« 若駒の大幅な馬体減は必ずしもマイナス材料にならない | Main | 皐月賞を当てるために知っておくべき3つのこと »

ディープインパクト産駒はこの季節になって開花する


桜花賞2013-観戦記-
内枠を利してサマリーズが先頭に立ち、外枠からクロフネサプライズがジワっと2番手に付ける。先行集団は密集して、そこからポツンと離れたところをレッドオーヴァル以下が追走した。それほど速くは見えなかったが、前半マイルが46秒9、後半マイルが48秒1と、積極的に前に行った馬たちにとってはやや苦しいペース。最後の直線でほとんどの人馬の脚は上がり、デムーロ兄弟が跨る2頭のディープインパクト産駒だけがゴールまで伸び切った。

アユサンは最後までレッドオーヴァルに抜かせなかったように、豊富なスタミナも有していることを示してみせた。アルテミスSのゴール前で脚が止まった走りを見て、母父ストームキャットの影響もあってか、スタミナに欠ける、マイル以下で一瞬の脚を生かす馬だと考えていたが、本番の桜花賞に向けて一気に力をつけてきたようだ。それにしても、クラシックシーズンにおけるディープインパクト産駒の成長力は驚異的である。今年に入ってから、なかなか産駒が大きなレースを勝てずにいたが、この季節になってようやく素質が開花した。

C・デムーロ騎手の騎乗には文句を付けようがない。先行して伸び切れなかった前走を受け、陣営からの支持もあったのかもしれないが、道中は少しずつ下げる形で脚を溜める競馬に徹した。1馬身下げると2馬身伸びるという騎乗の鉄則を、忠実に体現した乗り方であった。また、最終コーナーの回り方も絶妙。他の有力馬がクロフネサプライズを目標に早めに仕掛けていたのを尻目に、4コーナーを回りきってから初めてアユサンにゴーサインを送った。ゴール後は喜びを爆発させたが、道中は実に冷静な騎乗が光った。

レッドオーヴァルは外から伸び、勝ったと思った瞬間、再度内からグイっと出られてしまった。兄としては、弟に追い比べて負けてしまい、さぞかし悔しかっただろう。先行集団を見るようにポツンと離れた最高のポジションを走り、最終コーナーもゆっくり回っていただけに、完璧なレースをしてそれでも勝てなかったのだから仕方ない。スタミナ不足というよりは、体が小さくて、先を見据えて攻めきれなかった分の負けではないか。オークスまでは十分な時間があるので、じっくりと仕上げていけば、アユサンを逆転できるチャンスはある。

プリンセスジャックはこういう競馬が合っているのだろう。先行集団の後方で脚を溜め、展開に恵まれた部分もあっての3着と好走した。メンコとシャドーロール、そして末脚の切れ味は、母ゴールデンジャックを彷彿させる。馬の能力を冷静に見極め、ギリギリまで脚を溜める競馬に徹した福永祐一騎手の隠れたファインプレーであった。

クロフネサプライズはこの馬の力を出し切っての4着だろう。チューリップ賞とは流れが正反対であったことに加え、1番人気の逃げ馬ということで、他馬の目標にされてしまったことも影響したはず。また、上位の馬たちの成長力が上回ったということでもある。この馬自身の能力が非常に高いことは間違いなく、もう少し馬体面での成長が伴ってくれば、いつの日かG1タイトルに手が届くはず。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment