« 東京芝2400m | Main | メジロ牧場よ永遠なれ。 »

女シンザンと呼ぶに相応しい。

Victoriamile11 by Ruby
ヴィクトリアマイル2011―観戦記―
牝馬限定のG1レースにもかかわらず、目移りするようなメンバーが集い、それに相応しい激しいレースとなった。逃げたオウケンサクラが前半4ハロンを44秒6のハイラップで飛ばし、レース全体の流れを引き締めた。北村宏司騎手はヴィクトリアマイルにありがちな超スローではオウケンサクラの持ち味が殺されてしまうと考え、自ら厳しいレースを作る作戦に出たのだろう。たった一人の騎手の思惑がきっかけとなり、レース自体の性質が変化してしまうのが、競馬の面白さであり怖さでもある。伏兵の付け入る隙はなくなり、最後の直線では3強、そしてゴール前は女王2頭の一騎打ちとなった。

アパパネは力と力の勝負を見事に制してみせた。ゴールに向けて、歯を食いしばって走る姿は観ているだけで胸を打つ。決して体調が良かったわけではなく、完調に一歩手前という状態であったからこそ、今回の勝利の価値は高い。牝馬3冠(実質は4冠)を取った後、あらゆる疲労の蓄積があった中、わずか半年でここまで立ち直ったのだ。健康な肉体と常に前向きな気持ちが、この馬の存在を際立たせている。最後の最後に抜け出す勝負強さは、女シンザンと呼ぶに相応しい。次走は安田記念になるが、体調はさらに上向くだけに、牡馬の一線級を相手に不足はない。

蛯名正義騎手も全体の流れを考えると、最高のポジションでレースを運んでいた。通ってきたコース、そしてブエナビスタを待たずして追い出したタイミングも完璧であった。まさに前の馬も後ろの馬も受けて立った競馬であった。スパッと切れるが、突然止まってしまう牝馬が多い中、アパパネのように渋太く最後まで伸びるタイプは、ジョッキーとしても安心して乗れるはずである。かつてテイエムオペラオーに乗っていた時の和田竜二騎手が1番上手かったように、アパパネに乗っている時の蛯名正義騎手が1番上手い。

ブエナビスタは最後までアパパネを追い詰めたが、あと一完歩届かなかった。ジリジリとしか伸びなかったところを見ると、やはり昨年秋の3連戦の疲労がまだ残っているのだろう。ドバイへの遠征を挟んでいるのだから、当然といえば当然である。昨年に比べると仕上がりは良かったと言えば誤解を招くかもしれないが、あらゆる面で順調に来ていたことも確かである。それでも、こうして勝ち切れなかったのは、マイルへの適性でなく、ブエナビスタの気持ちの問題である。精神的な疲労が残っていることは、レースでの前進意欲の少なさを見れば分かる。サラブレッドの一生の中で極限を超えて踏ん張ることのできるレースは限られているのだ。岩田康誠騎手の乗り方にミスはなかった。

レディアルバローザはこのハイペースを内から先行して、勝ったかと思わせる場面を作ったように、ここに来て大きく成長していることを証明してみせた。馬体はひと回り大きくなり、以前の線の細さは微塵も感じさせない。父キングカメハメハはもとより、3年連続でカナダの古馬牝馬チャンピオンになった母から流れる晩成の血がようやく開花した。惜しむらくは、福永祐一騎手の読みに反して、レース全体のペースが速くなってしまったこと。ペースが落ち着いていれば、あのポジションで大正解であり、アパパネとブエナビスタにひと泡吹かすシーンが作れたはずである。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

治郎丸さんこんにちは。
年初からアパパネを応援すると決めていた私にとって、今回は感無量でした。展開や枠の有利不利ではなく、真っ向勝負で掴み取った勝利でしたから、とても感慨深いです。
まるで弾力のいいゴムがぐんぐん伸びていくような力強い走りは、いつみても好きですね。切れ味だけでなくしぶとくて、とにかく前向きに一生懸命に走っていて、蛯名騎手じゃなくてもかわいいです(笑)。次の安田もぜひ出走してほしいですね。
ブエナビスタもレコードタイムでよく走っているのですが、あの凄まじかった昨秋3戦と比較すると、やはり勢いが違ったかなと素人目にも感じました。それでも上がり最速はたたき出していますし、距離が伸びる宝塚でどうなるかに注目しています。

Posted by: クロサキ | May 18, 2011 at 06:21 PM

はじめまして。「競馬の血統学」で検索してこちらのページおじゃましました。自分もあの本はボロボロになるまで何度も読み返しました。色んなスポーツがあるけど、血統の話が出てくるなんて競馬だけかもしれないですよね。自分が大好きだった馬の子供の活躍が3~4年で見られるって、競馬って本当に贅沢なスポーツだなぁって、たまに思うことがあります。

記事拝見しましたが「ROUNDERS」、素晴らしい雑誌ですねぇ!「競馬は文化であり、スポーツである」っていうモットーにグッときました。WIN 5とか高配当が見込める馬券で盛り上がるのはもちろん嬉しいことなんですが、やっぱり馬券以外のところで盛り上がっていかないとやっぱりダメだと思っているんで。スポーツとして見ている競馬ファンとしてはこんな雑誌が出てくれるのは大歓迎です!

ちなみにですが、自分もHPで「競馬の血統学」のレビュー書きました。「絆(きずな)」のところを見たらナルトーンさんの名前がっ。ちなみに自分も治郎丸さんと同じ岡山生まれです。勝手に親近感が沸いています(笑)

Posted by: だいすけ | May 18, 2011 at 08:10 PM

クロサキさん

こんにんちは。

お互いに嬉しいレースになったようですね。

>弾力のいいゴムがぐんぐん伸びていくような力強い走り

まさにその通りの走りだと思います。

蛯名騎手の強面とアパパネの可愛さのギャップも良いですよね。

安田記念も牡馬を蹴散らして走ってもらいたいものです。

Posted by: 治郎丸敬之 | May 19, 2011 at 01:06 PM

だいすけさん

はじめまして。

競馬の血統学は良書だと思います。

こういう本を競馬ファンには読んでもらいたいなあ。

競馬はギャンブルではあるのですが、文化であり、スポーツでもあります。

そのバランスをとっていかないと、競馬はいつか私たちの目の前からなくなってしまうかもしれません。

ツイッターをフォローさせていただきました。

これからもよろしくお願いいたします。

Posted by: 治郎丸敬之 | May 19, 2011 at 01:09 PM

お久し振りです。創刊おめでとうございます。 アパパネは確かに勝ちました。しかし、私には不調なブエナビスタの根性に感動しました。彼女はジャパンカップの降着以来降着症候群に陥りました。何で私が表彰されないの?あれ以来頭のいい彼女は競馬を疑問もって参加してるように思えます。早く彼女を再生出来る騎手に出会えないものか?今でも私はウオッカ以来の女王さまと思っています。そして秋のG1三冠達成して貰いたいです。そうすれば彼女こそ女シンザンと呼ばれる事でしょう。

Posted by: ミスターケリー | May 21, 2011 at 07:21 PM

ミスターケリーさん

ありがとうございます。

ブエナビスタの根性いやサラブレッドとしての能力は計り知れないものがありますね。

秋のG1レース3戦を戦い抜いた上に、ここまで走り続けられる馬はなかなかいないと思います。

私の記憶では、テイエムオペラオーがなんとかその後に天皇賞春を勝ったぐらいですね。

もう昨年の秋の時点で彼女は最強の牝馬に相応しいと思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | May 21, 2011 at 09:06 PM

There's a reason why people who create hard copy substance follow specified style principles. Try doing some writing challenges. By doing writing exercises press yourself. Select A niche that you will be excited about.

Posted by: Tardisconsole.altervista.org | March 31, 2014 at 08:14 PM

After all, oahu is the only way the groom-to- be may lose all his inhibitions and follow his intuitions. It enables participants to be pushed on the puzzles which have been set inside them.

Posted by: pc gaming | April 01, 2014 at 05:49 AM

Hopefully this informative article has helped make suggestions to some easier online shopping experience. Some websites offer significant discounts, free delivery, or equally on vacations.

Posted by: Earnest | April 06, 2014 at 06:51 PM

If you appreciate the trial, you can make the purchase. It does not matter everything you play, it matters how you play! Loads of game systems are packaged with various cables to enable connection to various screens.

Posted by: lol elo boosting | April 22, 2014 at 04:56 AM

These rubbish missions are true moment consumer. Remember I mentioned these rare falls, nicely, I got one word for you personally: Twinks! However we now have career's referred to as Production occupation's.

Posted by: Wow Kaufen | May 01, 2014 at 08:29 AM

Post a comment