« 阪神ジュベナイルFを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 阪神芝1600m »

もし願いが叶うならば


JCダート2011―観戦記―
大外枠から強引にハナを奪ったトランセンドが刻んだペースは、前半4ハロンが48秒2、後半4ハロンが49秒7というハイペース。昨年の47秒9―48秒9と比べても、より前傾ラップであり、逃げたトランセンドにとっては苦しいように映るが、実はそうではない。昨年と今年で決定的に違うのは5ハロン目のラップである。昨年の12秒1に対して、今年は12秒7と、前半が一見速いように見せて、本当のところは、ちょうどレースの真ん中のところで息が入っているのだ。これによって、トランセンドは、ゴール前では抑える余裕さえ見せ、逃げ切ることに成功した。

トランセンドはこれでJCダート2連覇となった。ドバイワールドカップで2着に粘った馬が、自分の型に持ち込んで、地脚の強さをストレートに反映したのだから、他の馬はなす術がない。ダート馬らしからぬ、スマートな馬体の持ち主だが、それゆえに無尽蔵なスタミナを有している。この馬が大きくバテる姿は想像しにくい。藤田伸二騎手は、大外枠を引いてかえって腹を括ったのだろう。スタートしてから先頭に立つことは最初から決めていたようだ。結果的には、この判断がトランセンドの力を最大限に発揮させることになり、勝利へとつながった。

前走のJBCクラシックでは、トランセンドには休み明けの南部杯を激走した反動が少なからずあり、スマートファルコンに敗れてしまったが、もし今回のJCダートのような出来で戦うことができれば、おそらく力関係は互角とみる。スタートからお互いに先頭を譲らないマッチレースになれば、果たしてどちらの馬がゴールで前に出ているのだろうか。そんな想像を駆り立てる傑出した存在が、ダート戦線から出現したことに、今の日本競馬の面白さがある。もし願いが叶うならば、トランセンドとスマートファルコンの直接対決をもう1度観てみたい。

ワンダーアキュートはスタートで躓いて、後方からの競馬を余儀なくされた。それで仕方なくという表現が適切だろうが、和田竜二騎手は内に進路を変えて、直線でも内を突くことになった。馬群の中を抜けてきたワンダーアキュートも立派だが、道中のコース取りが良かったからこその2着ともいえる。もし普通にスタートを切って、枠なりに馬群の中団外を走っていたとしたら、果たして連対できていたかどうか。競馬はゲートが開いてみるまで分からない。

エスポワールシチーはトランセンドを前に見る形でレースを進め、ほとんど完璧に近い組み立てだっただけに、完敗を認めないわけにはいかない。肉体的は申し分ないほどに回復しているが、全盛期ほどの気の漲りがないのではないか。あれだけ激しいレースを積み重ねてきて、さらに海外遠征まで行なったのだから、それはそれで自然なことであるともいえる。個体差こそあれ、サラブレッドが己の極限を超えてまで踏ん張れる期間は、それほど長くはないのだ。

これが引退レースとなるラヴェリータは、武豊騎手の見事な手綱さばきに導かれ、有終の美を飾った。好枠を生かした形で最高のポジションを走り、あらん限りの力を出し切った。この馬の全盛期であれば、もっと際どい勝負になっていたはずである。

ダノンカモンやヤマニンキングリー、ミラクルレジェンドといった外枠を引いた馬たちは、道中でも内に入るスペースがなく、終始外々を回されてしまった。ダートコースは小回りになるため、枠順によって、どうしても道中のポジションが規定されてしまうことになる。3頭とも最後は伸びているが、枠順的に勝つチャンスが少なかったといえる。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

I'd must test with you here. Which isn't something I normally do! I get pleasure from reading a submit that will make people think. Also, thanks for allowing me to comment!

Posted by: Socorro Modesto | December 17, 2011 at 10:07 AM

As a Newbie, I am constantly browsing online for articles that can help me. Thank you

Posted by: how to win a apple ipad | December 31, 2011 at 12:16 AM

You can think of your computer's registry like the brain of your computer. As such, it stores information not only on every program that your computer has installed at any given time, it also tends to keep facts from programs that you Formerly get rid ofd. This can be a significant problem for PC owners and is why it's imperative for computer users to use a free registry cleaner.

When you install software on your computer, some important information are retailerd within your computer's registry. However, when you clear away or unset up software, sometimes those data remain inside of your registry. Maybe the software was badly created or your computer had a hard time unset uping the software correctly. In both case, the end-result is that you have data in your registry that are no longer needed.

[url=http://answers.yahoo.com/question/index?qid=20110830232310AAEaPGr]totally free registry cleaner downloads[/url]
cleans your computer's registry. Registry cleaners remove outdated and errant registry entries that can cause PC slowdown, error messages and even application crashes. critical registry problems can even result in your computer becoming unbootable. So, by employing a registry cleaning tool, you can work to eliminate these PC slowdowns and avoid future problems due to a bloated registry.

Posted by: dueradulticle | January 04, 2012 at 10:27 AM

Post a comment