

Posted by: スペシャルウィーク | May 31, 2011 at 10:57 PM

スペシャルウィークさん

オルフェーヴルは尋常ではない強さでした。

馬体重こそ減ってきていましたが、馬体そのものは皐月賞からダービーにかけて成長していましたね。

かすんでしまいましたが、2着に突っ込んできた安藤勝己騎手の騎乗も素晴らしかったです。

とにかく4コーナーまではウインバリアシオンのフットワークで走らせることだけを考えているような乗り方でした。

Posted by: 治郎丸敬之 | June 01, 2011 at 02:31 AM

こんにちは。
オルフェーヴルを応援していた私ですが、嬉しかったのと同時に度肝も抜かれました…強かったです。
デビュー当初に大暴走して今後を心配した馬が、こんなにも成長したことに驚き、そしてとても感動しました!また、ずっとコンビを組んできたこの馬で池添騎手がダービーを制覇できたことを本当に嬉しく思います。
夏はじっくりと休養して、秋にまた強い競馬を見せてほしいですし、古馬との対決も今から楽しみです。

ウインバリアシオンも凄かったです。ダービーという舞台で一発の騎乗を狙い、嵌めてしまうところがまさに安藤騎手の凄まじさなのですね。3着以下は見事なまでに引き離してますし、この馬も今後の活躍に期待したいです。

Posted by: クロサキ | June 01, 2011 at 02:39 PM

治郎丸さん いつもどうもですf(^ー^;

信頼関係が出来ていても競馬は最後ってみるまではわからないしその中で信じるとゆうことは1頭の馬に自分のすべてを賭けるとゆうことなので想像以上に難しいことでしようね。

まして信頼関係だけで絶対に勝てるとゆう保証はないわけですからね。

でもこれが勝負の世界で生きてゆくとゆうことであり騎手にしても馬にしてもこうゆう積み重ねや経験が生きてゆくすべなんだと痛感させられますね。

Posted by: ユビキタス | June 01, 2011 at 07:31 PM

オルフェーヴルから馬単ゲットです!
でも土曜日に勝負したのでマイナスでしたが
オルフェーヴルのあの強さは本物ですか?
ミスターシービーの後方一気を思い出しました
凄い迫力でした。
ルドルフの凄さもディープの凄さもありますが
また違った破壊力でした、今日は水曜日なのに今だ興奮してます。
何回もVTRを見ています。
ぜひ世界一を見せて欲しいし出来るのではないかと・・・
スピードシンボリで果たせなかった夢を見せて欲しい。

Posted by: 鬼太郎 | June 01, 2011 at 10:54 PM

クロサキさん

おめでとうございます。

さぞかし嬉しいダービーだったのではないでしょうか。

しかも、このまま順調に行けば、歴史に残る名馬のダービーだけに、10年後に改めて今年のダービーを当てたことの意味を再認識されるのではと思います。

羨ましいです(笑)

3着以下は離されたように、馬場に対する適性が如実に出た感じもありますね。

Posted by: 治郎丸敬之 | June 02, 2011 at 12:35 PM

ユビキタスさん

こちらこそいつもどうもです。

まさにおっしゃるとおりで、信じるだけでは勝てないのですが、信じていなければ、大舞台では勝てないでしょう。

その信じるという中で、やはりデビューから手綱をとり続けているという点は大きかったのではないでしょうか。

オルフェーヴルは乗り難しい馬でしたから、なおさらですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | June 02, 2011 at 12:37 PM

鬼太郎さん

おめでとうございます!

オルフェーヴルのあの強さは本物です。

スプリングSやきさらぎ賞での4コーナーを回るときの脚は超一流馬のそれでしたね。

府中で走れば、直線で抜け出す時の脚はすさまじいものになります。

菊花賞に向かうことになったようですが、成長力のあるステイゴールド産駒だけに、古馬になっても凱旋門賞に挑戦してもらいたいものです。

あとはダービーの疲れがきちんと抜けるよう願います。

Posted by: 治郎丸敬之 | June 02, 2011 at 03:03 PM

We are strengthened by the abilities and skills we possess, and are inherently tranquil in our objective. The taller you stroll, the less of a shadow you will solid. Consequently beware using things stated to you in the incorrect method.

Posted by: psychic source | April 24, 2014 at 01:52 PM

Post a comment