« 中山芝2000m | Main | 余分な肉が削ぎ落とされたアーデント:5つ☆ »

グランデッツァはアグネスタキオンの最高傑作か

Grandetta_2 by Scrap

ゴムまりのような筋肉を豊富にまとったグランデッツァ。前哨戦のスプリングSでは、坂を登り切ってからも真っ直ぐに伸びたように、ようやく本来の力強さを発揮することができた。ラジオNIKKEI杯は中間の調整不足と外を回らされたことが主な敗因だが、スプリングSは馬体もきっちりと仕上がり力を出せる仕上がりにあった。フラワーCを勝ったオメガハートランドもそうであるように、アグネスタキオン産駒は前肢のかき込みが強い馬が多く、走法的には重馬場を苦にしない。もちろん良馬場が悪いはずもなく、つまり馬場不問ということである。中山の1800mを勝ったということは、潜在的なスタミナを有していることを示しており、皐月賞で200m距離が延びてもビクともしない。

「レース前はネオユニヴァースやダイワメジャーに比べると、もう少し様子を見たいなと思っていたが、きょうは強かった。本番でも自信がありますよ」

勝利騎手インタビューにて、過去に自身が騎乗して皐月賞を制したネオユニヴァースとダイワメジャーの2頭を引き合いに出しつつ、ミルコ・デムーロ騎手はグランデッツァの強さを語った。さらに本番の皐月賞に向けて、「自信がある」と半ば勝利宣言とも取れる発言。そして、生産者の吉田照哉氏もグランデッツァを「アグネスタキオンの最高傑作」と称している。デムーロ騎手や吉田照哉氏のコメントは、果たしてリップサービスなのだろうか、それとも本音なのだろうか。

結論から言うと、順調に行けば、グランデッツァが皐月賞を勝つ確率はかなり高い。スプリングSのレース振りを見ても、皐月賞馬に求められる「器用さ」と「スピード」を兼備していることが分かる。昔から「皐月賞は速い馬が勝つ」と言われてきたが、実はスピードだけでは勝つことはできない。スピードに加え、スッと先手を取って、レースの主導権を握ることができる器用さも求められる。そこに加えて「スタミナ」の裏づけがあるからこそ、デムーロ騎手は十分な手応えを感じたのだろう。

アグネスタキオンの最高傑作という評価については、現時点では何とも言えないというのが正直なところである。牡馬牝馬問わずということであれば、ダイワスカーレットで間違いないが、牡馬もしくは種牡馬としてという意味を含むのであれば、ディープスカイやキャプテントゥーレを超える可能性は十分にあると思う。馬体だけを見れば、これらの2頭よりも好素材であるといえる。あとはこれから先の成長力にかかっているということであり、距離が2400mに延びた日本ダービーが試金石となり、古馬になって完成されてから真価は問われるはず。つまり、皐月賞はグランデッツァにとって通過点にすぎないということだ。

とここまで書いたところ、皐月賞の枠順が発表されて驚いた。グランデッツァがまさかの大外枠を引いてしまったのだ。大外枠でなければ確勝のはずだったのに、何という運命のいたずらだろうか。皐月賞の大外枠といえば、1993年の皐月賞でビワハヤヒデが思い出される。18頭中の18番を引き、完璧な立ち回りをしたにもかかわらず、最後の最後にナリタタイシンに差し切られてしまった。レース後に、鞍上の岡部幸雄騎手が敗因を大外枠に求めていたことを私ははっきりと記憶している。あのビワハヤヒデでさえ、皐月賞の大外枠は克服できなかったのである。グランデッツァがアグネスタキオンの最高傑作となるためには、まずは皐月賞の試練を乗り越えなければならないのだ。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

 こんばんは
 まさかの大外枠となったグランデッツアですが、玉ちゃんデータとしては最上位…克服してくれないかな。

 71グランデッツア
   札幌2歳S組は強いと思います。 
 70ゴールドシップ ディープブリランテ
 70ワールドエース アダムスピークが続きます。
 
 グランデッツアから相手4頭
 馬単4点 三連複6点 これでいこうかなと。

Posted by: 玉ちゃん | April 13, 2012 at 10:51 PM

玉ちゃん

こんばんは。

まさかの大外枠ですねえ。

それに加えてこの雨ですから、
このメンバーでは抜けていると思っていたのですが、
果たしてどういう結果となるやら。

明日のレースが楽しみですね。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 14, 2012 at 06:48 PM

おはようございます。ご無沙汰しております。
ついこの間まで寒い寒いと凍えていたと思ったらもう桜が散りはじめ、皐月賞。
時の流れは早いですね・・・。
早速予想ですが、
◎ディープブリランテ
○ゴールドシップ
▲トリップ
△グランデッツァ
 ロジメジャー
☆メイショウカドマツ
でいきます。早い時期に不良馬場で圧勝した反動をずっと心配してきましたが、
今年はそれを感じさせない走り。力はあると思うのでポカがでなければ上位進出可能かなと思います。
ワールドエースですがこの中での力は最上位と思っていますが、如何せん不器用な感が否めません。
真ん中の枠で大外へ持ち出し…となったら厳しいかなあ。
と思っています。
ダービーで来てほしい馬です!笑

今年はなかなかのメンバーが揃っていて面白いですね。
いいレースを期待します。

Posted by: keigo | April 15, 2012 at 08:07 AM

グランデッツァ、私も◎でした。

残念でした。

ミルコによると、馬場が合わなかったとのこと。道悪競馬は、予想も尚一層難しいですね。

私自身、グランデッツァの血統からダービーは厳しいと見ています。が、陣営は向かうようです。

ただ、グランデッツァのキャリアはまだ始まったばかりです。

秋の天皇賞で期待しています。

Posted by: さっさん | April 15, 2012 at 11:09 PM

keigoさん

時の流れは早いですね。

それにしても素晴らしい予想でした。

ワールドエースは思っていた以上に強かったですね。

ダービーでは期待したいところです(笑)

個人的にはディープブリランテにも。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 17, 2012 at 10:30 AM

さっさんへ

馬場も枠順も合わなかったですね。

あまりにも不運な気がしました。

競馬はやはりドラマがありますね、普通にやっていたら多分皐月賞はこの馬だったはずですから。

底力があるので大負けはしないと思いますが、私もダービーは少し長い気がします。

Posted by: 治郎丸敬之 | April 17, 2012 at 10:32 AM

If like me you're trying to discover a new language after that anything that makes the process much easier has obtained to be an excellent thing. I've looked at many of the devices available and have discovered to myy cost that many of the paid ojes are rather considerably pointless.

Posted by: Best Language Learning Software | March 11, 2014 at 08:30 AM

Post a comment