« 「競馬場の風来坊」を読み解く(その1) | Main | 集中連載:「複雑系の競馬」第7回 »

小倉2歳Sを当てるために知っておくべき3つのこと

Kokura2sais

■1■外枠有利
過去12年の枠順別の成績を見てみると、内枠(1~4枠)に入った馬が【4・3・4・69】、外枠(5~8枠)が【8・9・8・72】と、勝率にしておよそ3%、連対率にしておよそ10%の差がある。これには大きく2つの理由が考えられる。

1) 開催最終週となるため馬場の内側が荒れている
2) キャリアが浅いため、馬群の外の方がスムーズにレースができる

1)に関しては説明するまでもないだろう。2ヶ月近くにわたる開催期間だけに、さすがの小倉競馬場の野芝も相当に荒れてきているということだ。特に3~4コーナーにかけての内側の芝は、見た目以上に痛んでいるはずである。

2)については、多くても3戦、少なければたった1戦のキャリアの出走馬が多いレースである。いきなりレベルの高いレースにおいて、馬群の中で揉まれてしまうと、最後まで自分の走りが出来ずに終わってしまう馬が多いということである。キャリアが浅い馬にとっては、多少の距離ロスがあったとしても、外枠からスムーズに自分のリズムで走られるメリットの方が大きい。

■2■牝馬の活躍
過去12年の性別の成績を見てみると、牡馬のわずか4勝に対し、牝馬が8勝と圧倒的に牝馬の方が強いことが分かる。この時期の牡馬と牝馬では、同斤量であってもほとんど走る力に差はなく、完成度の高い牝馬に軍配が上がることが多い。とにかく前に行って押し切るスピードが問われるので、最後まで集中して前向きに走り切る牝馬の方が、この時期は信頼が高い。

■3■ハイペース必至だが先行馬有利
過去12年の前半後半のタイムを比べてみたい。
        前半   後半
平成13年 33.7-36.9 ハイペース
平成14年 33.3-36.5 ハイペース
平成15年 32.9-36.4 ハイペース
平成16年 33.4-34.8 ハイペース
平成17年 33.6-35.5 ハイペース
平成18年 32.5-35.9 ハイペース
平成19年 33.5-35.8 ハイペース
平成20年 33.2-35.9 ハイペース
平成21年 33.8-35.2 ハイペース
平成22年 33.1-35.6 ハイペース
平成23年 33.4-35.4 ハイペース
平成24年 32.7-35.2 ハイペース

いずれの年も、前半後半の落差が2秒以上もしくは近くあるように、ハイペース必至であることが分かる。スピードを武器に行きたい馬が揃うため、スローはもとより、ミドルペースでさえ望めない。これだけ前半が速いと、差し馬にとって有利なレースになりやすいのだが、意外にも先行馬が活躍している。これは小倉1200mというコース形態ゆえであり、さすがに逃げ馬にとっては厳しいが、直線の短さを考慮すると、ハイペースを追走できてバテない先行馬を狙うべき。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

I seriously love your blog.. Excellent colors & theme. Did you make this web site yourself? Please reply back as I'm attempting to create my own site and want to know where you got this from or just what the theme is named. Appreciate it!

Posted by: Doudoune Canada Goose | February 01, 2014 at 04:14 PM

I couldn't resist commenting. Well written! Canada Michael Kors Handbags Outlet

Posted by: Canada Michael Kors Handbags Outlet | May 19, 2014 at 07:58 AM

Thank you, I've recently been lookkng for info approximately this topoic for ages and yours is the greatest I've came upon till now. But, hat concerning the bottom line? Are you sure iin regards to the supply?

Posted by: Bluesbeautyworld.Blogspot.Com | September 13, 2015 at 03:06 PM

Interesting and interesting information can be found on this topic here

Posted by: majalah rumah | November 14, 2016 at 07:43 PM

Post a comment