« 阪神ジュベナイルFを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | 阪神芝1600m »

清清しい勝利


JCダート2012-観戦記-
逃げ宣言をしていたトランセンドが押して叩いても行かず、代わりに内枠から自然な形でハナに立ったエスポワールシチーが、前半の1000mが59秒8という淀みのないペースでレースを引っ張った。各馬の実力が拮抗していたこともあってか、馬群は縦長にならず密集し、第4コーナーでも外に膨れながら回らざるをえない馬が多く見られた。コースロスのないポジションで、スムーズに走ることができたかどうかが勝敗を分けた。

勝ったニホンピロアワーズは、好ダッシュからすぐさま好位置を取り、あとは馬任せのペースでレースを運ぶことに成功した。最終コーナーを回っても、酒井学騎手の手綱は持ったまま。あり余る手応えを感じながらも、ギリギリまで仕掛けを我慢して追い出されると、ゴールまで一直線に伸びた。これまでの詰めの甘さが嘘のような、会心の競馬であった。ニホンピロアワーズ自身、力を付けているのは確かだが、どの馬よりもスムーズにレースができ、いつも通りの力を出し切れたことが最大の勝因である。

酒井学騎手にとっては、初のG1勝利となった。前に行かせたら天下一品であり、今回もきっちりと馬を御して、完璧に回ってきたように、ここにきてメキメキと力をつけているジョッキーである。地道な努力が少しずつ実り始め、走る馬に少しずつ乗れるようになり、関係者からも少しずつ認められるようになってきた。外国人ジョッキーや地方出身のジョッキーの台頭により、かつてないほど厳しい環境下におかれても、こうして才能のある騎手が芽を出してきたことが素晴らしい。実に綺麗で、無欲で、清清しい勝利であった。

ワンダーアキュートは先行力を生かし、道中は最高のポジションを進んでいた。前走のJBCクラシックとは違う速いペースにやや戸惑う面はあったが、最終コーナーでは前に行く馬たちを射程圏に入れて絶好の形で回ることができた。それでも、最後は突き放されてしまったのは、前走で絞り込まれて激走した反動があったのかもしれない。あえて言うならば、第4コーナーを回った勝負所で、ブレーキをかけることなく内を突いていれば、もう少し際どい勝負になっただろう。

1番人気のローマンレジェンドは、道中で思ったようなポジションが取れず、最終コーナーでは外を回したことで、最後は脚が上がってしまった。さすがに内を突くわけにはいかず、外々を回して勝てるほど弱いメンバーでもなかった。ここまで6連勝で来たが、道中での手応えも良くなかったように、蓄積された目に見えない疲れがあったのだろう。まだ4歳馬であり、この先の成長が見込まれるし、大きな期待を掛けていい馬である。

3歳馬のホッコータルマエは先行力にものを言わせて、今回も堅実に力を出し切った。3歳馬の中では最先着を果たしたように、堅実さという点では世代一である。同じ3歳馬のイジゲンは、またもや立ち遅れる形で、後方からのレースを強いられた。前走はそれが逆にハマったが、さすがにG1レースの舞台では同じ競馬は通用しない。ハタノヴァンクールももっと前に行けるようではないと、このレベルのレースでは厳しい。

エスポワールシチーはどうしたのだろう。確かにペースは速かったが、無抵抗に敗れてしまったのは、気持ちの衰えがあるのだろうか。エルムSでローマンレジェンドを差し返したシーンを見て、闘争心が戻ってきたと感じただけに残念だ。全てを知っている佐藤哲三騎手からの乗り替わりも、決してプラスには働かなかったのだろう。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Anteriormente, a mí no me gusta excribir los comentarios. Pero esta vez, hizo la excepción para compartir mi inolvidable experiencia de compras buena en esta tienda.Ha adquirido http://www.spainmoncler.com/outlet-moncler-mujeres.html y http://www.spainmoncler.com aquí y los productos incluso los servicios me satisfacen mucho. Por eso, lo recomendo este sitio a todo el mundo.

Posted by: Moncler Outlet Espana | December 11, 2012 at 05:32 PM

Post a comment