« もう言葉はいらない | Main | スタミナも備えているローマンレジェンド:5つ☆ »

凱旋門に挑戦する意義は

オルフェーヴルの凱旋門賞とは一体何だったのだろうか。あの敗北からおよそ1ヶ月が過ぎた今、ひとり困惑している自分がいる。最後の直線における栄光と挫折だけではなく、そこに至るまでの経緯やレース後の競馬関係者やファンからの声が、日本の競馬に対し、何かを問いかけているのではないだろうか。今回のオルフェーヴルの挑戦には、ディープインパクトのときの熱狂や喧騒とは違う何かがあった。悔しさを乗り越え、その何かを希求してゆくことが私たちに求められている。

まず、オルフェーヴルが最後に失速したことについて、あれはソラを使ったものではないだろう。ソラを使うとは、つまり気を抜くということである。確かに競走馬によっては、先頭に立つと気を抜く馬もいるが、もしオルフェーヴルが本当に気を抜いていたとすれば、その耳は後ろに向けて絞られた状態から、前方もしくは横へと向いていたはずである。レース映像を見ればそうでないことは分かるし、気を抜いただけの馬があそこまで急激に内にササるだろうか。たとえば菊花賞や神戸新聞杯の走りを見ると、直線では早めに先頭に立ってしまっているが、大きくヨレる素振りは見せていない。もちろん池添謙一騎手が真っ直ぐに走らせようとサポートしていたのは確かであるが、今回のように極端なササりではなかった。そもそも、オルフェーヴルにはそういう癖のようなものがあるのだが、それはたとえソラを使ったように思えても、決して気を抜いたからではなく、苦しくてレースから逃げようとしてササっているのだ。

このあたりの誤解は、あの阪神大賞典あたりからつきまとっている、オルフェーヴルは人間味がある説である。ゴール後に騎手を振り落としたり、レースで大きく逸走したりしたことを、まるでオルフェーヴルが競走馬を超越した存在ゆえであるかのようにもてはやし、どちらかというと人間側に問題があるかのように考える視点である。そうではなく、オルフェーヴルは苦しくなると(追い込まれると)、その状況から何とかして逃げ出したいという気持ちの強い馬、良く言えば正直な馬なのであって、決してマスコミが報じるような本気を出していない馬ではない。もしかしたら、競馬を少し知っているようなファンにも、そう思っている人も多いのではないだろうか。こういう分かりやすく、幻想を抱きやすい説は信じられやすく、今のインターネット時代には流布されやすい。

オルフェーヴルが苦しがったことについては、あらゆる理由が考えられる。その中でも大きなものとして、大外枠からの発走かつスローペースのため外を回されて脚を使わされたこと、そして、宝塚記念を勝ってからわずか3ヶ月という仕上げの難しいローテーションの2つが挙げられる。後者はほとんど認識されていないかもしれないが、過去の宝塚記念馬の天皇賞秋における成績を見てもらうと分かりやすいだろう。オルフェーヴルは70%の状態で宝塚記念を勝ったのだから、という反論もあるかもしれないが、本当に70%の状態で勝てるほど日本の競馬はレベルが低いのだろうか。陣営としては70%ぐらいまで戻ってきていた感触だろうが、馬自身は宝塚記念に向けて上向いて80~90%ぐらいの出来にはあったはずである。6月末にかなりの状態に仕上げられた馬を、凱旋門賞が行なわれる9月末から10月頭にかけてもう1度ピークにもってゆくのは難しい。

オルフェーヴル自身が失速して差し返されたとしても、差し返した相手がいるのも事実である。今回はペリエ騎手鞍上のソレミアが、オルフェーヴルにしぶとく食らいつき、最後は差し返した。恐るべきしぶとさであり、我慢強さである。ハーツクライが3着に敗れたキングジョージと重なった方も多いはずである。あのハーツクライが後ろから差されたレースである。日本であれば考えられないことであった。ルメール騎手の仕掛けは決して早くなかったが、ヨーロッパにはハーツクライ以上に、バテてもバテても最後まで脚を伸ばし続けることが出来る馬がいたのである。これがヨーロッパだとその当時私は書いた。

まるで地平線のように、挑戦すればするほど、凱旋門賞の勝利は遠ざかる。考えうる手を尽くし、あらゆる条件や不利を乗り越えなければ、日本の馬が先頭でゴールすることはできない。そんな千載一遇のチャンスをモノにすることが果たしてできるのか、私には分からないが、チャレンジし続けなければノーチャンスであることは間違いない。

1998年あたりを境として日本の競馬の売上は下降線を辿り、その業界自体も縮小を続けているが、オルフェーヴルの挑戦がそんな競馬界を一時的にでも盛り上げ、大きな刺激を与えてくれたことは確かである。オルフェーヴルの走りを観て、新たに競馬に興味を抱いてくれた方々もいるかもしれないし、それ以上に、オールドファンの心に再び火をつけたのではないだろうか。勝てる力がある馬が凱旋門に挑戦する意義は、実はそこにあるのかもしれない。オルフェーヴルを凱旋門賞に出走させた関係者の皆さまに心から感謝したい。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

治郎丸さん いつもどうもですo(*⌒O⌒)b

勝負の世界ではよく狙われる者より狙う方が強いといいますがある意味 このレースはまさにとゆう感じに自分の目には映りましたね。

ソレミアに乗っていたペリエはまるでオルフェーヴルが後ろから来るのを鳴りを潜めていましたよね。

オルフェーヴルの位置を見極めてから鞭を振り上げてましたからね。

流石は世界の名手とゆわれるだけの騎手だと痛感しましたね。

自分も治郎丸さんの見解通りだと思いますよ。最後にスミヨンは内にササりながら走っているオルフェーヴルの軌道修正しようと必死で外ではなくオルフェーヴルのラチ側の脚を叩いていましたよね。

やはり外枠で内に入れるスペースもなくあったとしても包まれたら何の抵抗も出来ずに…とゆう判断もあって仕方なくあの位置だったでしようね。

あのオルフェーヴルが最後はあんな風にもがき苦しむ姿をはじめて見ましたよ。

きっと想像を遥かに超えた苦痛とゆう言葉が生温いぐらいツラいレースだったように思えます。

見る者すべてを魅了して止まない金色のたてがみを持つ日本の侍ですね。

関係者の方々に感謝すると同時にオルフェーヴルにもこう心からいいたいですね。


〝オルフェーヴル…生まれて来てくれてありがとう〟

これからも無事是名馬で関係者共々また世界に向けて頑張って行って欲しいですね。

Posted by: ユビキタス | November 03, 2012 at 01:14 AM

 こんばんは どうやらジャパンカップで再戦があるようです。楽しみですね。サドラーズウエルズ血統は日本の馬場に合うのか合わないのか・・・成功例が限られています。

 みやこステークスも注目!
 強い3歳馬と連勝中の古馬、そして壁となれるか交流重賞3勝のニホンピロアワーズ。
 京都D1800mで1分50秒を切ったレースは、さくねんのこのレースから1年間に1回だけ。同じG3の平安ステークス。これ以降、1分50秒を切った馬は出ていません。
 1分48秒台で2回とも走って1着・2着になった馬はエスポワールシチーでした。
 ここを勝った馬が、ジャパンカップダートでトランセンドやエスポワールシチーの有力な挑戦馬となるのでしょう。

 ◎ニホンピロアワーズ 京都ダート1分49秒1ですね。1分48秒台にならなければこの馬で。

 もっと速い馬が出るとしたら、○ローマンレジェンドか▲ハタノヴァンクールか?△ホッコータルマエを三連馬券の紐に考えています。

Posted by: 玉ちゃん | November 03, 2012 at 10:24 PM

ユビキタスさん

あと一歩というレースでしたが、
あらゆる悪条件を背負ってものでしたので、
勝ちに等しい内容だったと思います。

もちろん、勝負の世界は勝たなければ忘れられてしまいますので、来年は勝ってもらいたいものです。

本当に関係者の方々には頭が下がりますし、
日本の競馬ファンはとても良い経験をしたと思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | November 03, 2012 at 10:31 PM

玉ちゃん

オルフェーヴルはジャパンカップに出てくるつもりなのですね。

もし出走してきたら、それだけで凄いことだと思いますし、まさか勝ってしまったら驚きです。

ソレミアも出走してきたとしたら、
とても興味深いジャパンカップになりそうですね。

古馬と3歳馬の対決もまた見ものです。

明日のみやこSは、ジャパンカップダートにつながるレースですね。

5日のJBCと併せて見逃せません!

Posted by: 治郎丸敬之 | November 03, 2012 at 10:33 PM

http://environmentallegal.blogs.com/sholzer/2012/01/forget-global-warming-its-cycle-25-we-need-to-worry-about-and-if-nasa-scientists-are-right-the-thames-will-be-freezing-ov.html?cid=6a00d8345aa38c69e2017d3e03ed0c970c#comment-form

Posted by: guansq | November 21, 2012 at 08:29 PM

Air [url=http://www.gotojordanseries.com]Jordan[/url] 6 Mens basketball shoe First came the Dub Zero. Second, the Spiz’ike. A third time is no surprise from [url=http://www.gotojordanseries.com/air-jordan-new-arrival.html]Jordan[/url] Brand. The latest hybrid from the Jordan camp is the 6 Rings model. Air [url=http://www.gotojordanseries.com/air-jordan-11-20.html]Jordan[/url] 6 Mens basketball shoe is a clash of every sneaker His Airness wore while stacking up those Championship rings in the 90′s for the Chicago Bulls, not to mention some of Designer Tinker Hatfield’s best work. We can clearly see a mixture of the [url=http://www.gotojordanseries.com/air-jordan-casual.html]Jordan[/url] VI, VII, VIII and XI, XII, XIII.

Posted by: guansq | November 21, 2012 at 08:32 PM

Wonderful facts Many thanks!

Posted by: マークジェイコブス 財布 メンズ | January 18, 2014 at 12:18 PM

I read this piece of writing fully concerning the resemblance of most recent and previous technologies, it's remarkable article. baccarat forum baccarat rules free slots no download online casino games no deposit casino free casino games slots http://topusaslotsonlinecasino.com/ baccarat rules online usa casinos no deposit casinos free casino games online no deposit casino bonus play craps online free slots machines topusaslotsonlinecasino.com http://topusaslotsonlinecasino.com http://topusaslotsonlinecasino.com topusaslotsonlinecasino.com slots for fun best usa online casinos free slot machines topusaslotsonlinecasino.com free casino slots online gambling baccarat free casino slot games free casino slots http://topusaslotsonlinecasino.com http://topusaslotsonlinecasino.com us online casinos best online casinos online casino usa topusaslotsonlinecasino.com casino games online topusaslotsonlinecasino.com best online casinos online casino no deposit bonus us online casinos

Posted by: baccarat forum | June 16, 2014 at 11:31 AM

Post a comment