« December 2011 | Main | February 2012 »

「G1の勝ち方 サラブレッド金言108」

G1racekatikata

藤沢和雄調教師に関連した書籍や雑誌は全て読み、「ガラスの競馬場」でも紹介してきたつもりだが、この本だけはなぜかタイミングを逸してしまった。もったいぶっていたわけではなく、G1シリーズが始まってからと思っていたら、それ以外にも書くことが山ほどあって、机の上に積んだままになってしまっていた。お客様が来たら出そうと思って、大事にしまい込んでいたが、いつのまにか忘れてしまった高級なお酒に似ている(私はお酒を飲まないのでこの比喩が正しいかどうか自信はないが)。春まで待っているとまた同じことの繰り返しになるので、今度こそは思い切って紹介してみたい。

「G1の勝ち方 サラブレッド金言108」は、年間で22ある中央競馬のG1レースそれぞれについて、平均して5つぐらいの重要なポイントを抽出し、藤沢和雄調教師が自ら語るという内容になっている。無理矢理こじつけたようなデータでは決してなく、競馬ファンがG1レースの馬券を買う上で必要だろうと思われる知識をきっちりと説明してくれている。馬券で勝ちたいという下心で読み始めてもいい。いつの間にか、競馬やサラブレッドの奥深さに気づき、それらの本質に手が届くはずである。

全てというわけにはいかないが、せっかくなので、私の心に残っている金言を少しだけ紹介したい。

「牝馬は古馬になると下降線をたどる」

牝馬、牡馬を問わず3歳・古馬の混合戦は、古馬が圧倒的に有利だ。3歳馬は斤量が2キロ、3キロ軽いから…というレベルではない。古馬はタフだし、1年間、競走馬としてやってきたことはすごい強みだ。

しかし、牝馬の中には古馬になって駄目になってしまっている馬も多い。牡馬とぶつかって、もみくちゃになってしまっているからだ。牝馬にとって牡馬の古馬と戦うことは、とてもつらいことだ。牝馬と牡馬では威圧感がまるで違う。

最近は、ウオッカやダイワスカーレット、そしてブエナビスタといった強い牝馬が続々と出現しているため忘れられがちだが、牝馬にとって、牡馬の古馬と戦うことは大変厳しいことなのだ。身体の大きさや骨格も違うし、なんと言っても、精神的な威圧感がまるで違う。牝馬同士のレースだと好走するが、牡馬との混合戦では良いところがない牝馬は、牡馬と一緒のレースで走るときの厳しさに耐えられないことが多い。走る能力うんぬん以前の問題であり、常に威嚇されることで、レースに集中できなくなってしまうのだ。

そう考えると、長きにわたって牡馬の古馬と闘いを繰り広げた、ウオッカやブエナビスタの強さがより強調されるはずである。普通ならば、肉体的にも精神的にも揉まれて、燃え尽きてしまったり、萎縮してしまったりするところを、あれだけぶつかり合って、逆に相手をねじ伏せるようにして天皇賞秋などを勝ってしまったのだから凄い。同じように牡馬の古馬を相手に一歩も引かなかったエアグルーヴは、母としてその強さを余すところなく伝えている。おそらく、ウオッカとブエナビスタの芯からの強さも、時代を超えて伝わってゆくに違いない。

「札幌はタフでなければ勝てない」

北海道で使うというのは、もちろん涼しい気候が馬のためによいということだ。北海道へ移動してきたとたんに元気になる馬がたくさんいる。

気候だけでなく、競馬場もいい。札幌は芝で1500m、1800m、2000mとバリエーションがあるのもいいし、ヨーロッパの馬場に近いタフな馬場だから、本当に能力がないと勝てない。

古馬の強豪がそろう札幌記念で好走するようだと、秋はどこへ行っても通用する。

(中略)

ついでにいえば、札幌はごまかしが利かないので、騎手の技量も要求される。ここでのリーディングジョッキーは、「うまい騎手」といっていいだろう。

これに関しては、説明する必要もないだろう。昨年の札幌記念を勝利したトーセンジョーダンは典型的な例である。それまではG1レースのタイトルはなかったが、札幌記念を勝つや、天皇賞秋をレコードで制し、ジャパンカップでもブエナビスタの2着に食い下がった。ヨーロッパの馬場に近いタフな馬場で勝ち切れるような馬は、本物の能力があるということだ。だからこそ、人気の盲点にはなっていたものの、天皇賞秋のスピードレースにも対応できた。

また、2011年の札幌リーディングは池添謙一騎手であった。オルフェーヴルとの出会いはあったにせよ、昨年、特に夏から秋にかけての目を見張るような活躍は、池添騎手の技術が円熟の極みに達してきたゆえである。ごまかしの利かない札幌競馬場でのリーディングは、上手い騎手であることの証明であるのだ。

こう考えると、昨年の秋のG1シリーズにおける、トーセンジョーダンの激走や池添謙一騎手の跨ったカレンチャン、エイシンアポロンの好走までも予見できた気がするのは私だけだろうか。少なくとも、たった1つのヒントにこれだけの意味が込められていることは分かっていただけるはずである。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (2)

東京新聞杯を当てるために知っておくべき3つのこと

Tokyosinbunhai

■1■瞬発力のある追い込み馬
東京競馬場が改修され、最後の直線が僅かに長くなって以来、前半がスローになり、直線に向いたラスト3ハロンでの瞬発力勝負になるケースが多くなった。不良馬場だった2009年を除く、過去7年間の勝ち馬および2着馬の上がり3ハロンのタイムは以下のとおり。

2004年
ウインラディウス 33秒7
クラフトワーク  33秒3
2005年
ハットトリック 32秒9
キネティックス 33秒2
2006年
フジサイレンス 33秒9
オレハマッテルゼ 34秒5
2007年
スズカフェニックス 33秒3
エアシェイディ 33秒3
2008年
ローレルゲレイロ 34秒9
リキッドノーツ 33秒4
2010年
レッドスパーダ 33秒5
トライアンフマーチ 33秒4
2011年
スマイルジャック 33秒9
キングストリート 33秒8

開幕週のため時計が速いということもあるが、それにしても速い上がり時計が求められるレースであることが分かる。道中が極端にスローに流れると、逃げ・先行馬にとっても有利になるのだが、それ以上に瞬発力が身上の追い込み馬にとっては絶好の舞台になる。対照的に、極限の瞬発力を有さない(速い上がりに対応できない)先行馬や差し馬にとっては力の出せないレースになりやすい。

■2■スプリンター寄りの馬でももってしまう
東京競馬場のマイル戦は1600m以上のスタミナが必要とされるコースと言われているが、東京新聞杯のように道中がスローに流れるケースにおいては、レースの趣向は全く別物となる。これは例えばヴィクトリアマイルにも当てはまるのだが、道中のペースが極端にスローに落ちると、1600m以上のスタミナを保持していないスプリンター寄りの馬でも何とか最後までもってしまうのだ。

2007年の勝ち馬スズカフェニックスは、(のちに高松宮記念を勝ったように)本質的にはスプリンターだが、道中のペースが緩かったからこそ府中のマイル戦でも勝ち切ることが出来た。同じ舞台の安田記念でも人気になったが、道中のペースが厳しい府中のマイル戦ではスタミナ不足を露呈して、勝ち切ることはできなかった。つまり東京新聞杯では、従来の府中マイル戦のイメージを捨てて、上がり勝負に強いスピード馬を狙ってみるのも一計だろう。

■3■サンデーサイレンス系でもフジキセキ
ヨーイドンの上がり勝負になる以上、瞬発力勝負に長けたサンデーサイレンス産駒もしくはその直系の産駒に注目しないわけにはいかない。過去5年で6頭の馬が連対していて、3着馬や母父サンデーサイレンスにも手を広げると、さらにサンデーサイレンス系がいかにこのレースに強いことが分かる。

そして、上記のスプリンター寄りの馬でももってしまうという傾向を考慮すると、サンデーサイレンス系の中でもフジキセキ産駒はこのレースにフィットするのではないか。ではないかと書いておきながら、実は2006年にフジサイレンスが11番人気で勝ってしまっていて残念だが、サンデーサイレンス直仔がいなくなる以上、サンデーサイレンス系の中でも切れとスピード寄りのフジキセキ産駒が忘れた頃にやって来ることを覚えておきたい。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

シルエットが美しいテスタマッタ:5つ☆

■京都牝馬S
アスカトップレディ
牝馬にしては造りの大きい立派な馬体だが、まとまり過ぎている感も否めない。
この時期だけに、毛艶も冴えず、今回狙うべき理由が見つからない。
Pad3star

エリンコート
古馬らしい馬体になってきたが、それに伴って、この馬らしい柔らかさが失われた。
毛艶も物足りず、決して仕上がり具合が良いとはいえない。
Pad3star

エイシンリターンズ
線の細さは残してはいるが、古馬になって付くべきところに筋肉が付いてきている。
立ち姿も立派であり、毛艶も良いので、いきなりの好走もあるか。
Pad3star

コスモネモシン
若駒の頃から馬体的な成長は見られないが、ゆったりと使われていて好感が持てる。
毛艶は今一歩であり、絶好調とはいえないが、コンスタントには走るはず。
Pad3star

ショウリュウムーン
若駒の頃に比べて、明らかに馬体がパワーアップしているのが見て取れる。
前走の方が馬体の張りや毛艶が良かったが、力を出せる出来にはある。
Pad4star

ダンスファンタジア
馬の表情を見ると、かつてあった闘争心が失われてしまっている感がある。
また、コンパクトにまとまった馬体は、悪く言えばインパクトに欠ける。
Pad3star

レディアルバローザ
休み明けにもかかわらず、毛艶は絶好であり、馬体もふっくらと張りを取り戻している。
いきなり好走できるかは微妙だが、春に向けて、良い雰囲気で初戦を迎えられそう。
Pad4star

■根岸S
シルクフォーチュン
ダート馬らしからぬ、線の細さというか、スマートな馬体を特徴としている。
それでもゴールドアリュール産駒らしく、ダートのレースには滅法強いのだから驚く。
Pad3star

セイクリムズン
昨年に比べるとやや立派に映るが、それを差し引くと、前後駆の実の入りは素晴らしい。
どちらかというと手脚の長い体型だけに、府中の広いコースも合うはず。
Pad4star

ダイショウジェット
やや背中が垂れて映るが、それ以外のシルエットは9歳馬とは思えない。
毛艶も良く、筋肉の張りも素晴らしく、この馬の力は十分に発揮できそう。
Pad4star

ダノンカモン
昨年の夏ぐらいから、胴部が伸びて、ゆったりとした造りになってきた。
距離や体調の心配はなく、あとはゴール前で気難しさを見せるのをどう防ぐか。
Pad4star

ティアップワイルド
後ろ肢が突っ張り気味で、腰高ということも加わって、どうしても立ち姿に硬さが残る。
表情からも気難しさが伝わってきて、乗り方が難しいタイプだろう。
Pad3star

テスタマッタ
ダート馬とは思えないバランスの良さで、シルエットも美しく、芝でも力を発揮できそう。
調教こそ動かなかったが、毛艶も良く、筋肉のメリハリもあって仕上がりは良い。
Pad5star

Negisis2012wt

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

語り継がれてゆく

Jiromaru

今から20年ほど前、栗東の坂路コースにひとり立ち続けていた調教師がいました。故戸山為夫調教師です。今となっては関西馬躍進の起爆剤となった栗東の坂路コースですが、20年ほど前までは誰にも見向きもされなかったことは意外と知られていません。そもそも最初は270mしかなかったのですから、当然といえば当然ですね(現在は1085m)。のちに渡辺栄調教師が加わり、2人は栗東坂路の名物調教師となりました。「変な調教師が2人、坂路コースで何かやっている」と揶揄されたこともあったそうです。

それでも、2人は坂路調教の可能性に賭けて、1日に何本も坂路を駆け上がらせて、馬を鍛えていったのでした。その結晶が、ミホノブルボンでありフジキセキなのです。故戸山為夫調教師が育てたミホノブルボンは、わずか700万円で取引された安馬でしたが、1日に4本もの坂路調教をこなしたとされています。それゆえ、「坂路調教の申し子」と呼ばれました。スピード馬でも鍛えて心肺機能を高めていけば距離も克服できる、という戸山為夫調教師の信念の代弁者でした。

今でも鮮明に思い出すことができます。1991年、朝日杯3歳S(現在の朝日杯フューチュリティS)でのミホノブルボンとヤマニンミラクルの火花の出るような追い比べを。ミホノブルボンは新馬→500万下と圧勝して、その勝ちっぷりと坂路コースでのハードトレが評価されて、圧倒的な1番人気に推されていました。対するヤマニンミラクルは前走で京成杯3歳Sを勝ち、4戦3勝の実績で対抗馬として評価されていました。私はその当時は戸山為夫調教師とミホノブルボンのマッチョさがあまり好きではなく、仕事人・田島良保騎手が乗るヤマニンミラクルの方に賭けていました。

直線で外からミホノブルボンを追い詰めた時、「差せ!」と思わず声が出てしまいました。脚色が違ったので、勝ったと思いながら声援を送ったのですが、ヤマニンミラクルに並ばれた瞬間、ミホノブルボンがグッとまた前に出たのです。そこから先は絶対に抜かせないという意志がこちらまで伝わってくるような粘り腰を見せて、ミホノブルボンがヤマニンミラクルをハナ差で制したのでした。あと少しだったのになあ、次にもう一度走ったら、今度はヤマニンミラクルが勝てるかもしれない、というのがまだ競馬を始めて2年目の私の正直な感想でした。でも、そうではありませんでした。

「馬を信じて乗らんかい!」

朝日杯3歳Sのレース後、ミホノブルボンの鞍上の小島貞博騎手は戸山為夫調教師にこう怒鳴られました。最近では、負けてもジョッキーを責めたりする調教師は少ないのですが、ジョッキーが勝って怒られるという話は稀でしょう。戸山為夫調教師は、ミホノブルボンを2番手に付けて綺麗な競馬をしようとした小島貞博騎手の騎乗に腹を立てたのでした。小島貞博騎手は先を見据えて折り合いをつける練習をしようと試みたのだと思うのですが、そのことがミホノブルボンの長所であるスピードを殺し、ヤマニンミラクルに影を踏ませたことにつながってしまったということです。坂路であれだけ鍛えているというのだからという自信が、戸山為夫調教師にはあったのです。

それからというもの、小島貞博騎手は吹っ切れたように逃げました。スプリングS→皐月賞→ダービー→京都新聞杯と、菊花賞で負けるまで、ひたすら逃げました。1ハロン12秒のラップをどこまでも刻み続けるサイボーグのような走りに、どの馬もついていけるはずがありません。皐月賞で初めてクラシックを制した時の小島貞博騎手の涙は美しいですね。馬を信じて、自分を信じて、調教師を信じて、全てを信じたからこその勝利だったのです。そう考えると、このミホノブルボンという馬は、あらゆる人の信じるという強い気持ちが乗り移った馬だったのですね。戸山為夫調教師はミホノブルボンがダービーを制した1年後にガンでお亡くなりになりましたが、今でも戸山イズムは関西の調教師たちに受け継がれ、ミホノブルボンにたずさわった男たちの信念もこうして語り継がれてゆくのです。


私を含め、この日本ダービーで人生が変わった競馬ファンは少なくないはず。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (82)

シルクロードSを当てるために知っておくべき3つのこと

Silkroads

■1■差し追い込み馬を狙え
開催時期が2月上旬に変更になって以降、過去10年間のラップタイムは以下のとおり。

12.3-10.7-10.9-11.2-11.6-12.0 (33.9-34.8)M
12.6-10.9-10.8-11.2-11.1-12.0 (34.3-34.3)M
12.5-10.8-11.1-11.1-11.2-11.9 (34.4-34.2)M
12.3-10.7-10.9-11.2-11.3-11.7 (33.9-34.2)M
12.2-11.1-11.1-11.0-11.5-12.0 (34.4-34.5)M
12.0-10.7-10.8-10.7-11.2-12.4 (33.5-34.3)M
12.3-10.6-10.8-11.2-11.9-12.3 (33.7-35.4)H
11.9-10.8-10.9-11.0-11.7-12.2(33.6-34.9)H
12.2-11.1-11.1-11.2-11.0-11.5(34.4-33.7)M
12.5-11.0-11.3-11.1-10.9-11.4(34.8-33.4)S

スプリント戦にしては意外にもハイペースになっておらず、どの年も前半と後半がほとんどイーブンなペースで流れていることが分かる。京都の1200mコースは、スタートから最初のコーナーまでの距離が316mと長くも短くもない。3コーナーの丘を越えると、あとはゴールまで下り坂が続く。

一見、先行馬に有利な短距離戦に思えるが、実はそうでもない。前半が遅く見えるのは、スタートしてから第1コーナーまでが登り坂になっているから。ここで少しでもオーバーペースで行ってしまった先行馬は、最後の直線で脚が止まるのだ。2010年は前半よりも後半の方が速い、スローに極めて近いペースになったため、先行馬が押し切ってしまったが、基本的には中団よりやや後方で脚を溜める馬が有利になる。

■2■休み明けの馬は割引
厳寒期の始動戦という意味合いもあって、休み明けの一流馬たちは無理をして仕上げてはこない。その上、重いハンデを課せられるので、苦戦を強いられることになる。対して、2ヶ月以内にレースを使っている馬たちは、コンディションを維持しており、ハンデもそれほど重くはないはずで、一流馬相手にも好走が可能となる。ちなみに、開催時期が2月上旬に変更になって以来、過去10年の連対馬でアルティマトゥーレ以外の全馬ともに、前走で昨年の12月以降のレースに使われていた。前走からの間隔が開きすぎている馬は割り引いて考えた方が賢明か。

■3■淀短距離S組は負けた馬に妙味あり
番組のローテーション上、淀短距離Sが最も有力なステップレースとなる。ところが、淀短距離S→シルクロードSという連勝は、2008年のファイングレイン以外にはない(それまでは2着が最高)。それは淀短距離Sが別定戦で、シルクロードSがハンデ戦であることと関係があるだろう。淀短距離Sで負けて、ハンデが軽くなったシルクロードSで勝つというパターンはこれからも続くだろうし、その逆もまた然りである。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

舞い降りるべき人の下に

Jiromaru

池江泰郎元調教師が昨年12月、スポーツ功労者文部科学大臣顕彰を受賞されました。中央競馬の関係者としては8人目。メジロマックイーンやステイゴールド、ディープインパクトといった、歴史に名を残す名馬を育てたことなど、騎手時代から調教師を引退するまで、長きにわたって競馬界の発展に貢献してきたことが認められました。「こんな賞をいただけるとは思ってもいなかった。うれしい」、そう語りながら池江泰郎元調教師は感激していた、という話を聞いて、あるシーンが脳裏に蘇ってきました。

今から8年前、私は縁あってキングカメハメハの日本ダービーの祝勝会に参加させてもらいました。そこにはテレビや競馬場で観たことのあるジョッキーや調教師たちが集い、それぞれに金子真人オーナーを祝福していました。思い返せば、私はこのとき初めて、競馬関係者と直接話をしたのでした。ポツンとお酒を飲んでいた安藤勝己騎手に話しかけたりして、私は競馬ファンを思いっきり満喫しました。そんな中、金子真人オーナーに、招待していただいた御礼を伝えるとともに、写真を撮らせてもらうようお願いをしたところ、たまたま近くにいた池江泰郎調教師(当時)も一緒に入りませんかという話になりました。あのメジロマックイーンを管理した池江泰郎調教師とも一緒に写真に写れると思い、嬉しくて仕方ありませんでした。

ところが、池江泰郎調教師は、「いえいえ、私のような者は…」と言って、なかなか写真に入ろうとしません。「まあまあ、そうおっしゃらずに」と金子オーナーが再度誘ってくれたので、池江泰郎調教師は申し訳なさそうに横に立ち、なんとか一緒に写ってくれたのでした。調教師というと、偉そうにふんぞり返っている人という先入観が私にはあったので、名調教師または伯楽として名の知れた池江泰郎調教師の背中を丸めて恐縮している姿を見て、心が洗われるような気持ちになったのでした。あのときの驚きは忘れられません。私の祖母がよく言っていた、「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という言葉の意味が分かった気がしました。

そして、翌年、金子真人オーナーの所有馬であるディープインパクトが、池江泰郎調教師の手によって3冠馬となったとき、名馬というのは、舞い降りるべき人の下に舞い降りるのだなあ、と実感しました。

池江泰郎調教師は2011年に調教師を引退し、今は競馬評論家、解説者として活躍されています。何よりも、息子さんである池江泰寿調教師の管理する馬がG1レースを勝ったとき、一緒に口取りをしている姿が印象的ですね。特にオルフェーヴルという名馬は、自身が育てたメジロマックイーンが母の父、ステイゴールドが父という池江ブランドですから、思い入れもひと一倍強いはずです。父から子へ。「たまたまですよ」と池江泰郎元調教師は背中を丸めて謙遜されるかもしれませんが、やはりオルフェーヴルも舞い降りる人たちの下に舞い降りたのだと思います。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (4)

根岸Sを当てるために知っておくべき3つのこと

Negisis

■1■差し馬有利
過去のレースを観ると、差し馬―差し馬の決着が目立つ。サウスヴィグラスとメイショウボーラーが押し切ったレースでさえ、2着には差し馬が突っ込んできている。ただ単にこの2頭は圧倒的に力が抜けていたということで、基本的には差し馬が有利な展開になりやすい。そのことは、過去10年(中山で行われた2003年は除く)のレースラップを見てみれば明らかである。

2001年 ノボトゥルー
12.5-10.7-11.2-11.8-12.2-12.1-11.6(34.4-35.9)
2002年 サウスヴィグラス
12.5-10.7-11.2-11.8-11.9-12.1-12.6(34.4-36.6)
2004年 シャドウスケイプ
12.3-10.9-11.6-12.1-12.3-12.1-12.7(34.8-37.1)
2005年 メイショウボーラー
12.5-10.9-11.6-12.3-11.9-11.7-12.1(35.0-35.7)
2006年 リミットレスビッド
12.2-10.8-11.6-12.1-12.3-12.2-12.5(34.6-37.0)
2007年 ビッググラス
12.5-10.8-10.9-11.7-12.0-12.7-12.9(34.2-37.6)
2008年 ワイルドワンダー
12.2-10.7-11.4-12.0-11.9-12.0-12.5(34.3-36.4)
2009年 フェラーリピサ
12.2-10.6-11.3-12.1-12.1-11.6-12.2(34.1-35.9)
2010年 グロリアスノア
12.4-11.5-11.7-11.8-11.8-12.0-12.5(35.6-36.3)
2011年 セイクリムゾン
12.4-11.2-11.6-12.1-12.0-11.8-11.9(35.2-35.7)

スプリント的な要素が問われると前述したが、展開という面においては、スプリント戦であるガーネットS(昨年で廃止)とは性格がわずかに異なる。ガーネットSは前半3ハロンが32秒台後半から33秒台で流れ、後半3ハロンがガタっと37秒台に落ちる、前後半の落差の平均が4.5秒という「上がり不問」のレースである。それに対し、根岸Sは前半3ハロンは34秒台から35秒台で流れ、後半3ハロンは37秒あたりに落ちるが、前後半の落差の平均は約2秒という、「普通のハイペース」である。

ガーネットSのような「上がり不問」のレースでは、直線に向いた時には全ての馬がバテてしまっているような状態なので、前に行った馬がそのまま残りやすい。しかし、根岸Sのような「普通のハイペース」では、後ろからレースを進めた馬は脚が十分に溜まっているので、ハイペースで前が潰れた時に一気に襲い掛かることが出来るということだ。

■2■キャリアを積んだ高齢馬が有利
ほとんどの重賞においては、サラブレッドとして最も充実する4歳馬が力を発揮することが多いのだが、根岸Sに関しては5、6歳馬が圧倒的に優勢となっている。過去9年間の連対率は以下のお通り。

4歳→   8%  
5歳→  27%
6歳→  14%
7歳以上→8%

つい1ヶ月前までは3歳であった4歳馬が、キャリアを積んだ歴戦のダート馬にわずか1kgの斤量差で挑むのは、まだこの時期では苦しいと解釈するべきであろう。メイショウボーラーが勝利したように、4歳馬に勝ち目がないというわけではないが、苦戦を強いられることは間違いない。逆に考えると、ここで連対を果たせるような4歳馬は成長が見込める本番フェブラリーSでも好勝負になるということだ。

■3■前走ダート1200m組
過去9年の勝ち馬のうち、ビッググラス、ワイルドワンダー、フェラーリピサ以外の勝ち馬は全て前走ダート1200m戦組であった。【5・4・2・38】で勝率10%、連対率18%と圧倒的な数字を残している。スプリントとマイルの中間的な距離だが、根岸Sに関して言えば、勝つためにはスプリント的な要素がまず問われるということである。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

仕上がりの良いアドマイヤロイヤル、ルーラシップ:5つ☆

■平安S
アドマイヤロイヤル
ラインクラフトの弟だが、いかにもダート馬らしく筋骨隆々の好馬体を誇る。
斑点が浮かんでいるように、仕上がりも良く、パワーに溢れている。
Pad5star

インバルコ
前後駆の間隔がやや短く、寸詰まりに映り、立ち姿がやや硬い。
濡れたような毛艶は仕上がりの良さを示していて、体調自体は問題なし。
Pad4star

エスポワールシチー
年齢的なものか、良かった頃の馬体に比べると、迫力という点で劣る。
多少余裕のある馬体を含め、最高の出来にはまだ遠い印象を受ける。
Pad3star

スタッドジェルラン
やや前駆が勝っていて、後駆の実の入りに物足りなさを感じさせる。
大型馬とは思えない軽さがあり、ダートよりも芝馬のような馬体に映る。
Pad3star

タガノロックオン
前後駆にしっかりと筋肉がついたマッチョな馬体は松田博資厩舎の馬とは思えない。
全体のシルエットにはぎこちなさが残るが、体調に不安はない。
Pad3star

トウショウフリーク
一見するとダート馬とは思えない、すっきりとした馬体で軽さがある。
今回は逃げられるだろうが、気性的に抑えても競馬はできるはず。
Pad3star

ニホンピロアワーズ
ダート馬にしては線が細く、血統的にも芝の方が合いそうなだけに不思議だ。
砂を被ってもひるまない闘争心があるのだろうが、このメンバーでは厳しいか。
Pad2star

Heians2012wt_2

■AJCC
ゲシュタルト
幼さの残る馬体だったが、古馬になってから少しずつ成長してきた。
毛艶は良くはないが、筋肉のメリハリや全体のバランスは素晴らしい。
Pad4star

サンテミリオン
ふっくらとしているが、良かった頃の張り詰めた感じはない。
表情は良いので、精神的には問題がなく、あとは力関係のみか。
Pad3star

トーセンレーヴ
超がつく良血馬らしからぬ、どこにでも見られそうな平凡な馬体。
成長段階ではあるが、馬体としてはこれといって見るべきところはない。
Pad3star

ナカヤマナイト
共同通信杯のときが最高の仕上がりだったが、それに比べると良化途上か。
それでも、さすが海外遠征を経てきているだけに、貫禄を感じさせる立ち姿。
Pad3star

リッツィースター
馬体全体のアウトラインが美しく、胴部にも余裕があって距離は長い方が良い。
この時期にしては毛艶も良く、伏兵としてあっと言わせるシーンも。
Pad4star

ルーラーシップ
昨年の良かった頃の出来を上回る仕上がりにあって、文句なし。
前後駆にしっかりと実が入って、毛艶も良く、全体のラインも美しい。
Pad5star

Ajcc2012wt

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (2)

ヒーロー列伝

Heroposter

日本で洋式競馬が始まってから150年。私たち競馬ファンは、その間、たくさんのヒーローやヒロインに囲まれながら競馬を楽しんできた。ハイセイコー、シンザン、シンボリルドルフ、オグリキャップ、ディープインパクト、ウオッカなどなど、過去の記憶を呼び戻してみると、数え切れないほどのヒーロー、ヒロインが誕生した。現役時代はその走りを見せることで私たちを魅了し、ターフを去ってからは、人々に語り継がれることやその勇姿が収められた写真を介して、競馬の素晴らしさを私たちに伝えてきた。彼ら彼女らなくしては、今の日本の競馬はありえない。

「ヒーロー列伝」ポスターはそのひとつである。競馬場の行き帰りの遊歩道やウインズの館内などに何気なく張ってあり、私たちがいつともなく目にしているあのポスター。ハイセイコーから始まって、現在、72頭のヒーローがいる。それぞれにキャッチコピーもつけられている。目先の華やかさや利益や馬券を追うだけではなく、こうして歴史を語り続けることは大切である。大袈裟でなくていい。どんなヒーローやヒロインが日本の競馬を形づくってきたかを見てもらうだけでもいい。本物のファンは歴史を知りたいと思うものであり、また歴史を知れば知るほどファンになってゆくものだと思うからだ。

先日、ふらりと新橋のGateJを訪れたとき、オルフェーヴルの「ヒーロー列伝」ポスターが目に入った。栗毛を通り越して金色に光り輝く馬体が実に美しく、キャッチコピーには「黄金色の芸術」と書いてあった。オルフェーヴルの名前の由来である、フランス語の「金細工師」から連想したものだろう。今年、これから日本競馬の未来を創ってゆく馬だけに、もうポスターにしてしまうのかとも思ったが、よく考えてみると、すでに3冠馬であった(しかも有馬記念も勝っている)。私たちの夢が大きいだけに、3冠はあくまでも序章として霞んでしまっているのだ。この先、果たして、オルフェーヴルはどれほどの黄金を生み出してくれるのだろうか。私たちのヒーローとしての走りを期待したい。

■JRAポスター「ヒーロー列伝」コレクションはこちら
Heroretuden
過去のヒーローたちの勇姿がご覧いただけます(必見です)。
こうして写真を見ると、マルゼンスキーが当時いかに規格外の馬だったことが分かりますね。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (2)

AJCCを当てるために知っておくべき3つのこと

Ajcc

■1■やっぱり前に行ける馬が有利
12.7-11.3-11.9-11.6-11.7-11.9-11.8-12.1-12.0-12.2-12.2(59.2-60.3)H
13.0-11.6-12.5-12.0-12.2-12.0-11.9-12.1-12.0-11.6-12.3(61.3-59.9)S
13.0-11.3-12.3-11.9-11.7-11.7-11.8-12.1-12.0-12.0-13.0(60.2-60.9)M
12.7-11.3-12.7-12.3-12.2-12.1-12.1-12.2-11.8-11.9-12.3(61.2-60.3)S
12.3-11.8-12.5-12.2-12.7-12.4-12.0-12.1-11.6-11.7-12.6(61.5-60.0)S
12.3-11.3-12.7-12.2-12.0-12.4-12.4-12.2-11.9-11.2-12.0(60.5-59.7)M
13.0-11.9-13.0-12.8-12.7-12.5-11.8-11.4-11.5-11.3-12.3(63.4-58.3)S

前半が上りで、後半が下りというアップダウンの影響も大きいのだが、過去7年間のラップタイムを見るだけで、スローペースになりやすいことが分かる。同じ条件で行われるオールカマーほど極端ではないが、それでもやっぱり前に行ける馬が有利になる。

■2■長くいい脚を使えるタイプ
中山2200mコースの特性として、第2コーナーから最終コーナーにかけて、フォルスストレート(偽直線)を約500m下って最後の直線に向かうことになる。ラスト1000mのラップが速いのはそういうことでもあり、良い脚を長く使えるタイプの馬に適した舞台である。過去の勝ち馬を見てみると、マツリダゴッホしかり、ネヴァブションしかり、瞬発力勝負では分が悪いが、スピードを持続させる力に富んだ馬が強い。

■3■イマイチくんを狙え
古くはマチカネタンホイザやマチカネキンノホシから、最近ではエアシェイディなど、大レースではあと少しパンチ力が足りない馬たちが、AJCCでは見事に勝ち切ったケースが多い。時期的にG1級の馬が出走してこないことで出番が回ってくること、そして、現代の主流の瞬発力とスピードではなく、スタミナとパワーという反対のベクトルを問われるレースになりやすいことが理由として挙げられる。他のレースではなかなか勝ち切れなかったイマイチくんをここで狙ってみるのも面白い。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

あえて苦言を呈する

半年間の米国滞在を決めたとき、彼はまだ勝ち鞍も通算100勝に満たない、若手騎手のひとりだった。大リーグを例に取れば、高校中退後、すぐにメジャーリーグを目指して米国に移り住んだ、鈴木誠投手に似ているかもしれない。

後藤はなぜ、あのとき米国競馬に飛び込んでいったのか。

その理由を本人から聞いたことがないのでわからないが、日本では得られないものを米国で得よう、という気持ちだったのだろうか。

それにしても、デビュー5年目にして単身で米国へ渡ったのだから、勇気があるというか、たいしたものだ。しかも、彼は米国競馬を吸収し、かなり大きくなって、アメリカをそのまま全部もって帰ってきた。その姿は完全なアメリカンスタイルといえる。

そう簡単に騎乗スタイルを変えられるものではないので、天性の素質が高かったのだろう。日本では見つけられなかった素質を、アメリカで発掘してきた、といえる。また、帰国後の彼の大きさを見ていると、それなりのことを米国でしてきたことがわかる。

気になることもある。あまりにも米国流をやりすぎているように見えるのだ。

3コーナーから一気に押し切るアメリカ型競馬を日本でやり、後ろの馬に差されるケースが目につく。

「あまりアメリカ一辺倒でもまずいよ」と話したこともあるのだが、いまでも彼はステッキの使い方、姿勢、勝つレースなど「これぞアメリカ」という競馬を貫いている。

日本の競馬は欧州と米国の中間といえる特殊なスタイルであり、そこでアメリカ一辺倒の競馬をしても限界がある。日本にあった騎乗を頭の中に入れて、もう少し柔軟になってもいいのではないか。

彼ならさらに飛躍できる、と信じているからこそ、あえて苦言を呈する。

(「口笛吹きながら」より)

Nohirayuuji

今、こうしてしっかりと騎手の乗り方について苦言を呈することができる人はほとんどいない。いや、昔からいなかったのだが、祐ちゃん先生だけは例外だったと言うべきか。祐ちゃん先生がかつて騎手であり、実績があったからではない。日本の競馬の中で、騎手の乗り方に表立って口をはさむことは、ある種タブーであったのだ(今もそうありつづけている)。他のスポーツでは当たり前に行われているような指摘も、それが騎手に向けられると批判や非難となってしまう。日本の競馬の世界では、ジャーナリズムが機能しにくいのだ。そこには競馬村の閉塞感があり、日本の競馬は文化であり、スポーツであると胸を張って言えない状況がある。

祐ちゃん先生が苦言を呈したのは、後藤浩輝騎手ではなく、後藤浩輝騎手の乗り方に対してである。あまりにもアメリカ流をやろうとしすぎて、仕掛け(動き出し)が早くなってしまいがちな点を指摘したのだ。アメリカの競馬ならばそれで押し切れても、日本の競馬はアメリカ型とヨーロッパ型のレースが玉虫色的に混在しているため、ひとつの型ばかりだとどうしても勝ち切れないレースが出てくる。もしどんなレースにも対応したいと望むなら、日本に合ったスタイルに柔軟に変化させてゆく必要があるということだ。後藤騎手にとっては厳しい指摘かもしれないが、そこには日本競馬の将来を担うべき後藤騎手への期待と愛情が込められている。

もっとはっきりと言うと、後藤騎手に足りなかったのは、道中で脚をためて、最後の直線で爆発させる力である。これは完全にヨーロッパ流の乗り方であり、実は祐ちゃん先生も欧州の競馬に長期滞在したときにぶつかった壁であった。あのスピードシンボリをして、最終コーナーまで抜群の手応えで回ってきたにもかかわらず、勝ったと思ったその瞬間に、並ぶ間もなく抜き去られた。静と動のギアチェンジにおける、日本とヨーロッパの騎手の技術の違いを肌で感じた瞬間であったという。道中で同じように馬に乗っているように見えても、ヨーロッパの騎手が“溜める”だとしたら、日本の騎手は“抑える”だとも語った。

京成杯で1番人気のアドマイヤブルーに跨った後藤騎手の騎乗を見て、祐ちゃん先生のそんな話をふと思い出した。後藤騎手がアメリカ流をやりすぎているとは思わないが、道中で脚をためて、最後の直線で爆発させるのが不得手だとどこかで感じているからこそ、意識的にもしくは無意識的に早めから動いてしまう、または馬が察して動いてしまうのだろう。じっくりと脚を溜めて、びっしりと追った方が良いタイプのアドマイヤブルーとは、馬が合わなかったということだ。もちろん一方で、そうして積極的に動いて、ゴールまで我慢させて勝ちを拾ってきたレースがたくさんあることも事実である。そして、おそらく、当時まだデビュー5年目であった後藤騎手が、単身でアメリカに渡った理由もここにある。アメリカ競馬に対する単なるあこがれだけではなく、静と動のギアチェンジにおいて分が悪い騎手としての自分を冷静に見極めて、早めに動いて我慢させるアメリカ流に賭けてみたのではないか。その試みは見事に成功したといえる。自分の弱点を補って余りある強みを身につけて、後藤騎手は日本に戻ってきた。それからさらに強みを磨き、通算1300勝(2012年1月17日時点)を積み上げて、一流と呼ばれる騎手に成長したのだ。祐ちゃん先生の目は確かであった。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (4)

平安Sを当てるために知っておくべき3つのこと

Heians

■ペースにかかわらず内枠の先行馬有利
1分50秒を切ることもあるように、スピード決着になりやすい。ラップ構成は、以下のとおり、スロー~ハイペースまでランダムだが、どのようなペースになっても前に行った馬にとっては有利な展開になりやすい。昨年は極端なスローになり、瞬発力に優るメイショウトウコンとサンライズバッカスが差し込んだが、基本的には前々で攻められる馬を狙うべき。

12.2-11.5-12.3-12.0-12.2-12.2-12.0-12.3-13.0(48.0-49.5)H
12.4-11.7-12.7-12.3-12.6-12.3-12.4-12.4-12.5(49.1-49.6)M
12.2-10.7-12.8-12.4-12.8-12.7-12.1-12.2-12.4(48.1-49.4)H
12.2-11.2-13.0-12.8-12.8-12.7-12.0-11.5-12.0(49.2-48.2)S
12.3-11.5-13.4-12.9-12.1-12.2-11.8-12.3-12.5(50.1-48.8)S
11.9-11.2-12.4-12.5-13.1-12.6-12.0-12.6-12.8(48.0-50.0)H
12.1-11.4-12.3-12.3-12.7-12.4-12.8-12.5-13.0(50.7-51.7)H

また、京都1800mは第1コーナーまでの距離が286mと短い。そのため、馬群が十分に固まらないうちに1コーナーに突入し、外枠の馬は外を回されてしまう確率が高い。スローに流れやすい展開やフルゲートになりやすいことも考えると、経済コースを回って競馬ができる内枠の馬が有利になることは間違いない。

■粘り込めるミスタープロスペクター系、ロベルト系が強い
平成14、15年と逃げ切ったスマートボーイはトップサイダー系アサティスの産駒だが、過去13年間、それ以外のレースの勝ち馬はミスタープロスペクター系(6頭)もしくはロベルト系(5頭)から出ている。スピード決着になりやすく、先行して粘りこむ競馬になりやすいことが大きな理由である。ただし、京都1800mはごまかしの利かないコースなので、スタミナに不安のある馬では厳しい。そういった意味では、もちろんダート1800mでの実績も必要である。

■実績馬に有利なレース
グレード別定戦であるため、それほど重い斤量を課せられない実績馬にとって有利なレースになる。とはいえ、58kg、59kgを背負って馬券圏内に入った馬はいないように、あまり重い斤量を背負う馬は苦しくなくなる。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (15)

グッドルッキングホース、アドマイヤブルー:5つ☆

■京成杯
アドマイヤブルー
スラリと馬体が伸びて、全体のシルエットが美しいグッドルッキングホース。
前後駆にもしっかりと実が入って、筋肉のメリハリも素晴らしい。
Pad5star

アーデント
幼さを感じさせる馬体であり、完成はまだまだ先の印象を受ける。
まだ実が入っていない現状でもこれだけ走っているのだから、潜在能力は高い。
Pad3star

スノードン
朝日杯フューチュリティSの時もそうだったが、筋肉量が多い割に馬体が幼く映る。
顔つきは精悍さを増しており、気持ちの強さでどこまで食い下がるか。
Pad3star

ベストディール
平凡な馬体をしており、とても鳴り物入りのディープインパクト産駒とは思えない。
表情も冴えず、立ち姿にも力強さはなく、今のところ特筆すべきはない。
Pad3star

マイネルロブスト
毛艶は冴えないが、前走に比べて、馬体全体がまとまってきた感がある。
ゼンノロブロイ産駒にしては胴が詰まっているので、距離は2000mぐらいまで。
Pad3star

ロジメジャー
全体的にメリハリに乏しく、完成度が低い、これからの馬体といえる。
毛艶も冴えないので、体調が良いとも思えず、今回は期待薄か。
Pad2star

■日経新春杯
スマートギア
7歳馬にして、全体のバランスが取れてきて、力強さの漲るシルエットを誇る。
毛艶も悪くなく、調子は良さそうなので、乗り方次第では一発の可能性も秘めている。
Pad3star

スマートロビン
立ち姿に幼さを感じさせるが、さすが松田国英厩舎と思える筋骨隆々の馬体。
2400mを走るには多少馬体に余裕があり、もうひと絞りほしいところ。
Pad3star

ダノンバラード
黒光りする毛艶が、現在の体調の良さを物語っている。
早熟かと思いきや、馬体も充実してきて、3歳時に比べても力強さを増している。
Pad4star

トゥザグローリー
冬場に調子が上がってくるタイプで、立ち姿からも自信が溢れ出ている。
かつては力強さだけが目立った馬体も、今や全体のバランスも素晴らしく理想的。
Pad5star

ナムラクレセント
いかにもステイヤーらしく、線の細さが目立ち、力強さには欠ける馬体。
もちろん実力馬らしく、馬体に芯は通っているが、このメンバーと距離だと迫力不足か。
Pad3star

リベルタス
3歳時はコロンと映っていた馬体が、いやにスマートに見える。
まだ筋肉が戻り切っていないのか、それとも馬体が成長に伴って変化したのか。
Pad3star


Keiseihai2012wt

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (3)

Futurity Race & Paddock

自分がほしいものを作る。それがクリエイティブさの源泉だと思う。他人が何を喜ぶか、待っているかを知ることは大切だが、それだけでは事足りない。他人の目ばかりを気にして作っていると、いつのまにか自分の情熱が失われてしまう。アップルのスティーヴ・ジョブズが「Stay hungry, Stay foolish.」と言ったのはそういうことだろう。私たちはまずは自分を喜ばせるために何かを成すべきなのだ。

そんなことを改めて教えてくれたサイトがある。その名は「Futurity Race & Paddock」。簡単に説明すると、若駒のレースとパドック映像をまとめたサイトである。このサイトの素晴らしいところは2つあって、ひとつはもちろん若駒戦のレース映像だけではなくパドックの映像も見られるところ。パドックを時系列的に見て、その動きや馬体で各馬を評価するのは難しいが、このサイトを駆使すればそれも可能だろう。パドック派のファンたちにとっては垂涎もののサービスである。

もうひとつは、デザインが極めてシンプルであるところ。ここでいうデザインとは、見た目ということだけではなく、使い勝手ということも含まれ、つまりは誰にとっても使い方が分かりやすいということだ。たとえば、今週の京成杯に出走するアドマイヤブルーの名を検索ボックスに入力してみると、これまでの全てのレースとパドックの映像が出てくる。実際にサイトに行って、あちこちいじってみると、自分にとっての使い道が見えてくるはずだ。

このサイトを作り上げただけではなく、維持していくことの方が遥かに大変なだけに、製作者のchildviewさんには頭が下がる。私も陰ながら応援させてもらいたい。そして、多くの競馬ファンがこのサイトを使ってくれることが、childviewさんにとっては1番の励ましになると思う。明日の京成杯の勝ち馬だけではなく、ぜひ来年のダービー馬までを「Futurity Race & Paddock」で見つけてほしい。

■Futurity Race & Paddockはこちら
Futurityandpaddockimg

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (7)

日経新春杯を当てるために知っておくべき3つのこと

Nikkeisinsyunhai

京都の2400mはスローの瞬発力勝負になりやすい典型的なコースである。スタートしてから最初のコーナーまでが597mとかなり長いため、無理な先行争いもまずなく、1コーナーに入るとひと息入る。最後の直線が長いことを考えると、向う正面で自ら動く馬もさほどおらず、通常、各馬が動き始めるのは丘の坂下から。そこからラスト4ハロンの上がり勝負になる。

実際に過去10年間の日経新春杯のラップタイムを見てみると、その傾向がよく分かる。

2002年 トップコマンダー
13.1-11.9-11.8-13.0-12.5-12.4-12.4-12.6-11.8-11.6-11.5-11.8(74.7-71.7)S 
49.8-49.9-46.7
2003年 バンブーユベントス 
12.6-11.6-11.7-13.0-12.8-12.4-12.4-12.2-11.9-12.0-11.0-12.2(74.1-71.7)S 
48.9-49.8-47.1
2004年 シルクフェイマス
12.8-11.2-11.4-12.3-12.1-12.3-12.7-12.5-12.1-11.6-11.8-11.7(72.1-72.4)M 
47.7-49.6-47.2
2005年 サクラセンチュリー 
13.0-12.2-12.2-13.8-12.9-12.9-13.2-12.9-11.8-11.5-10.8-11.8(77.0-72.0)S
51.2-51.9-45.9
2006年 アドマイヤフジ
12.6-10.9-11.3-12.7-12.4-12.5-12.7-12.7-12.2-11.7-12.0-12.6(72.4-73.9)H
47.5-50.3-48.5
2007年 トウカイワイルド
12.5-11.2-11.0-13.0-12.8-13.0-13.8-12.8-11.7-11.7-11.6-12.3(73.5-73.9)M
47.7-52.4-47.3
2008年 アドマイヤモナーク
12.5-11.4-11.3-12.7-12.8-12.6-12.5-12.3-11.9-12.2-12.2-13.0(73.3-74.1)M
47.9-50.2-49.3
2009年 テイエムプリキュア
12.7-11.3-11.7-12.7-12.7-12.6-12.6-12.1-11.6-11.9-11.9-12.8(73.7-72.9)M
48.4-50.0-48.2
2010年 メイショウベルーガ
12.7-10.3-11.0-12.4-12.5-12.4-12.3-12.9-12.1-11.9-12.1-11.8(71.3-73.1)H
46.4-50.1-47.9
2011年 ルーラーシップ
12.6-10.8-10.8-12.7-13.2-12.6-12.6-12.9-11.9-11.1-11.6-11.8(72.7-71.9)M
46.9-51.3-46.4

前後半1200mのラップタイム(青字)から判断すると、ハイペースとなったのは2006年と2010年だけで、それ以外の年は、ミドル~スローペースとなっている。何よりも注目すべきは、前半中盤後半に分けた800mずつのラップタイム(赤字)である。京都2400m外回りで行われる日経新春杯の特徴的な流れとして、「速緩速」もしくは「緩緩速」というリズムのレースが多く目立ち、典型的な上がり4ハロンの競馬になっていることが分かる。

以上のことから、3つのポイントが導き出される。

①内枠有利
②上がりの競馬に強い馬
③サンデーサイレンス直仔の産駒

①の内枠有利は言うまでもない。道中がこれだけスローに流れやすい以上、4つのコーナーで外々を回されてしまう外枠を引いた馬はロスが大きいということである。すんなり前に位置できる脚質の馬であれば大した問題ではないが、ギリギリまで脚を溜めて瞬発力勝負に賭けたい差し馬にとっては、内枠は願ったり叶ったりの枠になる。

3コーナーの丘の坂下から一気に動き始めるレースになりやすい以上、追っつけて伸びるような馬ではなく、一気にトップギアに入り、②上がりの競馬(ラスト4ハロンのスピード勝負)に強い馬にとって有利になる。スタミナよりも、折り合いさえつけばスピードの爆発力の方が問われるということである。

そういった意味において、③のサンデーサイレンス産駒が得意とする舞台であることが分かる。昨年以降のサンプルは少ないが、その前の4年間では勝率15%、連対率26%という圧倒的な数字を残していた。また、一昨年はアドマイヤベガ産駒から勝ち馬が出たように、瞬発力に富んだサンデーサイレンス直仔の産駒にも期待が出来るだろう。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

京成杯を当てるために知っておくべき3つのこと

Keisseihai

仕上がりが遅くて重賞路線に乗り切れなかった馬や、あと一歩のところで賞金を加算できなかった馬たちが出走してくるレース。勝ち馬エイシンフラッシュはダービー馬となったが、時期が時期だけに、今後のローテーションを考えて止む得なく出走してきた馬がほとんどで、基本的にはクラシックにはつながりにくい。

■1■先行馬にとって有利なレース
12.9-11.8-13.8-12.7-13.0-12.8-12.8-12.5-12.2-12.9(64.2-63.2)S
12.6-11.1-13.1-13.0-13.0-12.2-12.5-11.9-11.4-12.4(62.8-60.4)S
12.6-11.6-13.4-12.2-12.5-12.1-12.2-11.4-11.4-12.2(62.3-59.3)S
12.5-10.7-12.6-12.0-13.0-12.6-12.9-12.0-12.4-12.2(60.8-62.1)H
12.1-11.5-12.6-12.6-13.2-12.6-12.6-11.7-11.6-12.2(62.0-60.7)S
12.5-11.1-13.6-12.7-13.3-12.6-12.6-12.4-11.4-11.4(63.2-60.4)S
12.6-11.0-12.4-12.0-12.3-11.9-12.1-12.1-12.1-12.4(60.3-60.6)M

過去7年のラップを見てみると、昨年は例外として、13秒台のラップが続出しており、一様に、序盤、中盤が緩んでいることが分かる。4つコーナーを回る中山2000m戦のコースの形態上、仕方のないことではあるが、これだけ緩むと前に行った馬にとっては明らかに有利なレースになる。スッと先行できない、器用さに欠ける馬にとっては厳しいレースとなる。

■2■パワー優先
上がり時計も掛かっていることからも分かるように、この時期の中山競馬場の馬場は、通常に比べて重く、力を要する状態になる。そのため、当然のことながら、2000mという字ズラ以上のスタミナも問われる。アドマイヤベガ、マーベラスサンデー、ステイゴールド、ブライアンズタイム、マヤノトップガンなど、ダートや長距離戦にも実績のある種牡馬の産駒が、このレースで活躍しているのも頷ける話である。つまり、スピードや瞬発力という要素ではなく、パワーとスタミナを有しているタイプの馬を狙うべきである。

■3■意外や外枠有利
道中が緩む小回りコースにもかかわらず、真ん中よりも外から発走し、馬群の外を回った馬の方に軍配が上がっている。これは時期的に馬場の内側が傷んで(荒れて)きているということだけではなく、まだキャリアの浅い馬たちが大勢を占めているため、外枠から外を回ってスムーズに走られた方が力を出し切りやすいということを意味している。ダービーを豪快に差し切ったエイシンフラッシュでさえも、このレースでは2、3番手の外に付けて、スッと抜け出す競馬をしていたことを忘れてはいけない。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

馬を止めるのも騎手の仕事(続き)

「馬を止めるのも騎手の仕事」を書いたところ、ブログやFACEBOOKのコメント、メールにてたくさんのご意見をいただいた。賛否両論があると思ってはいたし、あくまでも問題提起をしてみたつもりだったが、多少なりとも誤解を招いてしまったと感じている。含みを持たせたつもりが、論点がずれて伝わってしまっていること、そして、もしかすると上村洋行騎手の批判として解釈されてしまったのであればと思い、足りなかった分を補う意味でも加筆したい。

まず上村騎手に対する競馬ファンの質問や批判が、「なぜ故障を発生した(と思われた)アドマイヤコスモスをゴールまで完走させたのか?」という点に集まっていることに違和感を覚えた。異常に気がついた時点ですぐに止めていれば、もっと軽症で済んだのではないか、なぜ明らかに怪我をしている馬をゴールまで走らせたのか。確かに、これも小さな問題ではなく、アドマイヤコスモスの関係者のみならず競馬ファンにとっても、実際に騎乗していた騎手に問いたいはずだ。

しかし、結局のところ、上村騎手も自身のブログで綴っているように、除々にスピードを落としながら止めた方が良かったのか、それともすぐにスピードを落として止めた方が良かったのか、どちらが正しかったのかは正直分からない。どちらの止め方にもメリットとデメリットがあり、最後は騎手の判断に委ねるしかないだろう。今回の場合は、上村騎手がゆっくりと減速しながら馬を止めた結果として、最悪の事態は避けられたという事実だけは残っている。

私の論点はもうひとつ手前の段階にある。もっと早く止められなかったのかという問いは、突き詰めて言うと、異常(故障)が発生する前に止めることはできなかったのかということである。脚を痛めたという結果が出てからどう対処したかということよりも、結果が出る前に未然に防ぐことはできなかったのだろうかという問いである。横山典弘騎手の言葉の中にある、「止めてみたけどなんともない」という状況は、決して止めるべきではなかったという誤判断ではなく、異変を感じてすぐに止めたからこそ未然に防ぐことができたということである。なんともなかったのは、横山騎手が馬の心の声を聞いたときに止めたからではないだろうか。

ここで今度は私たち競馬ファンに問いの矛先が向く。もし上村騎手がアドマイヤコスモスの異変に気づいて、すぐその瞬間に馬を止めたとする。そして、その場で検査をしてみると何ともなかったとすると、私たちはどう思うだろうか。なぜ止めたのだという追及は当然のこととして、もしかすると猛烈な批判につながる可能性だってある。八百長だと言う輩も出てくるかもしれない。その論調は下手をするとマスコミにも伝播して、オーナーの耳に届き、上村騎手が騎乗停止になるだけではなく、騎乗する機会を失ってしまうことにつながりかねない。もし馬を止めることに対する競馬ファンの無理解が、騎手の判断を鈍らせることがあるのであれば、これは私たちの問題である。馬を走らせるだけではなく、止めるのも騎手の仕事だと私たちは理解しなければならないのだ。

最後に、競馬ファンからの問いに真摯な姿勢で答えた上村騎手には心から感謝したい。その文面からは、騎手としてではなく、人としての誠実さが伝わってくる。大きな責任を感じつつ、失ったことの苦しさにもだえつつ、真実を伝えようと勇気を振るって書いたはずだ。ブログに公開する前に、何度も繰り返し、自分の書いた文章を読み直したに違いない。大きな誤解を招いたり、誰かを傷つけたりすることがないよう、その表現には細心の注意を払ったはずだ。そうして今回、騎手と競馬ファンがきちんとした形でやりとりができたことは、案外、革新的なことなのかもしれないと思う。

関連エントリ
「うえちんのひとりごと」:アドマイヤコスモスが完走することになった理由

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (17)

フェアリーSを当てるために知っておくべき3つのこと

Farys

■内枠から前に行ける馬が有利
昨年の1~3着馬を見てみると、全て内枠の馬であることが分かる。中山マイル戦は外枠不利という定説があるように、スタートしてからすぐに右へ急激にコーナーを曲がるコース形態のため、外であればあるほど距離ロス(スタミナロス)は大きい。力の付き切っていない3歳牝馬だけに、ちょっとしたロスがゴール前でこたえる可能性は高い。また、一昨年の3着に10番人気のグッデーコパが粘ったように、直線が短いコース形態を考えると、やはり前に行ける馬が有利である。内枠から前に行ける馬を狙いたい。

■1600m以上の経験馬(スタミナも問われる)
これも昨年の1~3着馬を見てみると、前走は1600m以上のレースを走っていることが分かる。フェアリーSが1600mに変更されて、クラシック(桜花賞やオークス)を睨む素質馬が出走してくる以上、スピードタイプの牝馬は苦戦を強いられることになる。ごまかしの利きやすいコースではあるが、スピードだけで押し切ることは難しい。急坂を登って、最後に問われるのはスタミナと底力というレースになるだろう。

■牡馬を相手に勝ち上がってきた馬
同じ新馬戦を勝つにしても、牝馬同士ではなく、牡馬を相手に勝ち上がってきた馬の方が強いのは当然である。牡馬と戦うことには、時計やラップには表れない厳しさがある。クラシックを見据えての厳しいレースとなる以上、牝馬同士の新馬戦を選んで勝ち上がってきた馬よりも、牡馬を相手に勝ちあがってきた、もしくは好レースをしてきた馬を狙いたい。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (3)

シンザン記念を当てるために知っておくべき3つのこと

Sinzankinen

■朝日杯フューチュリティS好走組優位
この時期に行われる3歳重賞ということもあって、朝日杯フューチュリティSで結果を出せなかった居残り組みと、これから上を目指す素質馬のぶつかり合いという図式となる。過去10年の戦績から見ると、完成度が高い朝日杯フューチュリティS組が5勝と有利で、特に朝日杯フューチュリティSで好勝負していた馬が順調に出走してくれば、ほぼ間違いなく勝ち負けになる。

■前々で競馬が出来る瞬発力に富んだ馬
同じ時期の同条件で行われる京都金杯と比べ、頭数が少なくなることもあって、ペースはスローに落ちることが多い。開幕2週目で前が止まりにくい馬場であることも含め、前々で競馬が出来る瞬発力に富んだ馬にとってはレースがしやすい。

また、この時期の3歳馬にとって、京都の外回りマイル戦は厳しいレースである。よって、1600mの距離を走ったことのない馬にとっては苦しいレースとなることは避けられない。ちなみに、連対馬20頭中19頭に1600m以上の出走経験があった。

■素質馬が集まるジョッキーに変化あり
武豊騎手が過去12年で5勝と圧倒的な勝率を誇っている。平成19年も武豊騎手から岩田騎手に乗り替わったもののアドマイヤオーラが勝ったように、武豊騎手にこの時期の素質馬が集まりやすいことが考えられる。ただし、岩田康誠騎手と安藤勝己騎手のワンツーが連続したように、その流れも5年前あたりから少しずつ変わってきている。もう少し生々しく言うと、各陣営の武豊離れが進んできている(武豊騎手一辺倒ではなくなってきているということ)。ここ最近で勢いのあるジョッキーに乗ってみるのもひとつの手かもしれない。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (10)

馬を止めるのも騎手の仕事

Umawotomeru_2

中山金杯にて、断然の1番人気に推されたアドマイヤコスモスが、道中で故障を発生して、大差の16着でゴールインした。第1コーナーまでの入りは完璧だったが、そこから急激に走り方がぎこちなくなり始め、向こう正面では上村洋行騎手が肩ムチを入れるシーンも見られ、その後はズルズルと下がって行った。応援している橋田満厩舎の馬であり、また馬券を買っていたこともあって、初めは驚きと無念を隠せなかった。やはり厳寒期の競馬は恐ろしいと思った。それからしばらくすると、別の感情が湧き起こってきた。

もっと早く止められなかったのだろうか。外から観ていても分かるぐらいに不自然な動きをしていたのだから、もっと早い段階で判断することができなかったのかと。アドマイヤコスモスのこれまでのレース振りを観ても、鞍上の上村騎手と息がピッタリで、流れるように道中を走っていただけに、余計にそう思えた。上村騎手を責めているわけではなく、ジョッキーにとって止め際の判断が難しいことも分かっているつもりだ。それでも、今回は最悪の事態に至らなかったことが唯一の幸いだが、ジョッキーには勇気を持って馬を止めてほしいと思った。

そこで、あるやりとりをフト思い出した。そのやりとりとは、「週刊ギャロップ」誌上で数年前に行われた、横山典弘騎手と四位洋文騎手の対談中の、馬を止めることについてのこんな会話である。かなり長くなってしまうが、とても大切な部分だと思うのでお付き合いいただきたい。

横山
「この前も土曜にアドマイヤカイトを止め、日曜にメイショウオウテを止め、自分の中ではおかしいと思って止めてみる。でも、意外となんともなかったりする。馬運車で運ばれて、診療所で獣医に見せると、なんともないって言う。なんともないって本当かって。その時は止めないで行ったほうがよかったのかって思うけど、2日してやっぱり脚が腫れてきた。そういうのあるからね。オレも若くはないから、いい加減、年食ってくると経験がそういうこと(行かせること)をさせない。経験で出来ないことがいっぱいある。でも、結果を見せなきゃダメ、勝ち負けじゃない結果ね。(脚が)折れるか、ひっくり返るか。そこが一番イヤだ」

四位
「昔、カッちゃん(田中勝春騎手)が馬を止めて騎乗停止になったじゃないですか。あの時、すごい違和感があった。馬がなんともなかったから騎乗停止になったんですよね。でも、ジョッキーって馬の走りを分かっているわけだし、おかしいと思ったら止めてあげるのもジョッキーの仕事。あそこで止めておけば死ななくて済んだのにって思うのいっぱいあるから」

横山
「あるね」

四位
「たしかに止めてなんともなかったら、ファンや関係者は何でって思うかもしれない。でも、ボクは怒られてもいいと思った。ボクはこいつ(馬)の声を聞いたから。ノリちゃんもカイトやオウテの声を聞いたんでしょ。馬の声を聞いている、そういう騎手であり続けたい」

横山
「数勝つのも素晴らしいけど、そういう声を聞けるジョッキーでありたい。言葉を換えると、繊細すぎて情けないかもしれないけど、違うんだって」

四位
「競走馬は細い脚で全力で走るから、故障するのは仕方ないけど、自分らで食い止めることができるんであれば、やっぱりそこで馬の心の声を聞いてあげてね。最後はちゃんと牧場に帰してあげたいよね」

横山
「そうね。仕方のないところもあるかもしれないけど、オレの見える範囲、手の中にいる範囲でそうはさせたくない」

(中略)

四位
「馬を大事にしようってことは、ずっとこの世界にいると麻痺して、そういう感覚がなくなってくる。競馬ではダメでも、そのあと、乗馬や繁殖として大きな可能性があるかもしれないし。最後は牧場に帰してあげたいっていうのはありますよね」

横山
「岡部さんもそうだったけど、四位に教わったな。やっぱり愛情だよ。大事にしていれば、(馬が)助けてくれるんだって。人もそうだと思うよ」

馬をレースの途中で止めることは、ジョッキーにとって非常に勇気の要る行為である。もしどこにも異常が認められなかったとしたら、騎乗停止とまではいかないにしても、巨額のお金が動いている以上、批判は避けられないだろう。八百長を疑われることもあるかもしれない。しかし、そのようなリスクを背負ってでも、やはり止めるべき時には止めるのもジョッキーの仕事だと彼らは主張する。

勝ちたいという人間のエゴが馬を殺してしまうことを、横山典弘騎手はホクトベガに学び、馬に愛情を持って大事にしていれば、いつか馬が助けてくれることがあることも多くの馬たちから教えてもらったのだろう。もちろん、ジョッキーだけではなく、競走馬に携わる全ての人々が、馬の心の声を聞こうとする気持ちを忘れないことが大切である。

そして、当たり前のことではあるが、私たち競馬ファンも、自分が買った馬がレースの途中で止められても仕方ないだけの馬券を買うべきである。そもそも私たちは、運という最も理不尽で不平等で矛盾したものに身を委ねて馬券を買っている以上、いかなる理由であろうとも、自分の買った馬券が紙くずになることを前提に私たちは賭けなければならない。

だからこそ、ジョッキーには遠慮することなく馬を止めてもらいたい。

そうすれば、馬券が外れる以外の、悲しい出来事は少なくなるはずだから。

Photo by Photo Stable

関連エントリ
「うえちんのひとりごと」:アドマイヤコスモスが完走することになった理由

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (18)

非の打ち所がないアドマイヤコスモス

■中山金杯
アクシオン →馬体を見る
全体のバランスの取れた馬で良く見せるが、今回は今ひとつの仕上がり。
年齢的なこともあるが、毛艶もイマイチで、筋肉のメリハリも物足りない。
Pad3star

アドマイヤコスモス →馬体を見る
父の良さを受け継ぎ、馬体全体に伸びがあり、大物感に溢れている。
毛艶も良く、筋肉のメリハリも十分で、非の打ち所がない。
Pad5star

エクスペディション →馬体を見る
筋肉がはち切れそうについて、この時期にしては毛艶も極めて良好。
もうひと絞りできそうな若さを残した馬体だが、パワーに溢れていて好感が持てる。
Pad4star

コスモファントム →馬体を見る
昨年よりもパワーアップした印象を受けるほど、前後駆の盛り上がりが凄い。
その分、重心が下がって、一瞬のスピードは失われてダートに適性が出てきたか。
Pad4star

ダイワファルコン →馬体を見る
全体的にバランスが良く、2000mの距離は十分にもちそう。
筋肉のメリハリが物足りず、成長途上の馬体だけに、活躍するのはもう少し先か。
Pad3star

フェデラリスト →馬体を見る
大物感はないが、全体的にまとまっていて、大きく崩れることはなさそう。
この時期にしては、毛艶も抜群で、体調は良く、好勝負は間違いない。
Pad4star

■京都金杯
サダムパテック →馬体を見る
ここに来て腰高の馬体が目立つようになり、明らかにマイラーの体型になった。
毛艶が悪く、完全な仕上がりではないが、筋肉量の多さは目を引く。
Pad3star

ショウリュウムーン →馬体を見る
3歳時は線の細さだけが目立ったが、年齢を重ねるにつれて逞しくなってきた。
牝馬のこの時期にしては珍しく毛艶も光り輝いて、絶好調間違いなし。
Pad4star

マイネルラクリマ →馬体を見る
夏場から使ってきている馬だけに、さすがに毛艶が落ちてきている。
立ち姿にもやや元気がないが、渋太いタイプだけにどこまで食い下がれるか。
Pad3star


Kinpai2012wt

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (0)

京都金杯を当てるために知っておくべき3つのこと

Kyotokinpai

■1■マイル戦に実績があり、マイル以上のスタミナを持つ馬を狙え
主なステップレースは鳴尾記念(1800m)と阪神カップ(1400m)になり、マイル以上のスタミナを持つ馬とマイル以下の距離でスピードを発揮する馬とが、マイル戦の舞台で激突することになる。京都のマイル戦というコース設定を考えると、どちらかといえば鳴尾記念組を上に取るべきだが、33秒台の速い時計で決着することが常なので、スピード勝負にも対応できる裏づけがないと厳しい。そういった意味では、マイル戦での実績(勝ち鞍)は必要で、マイルCSで好走してきた馬が出走してくれば間違いなく好勝負になる。

■2■勝つはずの馬が勝つべくして勝つレース
前半3ハロンの平均タイムが34秒9、ラスト3ハロンの平均が35秒1と、京都のマイル戦らしく、極めて平均ペースでレースは流れる。つまり、どんな脚質の馬でも勝負になり、展開に左右されて負けるということが稀なレースである。また、スタートから最初のコーナーまでの距離も694mとかなり長いため、枠順の有利不利もほとんどない。勝つはずの馬が勝つべくして勝つレースといえる。

ただし、開幕週ということもあって、直線が平坦な絶好の馬場では前もなかなか止まらないことに注意すべき。過去10年のラップタイムの中でも、前半800mのタイムに注目してみたい。

平成14年
12.4-11.0-11.7-11.9-11.7-11.6-11.6-11.9(47.0-46.8)M 1:33.8ダイタクリーヴァ
平成15年
12.3-10.5-11.8-12.2-12.1-11.6-11.5-11.7(46.8-46.9)M 1:33.7サイドワインダー
平成16年
12.2-11.0-11.2-11.6-11.6-11.8-11.5-12.4(46.0-47.3)H 1:33.3マイソールサウンド
平成17年
12.7-10.8-11.5-11.7-11.7-11.6-11.8-12.2(46.7-47.3)M 1:34.0ハットトリック
平成18年
12.2-11.1-11.8-12.2-11.8-11.2-11.4-12.3(47.3-46.7)S 1:34.0ビッグプラネット
平成19年
12.3-11.2-11.7-12.2-11.6-11.0-11.6-12.3(47.4-46.5)S 1:33.9マイネルスケルツィ
平成20年
12.5-11.4-11.4-12.3-11.4-11.3-11.2-12.1(47.6-46.0)S 1.33.6エイシンデピュティ
平成21年
12.6-10.7-11.2-11.8-11.6-11.9-11.4-11.7(46.3-46.6)M 1.32.9 タマモサポート
平成22年
12.0-10.6-11.6-12.2-11.8-12.3-11.3-12.3(46.4-47.7)H 1.34.1ライブコンサート
平成23年
12.3-11.3-11.8-12.0-11.4-11.2-11.4-12.0(47.4-46.0)S 1:33.4シルポート

前半の800mが47秒台に落ち着くと、完全に前が有利になっていることが分かる。出走メンバーを見渡してみて、どの馬がどのように逃げるのかをイメージする作業をする際には、この47秒という数字を頭に置いておきたい。

■3■あまりハンデ戦であることを意識しなくてよい
平成8年からマイル戦へと距離が短縮され、高松宮記念や安田記念へ向かうというよりも、昨年の秋シーズンを消化不良で終わったマイラーたちの最終戦的な色合いが濃い。とはいえ、一戦級落ちの実力のあるマイラーが揃うため、ハンデ戦ながらもレベルの高い争いが期待できる。

そのため、勝ち馬の平均ハンデが56.4kgと、力のある馬であれば、少々重いハンデを背負ったとしても軽量ハンデ馬に足元をすくわれることはほとんどない。あまりハンデ戦であることを意識せずに、基本的には各馬の力の比較を優先すべきレースである。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (339)

憂慮される日本競馬の未来

「変な馬でも腕で勝たせた」という自信がある騎手が、調教師になってもそのようなプライドを携えているようでは、成績は思うように上がらない。マネーゲームの側にもいないと、いまの競馬はやっていけない。

名騎手だった調教師たちにそう言って聞かせるのだが、彼らはおしなべて、
「俺たちはそんなことできない。マネーゲームをやって、いい馬を入れれば数字は上げられる。でも、成績を上げたから名調教師、ではないと思う」
と突っ張る。それでこそ名騎手であったわけだが、私にとっては、勝てばいいのに勝たない彼らに、腹が立ってしょうがない。なぜ、私がやったことを真似しようとしているのか、悪いところまで真似しなくていいのに、と。

ただ、彼らの気持ちが私にはよくわかる。いい馬を入れないと勝てないと説教をしながら、彼らには「ゼニさえ出せばなんでも走る馬を買ってこられる」という言い方はしてほしくないと思う。そういう考え方は、競馬をマネーゲーム一辺倒にさせてしまうから。

ビジネスだけで成り立つ競馬になったら、競馬は終わってしまう。

私は、マネーゲームに巻き込まれたヨーロッパの競馬の繁栄と衰退を、この目で見てきたからこそ、それがはっきりと言える。日本の競馬にはそうなってほしくない。競馬でマネーゲームをやることを悪いとはいわない。だが、それだけでは競馬は終わっていく。何事も偏ってはいけない。片側だけが勝ちすぎてはいけない。

ところが、ビジネスの面から競馬を見ている人は増え続けている。一部の人たちだけのマネーに左右され、競馬がそれだけで動かされているように思うとき、私は純粋な競馬人として不安を感じ、日本競馬の行く末が心配になってしまう。

競馬とはみんなで楽しむものである、という思いが私にはある。競馬がマネーゲームになると、みんなで楽しむものではなくなってしまう。

競馬には歴史がある。

また、それを重んじる人がいなければならないと思う。

歴史を重んじ、語り続けながら競馬を楽しめる競馬人がどれだけいるのだろう。残念ながら、そうした競馬人、厩(うまや)人は減ってしまった。いまの競馬に歴史はない。そう思ってしまうのは、競馬とは縁のない、よそから競馬の世界に入ってきて調教師になった人たちが増えてきたからだ。

そういう人たちは、背負ってきた過去が競馬の世界にはないから、歴史を伝える必要はなく、ビジネスだけで競馬を見ることができるのだろう。

競馬がマネーオンリー、ビジネスオンリーになってしまったら終わりだ。悲しい結末を迎えないためにも、日本競馬全体の底上げをしなくてはならない。

日高の中小生産者もみんな、底上げをして頑張ってほしい。手づくりの安い馬で高い馬を負かす。そういう時代にならないといけない。

先日、久しぶりに馬産地を訪れたとき(日高に行くと元気が出る!)、そのような思いにとらわれた。
(「口笛吹きながら」より)

Nohirayuuji

社台グループのひとり勝ちについてどう思いますか?という質問をある読者からいただいた。私もこの件については思うところがあるので、この場を借りて答えさせていただくと、ひとり勝ちの状況は良くないが、社台グループが悪いわけではないということだ。社台グループが日本の馬産を独占して、間違った方向に進めているわけではなく、むしろグループの中で競争をして切磋琢磨している。現在の社台グループには、血統の素晴らしさ、人材の豊富さ、最新の設備など、あらゆる面における卓越さがある。ただ単純にお金をかけただけではなしえない、時間と情熱を傾けてきた結果としての実りがあるのだ。

サンデーサイレンスの影響力は計り知れない。サンデーサイレンスがいなければ、ここまで社台グループのひとり勝ちの状況が進むことはなかったかもしれない。と同時に、サンデーサイレンスが日本に来なかったとしたら、日本馬のここまでのレベルアップは考えにくいし、国際化の波に飲まれてしまっていたかもしれない。サンデーサイレンスの直仔であるディープインパクトやハーツクライ、ステイゴールド、ハットトリックらが海外の大レースでその能力の高さを示し、孫たちのヴィクトワールピサやブエナビスタらも国際レベルの活躍を見せた。さらに母の父としてもアドマイヤムーンらの大物を輩出し、キングカメハメハをリーディングサイヤーの座に押し上げた。世界の競馬地図を大きく書き換えたのである。

もちろん、サンデーサイレンスの遺伝力の強さの弊害もないわけではない。どうしても日本で走る馬たちの血統に偏りが出てしまうのは否めないだろう。昨年のダービーは、出走馬18頭全てがサンデーサイレンスの孫であった(サンデーサイレンス直仔の種牡馬の産駒が16頭、サンデーサイレンスが母父に入った産駒が2頭)という象徴的なレースであり、社台の運動会などと揶揄された。レース自体は素晴らしいものだったが、どの馬も似たような血統構成になってしまっている。

ビジネスの面から売れることを考えて配合されたものだけに、ワンパターンな血統構成の馬ばかりで、いわゆる多様性に欠けるのだ。世界の競馬がボーダレスになってきている今、サンデーサイレンスの血が広がりすぎて生産活動が行き詰ってしまうことはないが、父がサンデーサイレンスの孫の誰かである馬、もしくは父はキングカメハメハだが母父にサンデーサイレンスが入っているという馬ばかりになってしまう。

そうして詰まるところ、買い手(馬主)も預かり先(調教師)も乗り手(騎手)も多様性を欠いてしまうことになるだろう。ひと握りのお金を出すことのできる人々と、その周辺にいるつながりのある人々だけが楽しめる競馬になってしまうのだ。誰しもが楽しむチャンスすらない状況では、競馬は内部からジワジワと崩壊してゆく。つまり、競馬から手を引く(引かざるをえない)人が増えてゆくということだ。これがマネーゲームとしての競馬の終着駅である。祐ちゃん先生はそれを危惧した。何ごとも偏ってはいけない。片方だけが勝ちすぎてはいけないということだ。しかし、繰り返しになるが、その状況は良くないことだが、社台グループが悪いのではないのだ。


昨年末、私はとある厩舎の忘年会に参加させてもらった。かつてジョッキーとしてならした大御所とされる調教師が切り盛りするこの厩舎は、今年不振を極めていて、年間でひと桁の勝利数しか収めることができなかったのだ。それでも、その調教師の人徳の賜物なのだろう、たくさんのジョッキーや関係者が集い、終始なごやかなムードで会は終盤を迎えた(ように私には思えた)。そして、最後に、社台グループの吉田照哉氏が壇上に登場して、締めの挨拶を行なった。

「社台グループはうまいことやっていると思われているようだけど、「私たちにもいつどうなるか分からないという時期があった。それもつい最近まで」という前提から始まり、「だから今は、爪の先まで、厩舎のためにという想いを持って、皆で頑張ってほしい」というエールが送られ、最後はジャンピング1本締めで会はお開きとなった。

誰もが思い思いにその場から離れようとしていると、とある馬主さんが助け舟を出そうと、「来年は社台の馬を4、5頭入れてくれるってよ、ねえ」と吉田照哉氏にけしかけた。吉田氏は他の人から話しかけられていて、聞いているのか聞いていないのか分からない様子であったが、当のその調教師は「いやー、そんなに入れてもらっても馬房が一杯になっちゃうなあ」などと茶化すようなことしか言わない(照れ隠しだったのだろう)。傍から見ていても、じれったい空気が数秒続いたその時、ある女性がきっぱりとした声で調教師に告げた。

「頭をさげなさい!」

私だけではなく、その場にいた、その声を聞いた誰もが驚いたに違いない。その女性は奥様なのだろうか、調教師と近い距離にいる人に違いはないのだが、皆の前でそこまで言ってしまうなんて…。ところが、その声を聞いて、その調教師は我に返ったように、頭を下げた。斜め30度ぐらいと、いささか不慣れでぎこちない傾斜ではあったが。吉田氏はそれを見ていたかどうか分からず、結局、その場でしっかりとした約束には至らないまま、場は流れてしまった。

私は良いシーンを見たと感じた。これまで鞭一本で身を立ててきた騎手が引退したのち、調教師として全く別の道を歩み始め、上手く行っていた時期もあったが、いよいよ厩舎経営に行き詰まってしまう。頭を下げたことのない人間が頭を下げなければならない、プライドを打ち砕かれるような状況に陥ったのだ。それでも、一家の長として、経営者として、どんなことをしてでも再建しようという決意していたのだろう。今は栄華を誇る社台グループの吉田一族でさえも、かつてどれだけ人に頭を下げてきたのだろう。苦しいとき、私たちには、頭を下げることも必要だろう。それさえできないのであれば、日本の底上げなど夢物語にすぎないどころか、もはや自分たちを救うことさえできない。たとえ頭を下げてでも再建しよう、成し遂げようという強い決意とそれを支える地道な努力が私たちに問われているのだ。自分のプライドと戦いながらも頭を垂れた調教師の姿に、私は暗さや哀しさではなく、未来への明るさと希望を見た。

現在のランキング順位はこちら

| | Comments (6)

« December 2011 | Main | February 2012 »