« 「オープン型レーシングセミナー」に出演します。 | Main | ヴィクトリアマイルを当てるために知っておくべき3つのこと »

大地に根を張って

Nhkmilec2013 by 三浦晃一
NHKマイルC2013-観戦記-
コパノリチャードがレースを引っ張り、それにガイヤースヴェルトが鈴を付ける形で道中は淀みなく進んだ。前半800mが46秒1、後半の半マイルが46秒6という数字だけを見ると、平均よりもやや速いだけのペースに思えるが、レースの決め手は外からの差し。差しが決まりやすい特殊な馬場状態に加え、10R湘南ステークスの46秒6―45秒9をひっくり返したような展開となり、その前後半ラップのわずかな傾き具合の違いが、大きく勝敗を分けた。

勝ったマイネルホウオウは、結果的に最高のポジションを走っていたことになる。後方で脚をためつつ、前から下がってくる馬に邪魔されずに馬場の良いところに出せる外を走り、直線に向いて追い出されるや、ジワジワとしかし確実にゴールに向かって伸びた。前走のニュージーランドTは出遅れて外を回されての大敗だけに、スプリングSの3着こそがこの馬の実力である。決してフロックではないが、負けた馬たちとの力差があったわけでもなく、今回は展開に助けられての勝利と考えるべきだろう。

柴田大知騎手にとっては初めてのG1勝利となった。一時は騎手を辞めようかと思ったところから、再起を果たしたのだから素晴らしい。日本人ジョッキーが厳しい競争にさらされる中、こうして大地に根を張って、少しずつ成長し、G1のタイトルに手が届く騎手が現れたことには大きな価値がある。マイネルホウオウでNHKマイルCを勝ったときのガッツポーズと、コスモブレードで5Rを勝ったときのそれの大きさは全く同じであった。柴田大知騎手にとって、手塩にかけて育てた馬での勝利の喜びは、どの馬も同じなのである。

2着に突っ込んだインパルスヒーローは、外から良い脚を使ったがわずかに及ばず。この馬自身は力を出し切って、展開も見事にはまったが、勝ち馬との差はスタミナの差であった。田中勝春騎手は湘南ステークスでも勝利していたように、今の東京の馬場を読み切っていたし、またこういった差しに徹する競馬に強い。3着のフラムドグロワールは強い競馬をした。朝日杯フューチュリティSのあと、京成杯を使わずに休養し、本番前にひと叩きできていれば、NHKマイルCのタイトルを手に入れていたのではないか。

レッドアリオンは出遅れたことが功を奏して4着に突っ込んだ。好スタートを切って、先行できていたとしても、4着以上はなく、4着以下であった可能性もある。たまには出遅れがプラスに働くこともある。ガイヤースヴェルトは、ウイリアムズ騎手を鞍上に、積極的に攻めたが、惜しくもゴール前で力尽きてしまった。今回は負けて強しの内容であった。やや強引すぎた嫌いがあるが、ウイリアムズ騎手がレースの主導権を握っていたことは間違いない。

1番人気のエーシントップは、ガイヤースヴェルトを前に見る形でレースを進め、直線で伸び切れずに7着と凡走した。内田博幸騎手はペースが速くなることをいち早く察知し、控えようとしたが、極限の仕上げが施されていたエーシントップは行く気満々で抑えが利かなかった。前走のニュージーランドTは余裕のある勝ち方であったが、今回は180度異なった質のレースになってしまい、力を発揮できなかった。ニュージーランドTとNHKマイルCは基本的には直結しないということだ。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

 「ニュージーランドT組で展開が向かなかった馬が狙い」

 こんばんは 下のほうに書いてありましたね。私もエーシントップ◎でした。

 マイネルホウオウ・・・母の父フレンチデピュティ
           父の父サンデーサイレンス
    
 インパルスヒーロー・・・母の父サンデーサイレンス
           父の父フレンチデピュティ
    
 フラムドグロワール・・・母の父ブライアンズタイム
           父の父サンデーサイレンス
           Lady Angela

 東京芝1600m
 フレンチデピュティは偶然かもしれません。昨年はホエールキャプチャがヴィクトリアマイルを勝っていますから、もしかしたら偶然ではないかもしれません。
 
 ノーザンダンサーのクロスがある馬(今回の1~3着馬)をヴィクトリアマイルではねらってみましょうか。でも、いっぱいいるでしょうね(笑)。

Posted by: 玉ちゃん | May 07, 2013 at 11:57 PM

Post a comment