« 東京芝2400m | Main | ダービーは最大の発明である。 »

グンと良化してきたエピファネイア:5つ☆

ロゴタイプ →馬体を見る
凄みを感じさせるわけではないが、全体のバランスが良く、欠点のない馬体。
筋肉の付き方を見ても、決してマイラーではなく、距離の心配はない。
Pad45star

エピファネイア →馬体を見る
前走時に比べると、シルエットにまとまりがあり、グンと良化してきた。
特に前躯の力強さは特筆ものであり、一瞬の爆発力勝負は臨むところ。
Pad5star

キズナ →馬体を見る
すっきりとして仕上がった印象を受けるが、上記2頭に比べると線が細い。
完成度という面ではやや劣るが、毛艶の良さや立ち姿から体調自体は良さそう。
Pad3star

コディーノ →馬体を見る
2歳時に比べて、馬体全体の筋肉量が大幅にアップし、胴部が詰まって見える。
その分、2400mへの大幅な距離延長には疑問が残るが、完成度の高さでどこまで。
Pad3star

マイネルホウオウ →馬体を見る
ダメージがなかったのだろう、前走時とほとんど変わらない立ち姿を誇っている。
馬体は薄くて、胴部にもゆとりがあるので、2400mの距離は十分にもちそう。
Pad3star

メイケイペガスター →馬体を見る
血統的な影響か、大きな筋肉が付いてきて、パワー勝負ならドンと来い。
スタミナにはやや欠けるので、どれだけ折り合い良く楽に走らせられるか。
Pad3star

テイエムイナズマ →馬体を見る
毛艶は良いが、ヒョロっとしていて、このメンバーに入るとパンチ不足。
手脚には十分な長さがあるため、重賞を勝っていても、距離延長は望むところ。
Pad3star

タマモベストプレイ →馬体を見る
血統的には短距離馬だが、筋肉に柔らか味があり、その分、距離はもちそう。
毛艶も良く、表情も穏やかで、この馬の力は十分に出し切れるはず。
Pad3star

アポロソニック →馬体を見る
米国血統の馬だが、馬体を見る限りは、短い距離をガンガン行く感じはしない。
ただ、顔つきを見ると、闘争心に溢れていて、スムーズに走れることが条件か。
Pad3star

ヒラボクディープ →馬体を見る
キズナと同じ血統構成の馬で、父ディープインパクトと母系がマッチしている。
こちらの馬の方が馬体的には完成度が高く、非の打ち所がない好馬体。
Pad45star

サムソンズプライド →馬体を見る
いかにもメイショウサムソンの産駒らしく、パワーを前面に押し出した馬体。
まだ幼さを残しているが、前躯の盛り上がりは実に素晴らしい。
Pad3star

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

Post a comment