« 京成杯AHを当てるために知っておくべき3つのこと | Main | バリバリの短距離馬サドンストーム:5つ☆ »

R.I.P.トウカイテイオー

Tokaiteio by 三浦晃一

トウカイテイオーは、私が初めてリアルタイムで観た日本ダービーの勝ち馬である。つまり私は、アイネスフウジンの逃げ切りは観ておらず、中野コールも知らない。どんなオールドファンであれ、どのダービーからは観ていて、どこまでは観ていないという境目があるはずで、私にとっては、それがトウカイテイオーの日本ダービーであった。間に合ったというべきであろう。最後の直線における、あの弾むようなフットワークを生で観ることができたのだ。おかげさまで、当分の間、日本ダービーを勝つことのすごさや難しさが分からなかった。それぐらい、トウカイテイオーは軽々とゴールを駆け抜けた。

ところが、日本ダービー後に骨折が判明してからは、すべてが一変し、己の肉体を傷つけることと引き替えに大きなレースを勝つようになった。日本ダービーまで6連勝した頃の天真爛漫なトウカイテイオーは、もうそこにはいなかった。3歳の秋を全休し、翌年の春にターフに戻ってきたが、天皇賞春ではメジロマックイーンに完膚なきまでに叩きのめされた。秋の天皇賞ではハイペースに自ら巻き込まれるようにして惨敗した。それでもあきらめず、気力を振り絞ってナチュラリズムを競り落としてジャパンカップを勝ったが、続く有馬記念はメジロパーマーの大逃げの前に成す術もなく敗れてしまう。11着という屈辱的な着順。端正な顔立ちや気品のある肉体と、レースに行って走る姿の壮絶さとのギャップが美しく際立っていた。

それから丸1年が経ち、誰もがその存在を忘れかけていた頃、トウカイテイオーはひっそりと帰ってきた。1993年の有馬記念、1番人気に推されたのは、クラシック戦線で活躍し、菊花賞を楽勝して勢いに乗る3歳馬のビワハヤヒデ。その鞍上には、かつてのパートナーであった岡部幸雄騎手がいた。若さと勢いに優るビワハヤヒデを岡部騎手が選んだのは当然のことだった。当時の調教技術を考えると(今でもこの記録は破られていないのだが)、中363日という長期休養明けの馬が、ぶっつけでG1レースである有馬記念を勝てるわけがなかった。

最後の直線、ビワハヤヒデに外から並びかけたトウカイテイオーの姿が視野に入った瞬間、そこにいるはずのない者がそこにいたような、見てはいけないものを見てしまったような、背筋が震える感覚を味わった。そして、なぜか、あのキンシャサの奇跡と同じだと思った。

1974年、アフリカはザイールのキンシャサ。徴兵制を忌避したことでタイトルを剥奪され、最盛期を無為に過ごさざるを得なかったモハメド・アリは、3年間という長いブランクの果てに、7歳年下で37戦無敗34KOという強打を誇るチャンピオン、ジョージ・フォアマンと雌雄を決することになった。峠を越したアリに対し、若さと勢いに優るフォアマンの勝利を疑う者はほとんどいなかった。試合もそのように進んでいった。

しかし、サンドバックのようにパンチを打たれ続けながらも、ロープを背にして、アリは耐えに耐えた。そして、攻め疲れが出てきたジョージ・フォアマンの一瞬の隙を突き、わずか5発のパンチでチャンピオンをマットに沈めたのだ。なぜ若き強打のチャンピオンのパンチをあれだけ受けても、アリはリングに立っていられたのか。まさかの敗北を喫したフォアマンは、のちにこう語った。

「戦う目的があったからだ。それさえあれば、人はどんな苦しみにも耐えられる。アリは、当時の私にはない何かを持っていた。彼には死んでもいいというだけの理由があったのだ」

トウカイテイオーにも戦う目的があったのだろう。メジロマックイーンにいつか雪辱を晴らすためだったかもしれないし、父シンボリルドルフの後継者としての意地、もしくは日本ダービー馬としての矜持だったのかもしれない。ひょっとすると、体内に流れる悲運の名牝ヒサトモの血が騒いだのかもしれない。そうでなければ、1年という長いブランクを経て、一旦はへこたれそうになりながらも、ゴールまで残り数十メートルであのビワハヤヒデを競り落とすなんてあり得ない。彼には死んでもいいというだけの何かしらの理由があり、だからこそどんな苦しみにも耐えられたのだ。

安らかに、トウカイテイオー。

現在のランキング順位はこちら

|

Comments

治郎丸さん いつもお疲れ様です(*^^*)

自分はトウカイテイオーを実際に観戦したことはないんですが3度も骨折とゆう地獄に落とされても不死鳥のように甦り復活した姿に感動した一人です。


トウカイテイオー以外にも名馬とゆわれる馬はいますが時が流れた今でも中一年とゆうブランクであの凄まじいメンバーを相手に復活優勝するなんてことは今の時代のディープやオルフェーブルにおいても真似出来ないと思います。きっと競馬とゆう歴史上これからもこんな伝説になるようなことが出来るのはトウカイテイオーだけだと思います。

皇帝シンボリルドルフとゆう偉大な父ですが父をも超えた凄い馬ですよね。

ありがとうトウカイテイオー。


心よりご冥福を祈ります。

Posted by: ユビキタス | September 06, 2013 at 01:24 AM

ユビキタスさん

いつもありがとうございます。

トウカイテイオーは怪我さえなければ、おそらくディープインパクトクラスの活躍が出来たはずです。

でも怪我と闘いながらだったからこそ、浮き沈みが激しくて、競馬ファンを魅了した部分もあります。

お坊ちゃまといわれながらも、精神力で勝負した馬だったと思います。

その血が残るといいなあと素直に思います。

Posted by: 治郎丸敬之 | September 07, 2013 at 11:54 PM

トウカイテイオー
感動し涙が自然に出てきた事を
思い出します。
この時に強い馬は強いんだと
改めて思ったのです

Posted by: 鬼太郎 | September 08, 2013 at 06:14 AM

鬼太郎さん

あのビワハヤヒデを競り落としたことが印象的でした。

強い馬は強いということを、私たち競馬ファンに教えてくれましたね。

たしか私はレガシーワールドを買っていましたが、そんなことどうでも良くなった記憶があります(笑)

Posted by: 治郎丸敬之 | September 08, 2013 at 07:17 AM

Do you similar to shoes connected with ecellent level of quality red bottom shoes? Then in any event you finally choose Christian louboutin shoes trainers without the need of concern. Luury the french language shoe creator might offer a person some kind of shoes or boots you like to choose. To view your popular brand – check out wide collection of Christian louboutin uk way boots along with footwearshoes on web site. Right here you unearth absolutely free comes back, a day delivery service and exquisite parcels, numerous more complex selections. Many of us underline this christian louboutin most women shoes and boots you may simple locate located at our web-site go well with on your behalf. What have you any idea about Christian louboutin shoes shoes? Christian louboutin uk was born inside Germany now belongs to the oceans many referred to and also popular shoe creative designers. Louboutins fashioned footwear is simple known in the realm of shoes or boots designers mainly because they have a wide range regarding color styles plus a trend amid females
red sole shoes. Tradition for Christian louboutin young lady trainers is definitely pink tinted synthetic leather insoles. Nowdays his own shoes or boots own very secure opportunities in the world of style as well as have big fanclub on the earth. To know the success of boots or shoes creator we glance in her bio. Christian Louboutin was developed in 1969. He soon started to design shoes in education amount of time in his / her notebook computer, and also most this ideas was created to get potential future Louboutin boots and shoes collections. Nobody can deny that's together with Saint Laurents design classes this individual gone to were being in amazing significance for your ex boyfriend. Christian Christian louboutin was born in 1970
christian louboutin daffodile pumps. To be a young adult, he began developing shoes styles in their university notebook computers that will put together the cause involving this potential future shoe patterns. Young drivers . joined in ?vertisements not to mention St Laurent?vertisements designer schools. A commercial inside Rome which unfortunately instructed women holidaymakers to not ever damage the actual solid wood surface area while watching Adult ed with Oceanic Fine art was in fact the idea in back of Louboutin getting to be a shoe designer. Louboutin started her expert profession by means of coming out a shop buy on Paris, france ,
christian louboutin ankle boots. It was subsequently the first Christian louboutin shoes boutique the fact that purchased immediate fame. These footwear? produced by Audra vary from Georgian so that you can China. He furthermore tends to make calfhing fixed boot footwear together with platformsoled boots and shoes. Most of the renowned Christian Louboutin footwear is highheeled jewelled flipflops, adjustable gold buckskin sling buttocks and feather Tstrap sandals. Christian Louboutin shoes are put on by a few of the very most exciting girls of the world enjoy Carmen Electra, Naomi Campbell and also Ashley Olsen. Christian Louboutin marriage ceremony footwear is extremely common inside Euro industry. Superb Expensive: Christian louboutin uk Will pay Honor to Barbie dolls To celebrate your girlfriend Fiftieth birthday party in style net calendar year, Mattel Incorporated. possesses enrolled Christian louboutin to style its own pair of high heels intended for Barbie dolls. "I figure I has a little 'girlie side' whom appreciated Barbie,In . claimed Christian louboutin
cheap red bottoms. "Barbie must slip on wonderful trainers because each and every lady must dress in superb shoes.Centimeter The sneakers shall be created in the actual well known Barbie dolls Pantone 219 Pink and you will be introduced within Mattel's driveway display through San francisco Manner 1 week around January. Mattel also has recruited 40 yettobenamed creative designers to produce Barbieinspired wardrobe for that clearly show. Successful toy!

Posted by: lingyaoyao | September 25, 2013 at 03:53 PM

It's ѵery effortless to find out any matter on web as compared to textbooks, as I found thiѕ piece of writing at this web page.

Posted by: Anti Aging Swissrose | December 20, 2013 at 01:50 AM

1980 年代に 最高 数冊の本 かもしれない 発行します。 問題 歯ブラシできます クレンジング より 頻繁、 柔らかい歯ブラシ。 使用する 概念 グアノ ポイントを訪問して 白頭ワシ ポイント。 我々 すべてのこと 聞いた これら「自然のギターフリークス」の を 70 年代の 登る 山

Posted by: ジミーチュウ | December 28, 2013 at 12:29 PM

Normally I do not learn article on blogs, but I would like to say that this write-up very pressured me to try and do it! Your writing style has been surprised me. Thank you, very great article.

Posted by: pools offer great | July 19, 2014 at 08:44 AM

When some one searches for his vital thing, thus he/she desires to be available that in detail, thus that thing is maintained over here.

Posted by: minecraft games | July 19, 2014 at 07:12 PM

Thanks for sharing useful information for us.I really enjoyed reading your blog, you have lots of great content

Posted by: interpretershanghai | November 14, 2016 at 09:59 PM

Post a comment