« 京都金杯を当てるために知っておくべき3つのこと | Main | シンザン記念を当てるために知っておくべき3つのこと »

秋山真一郎騎手に祝福を

競馬がスポーツである以上、必ずそこには応援する側、応援される側が存在する。応援する側は応援される側に自分自身を重ね、その勝利を自分のことのように喜ぶ。そして最後に、我に帰って、「おめでとう」と声を掛ける。2012年の競馬にも、「おめでとう!」と言えた瞬間がたくさんあった。たとえその人馬の馬券を買っていなくとも、―そうでないことの方が多いのだが―、レースが終わった後には、その走りを心から祝福したくなるのだから不思議だ。競馬と密接に関わる時間が長ければ長いほど、その勝利の背景にあるものが見えるからだろうか。そんな「おめでとう」を振り返って、もう一度味わってみたい。

まずは秋山真一郎騎手のG1初制覇である。カレンブラックヒルに乗って、NHKマイルCを制してみせた。そして、平田修調教師にとっても、父ダイワメジャーとってもその産駒が初めてという、フレッシュなG1勝利であった。これといった逃げ馬がおらず、それまで先行策を取っていたカレンブラックヒルが先頭に立ち、そのまま府中の長い直線を逃げ切った。前半の800mが47秒3という超がつくスローペース。前年の45秒7、前々年の44秒8というペースと比べても、明らかに遅い流れだったことが分かる。結果的に見れば、勝ってくださいと言わんばかりのレースであったが、そういった追い風を受けることができたのも、秋山真一郎騎手が迷うことなく逃げという策を打てたからだ。

秋山真一郎騎手とG1レース、または秋山真一郎騎手と平田修調教師といえば、2007年のオークスを思い出さない競馬ファンはいないだろう。平田修調教師の管理馬である1番人気のベッラレイアに騎乗した秋山真一郎騎手は、ゴール前でハナ差敗れて涙を飲んだ。あのオークスの騎乗に関して、積極的な仕掛けだった、これで負けたら仕方ないと秋山真一郎騎手を擁護する意見もあったが、あれは早仕掛けであった。騎手の勝ちたいという思いが馬に伝わり、人馬ともにふた呼吸ぐらい早く動いてしまい、最後に脚が止まってしまったのだ。

これで負けたら仕方ないというレースをしようと考えることは、積極的であるように見えるが、状況次第では消極的な選択にもなる。たとえば、野球で言えばフォークボールを決め手とする投手が、9回ツーアウト満塁ツースリーという状況で、フォークボールがすっぽ抜けることを恐れて、直球勝負をするようなものだ。直球で向かって行って、打たれたのなら仕方ない。誰もがそう言って納得するかもしれないが、果たして投げるべきは直球だったのだろうか。たとえすっぽ抜けても、フォークボールで勝負に行くべきではなかったのだろうか。直球勝負を賞賛するのは簡単なのだ。

最も大切なのは、その馬にとってどういう乗り方が合っているかどうかということだ。馬の力を最大限に発揮させて、それでも負けてしまったら、これで負けたら仕方ないと言える。それまでギリギリまで溜めて差す競馬をしていたベッラレイアを、G1レースでいきなり自ら勝ちに動いてしまったことが問題であり、秋山騎手も自分の未熟さを嘆いたという。そういった経験が実となり、こうやって5年後に表舞台で現れるのだから、競馬は捨てたものではない。カレンブラックヒルとそれまでの3戦で培ってきた自在性を生かし、レースの主導権を握り、ゴールまで先頭を譲らなかった無心の騎乗が光った。さらに昨年の秋には、ローヴディサージュを見事に駆って、シルクホースクラブに12年ぶりのG1制覇をもたらした。そう、秋山真一郎は、デビューから16年かけて、9回ツーアウト満塁ツースリーという状況でフォークボールが投げられる騎手になったのだ。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

あけましておめでとうございます。
秋山騎手と言えば朝日CCの騎乗もすばらしかったと思います。
混戦の中からの抜け出しは見事でしたし、勝利騎手インタビューにも風格を感じました。

今年応援している馬はホッコータルマエです。
阪神で500万勝ちした時に馬券を取らせてもらったこともあり、それから注目しています。
あとは一口馬のガーネットチャームにもがんばって欲しいものです。

それでは本年も宜しくお願いします。これからもすばらしいメッセージを期待しています。

Posted by: ぺんぺん | January 02, 2013 at 05:01 PM

 こんばんは
 秋山騎手・・・ゴールドシップに乗って新馬・コスモス賞を連勝しました。札幌2歳Sではグランデッツアで、無敗のゴールドシップを退けて優勝しました。勝負の世界は厳しく、現在この2頭とも秋山騎手の手を離れています。

 カレンブラックヒルのデビューは年が明けた1月21日。今度は手離しちゃダメだぞ!デビューから4連勝でNHKマイルCを制覇。本当によかったと思います。

Posted by: 玉ちゃん | January 02, 2013 at 10:45 PM

ぺんぺんさん

あけましておめでとうございます!

はい、朝日CCも見事でしたよね。

もちろん、その翌日の阪神ジュベナイルFも。

素晴らしい技術を持った騎手なので、冷静なヘッドワークが加わって、これからを担う騎手になるかもしれませんね。

ホッコータルマエも強い馬ですね。
合わせてガーネットチャームも応援させてもらいます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

Posted by: 治郎丸敬之 | January 03, 2013 at 12:38 PM

玉ちゃん

そうでしたね。

勝負の世界は厳しいですね。

それでも、須貝―秋山のラインはこれからも続いていくと思いますし、また結果も出るのではないかと思います。

来年のクラシックはローブディサージュでG1をいくつ勝つのか楽しみです。

Posted by: 治郎丸敬之 | January 03, 2013 at 12:40 PM


Mira lo que encuentro. Aquí hay tantas opciones de http://www.replicalouisvuittonbolsos.com/ y http://www.replicalouisvuittonbolsos.com/. Lo más importante es que se venden sin gasto de envío. Además, el precio de los productos no es alto. Con menos de €60 compro dos productos. No puedo creerlo. Pero es verdadero.

Posted by: louis vuitton bolso | January 16, 2013 at 07:16 PM

Post a comment