« 悔しくて眠れない | Main | 京都芝2000m(内回り) »

秋華賞を当てるために知っておくべき3つのこと

Syuka

■1■ジョッキーの腕が大きく結果を左右する
京都の芝2000m(内回り)に変更された年以降、過去10年間の前半5Fと後半5Fのラップを比較してみたい。前傾ペースとは前半のラップの方が速く、後傾ペースとは後半のラップの方が速いレースのことを示す。

平成13年 58.4-60.1 →前傾ペース
平成14年 59.0-59.1 →平均ペース
平成15年 59.8-59.3 →平均ペース
平成16年 59.9-58.5 →後傾ペース
平成17年 60.1-59.1 →後傾ペース
平成18年 58.4-59.8 →前傾ペース
平成19年 59.2-59.9 →平均ペース
平成20年 58.6-59.8 →前傾ペース
平成21年 58.0-60.2 →前傾ペース
平成22年 58.5-59.9 →前傾ペース
平成23年 58.3-59.9 →前傾ペース

ここ数年は前傾ペースに流れているが、それ以前はランダムなペースになっていることが分かる。開幕2週目の絶好の馬場と短い直線を考慮に入れると、基本的には先行馬にとっては非常に有利に働くコースである。しかし、逆にそのことを意識しすぎると、各馬の仕掛けが早くなり、極端なハイペースが創出されることになる。

また、道中のペースの緩急も激しく移り変わる。たとえば2007年の秋華賞では、道中(6ハロン目)でなんと13秒台のラップが刻まれた。スタートから2ハロン目はそれ以前の5年間で最速なだけに、ペースが速いと思わせておいて、急激に遅くなるというアップダウンの激しいレースであった。

2007年 ダイワスカーレット
12.3 - 10.4 - 11.5 - 12.2 - 12.8 - 13.6 - 12.4 -11.3 - 11.1 - 11.5

わずかな展開の綾によって、ペースの緩急が激しく移り変わり、前に行った馬に有利な流れになったり、一転して差し脚が生きる展開になったりする。こういうレースでは、馬をコントロールする技術やペース判断に長けたジョッキーの腕が大きく結果を左右することになる。レースの位置取りや道中での駆け引きなどを含め、騎手が占めるウエイトは大きいのだ。

■2■スピードの持続が求められる
この秋華賞でサンデーサイレンス産駒が苦戦を強いられたのは有名な話である。過去に行われた秋華賞に60頭のサンデーサイレンス産駒が出走して、2003年のワンツーフィニッシュと2005年にエアメサイアの勝利があるが、ほとんどの馬は4着以下に沈んでいる。1番人気に推されたトゥザビクトリーやダンスインザムードというビッグネームすらも惨敗しているのが、この秋華賞である。2006年も1番人気に推されたアドマイヤキッスが4着と凡走した。

【2・2・1・55】 連対率6%

この数字は、サンデーサイレンス産駒の秋華賞における成績である。サンデーサイレンス産駒の秋華賞での連対率は6%という極めて低い数値を示す。他のG1レースと比較してみても、10%を切るのはNHKマイルカップぐらいで、それ以外のG1レースではほとんど20%以上の連対率となる。たとえば、同じ牝馬限定G1レースであるエリザベス女王杯の31%と比べると、サンデーサイレンス産駒の秋華賞での不振は明らかになる。

サンデーサイレンス産駒がこのレースを苦手とした理由はただひとつ。小回りのゴチャつきやすいコースで、スピードの持続が極限まで求められるレースになりやすいからである。サンデーサイレンス産駒は、ゆっくり行って終いを伸ばすレースには滅法強いのだが、スタートからゴールまで速いラップを刻み続けなければならないレースを苦手としたからだ。つまり、秋華賞は瞬発力ではなく、地脚の強さで勝負する馬にとって有利なレースである。

■3■外枠がやや有利か
過去15年の秋華賞は全てフルゲートで行われたが、内外に分けた枠順別の勝率、連対率は次頁のとおり。

1~4枠 【5・4・9・105】 勝率4% 連対率7%
5~8枠 【10・11・6・119】 勝率7% 連対率14%

コーナーを4つ回るコースにもかかわらず、外枠の勝率、連対率が内枠よりも高い。外枠から、外々を回った馬が意外と好走しやすいのは2つの理由が考えられる。ひとつは、道中が厳しいペースになりやすいため、馬群が縦長になりやすく、外枠を引いた馬も外々を回されることが少ないということ。

もうひとつは、勝負所である3コーナー入口と4コーナーが狭くなっているため、馬が密集しやすく、内枠を引いた馬は窮屈なレースを強いられることが多いということ。力のある馬であれば外を回した方が、内でゴチャついたり、前が閉まってしまったりというアクシデントが少ない。4つコーナーの小回りコースである以上、内枠有利が基本ではあるのだが、総じて外枠の方がレースを進めやすいということである。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

おはようございます。またまたお久しぶり、です。
女心と秋の空とはよく言ったものです。本当に今回も難しいですね。汗
注目は三冠なるか、ということですが自分は「ならない」に賭けます。
ということで本命は、ハナズゴールで行きたいと思います。
ローズSは取り消してしまいましたが、前走にあたる札幌記念のパフォーマンスは素晴らしかったです。
4コーナーでは(ロジユニを除いて考えると)最後方から一気の脚で4着まで追い上げました。
人気的にも気楽ですし、ああいう運びになってくれれば大逆転もありかなあと予想します。
○はアイムユアーズ。8枠っていうのはちょっと嫌ですが、好位づけできて伸びるというのは買い材料。
3人気で池添Jというのもいいですね。去年の借りを返す意味でも。
▲はヴィルシーナ。これも言わずもがなですが堅実。イメージとしては
去年のウインバリアシオンですかね。最内ってのがネックですが競馬上手いですし
あまり気にしなくてもよさそうかなあと思います。
大穴はアイスフォーリス。紫苑Sは休み明けを感じさせるつくりでしたが
今回は変わってくるはずです。厳しいレースに強いステイゴールドというのも買いたくなる要素であります。
以下ミッドサマーフェア、トーセンベニザクラ、
キャトルフィーユ、ラスヴェンチュラスで。
ジェンティルは普通に強いと思います。が、しかしここまで3冠を達成したのが3頭しかいないというのも事実。
あのブエナでさえ勝てませんでしたし・・・。
前走で好位付けできてしまったばかりに、ここに来てレースの選択肢が広がってしまった感。
これだけ人気背負ってこの枠からガンガン押していくとも思えません。
岩田Jだからこそ「無難に」外を回し過ぎて…って言う図が浮かびます。
それをやっても突き抜けるだけの力を持っていると、はっきり認識しています。が、今回は敢えて外してみます。
◎ハナズゴール
○アイムユアーズ
▲ヴィルシーナ
△ミッドサマーフェア トーセンベニザクラ 
 ラスヴェンチュラス キャトルフィーユ
☆アイムユアーズ
ここでジェンティ3冠なるようなら来年凱旋門行ってほしいなあ…なんて思ってます。

Posted by: keigo | October 14, 2012 at 07:22 AM

keigoさん

お久しぶりです!

ジェンティルドンナは強かったですね。

まさかあそこまでスローになるとは思いませんでしたが、絶体絶命の位置どりから差し切ったのですから、文句のつけようがありません。

個人的には、ヴィルシーナの単勝を買っていたので、久しぶりにゴール前は熱くなりましたよ(笑)

秋シーズンもまた競馬を楽しみましょうね!

Posted by: 治郎丸敬之 | October 16, 2012 at 10:52 AM

I'm gone to say to my little brother, that he should also go to see this web site on regular basis to obtain updated from newest news update.

Posted by: Sheffield escorts | July 10, 2014 at 12:33 PM

Hello, i believe that i noticed you visited my weblog thus i got here to go back the favor?.I'm attempting to in finding things to improve my site!I assume its adequate to make use of a few of your ideas!!

Posted by: Huddersfield escorts | July 13, 2014 at 01:56 PM

Post a comment