« 雰囲気が非常に良いスギノエンデバー:5つ☆ | Main | 毎日王冠を当てるために知っておくべき3つのこと »

◎サクラゴスペル

Sprinterss

今年のスプリンターズSの焦点は、王者ロードカナロアが勝つかどうかです。日本馬にとっては高い壁となっていた香港スプリントを圧勝し、昨年のスプリンターズS、今年の高松宮記念と安田記念を勝利し、もはや国内外で向かうところ敵なしの短距離馬です。休み明けの叩き台であった前走は仕方ないとして、ケタ違いの能力を持つロードカナロアが負ける姿を想像するのは難しい、というのが正直なところでしょう。その感覚に従って、素直にロードカナロアの相手探しをするか、それともロードカナロアが再び敗れる方に賭けるのか。

ロードカナロアにもただひとつだけ心配材料があります。それは連勝が途切れた馬の次走も危ないからです。なぜ危ないかを簡単に説明すると、馬の気持ちが切れてしまうことが多いからです。サラブレッドが連勝をするには、どれだけ能力が高い馬であっても、毎回きっちり仕上げられなければならず、肉体的にも精神的にも追い詰められます。その状態がずっと続くのですから、連勝している間は馬も人間も気が休まるときはありません。連勝が止まると、それまでに溜まっていた疲れが一気に噴出し、張り詰めていた気持ちが切れます。よって、次のレースまでになかなか馬の気持ちと身体を立て直すことができず、負けてしまうことが多いのです。

現にロードカナロア自身もかつて連勝が止まったことで、ガタっと来てしまったことがあります。5連勝で臨んだ昨年の高松宮記念で3着に敗れ、秋へ向かっての復活を図って出走した函館スプリントSでは圧倒的な1番人気を裏切る形で2着に敗れてしまいます。さらにその次のレースであるセントウルSでもエピセアロームに差されて2着と惜敗を喫しました。この2つの敗戦を経て、ロードカナロアは肉体的にも精神的にも立ち直り、秋から今年の春に続く全盛期を走り切ったのでした。どこかで気持ちは途切れてしまいますし、そこから立て直すのにはある程度の時間が掛かり、それはロードカナロアのような名馬にとっても同じということです。

それでは、ロードカナロアを負かすとしたらどの馬でしょうか。やや気持ちが乗っていない状態のロードカナロアであっても、搭載しているエンジンが違う以上、凡走することは考えにくいです。そうなると僅かな隙を突いて、たった鼻の差であったとしてもロードカナロアをゴール前で競り落とせる可能性のある馬を探すということになります。かつて「秋のG1戦線を占なう」のスプリント路線で書いたように、グランプリボスをその1番手と考えていましたが、やはりぶっつけでの挑戦というが引っ掛かります。雨が降ったらハクサンムーンもチャンスはあると思いますが、今回、当日に雨は今のところ降らなさそうです。

そうなると私が本命を打ちたいのは◎サクラゴスペルです。高松宮記念の4着もそうですが、安田記念の5着には価値があると思います。なんと言っても、スプリンターズSの勝ちポジである外の3、4番手を走れる脚質と枠順を手に入れたことが大きいです。横山典弘騎手はおそらくハクサンムーンの逃げをロードカナロアが捕らえようと早めに動き出したところを狙って、ワンテンポ仕掛けを遅らせてゴーサインを出すはずです。そうすれば、最後まで踏ん張りきれるだけの気力を失いつつあるロードカナロアが一瞬気を緩めたところを、ゴール前で計ったように差し切ることができるのではないでしょうか。

Sprinterss2013wt

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

まいどです(^^)/

私もサクラゴスペルは対抗一番手の評価にしています。
ロードカナロアに逆らうかどうかは置いておいて(笑)
せっかく一致してくれたので馬連1点勝負ですかね(^^;

横山典騎手の手腕に大いに期待しています♪
秋G1初戦、いいスタートを切りたいですね~

Posted by: けん♂ | September 29, 2013 05:48 AM

けん♂さん

まいどです!

サクラゴスペルはこのレースを勝ちにきて、
ラッキーにもロードカナロアの外を引くことができました。

たしかにロードカナロアに逆らうかは置いておいて(笑)、
好勝負になると踏んでいます。

横山典弘騎手がどう乗るかも楽しみです!

Posted by: 治郎丸敬之 | September 29, 2013 10:07 AM

Post a comment