« フェアリーSを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 京成杯を当てるために知っておくべき3つのこと »

馬を止めるのも騎手の仕事(続き)

「馬を止めるのも騎手の仕事」を書いたところ、ブログやFACEBOOKのコメント、メールにてたくさんのご意見をいただいた。賛否両論があると思ってはいたし、あくまでも問題提起をしてみたつもりだったが、多少なりとも誤解を招いてしまったと感じている。含みを持たせたつもりが、論点がずれて伝わってしまっていること、そして、もしかすると上村洋行騎手の批判として解釈されてしまったのであればと思い、足りなかった分を補う意味でも加筆したい。

まず上村騎手に対する競馬ファンの質問や批判が、「なぜ故障を発生した(と思われた)アドマイヤコスモスをゴールまで完走させたのか?」という点に集まっていることに違和感を覚えた。異常に気がついた時点ですぐに止めていれば、もっと軽症で済んだのではないか、なぜ明らかに怪我をしている馬をゴールまで走らせたのか。確かに、これも小さな問題ではなく、アドマイヤコスモスの関係者のみならず競馬ファンにとっても、実際に騎乗していた騎手に問いたいはずだ。

しかし、結局のところ、上村騎手も自身のブログで綴っているように、除々にスピードを落としながら止めた方が良かったのか、それともすぐにスピードを落として止めた方が良かったのか、どちらが正しかったのかは正直分からない。どちらの止め方にもメリットとデメリットがあり、最後は騎手の判断に委ねるしかないだろう。今回の場合は、上村騎手がゆっくりと減速しながら馬を止めた結果として、最悪の事態は避けられたという事実だけは残っている。

私の論点はもうひとつ手前の段階にある。もっと早く止められなかったのかという問いは、突き詰めて言うと、異常(故障)が発生する前に止めることはできなかったのかということである。脚を痛めたという結果が出てからどう対処したかということよりも、結果が出る前に未然に防ぐことはできなかったのだろうかという問いである。横山典弘騎手の言葉の中にある、「止めてみたけどなんともない」という状況は、決して止めるべきではなかったという誤判断ではなく、異変を感じてすぐに止めたからこそ未然に防ぐことができたということである。なんともなかったのは、横山騎手が馬の心の声を聞いたときに止めたからではないだろうか。

ここで今度は私たち競馬ファンに問いの矛先が向く。もし上村騎手がアドマイヤコスモスの異変に気づいて、すぐその瞬間に馬を止めたとする。そして、その場で検査をしてみると何ともなかったとすると、私たちはどう思うだろうか。なぜ止めたのだという追及は当然のこととして、もしかすると猛烈な批判につながる可能性だってある。八百長だと言う輩も出てくるかもしれない。その論調は下手をするとマスコミにも伝播して、オーナーの耳に届き、上村騎手が騎乗停止になるだけではなく、騎乗する機会を失ってしまうことにつながりかねない。もし馬を止めることに対する競馬ファンの無理解が、騎手の判断を鈍らせることがあるのであれば、これは私たちの問題である。馬を走らせるだけではなく、止めるのも騎手の仕事だと私たちは理解しなければならないのだ。

最後に、競馬ファンからの問いに真摯な姿勢で答えた上村騎手には心から感謝したい。その文面からは、騎手としてではなく、人としての誠実さが伝わってくる。大きな責任を感じつつ、失ったことの苦しさにもだえつつ、真実を伝えようと勇気を振るって書いたはずだ。ブログに公開する前に、何度も繰り返し、自分の書いた文章を読み直したに違いない。大きな誤解を招いたり、誰かを傷つけたりすることがないよう、その表現には細心の注意を払ったはずだ。そうして今回、騎手と競馬ファンがきちんとした形でやりとりができたことは、案外、革新的なことなのかもしれないと思う。

関連エントリ
「うえちんのひとりごと」:アドマイヤコスモスが完走することになった理由

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

治郎丸さん いつもどうもです(^-^)

今回アドマイヤコスモスことは馬も騎手もいろんな意味で1番の犠牲者のように思えてなりません。


人が競馬とゆうものを作りサラブレッドを作りしかし同じ人がサラブレッドや騎手を追いこんでるのかもしれませんね。

馬主、調教師、騎手、ファン…みんな立場が違うからこうゆう事態になるんだと思うけどでもあえてゆうのであれば人もサラブレッドもどちらが欠けても成り立たないのも確かな事実。


しかしサラブレッドとゆう馬に少なからず助けられたり勇気づけらりたり感動させらりたりしているのも事実だからこそサラブレッドとゆう尊い命を大事にしてゆきたいと思うんですが非常に難しい問題ですよね。

どんな世の中も理解は出来ても納得が出来ないことが多々ありますね。しかしこれが良くも悪くも世の中なんでしようね。

Posted by: ユビキタス | January 10, 2012 at 11:30 AM

治郎丸さんこんにちは。

今回の件は、騎手に簡単に馬を止めさせられないような雰囲気を作り出しているファンにも責任があることだと思っていたので、上村騎手に批判が集中している状況を悲しく思っていました。
お金がかかっているだけに気持ちが攻撃的になるのも仕方がないのかもしれません。ですが、騎手が不測の事態で馬を止めて、その結果何もなかったときに「それならよかった」「それも騎手の務めだよね」と言える環境と意識が、今の競馬には必要なんだろうなと改めて感じました。
ファンも関係者も、馬に対して傲慢になりすぎてはいないか、常に自問自答していかなければいけないと思います。
コスモスのような馬を一頭でも減らすためにも、せめて今よりも寛容な気持ちで競馬に参加するファンになれるよう、努力したいと思います。

Posted by: クロサキ | January 10, 2012 at 01:45 PM

こちらのサイトでの記事、深く考えさせられつつ読ませて頂きました。そして、上村騎手のブログを読み、ホッと納得しました。こうした場合、何かそこに『大人の事情』が絡んではいやしないか……つい邪推してしまうものですから。言い訳風ではなく淡々と説明されていることにも感動しました。本当はこういった説明は、一番事情を知る騎手の説明として、JRAサイトから出して頂きたいと思います。

Posted by: eriko | January 10, 2012 at 05:19 PM

ファンの中には競馬法を盾に「走らせなきゃいけないんだ」という人も。JRAがどう考えるかは内部のことなのでわかりませんが、ともすると無感情な法律の文体をそのまま解釈してしまうのもどうなのか と思うのです。
凄惨な事故は競馬にも時折り見られます。しかし、そのたびに競馬の是非を問われるのも…
「日本における競馬の存在意義」私の永遠のテーマかな…
前回のこの項にあった横山騎手と四位騎手の会話を読みながら「このふたり、去年の春にリベルタスに乗ってたふたりだ」と気づきました。そう思うとその言葉により重みが増すのです(すみませんリベルタスの話題が多くて… あ、今週出走予定です)。

Posted by: ビンゴカンタ | January 10, 2012 at 08:17 PM

治郎丸さんこんばんわ。はじめてコメントさせてもらいます。「馬を止めるのも騎手の仕事」読みました。正直私も騎手に対して批判的な感情を抱いてしまいました。他にもそのよう感じた人はいると思います。治郎丸さんからすると心外なのかもしれませんが、人それぞれ捉え方は色々だと思います。そしてネット上で公開している以上、先の記事を読んで間違った考えを持ってしまう人もいると思います。もう少し誤解のない書き方をしてもらいたかったと思いました。「じゃあ読まなければいいのでは?」と言われてしまえばそれまでなのですが、治郎丸さんの競馬に対する考え方、そして競馬に対する愛情溢れる文章が私は大好きです。それだけに、自分の様に感じた人が他にもいるのなら、記事が人に与える影響について、配慮が必要なときもあるのではないかと思いました。長々と失礼しました。

Posted by: スターロッチ | January 10, 2012 at 08:22 PM

はじめまして。始めてコメントさせていただきますが、いつも楽しみに見ています。昨秋、雑誌も購入しました。私は「騎手」中心に競馬を観ているので、本サイトは大変勉強になります。
「競馬」=「ギャンブル」とすれば、「八百長」「ヤリ・ヤラズ」という言葉が出てくるのは当然でしょう。
しかし、「競馬」の主役はやはり馬です。確かに騎手の技量による部分もあるでしょうが、馬が走るか否かです。にもかかわらず、「馬」という動物に着目する競馬ファンは稀です。せいぜい、「速い」「格好良い」くらいのものです。私もそうです。
でも、「馬」という動物を知ることで、競馬をより深く学ぶことができるのではないかと、最近思うようになりました。勿論、馬券的中云々とは話が別です。そうすれば、今回の件もある程度は理解できるのではないでしょうか?また、例えばブエナビスタのJC降着事件も「なぜ他馬が内にいるのに、外方ムチを連発したのか」などもわかってくるのではないでしょうか?
ということで、JRAには「競馬」という競技だけでなく、馬について学ぶ機会を与えてもらいたいです。勿論、本サイトでも取り上げてもらえれば幸いです。

Posted by: 取越苦労 | January 10, 2012 at 11:01 PM

ユビキタスさん

そうですね。

競馬は人間が作り出した娯楽でありスポーツですから、そもそもそこまでして馬で速く走ることを争うこと自体が酔狂なのかもしれません。

そういった矛盾はありながらも、人間ではない馬が一生懸命に走って、だからこそ美しいんですよね。

これが人間だけのスポーツであれば、たぶん私は深みを感じていないかもしれません。

世の中は矛盾だらけですし、私も矛盾だらけですよ。

Posted by: 治郎丸敬之 | January 11, 2012 at 01:45 AM

クロサキさん

ご理解いただきありがとうございます。

お金を賭けているからといって、傲慢になってはならないのが競馬の世界だと思います。

その裏には、かけがえのない命があるのですし、もしそこが理解できないのであれば競馬を楽しむ資格はありませんよね。

私を含め、常に自問自答してゆくのが競馬ファンの務めだと思いますし、そういう競馬ファンにこそ競馬の素晴らしい世界が見えるのだと思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | January 11, 2012 at 01:48 AM

erikoさん

そうですね。

JRAからこういったきちんとした説明があるのが最高だと思います。

ただ、そうなったときに、削除されたり編集されたりする部分が出てくると思いますので、騎手がこうして発信できる場があることが今はありがたいです。

さらに、自己弁護に徹するのではなく、また誰かを攻撃するでもない上村騎手の文章には好感を覚えました。

Posted by: 治郎丸敬之 | January 11, 2012 at 01:52 AM

ビンゴカンタさん

「日本における競馬の存在意義」は深く遠いテーマですね。

古から競馬人たちが模索してきた、最も大切なことだと私も思います。

それが見つかるまで、いやそれが見つかっても、競馬がずっとこのまま続いてくれることを願います。

競馬法も大切ですが、馬が走っての競馬だと思います。

そしてそこには大切な命がかかっているのです。

リベルタス、素晴らしい馬体に戻ってきたと思います。

今回も期待したいですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | January 11, 2012 at 01:56 AM

スターロッチさん

ありがとうございます。

私も長いこと書いてきていますので、昔に比べると、あらゆることに配慮して書いているつもりではいます。

それでも、まだまだ未熟であり、今回のように配慮が足らず、いらぬ誤解を招くこともあります。

じゃあ読まなければなどとは全く思いませんし、逆にこうやって色々な考え方をやりとりできるのは嬉しいことです。

Posted by: 治郎丸敬之 | January 11, 2012 at 02:05 AM

取越苦労さん

こちらこそはじめまして。

馬について、もっと詳しく知る機会は必要ですよね。

馬について知れば知るほど、競馬を観る楽しみは増すと思います。

下手をすると、馬券を買わなくても楽しめるほど、競馬が深く見えるようになりますよね。

それが競馬がスポーツだと言える瞬間なのだと思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | January 11, 2012 at 02:07 AM

こんにちは。ブログ拝見いたしました。
こうして、競馬に親しむ人たちがこの件について考える事自体が大事ではないかと思いました。
賛否両論はあるとは思いますが、応援している馬が故障したり、はたまた命を落とすという姿は、誰しも見たくない光景かと思います。競馬場で何度もそういう光景を目にしましたが、いつまで経っても二度と見たくないと思っています。
言葉でコミュニケーションできない馬と人ができるかぎりのことをする、その点からブレなければお金が動いたりステークホルダーがたくさん居たとしても、何ら非難されるものではないと思っています。

Posted by: まさきち | January 13, 2012 at 08:02 PM

まさきちさん

そうなんです、たまたま金杯で1番人気を背負った馬がああゆうことになったからこそ、私たちは考える機会をもらったのですね。

こういうことは競馬の世界では日常的に起こっている(起こってしまっている)わけですから、競馬がサラブレッドという命ある生きものが走って成り立っていることをいつもどこかで頭に入れておきたいですね。

そこさえブレなければ、競馬は美しいのだと私も思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | January 14, 2012 at 12:43 AM

遅くなりましたが明けましておめでとうございます

まさか年明けの最初の重賞の金杯で
騎手と馬の関係を改めて考えさせられるレースになるとは
思いませんでした

自分はアドマイヤコスモスから馬単で買っていたんですが
レースの途中でこれは動きがおかしい、すぐに止めてくれと
小さいワンセグの携帯画面を見ながら思いました

アドマイヤコスモスは今年中距離G1戦線を盛り上げる馬だと
去年から思っていたのです

騎手が上村Jと言うのもスリープレスナイトを彷彿させるんですよね
調教師は違えど、そこに騎手と馬との絆があったと思います

今回は上村Jの賢明な判断だと思います
まだその先を常に考えてるからこその判断です

ただ
審議でのパトロールも大事かと思いますが
レース中の故障に関してはもう少し詳しい説明があっても良いと思います

上村Jのようにブログで本音を言ってくれる騎手は少ないと思います
当たり障りのないコメントはするかもしれませんが

調教師や騎手、生産者や馬主
どれだけの思いが一頭のサラブレッドに注がれてるのか

どれだけの人が競馬というスポーツを見ているのかJRAは自覚すべきじゃないでしょうか

Posted by: あさひ | January 15, 2012 at 02:48 AM

I'm impressed, I must say. Seldom do I come across a blog that's both educative and amusing, and let me tell you, you've hit the nail on the head. The problem is something not enough people are speaking intelligently about. I am very happy I came across this during my hunt for something regarding this.

Posted by: Arnulfo | May 06, 2014 at 06:18 AM

With havin so much written content do you ever run into any problems of plagorism or copyright infringement? My blog has a lot of exclusive content I've either created myself or outsourced but it appears a lot of it is popping it up all over the internet without my authorization. Do you know any ways to help protect against content from being ripped off? I'd truly appreciate it.

Posted by: match.Com | April 07, 2015 at 05:59 PM

Post a comment